ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 山本 靖典
並べ替え:
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/12/09 23:10
2017/12/08 13:59
2017/12/07 10:21
2017/12/06 17:52
2017/12/05 10:53
最近登録した本
花と果実の美術館―名画の中の植物
[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生…
毒殺の世界史 上 ~アレクサンドロス大王からリチャー…
増補 モスクが語るイスラム史: 建築と政治権力 (ちく…
ぞうでするする
夢十夜
おおきなおおきな おいも (福音館創作童話シリーズ)
ヨーレのクマー
ばけバケツ (にじいろえほん)
こっそりどこかに (cub label)
カウンター
累計14882  今日0  昨日2
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
<<2017年12月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数4 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)
山本 靖典 , 江口 久雄 , 宮崎 高則 / 日刊工業新聞社 (2017-05-27) / 1,620円2 users
ノーベル化学賞(クロスカップリング反応の開発)の 鈴木章氏 監修の とても分かりやすい本です。
といっても全頁に 化学式がちりばめられています。
クロスカップリングのことは、全く知らなくって・・・。
基本からきちんと説明があり、化学式はともかく 文章とイラストだけでも分かった気になりました。
今も 研究が進んでいる分野で 日本が中心となっている技術なんですね。

ノーベル賞の鈴木章先生も 自宅で液晶テレビ、降圧剤のお薬と毎日お世話になっているそうで、私たちの生活には欠かせないクロスカップリング。
往々範囲も広く 研究が即 実用化されるのも、日本ならではのすばらしいことだそうです。

・・・ 有機化合物とは炭素─炭素骨格を含む化合物で、私たちの暮らしを支える製品(電子材料、医農薬など)に広く使われています。もともと有機化合物は、生物体が作り出す化学物質の総称でしたが、現在では有機合成反応という技術により、多くの有機化合物が人工的に生産できるようになってきました。
現在では、クロスカップリング反応は、農薬(殺菌剤、除草剤)、医薬品(降圧剤、抗がん剤)、電子材料(液晶、有機EL)など様々な工業製品の製造に利用されています。
本書を読めば、クロスカップリング反応は、日本の学術研究者と企業研究者が先導して発展させた世界に誇るべき反応技術であることが良く理解できると思います。・・・

有機合成

これからは、ニュースなどでクロスカップリングと聞いても 少しは内容がわかるようになったと思います。 (*^_^*)♪

2017/6/14 新刊棚で見つけて読み始める。始めはしっかり途中からはざっと読み終わる。

トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]

タグ
-
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー