ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー
並べ替え:
<< 2017年8月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/08/19 09:30
2017/08/16 20:18
2017/08/15 10:29
2017/08/13 20:31
2017/08/09 21:49
最近登録した本
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
ブロックチェーン入門 (ベスト新書)
オペラにいこう!―楽しむための基礎知識
オペラは手ごわい
メロドラマ・オペラのヒロインたち
ぱれーど (講談社の創作絵本)
アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュ…
ワーグナーのすべて (平凡社新書)
苔玉と苔 小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の…
苔玉と苔 育て方ノート
カウンター
累計14681  今日7  昨日1
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
正しいコピペのすすめ――模倣、創造、著作権と私たち (岩波ジュニア新書)
宮武 久佳 / 岩波書店 (2017-03-23) / 929円24 users
図書館の新刊棚で見つけて 読み始めた。
これは自分にも当てはまる と ドキッとすることがたくさんあります。
著作権や 疑似著作権? 肖像権 など 要注意!
やってもいいこと、いけないこと。
以前から 本を読んだり ネットで調べてはいますが、
今回、最近の状況にあった本書をしっかり読みたいと思います。

正しいコピペのすすめ――模倣、創造、著作権と私たち (岩波ジュニア新書)

内容 :
ネットで調べ、ワープロやスマホで文章を書く時代にはルール上、「許されるコピペ」と「許されないコピペ」がある。
コピーやコピペがあふれる社会と著作権について、基本的な部分を平易に説明する。
他人が撮った写真をSNSにアップする、
web上の文章を自分のレポートに貼(は)り付ける、
ネットで見つけた動画をダウンロードして視聴する…。
これらの大半が著作権に関係しています。
コピペ時代を生きるために必要な著作権ルールをわかりやすく解説します。

目次 :
はじめに-価値あるものはコピーに乗って

第1章 コピーする日常-作る人と使う人
 スピーチにも著作権
 起きてから寝るまで
 レストランで記念撮影
 ソーシャルメディア時代に
 「コピーした? 捕まりますよ」
 番組録画と著作権
 「作る人」は偉い
 ゴッホの「ひまわり」を絵葉書に

第2章 コピーのルールとは-著作権早分かり
 著作権とは
 アイデアを保護しない
 著作権の中身
 フリーライドを許さない
 第9交響曲と作曲家の個性
 お金を払ってもキングになれない?
 「作る人」と「使う人」の間で
 保護期間は死後50年まで
 ピアニストと落語家
 テレビ録画機が売られている理由
 個人で使う場合はご自由に
 先生がコピーしてた。いいの?
 知っておきたい引用ルール
 ソフトのバックアップは?
 著作権に例外がある理由

第3章 それ、違法コピーです-著作権は守られているか
 仕事とコピー
 同窓会も、ママ友の集まりも
 ジャーナリストと著作権
 私も知らなかった
 ジャーナリストの権利とは
 従業員が作るパワポ、権利は誰に?
 スクールソングCDが作られない理由
 SNSと著作権
 レストランの料理写真
 力関係が先に?
 あなたの肖像権
 先生方、会議資料にご用心
 私の失敗
 ゴーストライターの著作権

第4章 コピーと創造性-「見たことのないもの」を創れるか
 模倣がファッションを支える
 モーツァルトは模倣の天才? 
 ピアノで聴く《運命交響曲》
 オーディオ装置がなかった時代に
 鉛を金に変えた錬金術師 
 シェイクスピアは「盗作野郎」?
 《モナ・リザ》に口ひげを加えた
 創作は模倣から
 コピーなしでは生きられない
 岩下志麻さんのリアル
 「見たことのないもの」を作れるか
 「天使を連れてきてほしい」
 「無から有」はあるか
 スマホに10万件の特許
 ドラッカーを読む前に

第5章 技術がルールを変える-あなたの世界は古い?
 アメリカに乗り込んだディケンズ
 プロが独占した時代
 大リーグとアマチュア野球
 分かりにくいルールブック
 人工知能が「創作」する
 「ベートーヴェンを脅したい」
 クレオパトラとキリスト
 サルが写真撮影すると
 金持ちがルールを作る?

第6章 コピペ時代を生きる-ルールを守りながら
 「それってコピーじゃないの?」
 コピペを見破るソフト
 「ハサミとノリ」で記事を書く?
 まるで「麻薬」のよう
 コピペを許さない3つの理由
 正しいコピペ
 上手なレポートを書く方法
 遣唐使も鹿鳴館も
 みんなの著作権

◆コラム:疾走するアート
◆コラム:レシピと著作権
◆コラム:著作権の管理団体とは
◆コラム:素晴らしい「青空文庫」
◆コラム:電子書籍の「自炊」とは
◆コラム:「顔が命」の芸能人
◆コラム:海賊版とは
◆コラム:レプリカが大活躍
◆コラム:ベルヌ条約とは

あとがき-息をするようにコピーする時代に
参考文献
索引

著者 :
1957年大阪市生まれ。一橋大学大学院(国際企業戦略研究科・知的財産戦略)修了。修士(経営法)。東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。
著書に「知的財産と創造性」がある。

2017/5/10 借りて読み始める。 読み終わる。
 

タグ
-
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー