ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   洋書   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)
並べ替え:
読書 所有 お気に入り 日付 1 - 1件目 / 1件
上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)
童門 冬二 / PHP研究所 (1990-08-01) / 463円116 users
読了:  2016年02月27日 星5つ
【書評】『上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件』

<目次>
プロローグ なぜ、いま上杉鷹山か
第一章 名門・上杉家の崩壊 -財政破綻はなぜ起こったか
第二章 名指導者への序曲 -実学感覚を修得せよ
第三章 変革への激情 -「真摯さ」がなければ、何事も始まらない
第四章 大いなる不安 -絶望感は自らの力で取りされ
第五章 断行 -飽くなき執念と信念が奇跡を生む
第六章 最後の反抗 -衆知を集めて悪弊を斬れ
第七章 英断 -必要とあらば、非常であれ
第八章 巨いなる意志 -老兵・鷹山と若き後継者
エピローグ 愛と思いやりの名経営者・鷹山 -人の心を甦らせる者こそ現代の指導者だ
上杉鷹山年譜
解説 渡邉兼輔(東亞ペイント社長)
上杉鷹山の米沢藩政改革を助けたのは、竹俣当綱、莅戸善政、倉崎恭右衛門、志賀八右衛門、木村丈八などであった。
これらの人物は、すべて藩医の藁科松柏と気脈を通ずる者であった。松柏は学者細井平洲の友人であり、細井を上杉家の非常勤講師にしたのも彼であった。 (P45)
鷹山の小姓の役を勤めていたのは、佐藤文四郎という少年であった。 (P49)
鷹山は、自分がおこなう藩政改革の目的を
「民富」
におき、その実現は、
「愛と信頼でおこなう」
と決意したが、その中には、
「領内の弱い立場にある人々をいたわろう」
といことも含まれていた。 (P68)
鷹山の改革第一歩は、本当は正義の士であり、何ら憚るところのない連中にさえ、「自己変革」を求めたのである。 (P75)
鷹山にすれば、改革の基本が、いたずらな緊縮政策では、藩士や藩民のモラールが委縮すると考えた。それは、徳川幕府がいままでにおこなった行政改革が、すべて勤倹節約の緊縮政策してしまって、結局はその改革に協力しなかった。だから改革は失敗した。(中略)
「改革を進めるには、まず改革主体のモラールをアップしなければならない。また改革される側が喜んでその改革を受け容れるようにしなければならない。改革を喜んで受け容れたり、モラールアップをしながら改革を進めるということは、改革する側もされる側も改革の趣旨をよく理解し納得して、自発的に協力するようなムード作りが必要なのだ。それには、改革の目的そのものが、究極的には、誰かさんのために役立つという意義が設定されていなければならない」 (P78)
引用コメント 重臣7人のうち、2人を切腹、5人を隠居閉門の上知行召し上げを行った。
鷹山が藩士たちに話したことは、別な言葉で言えば、(中略)
○理念・目的の設定
○限界の認識
○障害の確認
○可能性の追求
ということになろう。 (P79)
変革の火種をひろげるのは社員一人一人だ。 (P101)
現代の経営方法に即していえば、鷹山は、
○実態の報告
○方針の明示
○自己の限界明示
○協力要請(統御でなく参加を求める)
そのために、
☆情報の共有(トップへの偏重を避ける)
☆討論のすすめ
☆コミュニケーション回路を太く短く設定する
☆トップダウンとボトムアップを滑らかにする
などであったといえるだろう。 (P111)
「武士でありながら、その妻や家族をそういう仕事に振り向けるには、大きな勇気がいったに違いない。また決断もったであろう。そういう形で協力してくれる家臣たちに、私は心から感謝する」と行言った。 (P131)
上に立つ者が、下の者の気持を代弁していると称して、全くのうそをついて、自分たちに都合のいいような言い方をしたことが、鷹山を怒らせたのである。七人の重職は、全く自分の言っていることを理解していないと思った。それはあくまで、民のための改革を推進したいという理念を塵ほども理解していないといことである。 (P175)
藩主というのは、その国家と人民のための仕事をするために存在するのであって、国家や人民は、藩主のために存在しているのではない、と明確に言い切った。
これは、今から二百十五年も前に言った封建領主の言葉とは、とても思えない。後の民主主義政治をおこなう政治家たちも、ここまではっきり自分の立場を認識して、天下に明言した人は少ない。又明言しても、その通り実行する政治家は更に少ない。
ケネディが、鷹山を、
「私の尊敬する日本人」
としてあげた理由も、このへんにあるのだろう。 (P204)

本棚分類
読了今月/ 先月/ 今年/ 昨年
読中 / 予約中 / 読みたい / 欲しい
個人所有 / 会社所有

評 価
★★★★★ / ★★★★
★★★ / ★★ /
タグ
-
<<2017年9月>>
登録数53 件
購入金額- 円
読了数7 冊
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
106
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

プロフィール

秘密諜報員(爆) 品川の会社員 探検家(謎) 読書会しましょう!
リンク
なおきのブログ
2017/09/24 22:05
2017/09/23 00:24
2017/09/22 23:10
2017/09/21 21:07
2017/09/20 23:47
<< 2017年9月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
アマゾン検索
バインダー読者(30)
maru-5  maru-5
shio  shio
beck  beck
tatsuh  tatsuh
azeyan  azeyan
hiroc  hiroc
toyos  toyos
niha00  niha00
ohmae  ohmae
※非公開ユーザーは非表示
  >>
カウンター
累計15016  今日1  昨日4
since : 2009/03/08

©2007-2017 なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)