kohamatkの本棚(1118) メッセージを送る物々交換公開数 12このバインダーをウォッチしているユーザー数 4
ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
kohamatkの本棚
並べ替え:
所有 読書 お気に入り 1 - 5件目 / 1118件
こんな街に「家」を買ってはいけない (角川新書)
牧野 知弘 / KADOKAWA (2016-11-10) / 864円24 users
タグ 住宅 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2017年08月19日 20時58分06秒 2017/08/19
読了:  2017年08月19日 星4つ
かつて住宅は資産で子どもに相続するものだったが、核家族化によって主を失った親の家は空き家となり、固定資産税や管理費の負担がかかる負担にさえなっている。時代が移っても新たな世代が住み続ける地域を選ぶ視点が必要との指摘は正鵠を射ている。住宅がコモディティ化したという時代を迎えたからには、住まい方を考え直さなければならない。
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
ちきりん / 文藝春秋 (2014-11-22) / 1,080円185 users
読了:  2017年08月12日 星4つ
ブログ運営の舞台裏と本人が選んだブログ記事で構成されているが、どちらも読み応えあった。

小学5年生の時に「ニ十歳の原点」を読んで、日記を書き始めた。著者にとっての日記は「今日はこんなことを考えた」という思考の記録で、高校時代には、その一部を友人に見せたりもしていた。Chikirinの日記は、ブログサービスを使って日記を書くつもりで2005年に始めた。2008年の半ばに、はてなブックマークが大量に付けられるようになり、アクセスが急増した。さらに、ツイッターで人気が加速した。ブログが人気化すると、ネットメディアの編集者などから転載や執筆依頼の連絡を受けるようになった。

「一生の間に、最低でも二つの異なる働き方を体験したい」と考え、2010年末に外資系企業を退職した。アジアの都市で日本語教師でもしながら暮らすことを考えていたが、退職直後に出版した「ゆるく考えよう」がヒットすると、雑誌や新聞、ラジオから取材や出演の依頼が殺到するようになったため、ブログ運営に集中することにした。ブログのPVは月間200万、収入はAmazonアソシエイトとGoogleアドセンスだけで年間500万円弱に達している。「ちきりんセレクト」では、著者の愛用商品を紹介している。

「ゆるく考えよう」の印税収入は500万円あまり(4万2000部、文庫1万6000部)、「自分のアタマで考えよう」は1500万円あまり(11万3000部)。その後の作品も700万~800万円(5万5000~6万6000部)に達している。本書の基になった「Chikirinの日記の育て方」は電子書籍として出版し、同程度の印税収入を獲得している。

「下から7割の人のための理科&算数教育」
日本の教育では、生産者(技術者)になるための教育には熱心だが、生活者のための科学教育には重きが置かれていない。富国強兵のための教育という思想が、根強く残っているからでしょう。

「思考と分析、その微妙かつ決定的な違い」
分析の結果は情報しか含まれておらず、誰がやっても同じ。思考の結果は、分析結果以外のことも考え、自分の基準に照らして判断するもので、価値判断が含まれる。

運営方針や目的を明確に定めていること、わかりやすい文章にまとめていることが成功した要因だったのではないかと思う。日記の書き方についても、改めて考えさせられた。社会の動きや自分が入手した情報に絡めて、自分がどう考えたかを記録すれば、自分の関心事項や問題意識を確認することができ、活動や成果を積み重ねることができるだろう。
富士山大噴火と阿蘇山大爆発 (幻冬舎新書)
巽 好幸 / 幻冬舎 (2016-05-28) / 864円19 users
読了:  2017年08月08日 星4つ
マグマや火山の形成、噴火の要因、富士山や巨大カルデラ噴火について、わかりやすくまとめられている。

マグマは、海洋プレートが沈み込んだ100km以上の深さでプレートから絞り出された水とマントルが反応して生まれる。玄武岩質マグマは、比重が重いマントルの中を上昇した後、ほぼ同じ比重の地殻の底で止まる。そこで冷えて結晶化したものが沈み、液体部分に軽い二酸化ケイ素が増えた安山岩質マグマが残ると、地殻より比重が軽くなって上昇し、地殻内にマグマだまりをつくるが、地表に到達するまでに大部分は結晶化する。これによって大陸地殻が成長することになる。一方、伊豆・小笠原弧の地殻は重くて薄いため、玄武岩質マグマが上昇しやすく、大量のマグマが海底に達して大きな海底火山を形成する。

マグマ溜まりが地震によって揺さぶられると、発泡現象によりマグマに溶け込んでいる水が気体となって圧力が高まり、岩盤に割れ目ができると体積が増えてさらに発泡が起きることを繰り返して噴火を起こす。巨大地震が起きると歪みが解放されて、地盤に働く力が圧縮から引っ張りへと変化するため、マグマ溜まりの圧力が下がることも噴火の要因として考えられる。噴火マグニチュードは、噴出物の総重量(kg)の常用対数から7を引いて求める。

数十万年前、伊豆半島周辺では、箱根火山、愛鷹火山、先小御岳火山、天城火山などの火山活動が盛んだった。箱根火山は6万6000年前にM6.1の大噴火を起こし、火砕流は横浜まで到達し、都内に20cmの東京軽石層を形成した。富士山は未熟な地殻の上に作られたため、玄武岩質でできており、密度が重く、粘性が低いためにストロンボリ式噴火を繰り返し、円錐形の山体ができあがった。

富士山が噴火すれば、降灰が50cmに及ぶ富士吉田や御殿場では家屋に被害をもたらし、10㎝になる大月以南、三島以北、神奈川県の大部分では鉄道や道路が通行不能になる。2cmの降灰が予測される中伊豆、東京、千葉の大部分では、電機や水道の供給が止まり、農作物は収穫不能になり、呼吸器系疾患をもたらす。

巨大カルデラ噴火は、プリニー式噴火によって大量のマグマが噴出した後に、カルデラが陥没していくつもの割れ目が生じてクライマックス噴火を起こすもの。8万7000年前の阿蘇4噴火(M8.4)では、自らの熱によって火山灰同士がくっついた溶結凝灰岩によって宮崎県の高千穂峡や大分県の滞迫峡ができ、北海道でも15cmの火山灰が積もった。2万9000年前に起きた姶良カルデラ噴火(M8.3)は、火砕流が九州南部を覆い尽くし、鹿児島地方でシラスと呼ばれる200m近くの火山灰層をつくり、偏西風によって運ばれた火山灰は、10㎝以上の丹沢軽石の火山灰層(AT)や鳥取県大山周辺の20cmのキナコと呼ばれる火山灰層を形成した。7300年前の鬼界アカホヤ噴火(M8.1)では、九州南部に30cm以上の火山灰が降り積もり、南九州の縄文人は絶滅した可能性が高い。鬼界アカホヤ噴火のエネルギーは、大型台風の10倍、富士山宝永噴火やM9地震の800倍にもなる。

著者は、災害対策の必要度の指標として、その死亡者数と発生確率を掛け合わせた「危険値」を用いている。
南海トラフ地震 推定4%×32万人=12800人/年
巨大カルデラ噴火 推定0.003%×1億2000万人=3600人/年
首都直下地震(M7以上) 推定4%×2万3000人=920人/年
富士山山体崩壊 1/5000年×40万人=200人/年
豪雨・土砂災害 実数100人/年
阪神淡路大震災 前日の確率0.02~8%×6400人=1~500人/年
富士山噴火 推定1/1000年×1万4000人=14人/年
「リベラル」がうさんくさいのには理由がある
橘 玲 / 集英社 (2016-05-26) / 1,512円66 users
読了:  2017年08月04日 星3つ
週刊プレイボーイの連載2012-14を集めたものなので、書名のテーマだけが論じられているわけではない。ただ、沖縄戦の『集団自決』を取り上げた序章がとてもわかりやすくまとめられている。

著者は、集団的自衛権を認め、自衛隊を軍として憲法に明記したうえで、法による徹底した管理を行うことや、日本的雇用という差別的制度を改め、同一労働同一賃金や定年制廃止を法制化するなど、世界標準の政策を掲げることが、まっとうなリベラルであるとする。

知能の遺伝的影響は大きく、論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能(IQ)は77%。

プロフィール

読書ができなかった時期を取り返すべく乱読しています。
カウンター
累計1456  今日0  昨日0
since : 2010/02/16
読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
読書状況
ウィッシュ23 冊
積読40 冊
読中2 冊
読了1,055 冊
カウントダウン
今月の目標読了数10冊まであと
4
タグ (101)
66 日本史
63 ブックガイド
54 環境
53 人物
48 経済
46 世界史
45 社会
38 生態系
37 読書
31 文化
30 自己啓発
28 インターネット
24 科学
23 メンタルヘルス
22 環境史
22 知的生産
21 人類学
18 仕事術
17 健康
17 心理学
17 文明史
16 農業
15 生物学
15 森林
15 勉強法
14 人生論
14
13 進化生物学
13 音楽
12 自己実現
12 政治
12 コミュニケーション
11 生き方
10 人間関係
10 生活
10 地学
9 文章術
9 人口
9 水産業
9 植生
9 国土
8 宗教
8 気候変動
7 歴史
7 文明論
7 出版
7 情報収集
7 ゲーム理論
7 生物史
6 職業
6 統計
6 文芸
6 名言
5 複雑系
5 雑誌
5 日記
5 作物
5 能力開発
5 古書
4 世界情勢
4 文化人類学
4 宇宙
4 エネルギー
4 原発
4 図解
4 恋愛
4 整理術
3 地理
3 思考法
3 食事
2 コンピューター
2 紀行
2 建築
2 哲学
2 暮らし
2 対談
2 書評
2 畜産
2 食料
2 古典
2 思想
2 言語
2 メディア
1 土壌
1 雑学
1 神話
1 住宅
1 技術
1 労働
1 古代史
1 植物学
1 エッセイ
1 災害
1 考古学
1 経営
1 認知心理学
1 投資
1 河川
1 旅行
1 スポーツ
1 工学
174 タグなし
tkの読書日記
2017/08/12 23:45
2017/08/08 23:45
2017/07/03 23:45
2017/06/25 23:45
2017/06/05 23:45
リンク

©2007-2017 kohamatkの本棚