ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年9月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/09/24 23:17
2017/09/23 20:06
2017/09/22 10:24
2017/09/13 22:21
2017/09/10 22:36
最近登録した本
串田孫一 緑の色鉛筆 (STANDARD BOOKS)
イタリアの色 (コロナ・ブックス)
とりあわせを楽しむ日本の色 (コロナ・ブックス)
ゼロからわかる UML超入門 [改訂2版] (かんたんIT基…
日本の伝統色 (コロナ・ブックス)
フランスの色 (コロナ・ブックス)
NHK趣味の園芸 2017年9月号 [雑誌] (NHKテキスト)
へんなものみっけ! 1 (ビッグコミックス)
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
ブロックチェーン入門 (ベスト新書)
カウンター
累計14720  今日1  昨日0
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
<<2017年9月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
通貨の日本史 - 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで (中公新書)
高木 久史 / 中央公論新社 (2016-08-18) / 907円27 users
NHK Eテレで毎週木曜日23時~放送しているスーパープレゼンテーション

2017年2月2日の放送では、「お金の未来」というテーマで仮想通貨が紹介されました。
『 「プログラム可能な通貨」は、お金を「民主化」します。そして、いろいろなことが私たちの想像を超える変化を遂げるでしょう。』

TEDプレゼンターは、MITメディアラボで仮想通貨の技術や応用法を研究する「デジタル通貨イニシアチブ」研究部長を務める、ネハ・ナルラ氏。
 → ネーハ・ナルラ:貨幣の未来

この番組を見て、お金のことが 気になり始めました。
まずは、歴史から。

この本は 面白いです。知らなかったこと、考えもしなかったこと。ほかの人にも教えたい! (*^_^*)♪

2017/02/13  予約 2/15 借りる。2/16 読み始める。8/22 4章途中までで、読み終わる。

通貨の日本史 - 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで (中公新書)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
大江戸“奇人変人”かわら版 (新潮文庫)
中江 克己 / 新潮社 (2004-12) / - 8 users
タグ 歴史 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 日本史 更新日:2017年01月28日 11時04分30秒 2017/01/28
購入:   473円 所有
2017/1/15
母が暇そうなので、本棚で見つけたこの本を勧めることにしました。
旅行のお供にもよさそう。

大江戸“奇人変人”かわら版 (新潮文庫)

内容 :
ちょんまげ時代は、「個性派」の時代だった?
吉原遊びで十五万石を棒に振ったお殿様、怪力を武器に芸人へ転身した遊女、生前に死亡通知を出した絵師 
 ― 等々、八百八町を騒がせた人々が総登場。
奇人変人は、厳しい封建制の中でも、たくましく我がままに生きる。
町人、芸人から学者、大名まで、その偏った奇行、飛びぬけた変転の人生を余すところなくご報告。抱腹絶倒の人物伝。

著者 : 中江 克己
1935(昭和10)年、北海道函館生れ。思潮社、河出書房新社などの編集者や染織文化誌「藍」編集長を経て、ノンフィクション作家となる。
江戸関係、染織関係を中心に著述を行なう
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 読み始める。 読み終わる。
 
江戸美人の化粧術 (講談社選書メチエ)
陶 智子 / 講談社 (2005-12-10) / - 6 users
タグ 歴史 文化 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 日本史 更新日:2016年10月26日 14時07分18秒 2016/10/26
読了:  2016年10月24日
イベントに合わせて読んでみたい!
 【クローズアップ展】 化粧‐貴人の嗜み、庶民の喜び‐
 古代オリエント博物館 10月1日(土)~11月28日(月)

 過去に参加した「化粧」に関するイベントや展覧会
  ⇒ Myブログ:2013/7/16 ファインバーグ・コレクション展へ
  ⇒ Myブログ:2013/6/2 「江戸人展と化粧・髪結いイベントに行く」

