ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 文学・評論
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/23 01:16
2017/10/21 12:12
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
最近登録した本
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
日本園芸界のパイオニアたち: 花と緑と、20の情熱
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
カウンター
累計14762  今日0  昨日3
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数11 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
忘れられた巨人
カズオ イシグロ / 早川書房 (2015-05-01) / 2,052円125 users
友人に カズオ・イシグロの本を貸してとお願いしたら、最新の本が届きました。
面白そう。と思って読んだが、なんだかイマイチ。
ノーベル賞作家だからという前提で、とりあえず時代に遅れないようにと思って読んでいるが。

2017/10/13 友人に借りる。10/16 読み始める。10/19 最初はしっかり読んで、途中からは飛ばし読み、最後はきちんと読む。 その後読み返すかどうか?

忘れられた巨人

・ 「問い」から生まれるファンタジー:問題作『忘れられた巨人』をカズオ・イシグロが語る - Wired
・ 今の日本なら「忘れられた巨人」と向き合える:日経ビジネスオンライン
 10年ぶりの新作に込めたカズオ・イシグロの思い

友人から レターパックライトで届きました。 → レターパックライト


内容 :
『忘れられた巨人』(英語: The Buried Giant)は、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロが、『わたしを離さないで』(2005年)から10年ぶりに書いた長編小説。
2015年3月にイギリス・アメリカで同時出版された。
侵入するサクソン人(アングロ・サクソン人)に対抗したという伝説のアーサー王が亡くなってしばらく経った、現在イングランドと呼ぶ地域を時代背景に、ブリトン人の老夫婦が息子を訪ねて旅をする話。

著者 : 
カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人小説家である。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を、
2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住。
 
わたしを離さないで
2017年10月13日
ドラマ『わたしを離さないで』再放送が決定 | TBSホット情報 - TBSテレビ
 → TBSテレビ 2016年1月期金曜ドラマ『わたしを離さないで』公式サイト 1~10話

気づくのが遅く1回目は見そびれたが、2回目からは、録画予約しました。
2,3回を見たけれど、イマイチ。 
移植のために生まれた子供たちが、疑惑に苦悩しながら成長する。
3人の主人公は、主体性のない女子と、優柔不断な男子とわがままな女子で、青春の葛藤がえがかれる。
見ても共感するところがないのは、こちらの心が狭いのかも知れないが、わざわざ時間を割いてみるほどでもないような気がする。

2017/10/7
カズオ・イシグロ氏が2017年にノーベル文学賞を受賞!
ずいぶん前に この本を読んだことを思い出した。
あいにく 内容も感想も覚えていない~。 
もう一度読みたいし、他の作品も 読んでみたいが、図書館は、長い待ち行列だろうね。

<再放送決定!> 10月8日(日) NHK[Eテレ]後11:00
「カズオ・イシグロ 文学白熱教室」
ノーベル文学賞の受賞が決定した、ベストセラー作家カズオ・イシグロ。
自作をひもときながら、学生たちに文学の真髄を語った「白熱教室」を特別アンコール放送します。 
くわしくはこちらへ!
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=11917&f=fb
・ 白熱教室 カズオ・イシグロ 文学完全版 - YouTube

You Tubeで カズオ・イシグロのことを知ろう!
・ 「飛行機に乗っても行くことはできない日本」ノーベル文学賞受賞カズオ・イシグロ 文学白熱教室ダイジェスト NHKニュース
・ カズオ・イシグロ氏の素顔 ノーベル文学賞 スッキリ ニュース
・ 世界的作家、カズオ・イシグロが英国大使館で記者会見 - YouTube
・ 映画『わたしを離さないで』予告編 → わたしを離さないで (吹替版)
・ You Tube ≪AI朗読≫[カズオ・イシグロ]わたしを離さないで《ノーベル文学賞受賞者》 1:10:55

 → カズオ・イシグロ - Wikipedia  → Kindle版 まとめ買い

 書店になくても すぐ読める!→ 著書・作品 Amazon


2006/8/19 友人が 本を貸してくれました。 
カズオ・イシグロの 『私を離さないで』 ・・・ ゆっくり読みますね。

おまけに お菓子も一緒に送ってくれたので  とってもHAPPY!

内容 :
全寮制施設に生まれ育ったキャシーは、今は亡き友人との青春の日々を思い返していた。
奇妙な授業内容、教師たちの不思議な態度、キャシーたちがたどった数奇で皮肉な運命。
彼女の回想は施設の驚くべき真実を明かしていく…。

著者 :
1954年長崎生まれ。60年父親の仕事の関係でイギリスに渡る。
ソーシャル・ワーカーとして働きながら執筆活動を開始。
著書にブッカー賞受賞作「日の名残り」など。

カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人小説家である。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を、
2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住。
 
不忠臣蔵
井上 ひさし / 集英社 (1985-12) / - 11 users
不忠臣蔵
四十七士の討ち入りは、日本人の大好きなテーマ。
ん? 不!忠臣蔵 って。
討ち入りに参加したのは 赤穂の藩士だった人のうち たった47人。
数人は よんどころのない状況で参加できなかったことが、歌舞伎の題材にも取り上げられていますが、残りは大勢ですよね。
 その人たちはどうしてたの? そんなこと あまり考えたこともなかったから、この本は面白かった。
文体も独特で、一気に読んでしまいそうだったが、
途中で切腹の場面の詳細が述べられているところがあって、それは読みたくなく、ストップ。
すっと熱が引いてしまい、読むのをやめました。

2017/10/2 読み始める。 面白かったが、途中で中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 / KADOKAWA/角川書店 (2014-09-24) / 1,728円306 users
読了:  2017年09月24日
本屋大賞のこの本、全然知らなかったけれど、
TVアニメ「獣の奏者」の上橋菜穂子の作品とわかり
読みたいなと思ったら、大人気!

図書館では、多分1年半以上は待たされそうです・・・。
ブログにそんなことを書いたら、友人が届けてくださいました。
ありがとうございます。
上橋菜穂子の「鹿の王」読みたい! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

鹿の王(上)から読みます!

ついに最後まで読みました、面白かった。
最後まで先が見えない展開に、ハラハラドキドキ。 
上から下まで 時間の許す限り 一気に読みました。

2015/04/21 友人に借りる。6/5 読み始める。途中までで中断。
2017/9/19 2回目 上に引き続き下を読み始める。 9/24 読み終わる。
 
内容と著者は →  [続きを読む]
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 / KADOKAWA/角川書店 (2014-09-24) / 1,728円349 users
読了:  2015年06月05日
本屋大賞のこの本、読みたいなと思ったら、大人気!
図書館では、多分1年半以上は待たされそうです・・・。

ブログにそんなことを書いたら、友人が届けてくださいました。
ありがとうございます。 → のんびりと~「下町親父の日記帳}

やらなきゃいけないことを大急ぎで片付けて、さぁ読みますよ!

上橋菜穂子の「鹿の王」読みたい! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

最初から惹きつけられるストーリー。
聞きなれない地名や人名ですが、違和感なく読めます。
後半は深夜から朝まで ぶっ通しで読みました。
内容が濃く、自然やちょっとした場面の描写など 文章がうまくてまるで見ているよう。 
下巻も楽しみ!



2015/04/21 友人に借りる。4/22 読み始める。6/4 読み終わる。
2017/8/23 再度初めから読み直す。 以前より内容が頭に入ってくる。
2017/9/19 2回目読了

内容と著者は →  [続きを読む]
串田孫一 緑の色鉛筆 (STANDARD BOOKS)
串田 孫一 / 平凡社 (2016-06-13) / 1,512円19 users
タグ ◆エッセイ @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年09月12日 14時41分14秒 2017/09/12
タイトルの「緑色の鉛筆」で、絵の本だと勘違いして借りました。
中身はエッセイ集。 暮らしで起こったことなどが書かれています。
始めのほうを読んで、今回は中止。
古き良き時代の感覚は、興味深いこともあれば 時代のずれに違和感を感じることもあるということを 今回認識しました。

2017/09/07  予約 9/10 借りる。9/11 読み始め、少し読んで中止。

串田孫一 緑の色鉛筆 (STANDARD BOOKS)

内容と著者は →  [続きを読む]
ヴァーグナーのオペラの女性像
三宅 新三 / 鳥影社 (2003-03) / 24,665円1 users
読了:  2009年09月12日

2017/8/21
「METライブビューイングアンコール」2017 で また「トリスタンとイゾルデ」を見ることにしました。
MET2017「トリスタンとイゾルデ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
そこで、またこの本を読みます。
前回同様、前書きを読んで、あとがきを読んで 「トリスタンとイゾルデ」のところだけ読み、
やっぱりすっかり忘れていたので すごい内容だなぁと感動。 (*^_^*)♪

別の本も読み、いろんな視点からワーグナー(ヴァーグナー)と「トリスタンとイゾルデ」に迫ります。

2009/9/9 読み始め
・ ヴァーグナー(ワーグナー)は、じつは それほど好きではない。
でも、「トリスタンとイゾルデ」は見てみたいオペラ。
「METライブビューイングアンコール」で メトロポリタンの映像を見ることができる。
下調べ中に見つけたこの本。 まずは、イゾルデのページから読み始めたが、順に読むつもり・・・。
これで ヴァーグナーを好きになるかなぁ?

・ この本を読んでから、オペラを見たのは正解だった。
イゾルデのキャラクターの より本質に近いところを、少しでも頭に入れておいたので、
休憩も含めて5時間半という長丁場にも 飽きることなく楽しめた。
というか、完全に楽劇を堪能できました。♪
願わくは、本場の劇場での鑑賞をしたいところ~。

・ 本書では、ワーグナーの7つのオペラについて書かれているが、今回は印象を際だ出せるため、
本文では第4章「トリスタンとイゾルデ」のみを読みました。
「はじめに」と「終わりに」の内容は、本文以上に興味深く、
これまで、近代市民社会を描いた芸術作品に感じていた、違和感の部分の謎 (女性の位置づけとか)が少しわかったような気がします。
R.シュトラウスの「サロメ」にも言及されていて参考になったし!

