ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/12/09 23:10
2017/12/08 13:59
2017/12/07 10:21
2017/12/06 17:52
2017/12/05 10:53
最近登録した本
花と果実の美術館―名画の中の植物
[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生…
毒殺の世界史 上 ~アレクサンドロス大王からリチャー…
増補 モスクが語るイスラム史: 建築と政治権力 (ちく…
ぞうでするする
夢十夜
おおきなおおきな おいも (福音館創作童話シリーズ)
ヨーレのクマー
ばけバケツ (にじいろえほん)
こっそりどこかに (cub label)
カウンター
累計14882  今日0  昨日2
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
<<2017年12月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数4 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
毒殺の世界史 上 ~アレクサンドロス大王からリチャード獅子心王まで
フランク・コラール /原書房 (2009-07-17) / 2,592円8 users
毒殺の世界史 上 ~アレクサンドロス大王からリチャード獅子心王まで

内容 :
古代ギリシア・ローマ時代から中世・ルネサンスをへて現代まで、西欧における政治的毒殺の歴史を年代を追って詳細に検証する。上巻はイゼベル、メデイア、ミトリダテス、カリグラ、ネロ、ブルンヒルドらのエピソードを紹介。

著者 : フランク・コラール
ランス大学教授を経て、パリ第10大学中世史教授。

訳 : 吉田春美

2017/11/28  予約 12/7 借りる。 読み始める。 読み終わる。
 
ヴィジュアル版 植物ラテン語事典
ロレイン ハリソン /原書房 (2014-09-16) / 3,024円11 users
植物の学名(ラテン語)を覚えたい。
学名のラテン語に親しむには ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

この本は、辞典にしてはちょっと変わっています。
すごくキレイな図版、解説が少なすぎる項目とたっぷりの項目があり、
著者のこだわりがジンジン伝わってきます。

すごく面白いのだけれど、今回は読みきれず中断。

2015/11/09  予約 11/19 借りて読み始める。2016/01/21 途中で中止

内容と著者は →  [続きを読む]
絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語
J.R.R. トールキン /原書房 (1999-10) / 1,944円6 users
読了:  2012年12月18日
12月13日(土)公開の映画「ホビット 決戦のゆくえ」3D  
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

2014/12/24 丸の内ピカデリーで見ました。 アクションがすごく、面白かった。
もう一回見たいので、その前に この本を読もう!

2015/01/10 2度め借りました。1/21 読み終わる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014/2/28 公開の映画 「ホビット 竜に奪われた王国」 待ち遠しい!

2014/03/05 映画を見ました。
2014/3/5 「映画「ホビット 竜に奪われた王国」3Dを見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
面白かったけれど、3部作の真ん中なので、前作を予習していけばよかった。
次回作も 楽しみ。
 → 映画.com 特集ページ

この本を もう一度読むことにしました!
映画とは、若干ストーリーが違います。(映画は迫力満点!)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/12/14 公開の映画 「ホビット 思いがけない冒険」3D
2012/12/14 「映画「ホビット 思いがけない冒険 3D」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
公開日に見ました。 予想以上に面白かった。
3Dも、これまで見た3D映画の中でも よくできています。

トールキン「指輪物語」前日譚を描く。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説を映画化するファンタジー3部作 第1弾。

前に借りた上下2冊の本は、2種類とも途中まででやめてしまったので、
今度は、楽しく読める絵本にしました。
イラストが個性的でいいですね。
映画も もう一度見たくまりました!

 読んだ本 ⇒ トールキン関連 ~ pasoboのバインダー(本棚)

2012/12/15 予約 12/16  借りて読み始める。 12/18 読み終わる
2014/03/05 再予約 3/8 読み始める 
2014/12/26 再々予約 2015/01/10 借りる。1/14 読み始める。

内容と目次は →  [続きを読む]
トールキンのホビットイメージ図鑑
ホビット 決戦のゆくえ 12月13日(土)公開 丸の内ピカデリー
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

2014/12/26 予約 12/27 借りて読み始め、ざっと読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
図説 世界史を変えた50の動物
エリック シャリーン /原書房 (2012-09) / 3,024円45 users
読了:  2012年11月06日
2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

人間と深く関わってきた馬、この本のことを思い出しました。

 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/11/6 記

人間と深く関わってきた動物 49(と人間1)です。
太古からどんなふうに関わってきたか? 科学が発達したこれからは? 興味があります。
犬、猫、牛、馬、豚、羊、山羊、鶏、兎 など人間の身近で役に立つ動物は思いの外 多い。
ラクダ、ラマ、ロバ、シチメンチョウ、ミツバチ、カイコ、ハト、コイなども。
 家畜、ペット、医学実験用など。  → 家畜 - Wikipedia

ビーバーがダムを作るのは、どうなんでしょう? 毛皮は役だってきたでしょうね。
 役に立つからといって乱獲して 絶滅させた動物は これまで数知れず。
すでに絶滅したドードー、イグアノドン。
絶滅寸前か 時間の問題か・・・、ゾウ、オオカミ、アメリカヤギュウ、ミンククジラ、
単なる食料として重要なものも乱獲すれば、今後は恩恵を受けられません。 ニシン、鱈(ニシマダラ)。

染料・顔料などの色素として使われるもの。 アクキガイ(紫色)、カイガラムシ(赤色)。

一方、嫌なやつもいますよね。  蚊、蚤、虱、住血吸虫、、サバクバッタ(害虫)。 

科学や医学、農業などに役に立つ。 ハエ(ショウジョウバエ)、ネズミ、ヒル、ミミズ、ダーウィンフィンチ、チンパンジー。

強さや権威の象徴、宗教などに担ぎだされていても 扱いはひどい事が多い。 白頭鷲、ライオン、ハヤブサ、コブラ、タマオシコガネ。

そのほか、50に含まれているもの。
アザラシ、トナカイ、コウモリ、真珠貝。

初めて聞いた名前 「ミドリゲンセイ」 → ハンミョウ科 - Wikipedia

銃・病原菌・鉄」では、馬が重要な役割を果たしてきた事がわかる。

次は、これを読みたい。 → 図説世界史を変えた50の植物 ビル ローズ (著)

2012/10/19 新刊棚で見つけて借りる。 10/20 読み始める。11/6 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈上〉
バーナード コーンウェル /原書房 (1997-04) / 2,052円5 users
未読: 
2009/12/2 借りる 12/8 読み始める 12/10 途中でやめる (読書「マークなし」にします)

TVドラマ 「魔術師 MERLIN(マーリン)」に影響され、借りる

上下巻の厚い本です。 
この本の内容紹介には、もちろん!アーサーが主役で、マーリンの名は出てきません・・・。
これまで読んだ、アーサー王の本でも、マーリンは魔法は使っても、脇役でした。
TVドラマのの若きマーリンは、魅力的ですね。
もっと、マーリンのことが書かれた本を探してみます!

結局この本は、暗い内容でマーリンは重要な役割で出てくるものの、魅力的ではありません。
全体も暗く、数ページで読むのをやめてしまいました。

内容(上・下)と著者は →  [続きを読む]
アーサー王物語伝説 魔術師マーリンの夢
ピーター ディキンスン /原書房 (2000-07) / 2,052円5 users
未読: 
2009/12/2 TVドラマ 「魔術師 MERLIN(マーリン)」に影響され、借りる。
途中で中止。

出だしから、希望のない暗い話・・・。
数ページ読んで、先に進もうか? 迷うところ。
挿絵は、トールキンの指輪物語の挿絵で有名なアラン・リー。 とても幻想的で魅力たっぷり。
それだけでも、読む価値あり!

キーワード : ケルト文化

内容と著者・挿絵は →  [続きを読む]
大英博物館 図説 古代エジプト史
A.J. スペンサー , A.J. Spencer , 近藤 二郎 /原書房 (2009-06) / 6,264円6 users
未読: 
2009/11/13 予約 11/18 読み始める 
12/2 内容重すぎ・・・途中で投げ出し返却~。
(この場合、読中も読了もつけられないので 「マークなし」 → 新ルールで 未読=読み終えていない にする)

図鑑と思ったら、かなり詳しい解説があり、真剣に読まないといけない!

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (13)
2 ◆児童文学と絵本
2 ◆小説:海外
1 アート
1 ガーデニング
3 歴史
2 自然
1 自然・動物
1 自然・植物
1 *図鑑・辞典
2 *映画
2 *TV
8 @図書館
1 @要再読
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー