ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   洋書   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)
並べ替え:
読書 所有 お気に入り 日付 1 - 1件目 / 1件
ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書 (中公新書 (252))
石光 真人 / 中央公論新社 (1971-05-25) / - 190 users
読了:  2017年09月15日 星5つ
本とはどのように出会うのかが大切だと思うのです。『 ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』に関して言えば、二つの出会いが交差しました。一つ目は、音読教育の推進者である齋藤孝氏が、著書『余計な一言』で自らくり返し音読している本として挙げていたこと、二つ目は、現在読まれている中公新書を棚卸したところ初期の良作として浮上したことによります。

【書評】『 ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』~明治維新の黒歴史 : なおきのブログ

<目次>
本書の由来
第一部 柴五郎の遺書
血涙の辞
故郷の山河
悲劇の発端
憤激の城下
散華の布陣
狂炎の海
絶望の雨夜
幕政最後の日
殉難の一族郎党
俘虜収容所へ
学僕・下男・馬丁
地獄への道
餓死との戦い
荒野の曙光
海外か東京か
新旧混在の東京
わが生涯最良の日
国軍草創の時代
会津雪辱の日
維新の動揺終る
第二部 柴五郎翁とその時代
遺書との出会い
流涕の回顧
翁の中国観
会津人の気質
痛恨の永眠

2017.07.09 『余計な一言』で紹介されている。
2017.09.04 読書開始
2017.09.15 読了
2017.09.20 品川読書会で紹介する。

本棚分類
読了今月/ 先月/ 今年/ 昨年
読中 / 予約中 / 読みたい / 欲しい
個人所有 / 会社所有

評 価
★★★★★ / ★★★★
★★★ / ★★ /
タグ
-
<<2017年11月>>
登録数42 件
購入金額- 円
読了数7 冊
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
83
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11

プロフィール

秘密諜報員(爆) 品川の会社員 探検家(謎) 読書会しましょう!
リンク
なおきのブログ
2017/11/20 23:16
2017/11/19 23:44
2017/11/18 18:42
2017/11/17 22:53
2017/11/16 23:39
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
アマゾン検索
バインダー読者(30)
maru-5  maru-5
shio  shio
beck  beck
tatsuh  tatsuh
azeyan  azeyan
hiroc  hiroc
toyos  toyos
niha00  niha00
ohmae  ohmae
※非公開ユーザーは非表示
  >>
カウンター
累計15328  今日4  昨日2
since : 2009/03/08

©2007-2017 なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)