次回、ワーグナーの作品を見る前に、忘れずに読み返したいです。

 ⇒ Myあれこれブログ:これまでに見たMetオペラ

ヴァーグナーのオペラの女性像

2009/9/9 読み始め 9/12 必要箇所を読み終える。
2017/08/14  再予約 8/18 借りて必要な個所を読む。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
AIと人類は共存できるか?
人工知能学会 / 早川書房 (2016-11-12) / 2,268円31 users
AIが普及したからといって 夢のような世界が来るとはだれも考えないだろう。
人工知能(AI)はあらゆるところに使われる技術で、ボっとしていればAI搭載ロボットにこき使われる人間も出てくる。(今もITに使われている人は多そうだし。
どういう形の共存になるのかわからないけれど、AIだけが勝ち残るなんてことは無いんじゃないかしら。
で この本は面白いかと手にとったけれど、分厚い本だし わざわざ読むこともないかと思って結局返却。
また気が向いたら 読んでみよう!

 → 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) ・ 人工知能学会 - Wikipedia

2017/02/10  予約 2/15 借りて読み始める。ほとんど読まずに返却。

AIと人類は共存できるか?

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)
タグ ◆小説:海外 @図書館 *映画 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年05月24日 22時11分26秒 2017/05/24
読了:  2013年04月04日 星5つ
2017/5/24
2017年4月7日(金)公開の映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を、TOHOシネマズ みゆき座 に見に行きました。

 ⇒ 映画「LION 25年目のただいま」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


 実話を基にしたデヴ・パテル主演の人間ドラマ。迷子歴25年の男が、Google Earthで生まれ故郷を探す旅に出る。
 2017年(第89回)のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門でノミネート。
 → 25年目の「ただいま」 単行本

この映画を見る前に、本書と「ぼくと1ルピーの神様」を先に読んでおいてよかった。
インドの子供たち(大人も)の暮らしが、あまりにも日本と違う。
映画の最後に、今も年間8万人もの迷子の子供がいるとのクレジットが出ていましたが、
機知と勇気と幸運に恵まれた子供の話には、本当に驚きと感動です。
 → 日本ユニセフ協会 映画特設サイト

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

2013/4/4
映画「スラムドッグ$ミリオネア」をTVでみて、びっくりしました。
『スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。
インド人外交官のヴィカス・スワラップ[2]の小説『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。
第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)、
第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。
第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。

原作があると知り、読んでみます。
映画とは、内容がかなり違いますが、その分2倍楽しめました。
でも、「楽しめた」という表現は、微妙です。
世界には、こんな子供達がいる! 
漠然と知ってはいてもその現実が語られると、落ち着いて座っていられない何かがあります。
人間の長い歴史の中では、そうやってたくましく又は不幸に生きた多くの人達がいて、
現代ののんびり恵まれた私達がいます。

先日の、『TEDカンファレンス』
 ハンス・ロスリング 「The magic washing machine 魔法の洗濯機」
 では、世界の人口で、「電気が使える人」の割合、
 その中で 「洗濯機が使える人」の割合、が図示され驚きました。
そして、今でも川や井戸端で 手洗いの洗濯をしている女性がなんと多いことか。

話はそれましたが、「ぼくと1ルピーの神様」すごく面白かったです。
 一番好きだったのは、ラム13歳の時
 隣に住む天文学者の親子の話を壁越しに聞いて、天文学のことを知るところ。
 夜の空がただの暗い空から 驚きと発見に満ちた特別な世界に変わり
 友人のサリムと二人嬉しくて小躍りする!
 逆境の中でも、優しさと誇りを失わず 夢に向かって生きるラムとサリム。
読み終わった後は、暖かく爽やかな気持ちになりました。

著者 スワループ の2作目も読むつもりです。
 → 6人の容疑者 上 (RHブックス・プラス)


2013/03/23 予約  3/30 借りて読み始める。4/4 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
サーカスのよる (おはなしカーニバル)
芭蕉 みどり / 偕成社 (1995-10) / - 4 users
タグ ◆児童文学と絵本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年05月17日 23時12分35秒 2017/05/17
読了:  2017年05月09日
友人と ちょっと話題になったので、読みました。

すてきなイラストと 心温まるストーリー。
「ティモシーとサラの絵本シリーズ」とは、ちがった味わいの絵がすてき。
表紙、めちゃめちゃかわいい!

じっくり見ると作者のユーモアのセンスが伝わってきますよ。

2017/5/9 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容 :
漁に出ていた父さんが帰ってきた。
ある日、「サーカスに行こうか」といわれて大喜びするが、サーカスは満員で入れない。
父さんは今晩しかいないのに…。
お父さんが大すきな少年の気持ちを、しみじみと描いた絵童話。

著者 :
東京都生まれ。早稲田大学卒業。フリーイラストレーター。
作品にティモシーとサラの絵本シリーズ「おたんじょうびのおくりもの」「ふゆのよるのおくりもの」他がある。


 
海賊とよばれた男 上
百田 尚樹 / 講談社 (2012-07-12) / 1,728円963 users
読了:  2014年08月18日
2016/10/08 追記
 海賊とよばれた男 2016年12月10日(土)公開
 百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

2014/09/14 追記
「宗像大社国宝展」が出光美術館で行われることを知り、芋づる的に出光佐三氏につながりました。
「宗像大社国宝展」に行こう! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
本書上巻には、宗像大社との関わりはふれられていません。下巻が楽しみです。

2014/8/18 記
明治から大正、昭和の激動の時代、大きな志をもって石油の販売をした国岡鐡造の話に、グイグイ引きこまれます。
国岡鐡造の人となりに惹かれて、事業を支える人々。
彼が育て上げ、どんな苦難も厭わず誠心誠意働く店員たち。
本当にこんなすごい人がいたのかと 驚きと尊敬の念でいっぱいです。
早く後半を読みたい!

本を読んだ後で、出光興産創業者の出光佐三がモデルと知りました。 → 海賊とよばれた男 - Wikipedia


予約して1年。ようやく順番が回ってきました。
次も待ってるので、ささっと読まなくては!

2013/06/27  予約  2014/7/29 借りる。8/3 読み始める。 8/18 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
万葉集 植物さんぽ図鑑 日本人なら知っておきたい!
木下 武司 / 世界文化社 (2016-02-03) / 1,728円4 users
タグ 自然 自然・植物 文化 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年01月10日 21時51分34秒 2017/01/10
読了:  2017年01月10日
秋の七草の写真を撮っているときに、和歌のことが頭をよぎったので、関連する本を探しました。

図鑑なので、掲載された植物については、万葉集を離れても 見て楽しいです。

本書のサブタイトル「日本人なら知っておきたい!」 って言われても。(*^_^*)♪
 植物と和歌で万葉にタイムスリップ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

万葉集にうたわれている植物は、現在も生き残っているのでしょうか?
外来の植物に追いやられてしまったのでは?

興味は尽きないですが、ざっと目を通して 今回は終わりにします。
そのうち 一首ひねるようになりたいものです。

2016/09/29  予約 2016/09/30 借りて、読み始める。12/9 ざっと読み終わる 2017/1/10 返却

万葉集 植物さんぽ図鑑 日本人なら知っておきたい!

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
急行「北極号」
タグ @図書館 ◆児童文学と絵本 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月24日 12時20分25秒 2016/12/24
読了:  2008年06月11日 星2つ
2008/8/8 記:    本を読んだ日 2008/6/11 :

また、なんと しぶい色合いだろう。 ストーリーにぴったりの雰囲気!
ちょうど 寒いクリスマスの話で、北極を目指して 急行「北極号」で 汽車の旅。
サンタのプレゼントの話は、子供の頃に読みたかった絵本です。

そういえば、ライラ の目指したのも 北極
オーロラの神秘さが 多くの人を惹きつけるのかしら。

 == ** == ** == ** == ** == ** == ** == ** ==

2日続けて、クリス・ヴァン・オールズバーグ の絵本のことを書いた 続きです。
最近、ナルニアや 指輪物語、ライラ と立て続けに 童話を読んでいますが、その流れで フト出会ったのが、クリス・ヴァン・オールズバーグ。
読んだのは 6月で そのとき すてきな絵に 惹きつけられました・・・。
もっと読みたくなって 探し当てた絵本が、なんと映画でおきにいりの ジュマンジ と ザスーラ。
映画とはちがって、絵本は見る人の 想像力しだいで、すてきな世界へ GO

こちらも どうぞ ⇒ Myバインダーの クリス・ヴァン・オールズバーグ

 [続きを読む]
万葉の花 四季の花々と歌に親しむ
片岡寧豊 / 青幻舎 (2010-03-20) / 1,944円3 users
タグ 文化 自然 自然・植物 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月22日 13時24分32秒 2016/12/22
野の花を見て、これは昔の人も見ていたのかしら?
和歌を読んだり花をいけたり どんなふうに関わっていたのか ちょっと興味がでてきました。
和歌 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

本書は、写真がきれいで、万葉集のことと 植物のことが両面から語られて面白い本です。

2016/09/29 予約 10/12 借りる。10/13 読み始める。12/22 ざっと読み終わる。

万葉の花 四季の花々と歌に親しむ

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ひどらんげあ おたくさ
高田 宏治 / アスペクト (2016-06-21) / 2,052円1 users
タグ ◆小説:時代小説 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月22日 12時44分12秒 2016/12/22
シーボルト展に行き おたきさんのことを、もっと知りたくなりました。

「日本の自然を世界に開いたシーボルト」展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本書は、出だしから面白いです。
けれど 小説は小説かなぁ と思って 読むのは中止。

2016/11/17  予約 11/23 借りる。12/8 読み始める。12/22 初めのほうを読んだだけで途中でやめる。

ひどらんげあ おたくさ シーボルトに愛されて

内容と著者は →  [続きを読む]
恋する万葉植物
伊東 ひとみ / 光村推古書院 (2010-05) / 1,512円2 users
タグ 文化 自然 自然・植物 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月08日 13時24分49秒 2016/12/08
野の花を見て、これは昔の人も見ていたのかしら?
和歌を読んだり花をいけたり どんなふうに関わっていたのか ちょっと興味がでてきました。
和歌 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

花にまつわる万葉の歌の話、優しい雰囲気の花のイラスト、万葉の和歌と逐語訳、植物の説明、これが見開き2ページに載っています。
すごく素敵な本です。 思わず声に出して和歌を読んでみました。(*^_^*)♪

2016/09/29 予約 10/12 借りる。10/13 読み始める。12/8 途中までで中止。

恋する万葉植物

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
羊と鋼の森
宮下 奈都 / 文藝春秋 (2015-09-11) / 1,620円319 users
読了:  2016年12月04日
たまには、話題の本を読むのもいいかと思って4月に予約。予約待ち:901件 ですって。
7か月で順番が回ってきました。面白いのかしら、これから読みます。

後が詰まっているので、集中して読みました。
といっても 読みやすい内容なので さっと読めました。
「羊と鋼」がピアノのこととは、思いつかなかったし、ピアノ調律師のこともよく知らなかったので、面白かった。
ピアノの音はピアニストが作る、でも元の物体(ピアノ)がちゃんとしていなければ 弾けませんね。

以前 世界的なピアニストと調律師のドキュメントTVを見たのを思い出しました。
すごく面白かったという印象があります。
調べてみたら、「ピアノマニア」という映画のダイジェスト版だったようです。
 → ピアノマニア オフィシャルサイト
NHKBS1の「BS世界のドキュメンタリー」「ピアノマニア~調律師の“真剣勝負”~」 2014年12月16日放送。

こちらは見逃したけれど、面白そうですね。
 → BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たち

これからは、コンサートに行ったら、そんなことも思いながらピアノを楽しみたいです。

 ⇒ N響定期 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 → ピアノ調律師 - Wikipedia

2016/04/12 予約 11/19 借りる。(現在予約待ち:901件)11/29 読み始める。12/4 読み終わる。

羊と鋼の森

内容と著者は →  [続きを読む]
プラハの墓地 (海外文学セレクション)
ウンベルト・エーコ / 東京創元社 (2016-02-21) / 3,780円84 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月03日 21時15分02秒 2016/12/03
ウンベルト・エーコの本を読んでみたい。
と思ったけれど、分厚い本のうえ 概要が「憎しみと差別のメカニズム」・・・で ちょっとビビる。
そしたら この本のTwitterにリツイートが たくさんきてびっくり。
面白いことはわかっている!? ので、これはもう 読むしかないね!

下調べをしたほうがよさそう

・ シオン賢者の議定書 - Wikipedia
・ 「シオン賢者の議定書」とオカルティスト
・ 神秘学 - Wikipedia
・ オカルティストとオカルティズム① | 世界の終わり

結局、暗い印象のこの本を読む気にはならなかった。映画になれば見たいけど。

2016/11/01  予約 11/9 借りる。11/23 読み始める。12/3 読まずに返却。

プラハの墓地 (海外文学セレクション)

内容と著者は →  [続きを読む]
たけしのグレートジャーニー
タグ 科学:生物・生命 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月29日 21時00分18秒 2016/11/29
読了:  2016年11月29日
たけしのグレートジャーニー

友人のおすすめで読みました。
最先端の科学者などの興味深い話がもりだくさん。
それぞれTVのサイエンスゼロなどでも聞いたことはありそうだけど、本だとゆっくり読めるのがいい。
対談形式なので、すごくわかりやすく面白かった。

2016/07/21  予約 7/24 借りる。11/17 読み始める。11/29 読み終わる。

たけしのグレートジャーニー

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ピーター・パンがかけた魔法―J.M.バリ (名作を生んだ作家の伝記)
タグ @図書館 ◆伝記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月18日 11時44分45秒 2016/11/18
読了:  2008年09月17日 星1つ
2016/11/17 Vの映画 「ネバーランド」ジョニー・デップ主演を再度見て、涙と笑い。

2008/9/1 ~ 9/17 に読んだ本
7/17に見たTVの映画 「ネバーランド」は、「ピーター・パン」の作者 サー・ジェームス・マシュー・バリー の伝記物語でした。
劇作家 ジェームズ・バリ が、名作「ピーター・パン」を書き上げるまでを描く感動作。
こどもたちが、窓からふわりと飛び出すシーンの すてきなこと!
そして、大好きな ジョニー・デップが 劇作家 ジェームズ・バリ を いい感じに演じています!

そういえば、アンデルセンとか グリム童話のグリム兄弟とか、宮沢賢治 とかは知っているけど・・・ ジェームズ・バリ 知らないね。 (^^ゞ 
だれが かの有名な「ピーター・パン」の作者なのか? どんな人なのか?

そんなわけで、最近読んでるシリーズ 「名作を生んだ作家の伝記」 を読みましょう!

サー・ジェームス・マシュー・バリー Sir James Matthew Barrie 
1860年5月9日 - 1937年6月19日 イギリス、スコットランドのキリミュア生まれ
イギリスの劇作家、童話作家、ファンタジー作家。 『ピーター・パン』の作者として有名。

映画「ネバーランド」では脚色がしてあって すこし危なっかしい人に感じたけれど、本を読んで バリが すてきな人だとわかりました。
小説や戯曲(劇)をたくさん書き、イギリスでは有名な人ですが、日本ではあまり紹介されていなかったようです。
初めは、ひどい貧乏からスタート 新聞記事を書き、だんだんと認められていくが、つねに 夢に向かって努力をし続ける。

「勤勉 という女神に恋をした」 と本人が言うのだから スゴイ!

作家として成功し とても裕福になっても奢らず、大勢の人を思いやり 財産をなげうって援助をしています。
私生活では、子供に恵まれなかったのに 大の子供好きで、自分も子供の心を忘れないひとでした。
73歳のとき イギリスのマーガレット王女の3歳の誕生パーティに招かれ、お友達になったそうですよ。
「ピーター・パン」 は今も世界中で、上演され 子供の心に夢を与えていますね!

 [続きを読む]
薔薇の名前〈下〉
ウンベルト エーコ / 東京創元社 (1990-02-25) / 2,484円267 users
タグ *映画 @図書館 ◆小説:海外 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月01日 19時31分34秒 2016/11/01
読了:  2006年04月
2016/11/01 追記
著者のウンベルト・エーコ氏が 無くなったとのこと。
 → 2016.02.21 SUN 12:10 ウンベルト・エーコが遺したもの /wired.jp
2月19日、『薔薇の名前』を始めとする数多くの記憶に残る作品の著者が、ミラノで息を引き取った。84歳。
彼の最後の反骨の行動は、出版社「テーセウスの船」の設立だった。

2009/7/6 記
映画もおもしろかった!
 ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前

内容と著者は →  [続きを読む]
薔薇の名前〈上〉
ウンベルト エーコ / 東京創元社 (1990-02-18) / 2,484円374 users
タグ *映画 @図書館 ◆小説:海外 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月01日 19時29分34秒 2016/11/01
読了:  2006年04月
2016/11/01 追記
著者のウンベルト・エーコ氏が 無くなったとのこと。
 → 2016.02.21 SUN 12:10 ウンベルト・エーコが遺したもの /wired.jp
2月19日、『薔薇の名前』を始めとする数多くの記憶に残る作品の著者が、ミラノで息を引き取った。84歳。
彼の最後の反骨の行動は、出版社「テーセウスの船」の設立だった。

2009/7/6 記
映画もおもしろかった!
 ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前

内容と著者は →  [続きを読む]
まるごと一冊 ロアルド・ダール (児童図書館・文学の部屋)
ロアルド ダール / 評論社 (2000-10-10) / 8,100円7 users
タグ ◆児童文学と絵本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年10月18日 15時11分35秒 2016/10/18
読了:  2008年10月 星2つ
2016/10/12 追記
映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアン」 2016年9月17日(土)公開 
 ロアルド・ダール原作、スピルバーグがメガホンを執ったファンタジー。

映画はイマイチだったけど、ひところロアルド・ダールにハマっていたんです。
多分、「BFG」は、絵本で読んだほうが面白いんじゃないかしら。

映画「BFG」ロアルド・ダールを見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2016年9月11日 追記
2016年9月17日(土)公開のディズニー映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアン」
その原作が、 オ・ヤサシ巨人BFG
本書は抄録しか載っていないので、全文を読みたいね。
 →  オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)

2009年7月8日 記
ロアルド・ダールは、多作でとても面白い物語をたくさん書いている。
本書は、「まるごと・・」というだけあって分厚い一冊。
短編が多く収録されているのが、長編は抜粋だったり。
気分はどっぷり、ロアルド・ダール。
やんちゃな子供になれそうですよ。

全部は読みきれなかった・・・。が、読了ということで。

読んだ本 ⇒ ロアルド・ダール ~ pasoboのバインダー(本棚)

 → ロアルド・ダールの作品 Amazon

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
「チョコレート工場」からの招待状―ロアルド・ダール (名作を生んだ作家の伝記)
タグ @図書館 ◆伝記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年10月18日 15時09分50秒 2016/10/18
読了:  2008年09月20日
2016/10/12 追記
映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアン」 2016年9月17日(土)公開 
 ロアルド・ダール原作、スピルバーグがメガホンを執ったファンタジー。

映画はイマイチだったけど、ロアルド・ダールってどんな人かは、この本のメモで思い出しました。
多分、「BFG」は、絵本で読んだほうが面白いんじゃないかしら。

映画「BFG」ロアルド・ダールを見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008/9/18 ~ 9/20 に読んだ本
ロアルド・ダールのことは、2005年の映画 ティム・バートンとジョニー・デップの 「チャーリーとチョコレート工場」を、TVで見るまで 知らなかった~。

映画がちょっと風変わりでおもしろかったので興味が出たことと、このところ児童書の作家の伝記  (名作を生んだ作家の伝記シリーズ) を読んでいたことから、この本を読んでみた。

 ロアルド・ダール Roald Dahl 1916年9月13日-1990年11月23日 
 イギリス、南ウェールズ出身の作家・脚本家
 風刺やブラックユーモアに満ちた短編小説や、児童文学で有名。

ロアルド・ダールは 愛情あふれる家庭で のびのびと育てられていた。
学校にはいると、そこは恐怖とすさまじい規律にしばられるところ!
その影響は 後の作品に影響を及ぼしている。 こわ~い先生が登場するね!

そんなわけで学校は嫌いだったので、大学には行かず 就職。
20代半にば、イギリス空軍の戦闘機乗りとして戦争に参加、大怪我をし 転機が訪れる。
戦闘機乗りの経験をもとに書いた記事で 文才を認められ、作家の道を歩み出したのだ。
さらに 子供時代の経験や 豊かな想像力をもとにした作品で 世界でも指折りの人気作家になっていく。

会話が上手で、機転が利き 皮肉たっぷりの社交界の人気者 ロアルド。
初期の作品は、大人向けで、風変わりで創意に富み・・・背筋が凍る (ホラー物語)。

人生では、家族の事故や病気に見舞われるが それに前向きに(科学的で真剣に)対処し、献身的に看護にあたっている。
ホラーを書く皮肉屋ではなく 家族思いでエネルギッシュで 温かい人柄を感じさせる!

