ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー
並べ替え:
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/11/24 08:36
2017/11/20 13:45
2017/11/19 08:57
2017/11/19 00:08
2017/11/18 20:13
最近登録した本
うどんのうーやん
ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本)
カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのも…
にじのみずうみ (いわさきちひろの絵本)
おもちゃ箱―武井武雄画噺〈2〉 (武井武雄画噺 (2))
羊男のクリスマス (講談社文庫)
たのしい写真3 ワークショップ篇
食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門 (デ…
仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太…
ぼくの道具
カウンター
累計14828  今日1  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
<<2017年11月>>
登録数12 件
購入金額- 円
読了数12 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
カラー版 - 地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇 (中公新書)
竹内 正浩 / 中央公論新社 (2016-10-19) / 1,015円34 users
読了:  2017年07月20日
東京近郊に住む人ならたいてい、ざっと地下鉄などの路線図はおなじみですよね。
もちろん 他の地域でも JRや私鉄などの交通網を利用する人には見慣れたものでしょう。
この本を読むまでは、この路線図を平面的にしか考えていなかった。!!(>д<)ノ
もちろん 地下鉄の駅がどんどん深くなっていることは感じてはいますが、
初めて路線の高低をあらわした図を見た時は、びっくり。
それからしばらくは、地下鉄に乗るときは現在地に該当する高低図を見ながら、
今登ってる! とか 下りだ! なんて 体感していました。
面白い!

第1章 「深すぎる地下鉄、浅すぎる地下鉄」を読み終えたらなんだか満足して
それ以降は あまり印象に残っていません。
でも、サブタイトルに 惹かれて 数冊借りた 東京の地下に関する本のうち これだけ読破しました。 (*^_^*)♪

カラー版 - 地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇 (中公新書)

内容と目次は →  [続きを読む]

タグ
-
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー