ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   洋書   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)
並べ替え:
読書 所有 お気に入り 日付 1 - 1件目 / 1件
読書する女たち 〔十八世紀フランス文学から〕
宇野木 めぐみ / 藤原書店 (2017-01-26) / 3,024円3 users
購入:  2017年03月12日 1,800円
読了:  2017年07月04日 星3つ
<目次>
序 読者のイメージ、イメージの読者
第一章 十八世紀フランス絵画における書物
1 読書行為に性差はあるのか
2 男性読書のイメージ - 知と思索
3 女性と書物 -「受胎告知」から官能まで
4 男女混合での読書、読むのは誰か
5 まとめ
第二章 文人たちの女子教育論と小説
1 十八世紀フランスの読書状況
2 十八世紀初頭の女子教育論 -サロンの主催者ランベール夫人の著作を中心に
3 ルソーとラクロの女子教育論
4 危険な小説の読書
第三章 小説の有害性と効用
1 『新エロイーズ』(1761)に見る小説の効用
2 ロベール・シャール『ドン・キホーテの続編』(1713)の二つの挿話 -もし妻が浮気をしたら
3 ラクロ『危険な関係』(1782) ―沈黙から始まり、沈黙に終わる物語
4 『危険な関係』への異議申し立て -リコボニ夫人とラクロの往復書簡
5 まとめ -小説の有害性を有用性に変えるために
第四章 小説における読書する女性たち
1 マリヴォー『マリアンヌの生涯』(1731-41)における読書
2 『成り上がり百姓』(1734-35)-小道具としての書物あるいは官能の仄めかし
3 『マノン・レスコー』(1731) -日常の一部あるいは偽装
4 『危険な関係』(1782) -策略と教訓
5 『ポールとヴィルジニー』(1788)における小説の読書 -妄想と合理化
6 まとめ -美徳と堕落
結論


2017.03.12 本のフェスで購入
2017.06.28 読書開始
2017.07.04 読了

本棚分類
読了今月/ 先月/ 今年/ 昨年
読中 / 予約中 / 読みたい / 欲しい
個人所有 / 会社所有

評 価
★★★★★ / ★★★★
★★★ / ★★ /
タグ
-
<<2017年10月>>
登録数35 件
購入金額- 円
読了数6 冊
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
98
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

プロフィール

秘密諜報員(爆) 品川の会社員 探検家(謎) 読書会しましょう!
リンク
なおきのブログ
2017/10/22 23:56
2017/10/21 15:45
2017/10/20 23:52
2017/10/19 23:19
2017/10/18 23:08
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
アマゾン検索
バインダー読者(30)
maru-5  maru-5
shio  shio
beck  beck
tatsuh  tatsuh
azeyan  azeyan
hiroc  hiroc
toyos  toyos
niha00  niha00
ohmae  ohmae
※非公開ユーザーは非表示
  >>
カウンター
累計15127  今日0  昨日5
since : 2009/03/08

©2007-2017 なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)