ホーム   本・雑誌   キンドル   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)
並べ替え:
読書 所有 お気に入り 日付 1 - 1件目 / 1件
トランスパーソナル心理学入門 (講談社現代新書)
諸富 祥彦 / 講談社 (1999-08-20) / 821円49 users
読了:  2015年01月10日 星5つ
トランスパーソナル心理学とは、つながり志向の心理学で、第四の心理学と呼ばれる。

第一の心理学:行動主義心理学
第二の心理学:精神分析(フロイトなど)
第三の心理学:人間性心理学(マズローなど)
第四の心理学:トランスパーソナル心理学

仏教の色即是空・空即是色や輪廻転生に似ている。仏教の「色」に相当するのが「パーソナル」な状態で、仏教の「空」に相当するのが「トランスパーソナル」な状態。「パーソナル」を超越し「空」の状態にいたり、「空」の状態から現実に舞い戻ると、生きていることへの感謝、この世のありとあらゆるものへの感謝の気持ちを持てるのではないか。

<目次>
プロローグ 今なぜ、トランスパーソナル心理学か
第1章 “自分”を生きられない日本人の私
●理論編●
第2章 トランスパーソナル心理学とは何か(その1)
    つながり志向の心理学
第3章 トランスパーソナル心理学とは何か(その2)
    魂やスピリチュアリティを含む“第四の心理学”
第4章 ケン・ウィルバーの“いのちのライフサイクル”と意識変容編
    プレパーソナル、パーソナル、トランスパーソナル
第5章 自己探求、自己成長の三つの段階
    人間の自己成長の完全なサイクル
●実践編●
第6章 〔第Ⅰ段階〕自分の人生の“主人公”となる
    プレパーソナルからパーソナルへ
第7章 〔第Ⅱ段階〕自分を越えた“いのちの働き”に目覚める
    パーソナルからトランスパーソナルへ
第8章 〔第Ⅲ段階〕自分を越えた向こうからの“呼び声”を聴く
    トランスパーソナルからパーソナルへ
第9章 8つの“生きるヒント” トランスパーソナル心理学のメッセージ


2014.01.21 八田さんに紹介される。
2015.01.06 読書開始
2015.01.10 読了
変性意識状態には、朝寝ぼけてボーっとしているあの状態から、ほろ酔い状態、瞑想体験、心理療法でも気づき体験、宗教的な覚醒体験、神秘体験、宇宙との一体感の獲得、そしてさらには、体外離脱の体験や1980年以降話題になった臨死体験、そして前世療法などにおける“過去生”の体験や生まれ変わり体験など、実に幅広い種類の体験が含まれ、いずれもトランスパーソナル心理学の重要な研究対象となっています。 (P72)
14世紀に唯名論者ウィリアム・オッカムが、あらゆる概念や観念は人間が構成したものにすぎない、とガリレオの近代科学、近代合理主義につながる考えを定時して以来、人間存在は埠頭にも、その物質的次元、生命的次元、そしてせいぜい心理的次元に押し込められてきました。 (P80)
人間は、魂やスピリチュアリティといった“目に見えない次元”を切り捨ててしまっては、生きる意味を実感することはできません。トランスパーソナル心理学は、魂やスピリチュアリティといった“目に見えない次元”の復権をはかる心理学なのです。 (P80)
宗教からのスピリチュアリティの分離は、現代の主要な社会的変化のひとつであり、西洋における宗教革命以来の最大の出来事のひとつのなのです。 (P82)
スピリチュアル・レボリューションのアカデミックな側面を担ってきたのが、トランスパーソナル心理学なのです。 (P84)
最近の生命論ブームの中でしばしば、一人の人間の一生は三十数億年続いている生命の進化の歴史の反復であり、したがってあなたの中には、三十数億年の生命進化の歴史がコンパクトに入っているのだと言われます。これと同様の発想でウィルバーは、さらに大きなスケールで、一人の人間の一生とは実は、“
宇宙の進化の歴史の圧縮された再現”であり、ここにこそ、人間がこの宇宙、この世界に生まれた意味があり、一人の人間の生死のほんとうの意味もあり、さらに人生の一瞬一瞬の意味もあるのだと言うのです。 (P89)
上昇の道=「色即是空」から、下降の道=「空即是色」への転換として描くのです。 (P114)
ただひたすら上昇するばかりでは、私たちの心はバランスを失います。ただひたすらまっすぐに、絶対者を、究極の心理を、空を目指して突き進むことの危険性を、私たちは先のオウム真理教事件で目の当たりにしました。(中略)上昇の道ばかりを強調したがために生まれた排他性。他社への不寛容。 (P116)
いったん究極の心理=空に触れた人は、次に下降の道を降りてゆき、日常世界にしっかり足をつけた生活をすることが、真の意味での心の成熟にとって何より大切になります。 (P116)
生きる悦びに満ちた子どもたちの笑顔。朝目覚めた時の小鳥のさえずり。地平線に消えゆく夕日の美しさ。愛する人の優しさに触れた瞬間。こんがり焼けた一枚のトーストと一杯のコーヒー。これらすべてが実は、あの「究極の一者=空」の顕現した姿であること(空即是色)を知った人は、人生のどんなちっぽけなことにも慈しみを感じ、魂を込めて生きていくことができるようになります。 (P116)
この世界の溢れんばかりの豊かさ、多様さをそのまま祝福し、抱きしめることができるようになるのです。そしてそんなふうに毎日を生きることが、私たちの心の成長、魂の成熟にとって何より大切な意味を持っているのです。 (P116)

本棚分類
読了今月/ 先月/ 今年/ 昨年
読中 / 予約中 / 読みたい / 欲しい
個人所有 / 会社所有

評 価
★★★★★ / ★★★★
★★★ / ★★ /
タグ
-
<<2017年4月>>
登録数39 件
購入金額- 円
読了数9 冊
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
163
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

プロフィール

秘密諜報員(爆) 品川の会社員 探検家(謎) 読書会しましょう!
リンク
なおきのブログ
2017/04/24 23:36
2017/04/23 23:58
2017/04/22 12:09
2017/04/21 23:37
2017/04/20 23:22
<< 2017年4月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
アマゾン検索
バインダー読者(30)
maru-5  maru-5
shio  shio
beck  beck
tatsuh  tatsuh
azeyan  azeyan
hiroc  hiroc
toyos  toyos
niha00  niha00
ohmae  ohmae
※非公開ユーザーは非表示
  >>
カウンター
累計13942  今日0  昨日2
since : 2009/03/08

©2007-2017 なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)