ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
Zhi-zeの読んだ本
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
清水 潔 / 新潮社 (2013-12-18) / 1,728円248 users
読了:  2015年02月07日 星5つ
出版当時から話題になってて、気になってたけどようやく読めた。これは凄いな。

著者の清水潔氏が、北関東の狭いエリアで連続して発生した5件の幼女誘拐殺人事件が、同一犯による犯行である可能性を見つけるところから、本書は始まる。

取材を重ね、より確信を深める清水氏だが、5件の事件のうち、1件は既に犯人が捕まり、裁判も終わり罪が確定している。所謂、足利事件。

足利事件の犯人だけが確定しているということは、北関東連続幼女誘拐殺人事を立証する障害である。また、その時点で真犯人と思われる人物を既に絞り込んでいたこともあり、足利事件が冤罪であることを立証する取材を始める。

その後、足利事件が冤罪であり、無実であるにも関わらす犯人とされていた菅家さんが釈放された。

僕も足利事件の顛末については、ニュースなどで知っていた。

しかし、本書はそこでまだ半分くらい。と言うより、本来の目的である北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人の立証への入り口に立ったにすぎない。

現在の時点では、事件の真犯人は明らかになっていない。ただ、真犯人が存在していることだけは間違いない。まさに「殺人犯はそこにいる」。恐ろしい話だ。

読み応えのあるノンフィクションだった。

プロフィール
<<2017年6月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 Zhi-zeの読んだ本