 自分の子供に毎晩 自作のお話を聞かせるお父さん
それが子供向けの本になっていき、やがて子供の本のベストセラー作家となったのだ。

また、友人も多く おなじみの 映画の脚本 も手がけている! 
 007は二度死ぬ (1967)、 チキ・チキ・バン・バン (1968)
え~~ そうなんだ! なんだか、ロアルド・ダールの本を もっと読みたくなってきたね。

作品に関しては、批評家からは賛否両論あるそうだが、本人は 大人の反感は ちっとも気にしていない。 子供のために物語を書き、気持ちや体験をわかちあったのだ。
「私には 子供の好きなものがわかるのだ」 とダールは 語っている。

たくさんある作品のどれを読もう? まずは、全集がいいね。
 ⇒ Myバインダー: まるごと一冊 ロアルド・ダール (児童図書館・文学の部屋)

 → ロアルド・ダールの作品 Amazon

本の内容と著者は →  [続きを読む]
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
ダン・ブラウン / 角川書店 (2005-09-01) / 40,783円27 users
読了:  2006年11月
2016/10/08 追記
ダ・ヴィンチ・コードに夢中になったのは、10年前なんですね。懐かしい~。
第三弾 超大作『インフェルノ』
 インフェルノ 2016年10月28日(金)公開 TOHOシネマズ 日劇
 ダン・ブラウンのミステリー小説を映画化した“ロバート・ラングドン“シリーズ第3弾。
 ダンテの『神曲』“地獄篇“を巡る世界規模の脅威を描く。


2010/7/10 追記
その後の 映画 2009年5月15日公開 「天使と悪魔」 大ブレークした映画 「ダ・ヴィンチ・コード」の第二弾。
本を読んだり、TV映画で見ました。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2006/11/9 記
映画 2006年5月公開 「ダ・ヴィンチ・コード」は大ブレークでした。
原作も読んだし、関連本もたくさん読みました。
ブームに便乗しただけのつまらない本に、時間をとられないように!

「ダ・ヴィンチ・コード」のときは、ずいぶんたくさん本を読んだんですよ。
 ⇒ My「あれこれフリーク」ブログ:「ダ・ヴィンチ・コード」関連記事 (2006/5)
 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」関連 ~ pasoboのバインダー(本棚)

 → 映画 『ダ・ヴィンチ・コード』 オフィシャルサイト

 [続きを読む]
天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版
ダン ブラウン / 角川書店 (2006-12) / 11,960円8 users
未読: 
2016/10/08 追記
ダ・ヴィンチ・コードに夢中になったのは、10年前。

第三弾 超大作『インフェルノ』映画化。
 インフェルノ 2016年10月28日(金)公開
 ダン・ブラウンのミステリー小説を映画化した“ロバート・ラングドン“シリーズ第3弾。
 ダンテの『神曲』“地獄篇“を巡る世界規模の脅威を描く。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2009/6/24 ダン・ブラウン 「天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版」
予約、1年待たされて そろそろ番が回ってきた。 (熱はさめちゃったけど・・・)
2010/6/30 読み始める。途中でやめて返却。

◇ この本も、分厚いばかりで、イマイチ。
ヴィジュアル愛蔵版って言うけれど、これくらいの画像がついていて普通じゃないのかなぁ。
1年待ったから最初は読んだけど、途中でやめちゃうかも。
映画は 気楽だし、面白いかもしれないので、TV放映待ちかな。

◇ 映画 2009年5月15日公開 「天使と悪魔」
大ブレークした映画 「ダ・ヴィンチ・コード」の第二弾。
今回は、フィーバーしてるのかしら? 私は、TVで見ます。

◇ 内容に興味があるのなら むしろ、面白いのはこちらかも!
 → 物理学者とともに読む「天使と悪魔」の虚と実 50のポイント
 東京大学教授 早野龍五 (CERN研究所における反物質研究グループのリーダー)

◇ 「ダ・ヴィンチ・コード」のときは、ずいぶんたくさん本を読んだんですよ。
 ⇒ Myブログ:「ダ・ヴィンチ・コード」関連記事 (2006/5)

読んだ本 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」関連の本 ~ pasoboのバインダー(本棚)

内容と著者は →  [続きを読む]
知識ゼロからの妖怪入門
小松 和彦 / 幻冬舎 (2015-07-23) / 1,404円3 users
読了:  2016年06月08日
面白そうなイベントに参加するので、話に乗り遅れないように「妖怪」の本を読んでおこう!
本書に勢揃した妖怪たち。 入門というだけあってとつきやすい。
柴田 ゆうの描く妖怪たちは、ちょっと可愛さがあり本当の怖さを隠している・・・。
それにしても いっぱいいますね。

水木しげるの本とか、妖怪の本は、わりと読んだんですよ。 (*^_^*)♪
 ⇒ My本棚:水木しげる
 ⇒ My本棚:妖怪

第28回人文機構シンポジウム 妖怪空間―でそうな場所―
平成28年6月11日(土) 13:30~16:30 有楽町朝日ホール
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
「妖怪空間―でそうな場所―へ行こう!」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2016/06/01 予約 6/2 借りて、読み始める。6/8 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
戦火の馬
マイケル モーパーゴ / 評論社 (2011-12) / 1,404円24 users
タグ ◆小説:海外 *映画 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年05月06日 14時07分09秒 2016/05/06
読了:  2012年04月27日 星5つ
2016/05/06
久しぶりに、TV放送があります。
5/7~5/8 深夜0時から DLife 映画 「戦火の馬」、楽しみ!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

馬といえば 感動したこの本 War Horse と映画がまっさきに思い浮かびます。
 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/4/27 記

この本を原作とした映画 「戦火の馬」が、2012年3月2日公開され、見てきました。

2012/3/21 「映画「戦火の馬」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

すごく面白かった。 馬がこんなに賢いとは思ってもいなかったので、感動です!

戦争映画というと、鎧兜の歴史絵巻だったり、ハイテク機器や宇宙ものだったりを見ることが多いですが、
これは、等身大で行われる戦いとして 怖さのリアリティが伝わってきます。

本では 馬(ジョーイ)は主人公で 語り手です。
映画を見た後で読んだので、あまりなじみのない馬の状況(騎馬、農耕馬、使役)など
イメージが沸きやすくよかった。
敵も見方も同じ人間(馬も!)なのに・・・・、戦争の悲惨さ、無意味さが 伝わってきます。

2012/3/19 予約。4/20 借りる。4/21 読み始める。4/27 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ゴースト・ボーイ
読了:  2016年03月23日
本を読んだ後、2016.04.28 NHK「スーパープレゼンテーション」(TED)で放送されました。
 → 2016.04.28 マーティン・ピストリウス
   How my mind came back to life — and no one knew
   僕は目覚めたのに 誰も気付かなかった

 → マーティン・ピストリウス: 誰も知らなかったこと―私の心はどの様にしてこの世に復活したのか?

2016/3/23
植物人間と思われていた マーティン・ピストリウスが、人生を取り戻す!

この本を読み終えて、マーティンが仕事と家庭を持ち、幸せになったことに感動しました。
何も感じないと思われ「もの」のように扱われていたマーティンに、話しかけその反応に気づく介護士のヴァーナは、救世主のような存在です。
両親はもちろん愛情深く毎日世話をしているけれど、そのことに気付かなかった。
また、ヴァーナの気付きがすぐに画期的な進展になるわけではなく、検査を受けてコミュニケーションをとる方法が工夫されるまでに長い時間がかかり 歯痒い思いをしました。

本書は、文章が上手くとても読みやすいせいか いつの間にかマーティンの身近なところにいるような気にさせてくれます。
だから、介護施設で想像を絶する虐待にあっていたことを知った時は、恐ろしかった。
世の中にはそういうことが横行していて虐待される側がそれを誰にも伝えられない・・・。 時折心痛むニュースになります。

読み進めば、本書の後半は、マーティンの恋人との熱々の話です。(*^_^*)♪
最初の頃の、やっと意思を伝えられるようになった時から思えば、ずいぶんと元気になり パソコンで自分を伝えるだけではなく、料理にも挑戦するマーティンの健闘ぶりに驚かされます。

病気自体の原因や効果的な治療法については書かれていないですが、同じような症状の人は勇気づけられることでしょう。

2016/01/20  予約 2016/03/10 借りる。3/20 読み始める。 3/23 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
宇宙への秘密の鍵
読了:  2016年04月07日
ホーキング博士の本は、これまでどれも難しかったが、これはさすがに子供向けとあって読みやすく面白い。
その分 科学知識満載というものではないけれど、ストーリーも登場人物もユニークでワクワクします。
続きが読みたい!

2016/02/28  予約 3/1 借りて読み始める。4/7 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (49)
1 ITのうちWeb関連
2 IT:ALL(情報技術)
8 SF
3 ◆まんが
8 ◆エッセイ
17 ◆伝記
63 ◆児童文学と絵本
28 ◆小説:日本
8 ◆小説:時代小説
56 ◆小説:海外
3 ◇サガン
26 ◇フリーマントル
1 ◇ブラッドベリ
5 ◇ヴェルヌ
10 アート
2 ゲーム
5 地球環境とエコロジー
3 外国:中国
2 外国:韓国・朝鮮
9 文化
1 暮らし・リフレッシュ
1 暮らし・経済・税金・年金
12 歴史
14 生き方・考え方
10 神話・伝説・民話
4 科学・テクノロジー
1 科学:医学
1 科学:恐竜と古生物・化石
4 科学:深海から宇宙まで
3 科学:生物・生命
1 経済・ビジネス
7 経済・社会・政治一般
10 自然
2 自然・動物
4 自然・植物
1 自然・野鳥
2 音楽:オペラ
11 *人気!?予約で待たされる
4 *新しいこと
44 *映画
1 *講座
8 *TV
5 @リンク集
5 @友人・知人他から
189 @図書館
1 @要再読
3 Bs:書斎-箱
1 Bs:書斎本棚
1 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー