MacskaMarker(12) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数 40
  ホーム   本・雑誌   洋書   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
MacskaMarker > Science
並べ替え:
カテゴリ 所有 お気に入り 1 - 12件目 / 12件
The Accidental Mind: How Brain Evolution Has Given Us Love, Memory, Dreams, and God
David J. Linden / Belknap Press (2008-12-15) / 2,714円2 users
タグ science カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年02月20日 18時52分47秒 2009/02/20
星3つ
表紙がなんか怖いけど、人間の脳が進化によってどのように形作られたかを取り上げた、良質な一般向け科学書。米国では進化論を否定する人たちが、脳の複雑なはたらきを指摘しつつ「このような複雑なものは、それを意図的に設計した誰か(創造者)がいたはずだ」と主張しているが、著者はむしろ逆に「もし意図的な設計であったならば、到底ありえないようなハック」としての脳を描き出す。(あ、いま気付いたけど、わたしのこの論理だと「そうだ、創造者は優秀なハッカーだったのだ」って言われたら反論できないな。困った。)
Intersex: A Perilous Difference
Morgan Holmes / Susquehanna Univ Pr (2008-02-28) / 9,871円1 users
タグ intersex medicine theory カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年02月19日 23時16分06秒 2009/02/19
星3つ
北米インターセックス協会 (ISNA) のシェリル・チェイスと並んで北米における初期のインターセックスの運動の中心人物であり、現在は女性学を教えている批評理論家の著者がさまざまな学術誌で発表した論文を集めたもの。彼女はなんと北米インターセックス協会が発足する以前から、自分自身が過去に受けた医療の記録を題材に研究論文を書いていた。値段が高過ぎて買えないんだけど、図書館にリクエストして!(しかしこの表紙写真はどうにかならないのか…)
Lessons from the Intersexed
Suzanne J. Kessler / Rutgers Univ Pr (1998-08) / 2,746円1 users
タグ intersex feminism language カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年02月19日 23時01分04秒 2009/02/19
星3つ
90年代にいちはやくインターセックス医療を批判的に取り上げた本の一つ。タイトルと表紙デザインが酷いけど、インターセックスについて医学誌がどのような記述をしていたかを言説分析する部分などが鮮やか。いまインターセックスについて知るために読むならもっと良い本がいくつか出ているけれど、研究者なら抑えておくべき。
The Making of the Fittest
Sean B. Carroll / Quercus Publishing Plc (2009-01-08) / 556円1 users
タグ science カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年02月01日 06時46分52秒 2009/02/01
How Doctors Think
Jerome Groopman / Mariner Books (2008-03-12) / 1,947円7 users
タグ medicine カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年01月23日 15時14分56秒 2009/01/23
The Breast Cancer Wars: Hope, Fear and the Pursuit of a Cure in Twentieth-Century America
Barron H. , M.D. Lerner / Oxford Univ Pr (Txt) (2001-05-31) / 6,824円1 users
タグ medicine history カテゴリ:洋書 洋書 / Science 登録日:2009年01月14日 01時26分37秒 2009/01/14
星3つ
医師であり医学史家でもある著者による、乳癌をめぐる現代史・思想史。これは決して大袈裟な表現ではない。とくに、乳房全体の切除というドラスティックなーー多くの女性にとって、自己イメージすら喪失しかねないほどのーー治療法がどのように広まり、どのような批判によって退潮に向かったのかが詳しく描かれる。また、予防より治療が優先される裏にある「医療の政治学」や、商業主義主導の「乳癌研究を呼びかけるキャンペーン」の勃興、患者自身によるネットワーキングなどの話題も興味深い。

プロフィール

洋書ばかりでごめん。
タグ (9)
5 science
4 medicine
2 history
2 intersex
1 sociology
1 politics
1 feminism
1 language
1 theory
2 タグなし
リンク
バインダー読者(40)
albini  albini
yuco  yuco
ides  ides
※非公開ユーザーは非表示
  >>
macska dot org 最新エントリ
2016/08/06 04:27
2016/07/22 19:31
2016/04/19 12:58
2016/04/09 13:24
2015/09/03 17:28
2015/05/13 14:02
2015/05/09 17:04
2015/04/18 13:37
2015/04/17 15:17
2015/03/21 11:21

©2007-2017 MacskaMarker