MacskaMarker(16) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数 40
  ホーム   本・雑誌   洋書   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
MacskaMarker > pop culture
並べ替え:
カテゴリ 所有 お気に入り 1 - 16件目 / 16件
Bright-Sided: How the Relentless Promotion of Positive Thinking Has Undermined America
Barbara Ehrenreich / Metropolitan Books (2009-10-13) / 728円5 users
タグ philosophy pop culture カテゴリ:洋書 洋書 / Literature & Fiction 登録日:2009年10月24日 00時49分28秒 2009/10/24
星4つ
イデオロギーとしての「プラス思考」「ポジティヴシンキング」を批判する書。「気持ちや思考をポジティヴに保つことが良い結果をもたらす」という疑似科学的見解のもと、米国では職場や学校、病院や教会などを通してやたらと「ポジティヴにふるまう」ことが日常的に強制される。しかしそれは現実逃避の希望的観測を止められない(止めようとするとネガティヴだと非難される)ことを意味し、また何らかの理由でうまくいっていない人を「あなたの思考がネガティヴなのが問題なのだ」と不当に責めることになってしまう。
 著者が着想を得たのは、乳ガンの診断を受け、心の支えとなる本や団体を探したことから。ガン医療の現場でも「ポジティヴな思考を保った方がうまくいく」という、研究によって否定されている考え方が押し付けられ、不安や怒りを表明すると「いますぐカウンセリングを受けなさい」と、まるで不安や怒りを感じることが異常であるように扱われた。
 著者は、「ポジティヴ思考」の押し付けと現実逃避は、米国文化のあらゆる分野に浸透していると説く。そしてその最も大きな被害の例として、ブッシュ政権におけるイラク侵攻時の展開予測(ブッシュやチェイニーが「戦闘は数週間で終わり、米軍は解放軍として歓迎される」と宣伝したことを、コンドリーサ・ライスは当時から疑問視していたが、ネガティヴすぎると言われるのを恐れて口にできなかったという)や、住宅バブルが永遠に続くかのような幻想によって起きた金融危機を挙げる。
 この本の分析は正しいと思うし、文化論としてとても重要な指摘だと思うのだけれど、こうした近年の政治・経済の出来事を例示することはこの本にとって良いことなのかどうか。確かに近年の事象を挙げた方が、彼女のファンであるリベラルな一般読者にとってはとっつきが良いと思うのだけれど、彼女の主張は、ブッシュ政権の支持者や金融危機の原因について違った意見を持つ人にも、またこれから十年たってブッシュ政権時代の記憶が薄れたあとにも読まれるべきだと思うだけに、個人的には残念。そういう政治的な立場によって判断が別れる例を挙げずとも、「ポジティヴ思考」の弊害は米国文化においてさまざまな場面で見つかるように思う。
 「ポジティヴ思考」の歴史をたどる中、たかだか1960年代とか70年代からはじまるものだと思っていたら、数世紀前までさかのぼり、もともと宗教的決定論を説くカルヴァン主義への抵抗として「ポジティヴ思考」が立ち上がってきたことを示すあたりは、近年の米国文化批判とは別の文脈で、実際の歴史的ルーツかどうかはともかくとして、うまく位置づけていると思う。
The Cartoon Introduction to Economics: Microeconomics
Grady Klein , Yoram Bauman / Hill & Wang Pub (2010-01-19) / 1,319円8 users
タグ economics pop culture カテゴリ:洋書 洋書 / Comics & Graphic Novels 登録日:2009年05月09日 07時02分09秒 2009/05/09
マンキュー博士による経済学の十大原則」で有名な(スタンダップ・コメディアンならぬ)スタンダップ・エコノミスト Yoram Bauman の本。発売はまだまだ先だし、内容も全然分かってないのだけれど、今から期待してしまう。
Lying Bodies: Survival and Subversion in the Field of Vision (Gender, Sexuality, and Culture)
Akiko Shimizu / Peter Lang Pub Inc (2008-10) / 12,112円2 users
タグ feminism pop culture sexuality カテゴリ:洋書 洋書 / Gay & Lesbian 登録日:2009年03月18日 10時11分19秒 2009/03/18
値段高過ぎて買えない。たすけてドラえもん。
ケータイ小説は文学か (ちくまプリマー新書)
石原 千秋 / 筑摩書房 (2008-06) / 734円38 users
タグ pop culture japan カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 評論・文学研究 登録日:2009年02月19日 22時50分11秒 2009/02/19
星3つ
まじケータイ小説書きたくなった


ていうか
ここで書こうか


ウソ。
The Essential Dykes to Watch Out for
Alison Bechdel / Jonathan Cape Ltd (2008-12-04) / 2,119円1 users
タグ queer pop culture カテゴリ:洋書 洋書 / Biographies & Memoirs 登録日:2009年02月18日 16時27分07秒 2009/02/18
星5つ
異様に多様性のあるレズビアン・コミュニティを舞台に20年以上に渡って続いてきた脅威のコミックストリップの総集編。600回近いこれまでのシリーズから、2/3程度を収録している。はじめはレズビアンだけだったコミュニティにバイセクシュアルが、ゲイが、トランスジェンダーが登場し、多種多様な登場人物たちが歳をとるにつれさらに家族構成や生き方までさまざまになってきたのが、現実のレズビアンコミュニティの変化をかなり忠実に反映しているのがおもしろい。
Stuff White People Like: A Definitive Guide to the Unique Taste of Millions
星3つ
文字通り「白人が好きなモノ」をアイロニカルに扱った人気ブログの書籍化。著者が揶揄しているのは、マイケル・ムーアが「バカでマヌケなアメリカ白人」と呼ぶような、ステレオタイプ化された「無知で頑迷な田舎の保守白人」ではない。サブタイトルの「何百人もの人々の、ユニークな嗜好」というタイトルから分かるように、この本が笑いの対象とするのは、ムーアを含めた「寛容で、理知的で、洗練された」リベラルな白人たちの、いかにも凡庸な「自分らしさ」への耽溺−−それはメタレイシズムと市場経済を通して補充される−−だ。白人性研究(ホワイトネス・スタディーズ)でも「凡庸かつ強迫的なまでの個性重視主義」が現代アメリカにおいて白人性が抱える病理として取り上げられているが、この本はユーモアたっぷりにそれを分かりやすくデモンストレーションしている。
Getting Off: (Pornography and the End of Masculinity)
Robert Jensen / South End Pr (2007-09) / 19,832円2 users
タグ feminism pop culture sex trade カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2009年01月14日 01時26分45秒 2009/01/14
星3つ
著者は、反ポルノグラフィ論者で男性問題研究者。本書はポルノグラフィを通して現代社会における男性性について論じた内容で、反ポルノの立場に立つのは確かだけれども、単純に「ポルノは女性に対して抑圧的なので反対」というものではない。かれが取り上げるのは、ポルノグラフィが女性蔑視的かつ人種差別的な覇権的男性性の構築にどう関わるかという問題であり、ポルノは社会的権力を反映するのではなくそれを生み出すのだとするマッキノンの理論の明らかな影響下にある。ポルノ肯定派あるいは検閲反対派のフェミニストも、現実の社会においてポルノが主要な消費者たる男性にどのような影響を与えているか、という議論であれば、有用に感じるだろう。
Shopping for Identity: The Marketing of Ethnicity
Marilyn Halter / Schocken (2000-09-12) / 3,614円1 users
タグ economics pop culture race + ethnicity カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2009年01月14日 01時26分11秒 2009/01/14
星3つ
絶えざる移民の流入でますます多様になる米国社会。各世代の移民たちは、アメリカ社会に同化しつつも同時に民族的な食品などの消費によって民族的アイデンティティを確認し、保護してきた。そしてそうした消費者を狙い、特定の民族的コミュニティに向けた製品を開発し、あるいは特定の民族にアピールするためのさまざまなマーケティングをめぐらせる企業。豊富な実例で民族的な消費行動とマーケティングの歴史とメカニズムを明らかにする。「消費によるアイデンティティ確認」は民族に関わらずあらゆるアイデンティティに関係していそうだ。
The Cult of the Amateur: How blogs, MySpace, YouTube, and the rest of today's user-generated media are destroying our economy, our culture, and our values
Andrew Keen / Crown Business (2008-08-12) / 1,755円2 users
タグ internet economics pop culture media カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2009年01月14日 01時26分07秒 2009/01/14
星3つ
インターネットにおけるユーザ作成コンテンツや集合知アグリゲーションを一方的に賞賛する Web 2.0 ブームは、良質なコンテンツや確かな専門知を生産する社会的な仕組みを解体する、と訴えるアンチ Web 2.0 本。基本的な懸念はよく分かるのだけど、恣意的な例から過剰な含意を導き出しているのが目立つし、最後の方になるとなんでもかんでも悪いものは全部 Web 2.0 が悪いみたいになってきてちょっと興ざめ。時代的にどうしようもない部分と Web 2.0 そのものに起因する問題とがうまく区別されていないように思う。訴えられている危機の大きさに比べて、著者の提案する対抗策もなんかショボい。でも「良質なコンテンツや確かな専門知を生産する社会的な仕組み」を大切にしようという主張は間違っていないし、もし伝統的にそれらを担保していた制度が解体しつつあるなら、それをどうやって補うかという議論は、絶対に必要なものだと思う。
In A Queer Time And Place: Transgender Bodies, Subcultural Lives (Sexual Cultures)
Judith Halberstam / New York Univ Pr (2005-01) / 1,408円1 users
星4つ
Female Masculinity』(女性の男性性)で有名になった著者によるこの本は、クィア&トランスジェンダー文化及びそれらによる主流文化への波及の分析。例えばドラッグキング文化と映画『オースティン・パワーズ』シリーズを結びつけて論じるあたり、さすがハルバースタム。後期資本主義的なナラティヴを揺るがす「クィアな時間、クィアな空間」というモチーフは、予告されている次回作『Dude, Where’s My Theory?』でさらなる展開が期待される。
Bitchfest: Ten Years of Cultural Criticism from the Pages of Bitch Magazine
タグ feminism pop culture カテゴリ:洋書 洋書 / Entertainment 登録日:2009年01月14日 01時22分44秒 2009/01/14
フェミニズムの視点からポップカルチャーを扱う雑誌 Bitch が創刊されて以来10年分の紙面からのベストセレクション。よく比べられるフェミ系雑誌 BUST の総集編(「The BUST Guide to New Girl Order」)のどうしようもないくだらなさに比べて、鋭い分析が目立つ。

プロフィール

洋書ばかりでごめん。
タグ (18)
3 economics
3 feminism
2 sexuality
2 media
2 japan
2 history
2 race + ethnicity
2 queer
1 religion + atheism
1 philosophy
1 internet
1 postcolonial
1 humor
1 politics
1 trans + genderqueer
1 theory
1 sex trade
1 code
リンク
バインダー読者(40)
albini  albini
yuco  yuco
ides  ides
※非公開ユーザーは非表示
  >>
macska dot org 最新エントリ
2016/08/06 04:27
2016/07/22 19:31
2016/04/19 12:58
2016/04/09 13:24
2015/09/03 17:28
2015/05/13 14:02
2015/05/09 17:04
2015/04/18 13:37
2015/04/17 15:17
2015/03/21 11:21

©2007-2017 MacskaMarker