ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 日付 お気に入り
声の文化と文字の文化
ウォルター・J. オング / 藤原書店 (1991-10-31) / 4,428円91 users
読了:  2015年11月10日 星5つ
文字を持たない文化の人々の観察結果は、文字を持つ文化の中で読書習慣を持たなかったり、文書を読むことを忌避する人々の特徴に重なる。抽象概念や論理展開を考えることが苦手で、感情的な発露が過剰。自分の過去の経験に支配されて、他人の立場に立って考えることが苦手。
外国語の学び方 (岩波新書 青版 462)
渡辺 照宏 / 岩波書店 (1962-10-06) / - 24 users
読了:  2014年07月07日
まとまった文章の暗記の方法を説明。チェーホフの「三人姉妹」とローレンスの「息子と恋人」を例にして小説暗記の具体的な手順を解説。10ページくらいの長さの小説、随筆、論文の暗記を勧めている。

暗記の効用
p59 しかし短期間のうちに効果を上げる方法がひとつあります。それは暗記です。[略]

p60 私たちの学生のころ、丸暗記というのはあまりやらなかったようですが、外人教師の授業ではドイツ語でもフランス語でも詩や寓話など、まとまったものを暗記させられました。[略]

日本でも私たちより一時代前までは、漢文や国文でも長いものをよく暗記していて、作文などに応用した人も多かったようです。ヨーロッパの学校では今でも暗記をよくやらせると聞いています。[略]

p61 私自身の経験でも、さびついた語学を急場のように立てるために、短編小説なり短い論文なりを丸暗記することにしています。[略]
ドーデの『風車小屋だより』の中から「アルルの女」をえらんで暗記にかかりました。ぜんぶで10ページたらずですが、最初の日はせいぜい10行ぐらいでとめておきました。第2日目に前日の分を復習してみると、もう忘れたこところがある。それを復習して得心がいってからその日のぶんとしてその先5行くらい覚える。第3日にはその15行を確かめてから新しく5行先を覚える。こうやって4〜5日かかって丸1ページ分楽に言えるようになるともうしめたものです。それでも先を急がずに復習してていねいにやる。こうしているうちに加速度が出てますます楽に覚えられるようになる、こうして短編ひとつを丸暗記できる頃には語学の力も大分ついて、他の本も楽に読めるようになります。[略]

p62 だだし暗記する文章はなるべくわかりやすいうえに、あなた自身に興味があるものをえらぶことです。そして発音や意味や文法的な構造まで、すみずみまではっきりと分かってから暗記にとりかかるべきです。
(文庫)記憶力 (サンマーク文庫)
読了:  2013年08月04日 星4つ
記憶について基本的な能力を訓練する方法を学べる。多くの書籍、情報が具体的な戦術について紹介しているが、この本では記憶術の大局的な戦略が学べる。
個人的には記憶術の本の決定版だと思う。

フォトメモリーの訓練法、音声・聴覚を使った記憶法、まとまった文章の記憶法など、他の本ではまず見かけないユニークな内容を収録。
一発逆転!ワタナベ式記憶術
渡辺 剛彰 / フローラル出版 (1996-09) / 1,153円70 users
タグ 記憶 暗記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 人文・思想 登録日:2013年07月27日 21時31分57秒 2013/07/27
読了:  2013年07月27日
この本の優れた点は、記憶術の使い方を示したところだ。
どの記憶術の書籍にもあるような典型的な記憶術だけだが、筆者の使い方活用法は凄まじい。
本一冊を記憶する方法を説明している極めてまれな本。

暗記と記憶術は違うという指摘は、言われてみると確かに鋭い指摘だと思う。
暗記と記憶術は、情報を取り出すアクセス速度が違う。
用途に応じて使い分ける必要がある。

記憶術の原則
* 速く覚える
* 整理して覚える
* 関連づけて覚える
外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
千野 栄一 / 岩波書店 (1986-01-20) / 821円283 users
読了:  2011年12月08日
[2013/3/24]再再読
覚えるのは語彙と文法、語彙の方が重要。

最初の千語は、頻度の高いものを短時間で単語帳で覚える。訳のついている単語を覚える。
習得言語の上限を目的に応じて決める。
絶えず辞書を引く外国語学習は悲惨。辞書が重要になるのは中級以降。

文法は、10ページを完璧にものにする。
一冊の文法書から変化表を切り抜いてできる10ページを、1-2か月で覚える。この10ページを完璧にする。その後繰り返す。

---
[2011/12/8]再読
その昔この本を読んで、単語暗記が苦手にも関わらず、Cobuild Learner's Dictionary の巻末に掲載されている頻出英単語3000語を覚えようと思い立った。挫折すること数度、Nation先生の"How large a vocabulary is needed for reading and listening?"に出会ってやる気をもらい、達成することが出来た。目標を達成したところで、著者の言葉を確認するために再読した。

普遍的な方法論を教えてくれる。学習環境が出版時から劇的に変わっているが。
p.9 忘れることを恐れるな
一番大切なことが始めに書かれていたのに見落としていた。激しく反省。
今回成功したのは、強く覚えることよりも、忘れやすい言葉のケアに戦略を転換したことが大きかった。
初めに読んだときにこの言葉にもっと注意を払っておけば、多くの時間を無駄にせずにすんだ。
p.51 まず千語を覚える
辞書を使うのはもっと後のことで、この段階では既に訳のついている単語を覚えればよい。
p.52 この段階では理屈なしに覚えるだけである。そのエネルギーとして、どうしてもその言語をものにしたいという衝動力を使って、そのエネルギーの燃え尽きる前に千語を突破することである。従ってこの千語の習得時間は短くなければならず、
外国語を覚え始める際の心得。今回の再読時に発見。今度新しい外国語を覚えるときに使いたい。
p.55 言語学の知識の教えるところでは、言語に差があるとはいえ、大体どの言語のテキスト(書かれた資料)でも、テキストの90パーセントは三千の語を使用することでできている。
この言葉を何年も頭の中で反芻しながら、行動に移せない後ろめたさからやっと解放された。

また、習得語彙数の目標設定の必要性についても触れられている。最近の言語教育の研究論文で紹介されているデータ解析の結果を参考にすれば、具体的に学習語彙を限定できるようになった。

黒田龍之助さんの「ロシア語の余白」で、「ロシヤ語基礎1500語」で基本1500語覚えて、次に「ロシア基本語5000 辞典」で5000語覚えよ、との記述を読んだことも今回の動機付けになった。
記憶力世界一チャンピオンのマル秘記憶術 (GAIA BOOKS)
タグ 記憶 暗記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 人文・思想 登録日:2011年11月09日 21時47分06秒 2011/11/09
読了:  2011年11月09日
西洋での記憶術の歴史を簡潔に学ぶことが出来る。記憶術の方法論に関しては前著より読みやすくなっている。
認知科学、脳科学についての知識は専門の新刊で確認しておくのがよい。

リンク
評価基準
★★★★★ 新たな視点を得た
★★★★☆ 新たな知識を得た
★★★☆☆ 楽しめました
★★☆☆☆ 人には勧めません
★☆☆☆☆ 何も語るまい
最新のおすすめ
検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読…
The right stuff - 正しい資質
2017/08/27 11:48
2017/02/16 12:26
2016/11/29 09:44
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
カウンター
累計4801  今日0  昨日0
since : 2009/03/10
プロフィール

優れたアイデアを得る最善の方法は、多くのアイデアを得ることだーライナス ポーリング
タグ
-

©2007-2017 学びのスパイスの圃場から