MacskaMarker(4) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数 40
  ホーム   本・雑誌   洋書   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
MacskaMarker > Harvard University Press
並べ替え:
カテゴリ 所有 お気に入り 1 - 4件目 / 4件
Better Living through Economics
John J. Siegfried /Harvard University Press (2010-01-01) / 3,000円1 users
タグ economics カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 登録日:2010年09月26日 02時07分57秒 2010/09/26
The Dismal Science: How Thinking Like an Economist Undermines Community
Stephen A. Marglin /Harvard University Press (2008-01-31) / 3,500円1 users
星3つ
かつて伝統社会において共同体にあった相互扶助の機能は、市場によって提供される保険制度に取ってかわられた。共同体の中の顔の見える相手との交易は、グローバルな市場と流通を通した「見えない相手」との即物的なやり取りに席巻された。それは確かにより効率的かもしれないが、相互扶助や交易が制度化されることによってわたしたちはなにか大切なものを失っているのではないかーーそういう著者の訴えには頷くところが多いが、同時にそれがアナクロニスティックな追憶以外の何ものでもないことも明らかだ。しかしインドにて開発援助の現場に関わってきた著者の、開発と市場化が現地の共同体に与える影響への反省もよく分かる。しかしまた、先進国のわたしたちだけ開発の恩恵を受けておきながら、いまだに伝統的な共同体が残る途上国はわたしたちと同じ道を歩むべきではないと言えるのか?
 著者は経済学という学問領域そのものが現象の記述や分析を踏み越えて共同体の解体を招くような政策を推奨していると指摘し、経済学者らが「共同体の解体」を開発のデメリットとすら認識せず(一部の論者はむしろ市場を誤動作させるバイアスを減らすとして歓迎すらしている)、「開発と共同体のトレードオフ」をトレードオフであるとすら認識しないのは問題であると言う。内容的には疑問もあるが、貴重な問題提起。
Toward a Feminist Theory of the State
Catharine A. MacKinnon /Harvard University Press (1991-09-01) / 2,390円3 users
日本ではポルノグラフィ関連のちょっとぶっとんでる書籍しか紹介されていないラディカルフェミニスト法学者キャサリン・マッキノンの真の代表作はこれ。彼女の反ポルノ論には納得いかない人も、この本だけは読んでおくべき。ていうかこの本を読まずに彼女のポルノについての主張をあれこれ論じている人たちは、彼女が何を言っているのか全然分かってません。

プロフィール

洋書ばかりでごめん。
タグ (5)
2 economics
1 history
1 intersex
1 theory
1 feminism
リンク
バインダー読者(40)
albini  albini
yuco  yuco
ides  ides
※非公開ユーザーは非表示
  >>
macska dot org 最新エントリ
2016/08/06 04:27
2016/07/22 19:31
2016/04/19 12:58
2016/04/09 13:24
2015/09/03 17:28
2015/05/13 14:02
2015/05/09 17:04
2015/04/18 13:37
2015/04/17 15:17
2015/03/21 11:21

©2007-2017 MacskaMarker