ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年8月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/08/22 14:19
2017/08/22 10:09
2017/08/19 09:30
2017/08/15 10:29
2017/08/13 20:31
最近登録した本
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
ブロックチェーン入門 (ベスト新書)
オペラにいこう!―楽しむための基礎知識
オペラは手ごわい
メロドラマ・オペラのヒロインたち
ぱれーど (講談社の創作絵本)
アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュ…
ワーグナーのすべて (平凡社新書)
苔玉と苔 小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の…
苔玉と苔 育て方ノート
カウンター
累計14685  今日0  昨日1
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅣ 契約の民の巻 下 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2012-02-02) / 907円3 users
所有
2017/8/7
METオペラ「ナブッコ」は、旧約聖書に基づいた若きヴェルディの出世作。
戦に敗れ、バビロンに連行されたヘブライ人たちの運命は? という『バビロン捕囚』に絡んだストーリー。
MET2017「ナブッコ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

西欧人のベースに聖書があればこそ、荒唐無稽なオペラのストーリーにも暗黙の何かがありそうです。
オペラを見る前に 『バビロン捕囚』について おさらいしたい。
下記の本では、一言しか触れられていないので、本書でもうすこしわかるといいかと、ポイントを拾い読みしました。
この本の最後のほうにかかれている「バビロン捕囚」を読んでMETオペラ「ナブッコ」を見たのは、正解だった。

旧約聖書 (まんがで読破)
バラエティアートワークス / イースト・プレス ( 2010-11-01 )


第4部 王国の崩壊 の最後のほうに 「バビロン捕囚」が述べられています。
 (南北分裂、北王国の崩壊、南王国の崩壊、バビロン捕囚)

 神と契約をしたのにそれを忘れてしまう人々。 
 警告し神の言葉を伝えようとする預言者は、人々には受け入れられず・・・。
 そんなことが繰り返されるが、本書の最後は希望で終わっている。 

史実と旧約聖書と著者の解釈が混ざって書かれていて、どれが史実なのかなぁと思うこともありますが、
日本の歴史を引き合いに出しているところなど、なるほどと思える手助けになっています。

内容 :
内容紹介
モーセ、そしてヨシュアによってカナンに定住したイスラエル人は、王制へと向かう。
サウル王の治世、外敵ペリシテ人の代表戦士、巨人ゴリアテを得意の石投げで破ったのが、ダビテだった。
彼はサウル王の没後、王となり、その7番目の子ソロモン王の治世、イスラエルは大いに栄えた。
しかし、ソロモンの死後、王国は南北に分裂、神との契約を結んだ民は再び奴隷となってしまった。

内容(「BOOK」データベースより)
モーセ、そしてヨシュアによってカナンに定住したイスラエル人は12部族に土地を分割し、士師の時代を経て王制へと向かう。
サウル王の治世、外敵ペリシテ人の代表戦士、巨人ゴリアテを得意の石投げで破ったのが、ダビテだった。
彼はサウル王の没後、王となり、その7番目の子ソロモン王の治世、イスラエルは大いに栄えた。
しかし、ソロモンの死後、王国は南北に分裂、最初、北王国イスラエルが滅び、次に南王国ユダが滅び、バビロン捕囚に。
神との契約を結んだ民は再び奴隷となってしまった。

目次 :

第3部 統一王国
 (王制への第一歩、サウルの治世、ダビデの出現、逃亡者ダビデ、ダビデ王国、ダビデ契約、ソロモンの治世)

第4部 王国の崩壊
 (南北分裂、北王国の崩壊、南王国の崩壊、バビロン捕囚)

著者 : 中川 健一
1947年生まれ。大阪府出身。1970年一橋大学卒業。6年間のサラリーマン生活の後、米国トリニティ神学校留学、同校卒業。
1986年、福音テレビ放送団体『ハーベスト・タイム・ミニストリーズ』を設立。2010年まで24年間、テレビ番組を放送する。
イスラエルには過去五十回以上訪問し、聖書の世界を探求し続けている。ハーベスト・タイム・ミニストリーズ理事長。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

2013/06/23 借りる。2017/8/7 何回目かを読み始める。 読み終わる。
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたり Ⅴ メシアの巻 上 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2012-04-03) / 1,037円3 users
2017/8/7
METオペラ「ナブッコ」は、旧約聖書に基づいた若きヴェルディの出世作。
戦に敗れ、バビロンに連行されたヘブライ人たちの運命は? という『バビロン捕囚』に絡んだストーリー。
MET2017「ナブッコ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

オペラを見る前に『バビロン捕囚』のころのことが知りたい。
ちょうど旧約聖書の終わりごろで、リアルな歴史との関連も見逃せない。
本書を読めば手掛かりがあるのかしら?

前作 


以下の2冊も 読み直そう!
旧約聖書 (まんがで読破)
バラエティアートワークス / イースト・プレス ( 2010-11-01 )


新約聖書 (まんがで読破 MD073)
バラエティアートワークス / イースト・プレス ( 2010-11-01 )





2013/06/23 借りる。 2017/8/7 何回目かを読むつもり。

【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたり Ⅴ メシアの巻 上 (文芸社文庫)

内容 :
内容紹介
ユダヤ人の間に、急速にメシア到来に対する期待が高まった。紀元前七年から六年、ベツレヘムの民家でも宿屋でもない、家畜を囲う横穴式の洞窟で、ヨセフとマリアに男児が誕生した。マリアは天使のお告げで、その子を「イエス」と名付けた。大工の息子として成長したイエスは、30歳を機にバプテスマのヨハネの洗礼を受けて、これ以降、メシアとしての活動を公に開始する。

内容(「BOOK」データベースより)
バビロニア捕囚となったユダヤ人は、その後、ペルシャ、アレクサンドロス大王のヘレニズム時代を経て、ローマ帝国の属州となり、ハスモン朝、ヘロデ朝へと移ってゆく。
この間、ユダヤ人には、急速にメシア到来に対する期待が高まった。
紀元前七年から六年、ベツレヘムの民家でも宿屋でもない、家畜を囲う横穴式の洞窟で、ヨセフとマリアに男児が誕生した。マリアは天使のお告げで、その子を「イエス」と名付けた。大工の息子として成長したイエスは、30歳を機にバプテスマのヨハネの洗礼を受けて、これ以降、メシアとしての活動を公に開始する。

著者 : 中川健一
1947年生まれ。大阪府出身。1970年一橋大学卒業。6年間のサラリーマン生活の後、米国トリニティ神学校留学、同校卒業。
1986年、福音テレビ放送団体『ハーベスト・タイム・ミニストリーズ』を設立。2010年まで24年間、テレビ番組を放送する。
イスラエルには過去五十回以上訪問し、聖書の世界を探求し続けている。ハーベスト・タイム・ミニストリーズ理事長。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
旧約聖書 (まんがで読破)
2017/8/7
METオペラ「ナブッコ」は、旧約聖書に基づいた若きヴェルディの出世作。
戦に敗れ、バビロンに連行されたヘブライ人たちの運命は? という『バビロン捕囚』に絡んだストーリー。
MET2017「ナブッコ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

オペラを見る前に この本の、モーゼの後からを読み直した。
だいたい 旧約聖書のハイライト『モーゼの出エジプト』の後は、あまり記憶になく
それでも ダビデ王とソロモン王は 名前と簡単なエピソードを知っているだけ。
改めて 読み返して 戦いの歴史を再認識しました。
肝心の 『バビロン捕囚』は、最後から数ページのところに1コマ程度しか書かれていなくて、ちょっとがっかり。

こちらのサイトがわかりやすいです。
 → 歌劇「ナブッコ」-その1:オペラの概要-

別の読みかけの本も 読み直そうと思ったけれど、上記サイトの内容で十分かも。(*^_^*)♪

おまけ バビロンの空中庭園 
 ナブッコのモデル ネブカドネザル2世が王妃のために建立した砂漠の中の緑の庭園
 → 世界の七不思議の一つバビロンの空中庭園




2015/03/11
2015年1月30日(金)公開の映画「エクソダス:神と王」を見ました。
クリスチャン・ベールがモーゼ役を、ジョエル・エドガートンがラムセス役を演じる。
監督はリドリー・スコット。

「出エジプト」もう一度この本を読みたくなった。
モーゼ関連の部分、けっこう書き込まれていて面白かった。

2014/06/18
2014年6月13日(金)公開の映画「ノア 約束の舟」を見に行く前に、ノアについておさらい。
ほとんどの人類を滅ぼしたのに、人間の悪は無くならないとわかったってこと?
神様、それはひどすぎる。
ノア以外にもいい人はいっぱいいただろうに・・・。
まぁ、いいけどね。

日本人に贈る聖書ものがたりには、ノアは登場しない。
もっと後の時代から話が始まる。
その辺りの順番も定かでなかったので、この本が役に立ちました。

2013/06/23
日本人に贈る聖書ものがたりⅠ~Ⅷ を読むのに、ストーリーを見渡せるこれをそばにおいておくといいとのことで、合わせて借りる

漫画なので、すぐに読めるのがいい。

内容 :
「光あれ」神の一言で世界ははじまった。天地創造ののち、神は男女一組の人間を造り上げた。
月日は流れ繁栄を極めた人間は次第に神の栄光を忘れ、傲慢になっていく。
そして神はついに人間を滅すことを決意する。
世界でもっとも多くの人に愛され続み継がれている宗教書・歴史書を漫画化。


2013/06/23 借りて読み始める。 読み終わる。
新約聖書 (まんがで読破 MD073)
日本人に贈る聖書ものがたりⅠ~Ⅷ を読むのに、ストーリーを見渡せるこれをそばにおいておくといいとのこと。

内容 :
世界宗教とも呼ばれ、世界一の信者教を抱えるキリスト教の聖典のひとつ『新約聖書』。
そこには、神の子イエス・キリスト(救世主)の生涯や、人々を「神の国」へと導くための、さまざまな言行と奇跡が記されており、キリスト教の教えの中軸として2000年以上もの間、世界中で読み継がれている。
その世界最大の聖典を漫画化。


2013/06/23 借りる。 読み始める。 読み終わる。
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅢ 契約の民の巻 上 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2012-02-02) / 1,080円3 users
日本人に贈る聖書ものがたり Ⅰ~Ⅷ 

面白い本だと勧められ、借りています。

2015年1月30日(金)公開の映画「エクソダス:神と王」を見ました。
クリスチャン・ベールがモーゼ役を、ジョエル・エドガートンがラムセス役を演じる。
監督はリドリー・スコット。


「出エジプト」もう一度この本を読みたくなった。

内容 :
ヤコブとその一家がエジプトに下ってからおよそ350年、ヨセフが死んでからでも200数十年、イスラエル人はエジプトで奴隷の民となっていた。
この200万人のイスラエル人を約束の地カナンに導いたのがモーセである。
増大するイスラエル勢力を恐れたトトメス一世は「嬰児殺し」のお布令を出すが、母の気転でモーセはエジプト人として育てられる。
旧約聖書のものがたりの中でも最もドラマチックな「出エジプト」は、いかに実現したのか?!
紅海の奇蹟、「十戒」の真意等、聖書のツボを感動的に描く。

著者 : 中川健一
1947年生まれ。大阪府出身。1970年一橋大学卒業。6年間のサラリーマン生活の後、米国トリニティ神学校留学、同校卒業。
1986年、福音テレビ放送団体『ハーベスト・タイム・ミニストリーズ』を設立。2010年まで24年間、テレビ番組を放送する。
イスラエルには過去五十回以上訪問し、聖書の世界を探求し続けている。ハーベスト・タイム・ミニストリーズ理事長。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

2013/06/23 借りる。 2015/03/13 読み始める。 読み終わる。
抄訳・ギリシア神話 (PHP新書)
読了:  2011年12月15日 星4つ
2015/10/11 トロイア遺跡を発掘した シュリーマンの展覧会に行きました。
「ギリシア考古学の父シュリーマン」展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 秋の特別展 ギリシア考古学の父シュリーマン
  初公開! ティリンス遺跡原画の全貌
   古代オリエント博物館 9月19日(土)~ 11月8日(日)

また、ギリシャ神話(ギリシア神話)を読みたくなりました。 この本にしようかな!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2011年11月11日公開の 映画「インモータルズ -神々の戦い」を見て、ギリシア神話の本が読みたくなった。

図書館で借りようと 「ギリシア神話」で検索すると88冊がヒット。
そこから、ベストな本を選ぶには、嗅覚!? がものをいうかもね。
どうやって、絞り込むか・・・。

子供の頃から星座で親しんだギリシアの神々の話、映画の主人公でもあった 「テセウス」が登場すること。
・・・つまらない解説書は、およびでない (*^_^*)♪

 この本、ロバート・グレイヴズの『抄訳・ギリシア神話』は、大当たり!
 すごくよかった。 まずは、テセウス!! え~、こんな話だったの o(*'o'*)o
抄訳なので話がスピーディで、ポイントはきっちりおさえてある。
 そして、最後は 神々の終焉・・・。
神々の系譜や地図を見ながら、どんどんと読み進みます。

巻末の阿刀田高の解説によれば、
 ロバート・グレイヴズは、ギリシア神話の原典に忠実な正統派なんだそう。
トロイ戦争以前の神々の様々なストーリーが、うまくまとめてあります。

とにかく、面白い本だし、繰り返し読んでも飽きることがなさそう!


参考 : トロイ戦争にかかわった神々と人間たちの 「ギリシア古典劇」を1つにまとめた作品が2000年翻訳出版され、公演された。
[単行本] グリークス―10本のギリシャ劇によるひとつの物語
[DVD] グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語  出演: 平幹二朗, 白石加代子, 宮本裕子, 寺島しのぶ


2011/12/2 借りて読み始める。12/15 読み終わる

内容と著者は →  [続きを読む]
北欧神話と伝説 (講談社学術文庫)
2011/7/14 予約  7/23 借りる。7/28 チラッと見て返却。
北欧神話は、このところ数冊読んでいます。
この本は、解説は少なく神話がたくさん取り上げられいるし、図版や写真も入って、面白そうです。
また、機会があったら読みたい。

キーワード : 北欧神話

内容 →  [続きを読む]

タグ (9)
2 ◆まんが
1 ◇塩野七生
1 哲学・思想・心理
1 文化
1 歴史
7 神話・伝説・民話
2 @図書館
1 Bs:書斎-箱
5 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー