ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
kurakakeyaのバインダー > 中央公論新社
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 10件目 / 20件
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
楠木 新 /中央公論新社 (2017-04-19) / 842円153 users
購入:  2017年07月01日 842円 所有
読了:  2017年07月14日 星4つ
駅ナカの本屋さんでたまたま目にして買った。サラリーマンには必須の定年退職。私も間近。定年後の、特に男性の生き方はけっこう寂しい。定年後の自由時間の総和はサラリーマン時代の仕事時間の総和より長いのに。定年後、生き生きとしている人は若い人と交流している人。若い人に獲得したものを伝達していくのが大切だという。そのためには心構えと準備。好奇心旺盛に学び続けること。楠木さんは保険会社を定年退社後文筆家になった。インタビューと書物からの知見をやさしい文体で綴る。一気に読めた。さて私の定年後はどうなるのか?死を意識して「死から逆算して考える」のが大切だと言う。なるほど。私は家族との時間を大事に、若い人達の役に立てるように、毎日を大切に、生き生きと「いい顔」で過ごしていきたい。
マーケティングのすゝめ (中公新書ラクレ 567)
高岡 浩三 , フィリップ コトラー /中央公論新社 (2016-10-05) / 864円26 users
購入:  2016年12月17日 1,140円 所有
読了:  2017年02月16日 星5つ お気に入り
2016年10月のワールドマーケティングサミットでいただいた本。サミットではコトラー先生の生の声を聴くことができた。あの時の話がこの本にまとまっていた。とても勉強になった。マーケティングとは何だろうといつも思っていたが、「マーケティングとは顧客の課題を解決する価値を提供すること -
Creating value by solving customer's problem.」という定義が腑に落ちた。製品起点ではなく、顧客の課題を見つけ出して、解決する価値として製品+サービスを提供することがマーケティングなのだと。イノベーションとリノベーションの違いも納得。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数6 件
購入金額3,564 円
読了数1 冊
読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
リンク
カウンター
累計1716  今日0  昨日0
since : 2008/10/31

©2007-2017 kurakakeyaのバインダー