ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
kurakakeyaのバインダー
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 91 - 100件目 / 742件
先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫 さ 17-1)
佐々木 正悟 / KADOKAWA/中経出版 (2011-11-25) / 576円29 users
読了:  2017年04月06日 星3つ
私は仕事をうまく片付けるには、先送りしないで、片っ端からすぐやることだと痛感している。けどなかなかそうはいかない。それは心理的な理由がある。この本には、心理的な理由を利用して先送りにしない方法が多数書かれている。仕事を仕方を見直し働き方改革をするヒントを見つけると良いかも。

以下は私のピックアップ。
・すぐやれないことは朝イチにやる。
・現状を把握して先読みをする。
・手がつけられるように、分解する。
・最初の一歩を誘導するタスクから着手する。
・「とりあえず始める」をやめる。
・人は現状維持をしたがるので、変化の幅の小さいことから始める。
・宣言をして、実行する。
・白紙から始めない。テンプレや過去のものを利用する。
・まず準備をしておく。スタンバイしておく。
・完璧を追求しない。
・メールはすぐ返事する。
・面倒なメールは返事の雛形を用意しておく。
・やりたいことを増やさない。
・やりたいことを書き出さない。書き出すと捨てられなくなる。逆にやらないことを書き出す。
・セルフイメージは効果的。
・音楽の覚醒効果を利用する。
・すぐやれない理由は4つ
選択できていない
決定できていない
準備できていない
実行できていない
・タスクリストは片っ端から、悩まないで実行する。
コンテンツではなく体験を売る時代の到来
高木 利弘 , 山川 悟 / PAMLINK (2015-02-20) / 600円1 users
読了:  2017年03月27日 星4つ
Audible で見つけました。コンテンツビジネスの新しい考え方のヒントがあります。コンテンツは、コンテンツそのものの販売ではなく、場を提供し、参加させるビジネスへ。コンテンツではなく、体験を売る時代。主人公になりきる体験ビジネスなど。ユーザーが手伝う、余韻に浸ることをビジネスにする。
終わった人
内館 牧子 / 講談社 (2015-09-17) / 1,728円136 users
読了:  2017年03月21日 星4つ
「終わった人」という刺激的なタイトルに惹かれた。東大卒で一流銀行に入った超エリートサラリーマンが、学閥抗争に負けて子会社に出向。出向先で役員になったものの63歳で定年。定年後やる事がなく、スポーツジムやカルチャー教室に通うもビジネスマンに戻りたいと悶々とする日々。さまざまな事件に遭遇してジェットコースターのような日々になるが、最後は故郷に癒しを求める。『私がモデルじゃないか』という反響が大きいそうだ。半年後の定年を前に自分にも他人事ではない。夢中になって読んだ。(Audible なので聴いた。)

内館牧子さんのマジックにのせられた。主人公が好きになれない。仕事にしか生き甲斐がなく、プライドが高くて、見栄っ張り。自信過剰で、女たらしで、恐妻家。でもこれは、オヤジ達にはああ俺もそうだと当てはまる。

私は転校生だったので故郷と、呼べるところはない。故郷に逃げられる人はうらやましい。

私は終わった人にはならないように、プライドを捨て、人との出会いを大切にし、思い出に負けずに、今を生きて、人生に満足して死んで生きたいと思った。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数6 件
購入金額3,564 円
読了数1 冊
読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
リンク
カウンター
累計1716  今日0  昨日0
since : 2008/10/31

©2007-2017 kurakakeyaのバインダー