ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー
並べ替え:
<< 2017年9月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/09/21 00:06
2017/09/13 22:21
2017/09/10 22:36
2017/09/08 22:36
2017/09/06 20:10
最近登録した本
串田孫一 緑の色鉛筆 (STANDARD BOOKS)
イタリアの色 (コロナ・ブックス)
とりあわせを楽しむ日本の色 (コロナ・ブックス)
ゼロからわかる UML超入門 [改訂2版] (かんたんIT基…
日本の伝統色 (コロナ・ブックス)
フランスの色 (コロナ・ブックス)
NHK趣味の園芸 2017年9月号 [雑誌] (NHKテキスト)
へんなものみっけ! 1 (ビッグコミックス)
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
ブロックチェーン入門 (ベスト新書)
カウンター
累計14719  今日0  昨日0
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
<<2017年9月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数1 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
サーカスのよる (おはなしカーニバル)
芭蕉 みどり / 偕成社 (1995-10) / - 4 users
読了:  2017年05月09日
友人と ちょっと話題になったので、読みました。

すてきなイラストと 心温まるストーリー。
「ティモシーとサラの絵本シリーズ」とは、ちがった味わいの絵がすてき。
表紙、めちゃめちゃかわいい!

じっくり見ると作者のユーモアのセンスが伝わってきますよ。

2017/5/9 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容 :
漁に出ていた父さんが帰ってきた。
ある日、「サーカスに行こうか」といわれて大喜びするが、サーカスは満員で入れない。
父さんは今晩しかいないのに…。
お父さんが大すきな少年の気持ちを、しみじみと描いた絵童話。

著者 :
東京都生まれ。早稲田大学卒業。フリーイラストレーター。
作品にティモシーとサラの絵本シリーズ「おたんじょうびのおくりもの」「ふゆのよるのおくりもの」他がある。


 

タグ
-
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー