ホーム   本・雑誌   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
minougunのバインダー
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 10件目 / 123件
非属の才能 (光文社新書)
山田 玲司 / 光文社 (2007-12-13) / 756円301 users
読了:  2012年08月05日 星4つ
漫画家、山田玲司の書き下ろし新書。

目次
・はじめに 「みんなと同じ」はもうやめよう
・第1章 誰のなかにも「プチ佳祐」がいる
・第2章 ブルース・リーになる試験はない
・第3賞 定置網にかかった人生でいいのか?
・第4章 「変わり者」が群れを動かす
・第5章 非属の扉をこじ開ける方法
・第6章 独創性は孤立が作る
・第7章 和をもって属さず
・おわりに 「みんなと違う」をはじめよう


このタイトルの「非属」といい、最終章のテーマの「和をもって属さず」といい、著者の漫画家離れしたワードセンスが随所に光る一冊。

そして本書は、こんな人に向けて書かれている。

序文
・「空気が読めない奴」といわれたことのあるあなた
・まわりから浮いているあなた
・「こんな世の中おかしい」と感じているあなた
・本当は行列なんかに並びたくないと思っているあなた
・のけ者になったことのあるあなた

おめでとうございます。

私自身はこれに全て当てはまっている「最高におめでたい奴」であるが、しかし誰しもがこの内の一つくらいは該当するのではないだろうか。
つまり非属の才能は何も特別な奴だけではなく、皆が本来それぞれ持ち得ている才能だ、というのが本書の全編通してのメッセージである。

しかし上記の特徴は、あくまでこれから非属になりうる可能性を持っている傾向に過ぎず、その才能を開花出来ているという意味では決してない。勿論自戒も含めて。

私の、あなたの、非属の才能は何だろう?
日本は再生可能エネルギー大国になりうるか (ディスカヴァーサイエンス) (DISCOVER SCIENCE)
読了:  2012年07月08日 星5つ
本書を読んだ直後の率直な感想は、「あー、本当に俺は何も知らなかったんだなあ」だった。

前半を読んでいけば、冗談抜きで3.11直後の日本はいつ「終わって」もおかしくない程、とても危機的な状況であったのと、そして現在そうなっていないのは単に運が良かっただけだという事がはっきりと分かる。
東電、官僚など「原子力村」の隠蔽体質、そして組織として機能不全に陥ってしまった原因を、様々な決断をその場で迫られる、現場の心理的状況などを絡めながら臨場感溢れる描き方で、事実関係の全体像を客観的かつ冷静に洗い出している(様に思えた)。圧巻。

問題は、タイトル部分である本題の「再生エネルギー」について言及している後半なのだが、ここに少し不満がある。
様々なデータから再生エネルギー(風力、地熱、太陽光、小水力)の有望性をとても具体的に説いているが、そのデータそのものがどれくらいの信憑性を持ってるのか素人の私では反証しようがないし、意図的かは分からないがコストベースなどの記述が正直曖昧で、「鵜呑みに出来ない」という印象を持った。

しかし、技術大国の日本である。

404 Blog Not Found:Power of, by, for, and to the People - 書評 - 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか

日本はそのための技術力と財力を、他のどの国よりも持ち合わせて来た。そして今、その潜在力を解き放つだけの動機を、他のどの国よりも持っている。(中略)「失われた20年」の中でさえ、世界有数の通信料金の高い国から、世界一ブロードバンド料金が安い国になったことを、世界は知っている。エネルギーで同じことが起こせるわけがないと考える方がむしろおかしいのではないか。

そして、それが叶った暁には、こうなる。
累計投資額、200-250兆円。巨大な数字であるが、これは日本の化石燃料代10年分に相当する。それ以降は、今まで消費していた年間20-25兆円が、社会投資にまわせる金額となるのだ。

とても魅力的で、そしてとても報われる可能性の高い事業である事は確かだ。

その少し先の未来を、今のあなたが確認する為に、今読むべき価値のある一冊。是非。
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)
三浦 展 / 光文社 (2005-09-20) / 842円561 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学 登録日:2012年06月28日 18時27分08秒 2012/06/28
所有 読了:  2012年06月28日 星4つ
あまり知られていない事だが、日本は相対的貧困率の高い国である。

なので本書にある下流度チェックを俺もやってみた。

・年収が年齢の10倍未満だ
10倍だと230円なんだが...と揚げ足を取りつつ10万倍と解釈すると○。

・その日その日を気楽に生きたいと思う。
◎。芸人やってた様な人間なので;;)

・自分らしく生きるのがよいと思う。
◎。それ以外の生き方なんて知りません!

・好きな事だけして生きたい。
○。好きな事ならその過程で辛い事があってもあまりそれを辛いと思わないから。

・面倒くさがり、だらしない、出不精。
◎。ネット大好き(はあと

・一人でいるのが好きだ。
△。人といるのも大好き。

・地味で目立たない性格だ。
△。多分そうだと思うけど。ユニクロ大好きだし。

・ファッションは自分流だ。
×。そこまでのこだわりは全くない!

・食べるのが面倒くさいと思うことがある。
○。食べるどころか息をするのも面倒くさいと常に思ってる!

・お菓子やファーストフードをよく食べる。
×。これは子供の時から。面倒くさいんで。

・一日中家でテレビゲームやインターネットをして過ごす事がよくある。
△。一日中とまで行かないけどままそうかも。テレビゲームは全くしないけど。

未婚である(男性で33歳以上、女性で30歳以上。
×。未婚だが20代前半である!

半分以上当てはまることがあれば、あなたはかなり「下流的」である。


というわけで、私はかなり下流的であることが判明しました\(^o^)/

つーか、そもそもおまえは流れの外だろーYO!

という事であるが、本書は2005年に発行されたものだが内容は極めて客観的かつ冷静な視点に基づいて書かれているので今読んでもかなり面白かった。ある程度の成功ならテンプレをなぞっていたらなれるものなんだなとも思ったし。

しかし中流社会と機会悪平等の根は深いよなあ。
勉強上手
成毛 眞 / 幻冬舎 (2012-06-28) / 1,028円190 users
読了:  2012年06月28日 星3つ
「アウトプットをしなさい」との事なので早速。

とても読み易く、30分掛からず読了したが同時にこれで1000円は割高だな、と正直感じてしまったので立ち読みかもしくは図書館で借りて読むのがいいだろうと思う。

内容はというといつも通りの成毛節といったところで、「人と同じ事をするな」「好きな事だけをしろ」と終始一貫したメッセージを感じ取った。あと様々な情報との付き合い方、インプットの仕方にも警鐘を鳴らしている。

それと最後に、読んでいて個人的に俺はビジネスマンには向いていないかもしれないな、と思った。

プロフィール

blogもどうぞ!
リンク


<<2017年8月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 minougunのバインダー