ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
kanketsuのバインダー > イタロ カルヴィーノ
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 3件目 / 3件
柔かい月 (河出文庫)
イタロ カルヴィーノ/ 河出書房新社 (2003-09) / 50,793円72 users
購入:  1981年06月30日 280円 所有
読了:  1981年07月31日 星3つ
持っているのは早川文庫SF436.1981/6/30発行。 訳者あとがき
第一部 クワウフク氏の話「柔らかい月」「結晶」「血海」。哲学っぽい。
第二部 プリシッラ
第三部 ティ・ゼロ 「ティ・ゼロ」「追跡」「夜の運転者」
数学小説か? 難解。再読すると印象はどう変わるか。
くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)
イタロ カルヴィーノ/ 筑摩書房 (2006-12) / - 27 users
購入:  1994年12月05日 550円 所有
読了:  2013年10月30日 星4つ
第二次世界大戦末期のイタリアのことはほとんど知らなかった。
ドイツ軍と連合国とパルチザン。
主人公のビン少年はパルチザンと行動を共にするという話。
冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)
イタロ カルヴィーノ/ 筑摩書房 (1995-10) / - 75 users
購入:  1995年10月24日 840円 所有
読了:  2017年09月13日 星5つ
20170903~
カルヴィーノらしく異色な小説。読むこと(書くことも)自体がテーマで、男性読者が主人公として「冬の夜ひとりの旅人が」から10編の作品の一部だけを読んでは次の小説に移らざるを得なくなってしまう。タイトルだけ続けると・・・だったり読みにくいはずなのだがなんだか夢中で読んだ。こういうメタフィクションが好きなのだなあ。
偽作本作成 (P289)
引用コメント アポクリファとルビ

プロフィール
<<2017年11月>>
登録数55 件
購入金額51,048 円
読了数48 冊
購入金額 (月別)
  • 70000
  • 60000
  • 50000
  • 40000
  • 30000
  • 20000
  • 10000
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 90
  • 80
  • 70
  • 60
  • 50
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 kanketsuのバインダー