ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 日付 お気に入り
歴史とは何か (第1巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
岡田 英弘 /藤原書店 (2013-06-23) / 4,104円9 users
読了:  2017年09月04日 星5つ
先頭から結論でバッサリ斬られる。明治維新後の帝国大学以来の翻訳学問が祟っている。歴史のある文明の条件、帝国主義と民族主義の説明が秀逸。封建、民族、国家。高橋景保は200年前にその源流の蛮書和解御用を作ったが、対象が自然科学だったので現実との照合が可能だった。14ヶ国語操る著者の学生時代の英語学習法が出てくる。
日本とは何か (第3巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
岡田 英弘 /藤原書店 (2014-01-24) / 5,184円7 users
読了:  2017年08月10日 星5つ
日本前史。日本近代の学術に対する批判の書。研究対象に容易に同化する態度など。魏志倭人伝は戦後読まれるようになり、考古学とともに記紀の代用として出現したこと、三国志には東夷伝のように西域伝が無いことを初めて知った。返す刀で古事記偽書論。日本書紀批判。同じ内容が繰り返されている記事があるが、違いを注意して読み分ける必要があり。これは編集者の妙技。文章は、史料は、誰がどんな目的で書いたのか明らかにする。日本前史の内容としては、単行本よりもこの著作集の方がわかりやすい。
世界的ユーラシア研究の六十年 (第8巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
岡田 英弘 /藤原書店 (2016-06-25) / 9,504円2 users
読了:  2017年07月18日
ニコラス・ポッペ自伝抄が強烈に面白い。目次から受ける印象よりも通読できる場所は多く、著者独特の考え方の源泉を近づけるだろう。
歴史家のまなざし 〔〈附〉年譜/全著作一覧〕(第7巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
岡田 英弘 /藤原書店 (2016-02-25) / 7,344円2 users
読了:  2017年06月12日 星4つ
歴史のない文明はイデオロギーで代用する。歴史は修正が利くが、イデオロギーは修正が利かない。つまり歴史修正主義とはイデオロギーの言葉だ。伝統は、創造の追体験とその再解釈の連続だ。高田屋嘉兵衛事件で日露間で交わした満洲文の外交文書の翻訳を収録している。北方領土における日本の立場を補強する。収録の書評は、現在ではほとんどが絶版になっている書籍なので、大変役立つ。
p.306 イデオロギーが歴史の代用品になる
アメリカ合衆国は独立宣言よってつくられ、憲法によって固まった国家だと言える。つまり、イデオロギーによって決定された文明である。歴史のない文明では、イデオロギーが歴史の代用品になるのだ。そして、アメリカのイデオロギーは、自由と民主主義である。アメリカ文明は歴史を拒否し、自由と民主主義のイデオロギーによって成り立っているわけだ。
一方、日本はシナ型、西ヨーロッパは地中海型の、それぞれ歴史のある文明である。歴史のある文明の人間は、今、目に見えることだけが現実ではないという考え方をする。時間軸を深く遠くに延ばして物事を捉え、過去にさかのぼると同時に未来をも見通して考える。
しかし歴史のないアメリカ文明の人間にとっては、現実は目に見えているものだけである。時間の経過の観念があまりない。だから歴史のない文明は、文明と文明のあいだの摩擦、衝突を解決する方法が薄く、実力を備えるしかないと考える、具体的には、強大な軍事力を持って圧倒する。
p.308 歴史もイデオロギーも世界の見方(世界観)であり、その文明にとって自分のすがたを決めるもの、アイデンティティを与えるものである。そういう意味での機能は本質的にはよく似ている。ただ、ひとつだけ違うのは、歴史は修正がきくが、イデオロギーには修正がきかないということだ。
p.387 伝統をいかに創造するか
伝統とは連続的な創造と再解釈のシリーズだといえる。
絶えず自分自信を変えていこうという衝動、一刻も同じままでいたくない、新しいものが来ればただちに飛び付くという好奇心の強さそれこそが日本人らしさであろう。だから、近代化すればするほど、日本人はますます日本人らしくなってゆくのである。
p.448 つまり日本の伝統的な時間の概念では、現在だけが現実の世界、俗界であり、過去は神話の世界、霊界なのであって、日本のマルクス主義歴史学者は、この伝統的な心情をほぼ純粋に持ち続ける人々なのだ、ということである。
声の文化と文字の文化
ウォルター・J. オング /藤原書店 (1991-10-31) / 4,428円91 users
読了:  2015年11月10日 星5つ
文字を持たない文化の人々の観察結果は、文字を持つ文化の中で読書習慣を持たなかったり、文書を読むことを忌避する人々の特徴に重なる。抽象概念や論理展開を考えることが苦手で、感情的な発露が過剰。自分の過去の経験に支配されて、他人の立場に立って考えることが苦手。

リンク
評価基準
★★★★★ 新たな視点を得た
★★★★☆ 新たな知識を得た
★★★☆☆ 楽しめました
★★☆☆☆ 人には勧めません
★☆☆☆☆ 何も語るまい
最新のおすすめ
検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読…
The right stuff - 正しい資質
2017/08/27 11:48
2017/02/16 12:26
2016/11/29 09:44
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
カウンター
累計4801  今日0  昨日0
since : 2009/03/10
プロフィール

優れたアイデアを得る最善の方法は、多くのアイデアを得ることだーライナス ポーリング
タグ (1)
12 歴史

©2007-2017 学びのスパイスの圃場から