本書は、歯切れがよく親しみやすい文章で、ともすれば学術的過ぎになりそうな内容が、とても楽しく読めます。
研究のために 浮世絵を買う話では、最後のほうに 「浮世絵は際限がない。素人は手をださないほうがいい」とのこと。
それでもたくさんの浮世絵が文章と合わせ並べられているのは、感動です。
(モノクロで小さすぎて解説されたことがわからないところもあるけれど)

化粧法で興味深いのは、鉄漿(おはぐろ)です。どうやっていたのかが浮世絵からわかります。
また、歌舞伎役者が 化粧の場面に多く登場するのも、今のアイドルの化粧法を知りたいというのと同じなんだとか。

一番面白いのは、第4章。そこにたどり着くまでにすでにおなじみになった!? 「美艶仙女香」。
浮世絵のジャンルを超えて そこかしこに描かれています。
これはもう CM(うざい)の極致! 
ところが、そういうことを知らずに浮世絵を見るときには ほとんど邪魔にならないというのも面白い。
「見ても見えず」 のいい例でしょう。

面白かったので、著者の他の本も読んでみようかと思います。 → 陶 智子の著書

こちらも 合わせて読んでいます。共通項もあり面白いです。



2016/10/08 予約 10/12 借りて 読み始める。10/24 読み終わる。

江戸美人の化粧術 (講談社選書メチエ)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
海の正倉院―宗像沖ノ島 (1979年) (平凡社カラー新書―古代の旅〈3〉)
弓場 紀知 / 平凡社 (1979-06) / - 2 users
1979年の本、黄ばんでいますが、写真が豊富。

海の正倉院―宗像沖ノ島 (1979年) (平凡社カラー新書―古代の旅〈3〉)

宗像大社国宝展 ― 神の島・沖ノ島と大社の神宝
 出光美術館(東京・丸の内)
2014年8月16日(土)~10月13日(月・祝)

NHK 日曜美術館のアートシーン で紹介されていて面白そうなので、行きました!
「宗像大社国宝展」に行く」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 宗像大社 公式ページ

2014/09/05 予約  9/9 借りて 読み始める。9/23 途中までで返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
お江戸八百八町三百六十五日 (じっぴコンパクト新書)
山田 順子 / 実業之日本社 (2012-11-08) / 823円4 users
タグ 歴史 *TV @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 日本史 更新日:2014年08月28日 23時23分58秒 2014/08/28
読了:  2014年08月28日
山田 順子の講座を受講するかもしれないので、下調べがてら読んでみる。
TV番組の時代考証や番組のエピソードも有り、読みやすい。
「真面目な歴史書と思ってはいけない」と、著者が同等に書いているように、気楽に読むもの。
それでも、「江戸文化歴史検定」とかには、役に立つかも!

最後に、安政の大地震が徳川幕府崩壊を早めた一因だということ。
そして 3.11 東日本大震災が日本の今後にどう影響していくのか 見守りたいと書かれているのが印象的でした。

2014/08/14 予約 8/20 借りて読み始める。 8/28 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
磯田 道史 / 新潮社 (2003-04-10) / 734円455 users
読了:  2010年07月16日 星5つ
2010/6/25 予約 7/3 借りる。7/5 読み始める。7/16 読み終わる。

2010年12月4日 映画公開です。

古本屋で見つけた古文書は、ある優秀な下級武士の30年にわたる几帳面な家計簿だった。
それを読むことで、幕末から明治を生き抜く武家の暮らし、その頃の世間の物価など いろいろなことがわかってくる。
これは すごく面白い本です!
これまで時代劇や時代物の小説で、?だったこともすこし納得。目からウロコ。

さらに、著者の 「あとがき」 に感動。
・ 「歴史とは過去と現在のキャッチボールである」、過去に問いかけ、過去と対話する。
・ 社会変動の時代を生き抜いたのは、今いる組織の外に出ても必要とされる技術・能力、社会に役立つ技術を身につけようとした人たちだった。

2010/12/4 映画 「武士の家計簿」 公開! ですって

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (9)
1 文化
1 暮らし・経済・税金・年金
6 歴史
1 神話・伝説・民話
1 経済・ビジネス
1 経済・社会・政治一般
1 *映画
1 *TV
5 @図書館
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー