ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
学びのスパイスの圃場から
並べ替え:
カテゴリ 読書 日付 お気に入り
厄介な隣人、中国人 (WAC BUNKO)
岡田 英弘 / ワック (2008-05) / 1,008円7 users
読了:  2016年09月13日 星5つ
外国人による日本人論に描かれているのは作者の鏡像あるいは陰画。日本人が日本人論を求めるのは、先頭者の孤独を紛らわすため。魯迅評伝でやっとなぜ自分が魯迅を気に入っていたのかやっと納得できた。巻末の陸軍士官学校留学生の中国革命物語はキョウレツに面白い。四冊分の価値がある。お下劣なタイトルでは本来必要とする人に届かないのでは。

戴季陶 日本語学習法 自動翻訳を超えて
毎朝、新聞が来たら、社会面と小説を一遍づつ読み通す。
読む時は必ず声を出し、調子はなるべく外国人に似せる。
徳富蘆花「自然と人生」
吉田兼好「徒然草」
清少納言「枕草子」
謡曲
現代文も古文も読んだものは十冊に満たない。但し暗誦できるように努力したことは、最初に習った漢文の勉強法の通りである。

リンク
評価基準
★★★★★ 新たな視点を得た
★★★★☆ 新たな知識を得た
★★★☆☆ 楽しめました
★★☆☆☆ 人には勧めません
★☆☆☆☆ 何も語るまい
最新のおすすめ
検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読…
The right stuff - 正しい資質
2017/08/27 11:48
2017/02/16 12:26
2016/11/29 09:44
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
カウンター
累計4796  今日0  昨日0
since : 2009/03/10
プロフィール

優れたアイデアを得る最善の方法は、多くのアイデアを得ることだーライナス ポーリング
タグ
-

©2007-2017 学びのスパイスの圃場から