ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/23 01:16
2017/10/21 12:12
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
最近登録した本
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
日本園芸界のパイオニアたち: 花と緑と、20の情熱
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
カウンター
累計14762  今日0  昨日3
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数11 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
すごい家電 いちばん身近な最先端技術 (ブルーバックス)
西田 宗千佳 / 講談社 (2015-12-18) / 1,188円36 users
すごい家電 いちばん身近な最先端技術 (ブルーバックス)

内容 :
洗濯機、テレビ、エアコン…。家電全17製品をジャンル分けし、製品の開発担当者を徹底取材。
それぞれが稼働する原理やしくみ、発展の歴史を解説する。
「明日の便利」を生み出す「発想の原点」がわかる本。

思わず誰かに教えたくなるトリビア満載!
全製品の開発担当者を徹底取材!
「明日の便利」を生み出す「発想の原点」。
読むほどに膝を打つ、おどろきの発想と技術――。

 ・ 0.04秒ごとに沸騰と対流を制御し、「土鍋よりも美味しい」ご飯を炊きあげる炊飯器。
 ・ 水の透明度から汚れ具合を判断し、槽の回転方向や速度を変える洗濯機。
 ・ 人の動きを記憶・学習して効率的に冷暖房を効かせるエアコンは、自ら掃除するロボットまで内蔵する。
 ・ 「より省エネで、より快適」を追求する現代の超技術=家電。
 ・ 創意工夫が生み出される現場を探訪する。

目次 :

# 01 洗濯機――ライフスタイルの変化が進化の原動力

# 02 冷蔵庫――気化と凝縮の熱交換器

# 03 掃除機――吸引力だけでは測れないその「実力」

# 04 電子レンジ――通信機器との意外な関係

# 05 炊飯器――高額商品ほど売れている“デフレ逆行”家電

# 06 テレビ――天文衛星の技術が促す進化

# 07 ビデオレコーダー/ブルーレイディスク――テレビの使い方を変えた録画カルチャー

# 08 デジタルカメラ/ビデオカメラ――動画と静止画が交互に技術革新を生む

# 09 エアコン――超高度な制御技術を装備した最先端家電

# 10 照明――光源と演出力の進化

# 11 電動シェーバー――“切れ味”を生み出す超微細加工技術

# 12 マッサージチェア――「銭湯」から普及した日本発の「リラックス家電」

# 13 トイレ――急速に進化する新しい家電

# 14 電気給湯器(エコキュート)――オフピークを活用する省エネ家電

# 15 電池――デジタル機器が進化を促す「縁の下の力持ち」

# 16 太陽電池――30年スパンで効率を考えるシステム型家電

# 17 HEMS――家庭内の電力利用の“お目付け役”

著者 : 西田 宗千佳
1971年福井県生まれ。ネットワーク、IT、先端技術分野を中心に活躍するフリージャーナリスト。著書に「スマートテレビ」「世界で勝てるデジタル家電」など。

2017/07/20  予約 7/26 借りて読み始める。 読み終わる。
 
ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか(祥伝社新書)
本田幸夫 / 祥伝社 (2014-12-01) / 864円33 users
読了:  2016年10月05日
ロボット関連の本は数冊読んでいますが、この本は素晴らしい。
「現状の日本ロボット技術と それを社会に活かすこと」のために、どうしたらいいのかを最終目標にして、噛んで含めるように書かれています。

 ロボットが今世界ではどのように開発され使われているのか、将来は?
 ロボットを開発し、社会に浸透させるには、最初は青いインクの一滴を水に垂らすようなことをしなければいけない。
 青いインクは広がってやがて透明になりロボットは私達の 日常に溶け込んでいく。
 とはいってもロボットに頼りすぎてはいけない。ロボットはあくまでもアシスタント。
 アシスタントに支持するのは、私達です。

人型のロボットというと ついアトムのような可愛く利口で正義感あふれるロボットを欲しくなります。
けれど、オールマイティのロボットができるのを望んで待ち続けるより、機能に制約があっても特長を活かしたロボットを身近に使っていくほうがいいと思うようになりました。
一方心配なのは、クラウドで情報を共有し賢くなっているロボットを使えば、個人情報は筒抜けになるのではということ。そのあたりの技術が未熟なものは使えない。
後は、値段。 お手頃価格なら試してみたくなるでしょうね。(*^_^*)♪

参考 本書より新しい話題。(「本田幸夫」でGoogle検索より)
・ 本田幸夫教授に聞く、なぜ日本では介護や福祉でのロボット導入が進まない 2016/08/22
・ 日本は「ロボットのある日常」のパイオニアになれるか - ニュースイッチ 2015/08/14

2016/05/28  予約 6/9 借りる。 7/14 読み始める。10/5 読み終わる。

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか (祥伝社新書)

内容と著者は →  [続きを読む]
自作ホームページ超活用法 (ムックセレクト)
久恒 啓一 / ロングセラーズ (2002-09-01) / 977円5 users
著者独特の 図解ウェブということば ~ 図解コミュニケーション

2007/12/7 借りて読む。

内容 :
内容(「BOOK」データベースより) 内容(「MARC」データベースより)
図解コミュニケーションで情報が、知識が、人脈が雪だるま式に増えていく。


自己を磨くという意識を強く持ったITが苦手な人間が、
自作ホームページを発想し、構想し、計画し、運営するという一つの事業から見えてきたことを報告。
ホームページの図解コミュニケーションで人脈が増えていく様子を紹介。

著者 : → 久恒 啓一の著作久恒 啓一のサイト:図解ウェブ
1950年生まれ。九州大学卒業。
日本航空を経て、現在、県立宮城大学大学院事業構想学研究科長、知的生産の技術研究会理事長等を務める。
著書に「図で考える人は仕事ができる」など。
ホームページにオフィスを作る (光文社新書)
野口 悠紀雄 / 光文社 (2001-11) / 756円88 users
読了:  2004年10月
2004/10/26 MyHPのヒントになればと 目を通す。

内容 →  [続きを読む]

タグ (7)
2 ITサイト作成・運営
3 IT:ALL(情報技術)
1 暮らし・電気製品:家電・グッズ
1 科学・テクノロジー
1 *あとりえ用
1 *新しいこと
4 @図書館
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー