MacskaMarker(11) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数 40
  ホーム   本・雑誌   洋書   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
MacskaMarker > sexuality
並べ替え:
カテゴリ 所有 お気に入り 1 - 11件目 / 11件
Lying Bodies: Survival and Subversion in the Field of Vision (Gender, Sexuality, and Culture)
Akiko Shimizu / Peter Lang Pub Inc (2008-10) / 12,112円2 users
タグ feminism pop culture sexuality カテゴリ:洋書 洋書 / Gay & Lesbian 登録日:2009年03月18日 10時11分19秒 2009/03/18
値段高過ぎて買えない。たすけてドラえもん。
The Morning After
Katie Roiphe / Little, Brown and Company (1994-09-07) / 1,140円1 users
タグ feminism sexuality violence カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2009年03月05日 01時23分56秒 2009/03/05
「デートレイプ」が注目を集め、とある大学ではデートの際体を触るのもキスするのも一々「〜していいですか?」と質問して合意を得なければいけない、といった笑い話のような規則が作られた90年代の米国で、フェミニズムがことさらにデートレイプを騒ぎ立てることで女子学生たちを不要な恐怖に駆り立て、また彼女たちの性的主体性を奪っている−−女子学生を不本意なセックスから保護されるべき対象として扱うことで、彼女たちが性的な責任を引き受け得る主体であることを否定している−−と批判した著者は、当時の主流派フェミニストたちに袋だたきに(ってもちろん言論でだけど)。
 この本も、同時期に出版されたChristina Hoff Sommers『Who Stole Feminism? How Women Have Betrayed Women』と並んで「アンチ・フェミニズム」の書籍とすら言われたけれども、SommersとRoipheのあいだにははっきりとした違いがある。Sommersは極右系財団の資金援助を受ける正真正銘の超保守派論客だけれど、Roipheはそうではない。自分自身が大学生活で感じた「デートレイプ」騒動への批判をストレートに書いた結果、主流派フェミニストたちに「アンチ・フェミニスト」と誤認されてしまった。
 ちなみにRoipheは次に出した『Last Night in Paradise: Sex and Morals at the Century's End』でも、HIV/AIDSの時代における新たな「性的倫理」を主張することで、保守主義者であるとの印象をさらに深めてしまう。これもまた、AIDSで亡くなっていく知人を看取ることを通して彼女自身が感じたことをストレートに語っているだけなのだけれど。
Gynomite: Fearless, Feminist Porn
タグ sexuality カテゴリ:洋書 洋書 / Literature & Fiction 登録日:2009年02月20日 18時36分43秒 2009/02/20
星2つ
「ダイナマイト」と「女性」を意味するgyno-という接頭語を合わせた造語のタイトルは、作家経験のない一般の女性を対象とした「ポルノ小説を書くワークショップ」の名前でもあり、その参加者らの優秀な作品を集めたのがこの本。南部テキサスにおいて普通の女性を集めてポルノを書かせる、という本プロジェクトそのものは、ラディカルな実践であり、とても興味深いのだけれど、ポルノ作品として評価すると退屈極まりない。テキサスの郊外に住んでいる白人中流階層どヘテロな主婦の性的妄想って、この程度のものなのか。って単にわたしの趣味と違うというだけですか?
Shameless: Women's Intimate Erotica (Live Girls Series)
Hanne Blank / Seal Pr (2002-04) / 1,700円1 users
タグ sexuality カテゴリ:洋書 洋書 / Literature & Fiction 登録日:2009年01月14日 01時24分38秒 2009/01/14
星3つ
表題のとおり、女性向けのエロティカ短編集。これまでポルノ小説(とエロティカは厳密には違うものだなんて議論もあるけどそのあたりは無視)なんて読んだことがない人にもお薦め。くだらないレディコミよかよっぽどいけるはず、と思う。そういえばこの本を知人に貸したら返ってこなかった。
Female Chauvinist Pigs: Women and the Rise of Raunch Culture
Ariel Levy / Free Press (2006-10-03) / 1,469円2 users
タグ feminism sexuality カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2009年01月14日 01時23分42秒 2009/01/14
星2つ
「女性の身体の性的客体化」という問題設定はフェミニズムにおいて以前からあったけれども、この本はそうした客体化が現在では女性自身によって、ときにフェミニズムを名乗りながら行なわれる点を分析しており、ラディカルフェミニズムのセクシュアリティ観を現在に通用する形にアップデートしたと言える。FTMトランスジェンダーに関する記述(女性との連帯を放棄して権力者としての男性を模倣、みたいな)などにはかなり疑問が残る。内容は支持しないけれども読んでおくべき。
The Survivor's Guide to Sex: How to Have a Great Sex Life After Child Sexual Abuse
Staci Haines / Cleis Pr (1999-04) / 2,380円1 users
タグ sexuality violence カテゴリ:洋書 洋書 / Health, Mind & Body 登録日:2009年01月14日 01時23分28秒 2009/01/14
星3つ
長期的な社会変革によって性虐待を五世代のうちに根絶しようとしている民間団体Generation Fiveをのちに創設したHainesが、性虐待・性暴力の被害を受けた人が自分のセクシュアリティを取り戻すためのガイドとして書いた本。とりあえず健康面など基本的な情報はしっかりしているし、同性愛者や性同一性障害の人たち、その他さまざまなセクシュアリティの持ち主に配慮した内容になっている。この本に助けられたという人に会ったこともある。けど、個人的にこの「セックスは本来素晴らしいものなのよ」的なノリがなんかダメ。

プロフィール

洋書ばかりでごめん。
タグ (5)
6 feminism
2 violence
2 pop culture
1 trans + genderqueer
1 disability
リンク
バインダー読者(40)
albini  albini
yuco  yuco
ides  ides
※非公開ユーザーは非表示
  >>
macska dot org 最新エントリ
2016/08/06 04:27
2016/07/22 19:31
2016/04/19 12:58
2016/04/09 13:24
2015/09/03 17:28
2015/05/13 14:02
2015/05/09 17:04
2015/04/18 13:37
2015/04/17 15:17
2015/03/21 11:21

©2007-2017 MacskaMarker