ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
kurakakeyaのバインダー > 倫理学・道徳
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 10件目 / 15件
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
楠木 新 / 中央公論新社 (2017-04-19) / 842円116 users
タグ 自己啓発 ライフハック カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 倫理学・道徳 登録日:2017年07月06日 22時26分08秒 2017/07/06
購入:  2017年07月01日 842円 所有
読了:  2017年07月14日 星4つ
駅ナカの本屋さんでたまたま目にして買った。サラリーマンには必須の定年退職。私も間近。定年後の、特に男性の生き方はけっこう寂しい。定年後の自由時間の総和はサラリーマン時代の仕事時間の総和より長いのに。定年後、生き生きとしている人は若い人と交流している人。若い人に獲得したものを伝達していくのが大切だという。そのためには心構えと準備。好奇心旺盛に学び続けること。楠木さんは保険会社を定年退社後文筆家になった。インタビューと書物からの知見をやさしい文体で綴る。一気に読めた。さて私の定年後はどうなるのか?死を意識して「死から逆算して考える」のが大切だと言う。なるほど。私は家族との時間を大事に、若い人達の役に立てるように、毎日を大切に、生き生きと「いい顔」で過ごしていきたい。
先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫 さ 17-1)
佐々木 正悟 / KADOKAWA/中経出版 (2011-11-25) / 576円27 users
タグ 自己啓発 ライフハック Audible カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 倫理学・道徳 登録日:2017年04月06日 09時40分20秒 2017/04/06
読了:  2017年04月06日 星3つ
私は仕事をうまく片付けるには、先送りしないで、片っ端からすぐやることだと痛感している。けどなかなかそうはいかない。それは心理的な理由がある。この本には、心理的な理由を利用して先送りにしない方法が多数書かれている。仕事を仕方を見直し働き方改革をするヒントを見つけると良いかも。

以下は私のピックアップ。
・すぐやれないことは朝イチにやる。
・現状を把握して先読みをする。
・手がつけられるように、分解する。
・最初の一歩を誘導するタスクから着手する。
・「とりあえず始める」をやめる。
・人は現状維持をしたがるので、変化の幅の小さいことから始める。
・宣言をして、実行する。
・白紙から始めない。テンプレや過去のものを利用する。
・まず準備をしておく。スタンバイしておく。
・完璧を追求しない。
・メールはすぐ返事する。
・面倒なメールは返事の雛形を用意しておく。
・やりたいことを増やさない。
・やりたいことを書き出さない。書き出すと捨てられなくなる。逆にやらないことを書き出す。
・セルフイメージは効果的。
・音楽の覚醒効果を利用する。
・すぐやれない理由は4つ
選択できていない
決定できていない
準備できていない
実行できていない
・タスクリストは片っ端から、悩まないで実行する。
聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))
阿川 佐和子 / 文藝春秋 (2012-01-20) / 864円1034 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 倫理学・道徳 登録日:2016年12月17日 12時15分45秒 2016/12/17
購入:  2016年12月17日 864円 所有
読中: 

プロフィール
<<2017年8月>>
登録数1 件
購入金額- 円
読了数2 冊
読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
リンク
カウンター
累計1711  今日0  昨日0
since : 2008/10/31

©2007-2017 kurakakeyaのバインダー