ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   iTunes ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
Curriculum Makers Bookshelf
並べ替え:
読書状況
ウィッシュ80 冊
積読5 冊
読中1 冊
読了1,357 冊
リンク
タグ (460)
392 小説
344 物語
234 ビジネス
214 マンガ
170 ミステリ
133 @office
100 本質
88 哲学・思想
63 人材育成
62 知財
60 Web
57 社会
53 歴史
48 ファンタジー
43 文化・民俗
42 MSKS
41 教育
39 マネジメント
38 新書
37 仕事術・思考術
36 宗教
33 文庫
33 ホラー
33 カリキュラム
32 経営
31 法律
27 ロールモデル
26 リーダーシップ
24 国家
24 経済
23 技術
22 音楽
22 科学
22 文化
21 マーケティング
20 野田秀樹
20 レファレンス
20 SF
18 OJKA
17 戯曲
17 百人一首
17 SF
17 宇宙
16 イギリス
16 組織
14 英雄
14 戦略
14 恋愛
13 哲学
13 キャリア
13 学習
13 伝説
13 雑誌
12 昭和史
12 IT
12 コンテンツ
11 コンサルティング
11 仕事術
10 インストラクショナルデザイン
10 著作権
9 人事・人材
9 デザイン
9 ノンフィクション
8 演劇
8 小泉八雲
8 大学
8 メディア
8 デジタル
8 芸能
8 神話
8 読書
8 民俗学
8 エッセイ
8 テクノロジー
8 文学
8 ライフハック
8 銀河
8 ビジョナリー
8 青春
7 健康
7 政治
7 捏造
7 未来
7 古典
6 戦争
6 言語
6 学校
6 アメリカ
6 資本主義
6 ファッション
6 料理
6 松岡正剛
6 TSHO
6 kindle
6 批評
6 構造主義
6 思想
6 電子書籍
6 コミュニケーション
5 楽器
5 映画
5 実務
5 将棋
5 北一輝
5 時間
5 建築・都市
5 二・二六事件
5 契約
5 怪異
4 インターネット
4 日本
4 魔法
4 ゲーム
4 伝記・自伝
4 起業・独立
4 人事労務
4
4 取材
4 地理学
4 人工知能
4 犯罪
4 鉄道
4 伝記
4 組織開発
4 予測
4 教材
3 統計
3 整理整頓
3 裁判
3 失踪
3 ポータル
3 落語
3 事業開発
3 プログラミング
3 短歌
3 怪談
3 政府・省庁
3 物理
3 iPhone
3 ライセンス
3 大学院
3 芥川賞
3 コンピュータ
3 e-Learning
3 ASP
3 産業
3 コーチング
3 精神
3 心理
3 資料
3 心理学
3 サンカ
3 アイドル
3 起業
3 国際
3 才能
3 プレゼンテーション
3 スポーツ
3 象徴
3 経験
3 ヨーロッパ
3 江戸
3 王権
2 佐渡
2
2 データ
2 ジャズ
2
2 ドキュメント
2 創作
2 仏教
2 教育工学
2
2 クリスティー
2 冒険
2 アジア
2 絵画
2 行政
2 企業
2 セミナー
2 サイト
2 手記
2 教科書
2 儒教
2 広告
2 建築
2 インサイト
2 イノベーション
2 三味線
2 発掘
2 企画
2 民法
2 地方自治
2 擬態
2 密教
2 革命
2 昭和
2 設計
2 通信
2 ソーシャルメディア
2 アパレル
2 社会学
2 市場
2 文化人類学
2 美術
2 情報
2 手紙
2 省庁
2 フレームワーク
2 サービス
2 ビジネスモデル
2 民主主義
2 組合
2 農業
2 変革
2 シンギュラリティ
2 辞典・事典
2 ワークフロー
2
2 IoT
2 生命
2 構造
2 医療
2 職業
2 方法
2 ツール
2 図解
2 旅行
2 言葉
2 営業
2 数学
2 写真
2 会計・財務
2 世界史
2 シラバス
2 評論
2 ICT
2 心理・精神
2 ブランディング
2 匠・名人
2 テキスト
2 千葉雅也
2 俳優
2 移民
2 クラウド
2 タイムマシン
1 重力
1 民俗
1 ももクロ
1 商社
1 地域
1 財閥
1 生物学
1 空海
1 神経科学
1 自己啓発
1 ドラマ
1 服飾
1
1 社会技術
1 経済学
1 問題解決
1 兄弟
1 プロフェッショナル
1 警察
1 デザイン思考
1 ロシア文学
1 真言
1 調査
1 リサーチ
1 参考
1 劇団
1 翻案
1 詩集
1 貨幣
1 漫才
1 日記
1 巨人
1 腰痛
1 SNS
1
1 コンセプト
1 プロジェクト
1 創造
1
1 GTD
1
1 Toodledo
1 サスペンス
1 ランニング
1 システム
1 呪術
1 考古学
1 エンターテイメント
1 献本
1 群像
1 タスク管理
1 オカルト
1 タイムトリップ
1 原型
1 石器
1 霊性
1 短編
1 原作
1 集落
1 アメリカ政治
1 天皇
1 MBA
1 タイムリープ
1 探偵
1 @kindle
1 単価
1 開発
1 語り部
1 web
1 Kindle
1 ムック
1 信仰
1 演出
1 タイムスリップ
1 ロシア
1 糖質制限
1 和歌
1 自伝
1 スタートアップ
1 アニメ
1 公安
1 カルチャー
1 地理
1 指紋
1 インド
1 中国
1 ビッグデータ
1 特許
1 軍事
1 脳科学
1 英語
1 構成主義
1 VR
1 神道
1 文化庁
1 ブログ
1 エンタテインメント
1 試験
1 組織学習
1 受験
1 ソーシャル
1 判例
1 スキル
1 協会・学会
1 標準
1 人事
1 制作
1 裁判・判例
1 仕組み
1 自治体
1 政府
1 雛形
1 スマートグリッド
1 eラーニング
1 事業者
1 手本
1 契約書
1 ダウンロード
1 リファレンス
1 まとめ
1 リンク集
1 講座
1 PDF
1 サンプル
1 怪奇
1 CCO
1 Jリーグ
1 デジタルメディアリテラシー
1 なつかしい未来
1 アフリカ
1 倫理
1 麻酔
1 リテラシー
1 エニアグラム
1 希望
1 ダイエット
1 警句
1 風水
1
1 都市
1
1 名言
1 怪異・怪奇
1 服飾・アパレル
1 トリック
1 論理
1 魔法・魔術
1 編集
1 三島由紀夫
1 データベース
1 地球
1 年代記
1 やまとことば
1 男と女
1 名前
1 ロジカルシンキング
1 出版
1 脚本
1 アナーキズム
1 公文書
1 電子化
1 マネジャー
1 無意識
1 対談
1 脱構築
1 儀礼
1 祭祀
1 入門
1 ジョジョ
1 決闘
1 神隠し
1 EC
1 AI
1 インストラクショナル・デザイン
1 紋章
1 社会構成主義
1 憲法
1 パフォーマンス
1 外伝
1 予見
1 小説  
1 生成
1 成果
1 デジタル時代
1 デコンストラクション
1 文字
1 寺院
1 韓国
1 原典
1 保育所
1 構築主義・社会構成主義
1 イスラム
1 研修
1 武術
1
1 ブランド
1 職人
1 専門
1 東京都
1 戦術
1 田坂広志
1 記憶
1 日本語
1 語源
1 生活
1 60年代
1 労働・雇用
1 在宅就業
1 伝記・評伝
1 遺跡
1 アプリ
1 ブッカー賞
1 テレワーク
1 会計
48 タグなし

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 30件目 / 1530件
THIS IS SERVICE DESIGN THINKING.  Basics - Tools - Casesー領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計
購入:  2017年07月24日 3,672円 所有
読了:  2017年07月24日
サービスデザイン思考の5原則
 1.ユーザー中心 サービスは、顧客の立場から経験されるべきです。
 2.共創 サービスデザインのプロセスには、すべてのステークホルダーに参加してもらいましょう。
 3.インタラクションの連続性 相互に関係する複数のインタラクションをつなぎ合わせ、一続きの流れを形作らなければなりません。
 4.物的証拠 形がなく、手で触れることのできないサービスは、有形の物的要素を用いて可視化する必要があります。 ※ホテルの客室清掃サービスの象徴としてトイレットペーパーの端を折り畳んでおく習慣などはその一例
 5.ホリスティック(全体的)な視点 サービスを取り巻く環境全体に目を配りましょう。

ヘンリー・C・ベックが1936年に作成したロンドン地下鉄路線図。幾何学的で明快な電気回路図を手本に、地下鉄の駅の地理的な位置関係を図案化。電気回路網と公共交通機関という異なる2種のテーマを組み合わせたアプローチに助けられて、ユーザーは自ら新しいメンタルモデルを作り上げる。

サービスとは、カスタマー・ジャーニーの中で、さまざまなタッチポイント(顧客接点)において顧客とサービス・システムの間に発生する一連のインタラクションです。

デザインとは、問題を特定し、調査し、創造し、テストし、解決策を形にするという体系的な過程なのです。

「デザイン思考は、ひとつの心的態度、ひとつの方法論、ひとつの哲学として形成サービスのれつつあります。同時に、おそらくこれは、学習し、学習する方法をデザインするためのひとつのアプローチでもあります。

探求、設計、再構成、実施という4つの作業を繰り返す反復プロセスは、複雑なデザイン・プロセスに一定の構造を与えるための、非常にベーシックなアプローチです。

本来は「ユーザー体験の向上」という目的意識のもと、より良い機能や実装方法を提案し、スケジュールやコストの調整を行うことも可能なはずだが、似たようなケースは大きな組織ではよく見られるのではないだろうか。目の前の問題に熱中するがあまり、自らの職務の前後や背景、より大きな目標を見失ってしまうのだ。
ホワイトヘッド著作集 第12巻 観念の冒険
A.N.ホワイトヘッド / 松籟社 (1982-04) / 4,320円5 users
購入:  2017年07月23日 4,320円 所有
読了:  2017年07月23日
文明の一般的として私が提唱するのは、文明化された社会は、<真理>、<美>、<冒険>、<芸術>、<平安>の五つの性質を示している、ということである。 p378

しかしこれらの小さな変奏が試み尽くされてしまうとき、二つの事柄のうちの一つが、起こるにちがいない。おそらく、当該社会は想像力を欠くであろう。で、枯渇が忍び込む。反復は、活発な評価の逓減をつくり出す。因襲が支配する。学者的な正統主義が冒険を抑圧する。 p383

<青春>の最深の定義は、まだ悲劇に触れたことのない<生命>である。そして青春の最も見事な花は、経験に先立って、曇りなく教訓を知ることである。ここで論ずべき問いは、<平安>の直観は、それが悲劇のうちに露呈されることを別にして、どのように自己を主張するかということである。 p396

【目次】
1.社会的
 序説
 人間の魂
 人道主義の理想
 自由の様相
 力から説得へ
 予見
2.宇宙論的
 自然の法則
 宇宙論
 科学と哲学
 新宗教改革
3.哲学的
 客体と主体
 過去、現在、未来
 諸契機のグループ化
 現象と実在
 哲学的方法
4.文明
 真理
 美
 真理と美
 冒険
 平安
古典落語 (講談社学術文庫)
興津 要 / 講談社 (2002-12-10) / 1,382円81 users
購入:  2017年03月05日 1,382円 所有
読了:  2017年07月23日
明烏
三人旅
厩火事
千早振る
そこつ長屋
三方一両損
たがや
居残り佐平次
目黒のさんま
小言幸兵衛
道具屋
時そば
芝浜
寿限無
三枚起請
崇徳院
野ざらし
青菜
らくだ
がまの油
子別れ
現代落語論 (三一新書 507)
立川 談志 / 三一書房 (1965-12-10) / 1,080円79 users
タグ 落語 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2017年01月12日 09時55分49秒 2017/01/12
購入:  2017年03月05日 1,080円 所有
読了:  2017年07月23日
そこに現代の詩があり人情があればいいのだ。 p244
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
購入:  2017年07月17日 2,052円 所有
読了:  2017年07月17日 お気に入り
私たちが直面している真の疑問は、
『私たちは何になりたいのか?』ではなく、
『私たちは何を望みたいのか?』かもしれない。

歴史を研究するのは、
未来を知るためではなく、視野を拡げ、現在の私たちの状況は自然なものでも必然的なものでもなく、したがって私たちの前には、想像しているよりもずっと多くの可能性があることを理解すべきなのだ。

宗教は、超人間的な秩序の信奉に基づく、人間の規範と価値観の制度と定義できる。
 1)超人間的な秩序の存在を主張する
 2)超人間的秩序に基いて規範や価値観を確立し、それには拘束力があると見なす

本質的に異なる人間集団がクラス広大な領域を傘下に統一するためにはさらに2つの特性を備えていなくてはならない
 1)いつでもどこでも正しい普遍的な超人間的秩序を信奉している必要がある
 2)この信念をすべてのヒトに広めることをあくまでも求めなければならない
普遍的であると同時に、宣教を行うことも求められるのだ。

一神教は秩序を説明できるが、悪に当惑してしまう。二元論は悪を説明できるが、秩序に悩んでしまう。この謎を論理的に解明する方法は、「全宇宙を創造した単一の全能絶対神がいて、その神は悪である」と主張することだがそんな信念を抱く気になった人は史上一人もいない。

ブッダは自分の教えをたった1つの法則に要約した。苦しみは渇愛から生まれるので、苦しみから完全に解放される唯一の道は、渇愛から完全に解放されることで、渇愛から解放される唯一の道は、心を鍛えて現実をあるがままに経験することである、というものだ。一神教の第一原理は「神は存在する。神は私に何を欲するのか?」で、それに対して仏教の第一原理は「苦しみは存在する。それからどう逃れるか?」だ。神々の存在を否定しないが、その法則には影響力を持たず、全宇宙の神が揃ってもその人を苦しみから救えない。



【下巻目次】
 12.宗教という超人間的秩序
 13.歴史の必然と謎めいた選択
4.科学革命
 14.無知の発見と近代科学の成立
 15.科学と帝国の融合
 16.拡大するパイという資本主義マジック
 17.産業の推進力
 18.国家と市場経済がもたらした世界平和
 19.文明は人間を幸福にしたのか
 20.超ホモ・サピエンスの時代へ
大学とは何か (岩波新書)
吉見 俊哉 / 岩波書店 (2011-07-21) / 886円110 users
購入:  2017年07月16日 886円 所有
読了:  2017年07月16日
遍歴者、流浪者、旅人の中には、学者や朗読者の小さなグループもあって、そのまわりにはいつも教えを請う者たちが集まり、その影響圏に知識欲の旺盛な者たちが押し寄せた。中世の移動民たちが結びついたネットワークの結節点として大学は出発し、その組織原理の根底に越境性、脱領域性を内包している。移動する能力によって都市支配層や地主、より普遍的な皇帝や教皇の賢慮y句さえも相対化する自由を手にした。この移動性と一体をなす「都市の自由」こそが、後年に理念化される「大学の自由」の現実的な基盤だった。

学位としては最も低い「バカラリウス」は教授補佐の免許のようなもので、助手資格に相当する。「ドクトル」は法学が中心であったボローニャ大学の学位、「マギステル」は神学や自由学芸を中心とするパリ大学の学位を意味していたらしい。 p31

19世紀半ばの江戸や大坂、長崎などの都市で生じていた現象は、「自由に浮動する」知識人=志士たちが列島を旅しながら有力な教師について翻訳された知識を必死で学び、その外来の知の普遍性によって旧?打破を図っていこうとする、中世ヨーロッパの大学勃興期にも似た出来事であった。 p114

【目次】
序 大学とは何か
1 都市の自由 大学の自由
 中世都市とユニバーシティ
 学芸諸学と自由な知識人
 増殖と衰退 -大学の第一の死
2 国民国家と大学の再生
 印刷革命と「自由な学知」
 「大学」の再発明 -フンボルトの革命
 「大学院」を発明する -英米圏での近代的大学概念
3 学知を移植する帝国
 西洋を翻訳する大学
 帝国大学というシステム
 「大学」と「出版」のあいだ
4 戦後日本と大学改革
 占領期改革の両義性
 拡張する大学と学生氾濫
 大綱化・重点化・法人化
終 それでも、大学が必要だ
9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために
伊藤 穰一 , ジェフ・ ハウ / 早川書房 (2017-07-06) / 1,944円49 users
購入:  2017年07月16日 1,944円 所有
読了:  2017年07月16日
Whiplash: How to Survive Our Faster Future

1.権威より創発: 自然発生的な動きを大事にしよう
2.プッシュよりプル: 自主性と柔軟性に任せてみよう
3.地図よりコンパス: 先のことはわからないから、おおざっぱな方向性で動こう
4.安全よりリスク: ルールは変わるものだから、過度にしばられないようにしよう
5.従うより不服従: むしろ敢えてルールから外れてみることも重要
6.理論より実践: あれこれ考えるより、まずやってみよう
7.能力より多様性: ピンポイントで総力戦をやっても外れるから、取り組みもメンバーも多様性を持たせよう
8.強さより回復力: ガチガチに防御をかためるより回復力を重視しよう
9.モノよりシステム: 単純な製品よりはもっと広い社会的な影響を考えよう


読みにくい。各プリンシプルとそこで取り上げられている事例がどうつながっているか、ついていけなかった。

変化は前世紀のどこかで人類を追い越した。いまは幾何級数の時代だ。そしてそれが、われわれの時代を定義づける3つの条件をもたらしている。
・非対称性 費用と便益が規模に比例するとは想定できない
・複雑性 
・不確実性


メディアラボの「メディア」は「情報通信手段」「アーティスト、作家、ミュージシャンの使う材質や形式」であると同時に「何かがその中で存在したり育ったりする物質」とか、単に「ある特定の目的で使われるもの」とか解釈されている。 p35

…企業がアトムをオフショアに移動できるようにする。残るのは何だろう?「アイデアと、それをマーケットする力だ。それだけ」。 p138
ゲンロン0 観光客の哲学
東 浩紀 / 株式会社ゲンロン (2017-04-08) / 2,484円70 users
購入:  2017年07月16日 2,484円 所有
読了:  2017年07月16日
観光も二次創作もともに、最初は嫌われるにもかかわらず、時間が経つにつれ受け入れられれ、いつのまにか住民や原作者の経済がそれなしには成立しなくなってしまう。 p46

現代の消費環境においては、最初に原作があって、つぎに二次創作が来るのではない。原作者は最初から二次創作について考え抜いている。だとすれば、同じように、最初に「素朴」な住民がいて、つぎに観光客が来るという順序もじつは転倒しているのではないか。 p50

21世紀のポストモダンあるいは再帰的近代の世界においては、二次創作の可能性を織りこむことなしにはだれもが原作が作れず、観光客の視線を織りこむことなしにはだれもコミュニティがつくれない。本書の観光客論はこのような射程のなかで構想されている。/二次創作者はコンテンツの世界での観光客である。裏返して言えば、観光客とは現実の二次創作者なのだ。 p51

…すなわちこの現実は最善の世界ではないことを人々につねに思い起こさせることを企てる。ぼくには、そのような再誤配の戦略こそが、この国民国家=帝国の二層化の時代において、現実的で持続可能なあらゆる抵抗の基礎に置かれるべき、必要不可欠な条件のように思われる。21世紀の秩序においては、誤配なきリゾーム状の動員は、結局は帝国の生権力の荷姿にしかならない。/ぼくたちは、あらゆる抵抗を、誤配の再上演から始めなければならに。ぼくはここでそれを観光客の原理と名づけよう。21世紀の新たな連帯はそこから始まる。

なぜならば、サイバースペースとは最初からアメリカの別名にすぎなかったからである。 p239

イデオロギーのかわりにコンピュータが与えられたこの時代において、ぼくたちはどう世界と関係もつべきか。本書の探求の裏側にはじつはそのような問いがある。 p257

【目次】
第1部 観光客の哲学
 第1章 観光
 付論 二次創作
 第2章 政治とその外部
 第3章 二層構造
 第4章 郵便的マルチチュードへ
第2部 家族の哲学(序論)
 第5章 家族
 第6章 不気味なもの
 第7章 ドストエフスキーの最後の主体
あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
テッド・チャン / 早川書房 (2003-09-30) / 1,037円436 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年07月16日 22時12分29秒 2017/07/16
購入:  2017年07月16日 1,037円 所有
読了:  2017年07月16日
映画「メッセージ」(Arrival)の原作「あなたの人生の物語」。
「地獄とは神の不在なり」の天使降臨の生々しさが衝撃だった。


バビロンの塔
理解
ゼロで割る
あなたの人生の物語
七十二文字
人類科学の進化
地獄とは神の不在なり
顔の美醜について-ドキュメンタリー
教育の目的 (ホワイトヘッド著作集)
A.N.ホワイトヘッド / 松籟社 (1986-05) / 2,808円3 users
購入:  2017年06月29日 2,808円 所有
読了:  2017年07月16日 お気に入り
初期の中世史における大学の起源は不明確で、ほとんど顧みられてもいません。大学は徐々に、また自然に発展したのです。しかし、大学の存在は、非常に多くの活動領域で、ヨーロッパ人の生活の持続的で急速な進歩の根拠だったのです。これら大学機関によって、行動の冒険が思想の冒険と出会ったのです。 p135

教育とは人生の冒険に備えた訓練なのです。研究とは知性の冒険なのです。そうして、大学とは老若の人ともどもが冒険を分ちあう家庭でなければなりません。教育が成功するためには、そこで取り扱われた知識に、常にある新鮮さがなければなりません。その新鮮さというのは、知識そのものが新しいものであるか、または新時代の新世界に応用する上での新規性を備えているかのいずれかでなければならないのです。 p138 「大学とその機能」
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
購入:  2017年07月16日 2,052円 所有
読了:  2017年07月16日 お気に入り
わずか600万年前、ある一頭の類人猿のメスに、二頭の娘がいた。そして、一頭はあらゆるチンパンジーの祖先となり、もう一頭が私たちの祖先となった。

ホモ・サピエンス以外にも、ホモ属に属する動物はいた。現生人類としてのホモ・サピエンスを本書では「サピエンス」としばしば呼び、ホモ属の生き物すべてを指す時に「人類」という用語を使う。

ヒトは卓越した視野と勤勉な手を獲得する代償として、腰痛と肩凝りに苦しむことになった。女性はさらに代償が大きく、直立歩行に求められる細い腰回りの進化のために産道が狭まり、出産が危険なものになった。だからヒトの子供は未熟な段階で、脳と頭が柔軟だ時機に生まれるようになった。

人類はあまりに飛躍的に食物連鎖の階段を上がったので、サバンナの負け組だった頃の性質からの適用が追いつかず、恐れと不安でいっぱいで、戦争を起こしたり生態系に惨事を起こす。

農業革命は史上最大の詐欺だった。平均的な農耕民は平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに見返りに得られる食べ物は劣っていた。人類にとっては手に入る食料の総量は増えたが、より良い食生活や長い休暇には結びつかず、人口爆発と飽食のエリート層を誕生させた。ホモ・サピエンスは小麦、稲、じゃがいもなどの植物種に家畜化されたのだ。個々人には何も与えていない。

牛という種の数の上での成功は、個々の牛が味わう苦しみにとっては、何の慰めにもならない。進化上の成功と個々の苦しみとのこの乖離は、農業革命から引き出しうる教訓のうちで最も重要なのではないか。集合的な力の劇的な増加と表向きの成功が個体の多大な苦しみと密接につながっていたことを今後の章で繰り返し目にすることになる。

宗教は特定のものを信じるように求めるが、貨幣は他の人々が特定のものを信じていることを信じるように求める。




【目次】
1.認知革命
 1.唯一生き延びた人類種
 2.虚構が協力を可能にした
 3.狩猟採集民の豊かな暮らし
 4.史上最も危険な種
2.農業革命
 5.農耕がもたらした繁栄と悲劇
 6.神話による社会の拡大
 7.書記体系の発明
 8.想像上のヒエラルキーと差別
3.人類の統一
 9.統一へ向かう世界
 10.最強の征服者、貨幣
 11.グローバル化を進める帝国のビジョン
内省とリーダーシップ
八木陽一郎 / 白桃書房 (2012-05-02) / 28,848円3 users
読了:  2017年07月14日
リーダーによる内省経験は、個人レベル、集団レベル、組織レベルのいずれにおいてもポジティブな影響を与える。内省経験の持つ説明力や影響力は、個人属性モデル、経験・教育モデル、人間関係モデルに含まれた他の変数に比べて大きい。

後継経営者が内省経験を深め、リーダーシップを高めていくためのプロセス
1)自分の先入観や情動を一旦脇に置いて判断を保留する
2)他者の想いや背景を深く受け止める
3)問題の構造を深く探求する
4)自分自身がどうありたいのかを問い直す
5)新たな対話を開始する

この中で内省は、
内部モデルとしての自己を見つめ、自己に変化を起こす認知である
と定義された。

内部モデルは、
個別モデルと汎用モデルが階層的かつ循環的に形成され続ける動的な意識のシステム。
とされた。
とっぴんぱらりの風太郎 下 ((文春文庫))
万城目 学 / 文藝春秋 (2016-09-02) / 745円40 users
購入:  2017年02月05日 745円 所有
読了:  2017年05月20日
一気に読んだ。
のだがそれは、すごく面白かったというわけではない。
ただの(といえるほど読んだことがないのに)時代小説のバトルものを読んだ感じ。
もちろん、全編を通して、アレにつながるのだという興奮はあるが、それはそれ。
映画にしても面白くなるかどうかという。
ただ、この手の読み物こそが面白いという向きの人は、きっとたくさんいるはず。
万城目と思って読むからいけなかったのかもしれない。
とっぴんぱらりの風太郎 上 (文春文庫)
万城目 学 / 文藝春秋 (2016-09-02) / 778円43 users
購入:  2017年02月05日 778円 所有
読了:  2017年05月20日
上巻 なんか冗長に感じる
連載だったから?
勉強の哲学 来たるべきバカのために
千葉 雅也 / 文藝春秋 (2017-04-11) / 1,512円156 users
購入:  2017年04月09日 1,512円 所有
読了:  2017年05月07日 お気に入り
決断主義に陥る、マッチョな企業人的な自分に怖くなる。
「比較の中断は、個々人に享楽的なこだわりがあるからこそ可能である。」(p.219)に救われる。


したがって、言語の解放的な力 -言語の他者性- について考えることが、自由になるための勉強論に等しいのです。
 p39

ツッコミ=アイロニーとボケ=ユーモアが、環境から自由になり、外部へと向かうための本質的な思考スキルである。
 p64

バカだというのは、英語では「idiot」です。これは、古代ギリシア語の「idios」から来ている。それは、「個人の」、「特異な」という意味をもっています。/享楽的こだわり=バカな部分は、おそらく変化可能である。/勉強の視野を広げ、自分の享楽を分析しつつ勉強を続けることで、あるバカさが、別のバカさへと変化する。ラディカル・ラーニングは、自分の根っこにあるバカさを変化させる。バカでなくなるのではない。別のしかたでバカになり直すのです。/これが、本書のサブタイトルで言う「来るべきバカ」ということです。
 p170

「まとも」な本を読むことが、勉強の基本である。
 p175

勉強するにあたって信頼すべき他者は、勉強を続けている他者である。
(・・・)
勉強の足場とすべきは、「専門書」です。もっと限定すれば、学問的な「研究書」です。
 p.185

こうした決断主義は、無批判に何かを信じ込んだ状態であるため、避けるべきである。そこで、絶対性を求めず、相対的に複数の選択肢を比較し続けるというユーモア的な方法へと向かう-比較を続ける途中で中断し、ベターな結論を仮固定し、また比較を再開するのである。これが、勉強のプロセスにおいて基本姿勢である。
 p.219
超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト
落合 陽一 / 大和書房 (2017-03-18) / 1,404円42 users
購入:  2017年04月17日 1,404円 所有
読了:  2017年04月17日
スマートフォンの普及による結果、人はインターネット上に第二の言論・視聴覚空間を作り、住所を持ち、SNSを生み、社会を形作った。言うなれば人はデジタル空間にもう一度生まれた。

「一番やりたいことって何か?」といえば、「すべてのタスクから解放されたときに、最初にやりたいこと」だと思う。 p59


ざっくりとフックがかかっている状態、おぼろげにリンクが付いているような状態が、これからの時代に理想的な知識の持ち方だと思う。/これはどういう仕組で、思いつきから実装までたどり着くことができるのか、ということさえ押さえておけば、個別の細かいところはその都度調べたりしながら作ることができるということだ。 p127



【目次】
プロローグ インターネットの身体化から、シンギュラリティ前夜へ
1.超AI時代の「生き方」 ―ワークライフバランスを終えて、ワーク”アズ”ライフを始める
2.超AI時代の「働き方」 ―スペシャリストでありつつ、知識にフックをかけていく
3.超AI時代の「生活習慣」 ―人間特有の「身体性」から生活スタイルを考える
落語入門
一個人編集部 / ベストセラーズ (2009-09-16) / 580円24 users
タグ 落語 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2017年01月12日 00時52分50秒 2017/01/12
購入:  2017年03月05日 580円 所有
読了:  2017年04月17日
円丈チルドレン
 ・春風亭昇太
 ・柳家喬太郎
 ・三遊亭白鳥
 ・林家彦いち
 ・神田山陽
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
購入:  2017年03月05日 2,484円 所有
読了:  2017年04月17日
タイトルの意味がというか、直接的にはどの記述に対応しているかが分かり、満足。
かなり多重複雑な構造をとっていて、映画化に際しシンプルになり、窯変していた。
ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術
購入:  2017年03月05日 1,620円 所有
読了:  2017年04月01日
グループワークで求められるのは 共通点を探る作業ではなく、すべてを統合できる視点を見つける作業なのです。 p51

人間行動を観察する際の着眼点(川喜田二郎)
 ①類型的行動
 ②行動の状況
 ③行動の主体
 ④行動の対象
 ⑥目的
 ⑦結果

デザインというのは関係性を明らかにして、問題を解決する仕事。

デザインをする人に求められる資質
 デザインしようとしている物とそれを必要とする人の関係性を明確にイメージできる
 求められる物を実際につくれるように正確な注文を出すことができる
 出来上がった物に対しては人との関係性において正しく評価をすることができる

どういう場でどういう作法を行った際に、自分の好みがどう働くかを知っておく


【目次】
1.デザイン思考とは
2.デザイン思考の「情報収集術」
3.デザイン思考の「企画発想術」
4.デザイン思考の「問題解決法」
5.デザイン思考の「職場作分術」
首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 / 新潮社 (2016-11-28) / 724円78 users
購入:  2017年02月05日 724円 所有
読了:  2017年04月01日
短編をまとめた連作風の一冊なら、
そのように言っておいてほしい。
面白いかどうかと関係なく、
騙された と思ってしまう。
コンチェルトって 書いてあるじゃん ということなら、
なおいっそう腹立つけど。
一回3秒 これだけ体操 腰痛は「動かして」治しなさい (講談社+α新書)
松平 浩 / 講談社 (2016-07-21) / 842円11 users
購入:  2017年03月05日 842円 所有
読了:  2017年03月05日
助かった。本当に改善した。

骨折があって腰痛が起こっているような「器質的原因のある特異的腰痛」ではなく、
そのような問題が見つからずに原因不明とされてしまう非特異腰痛の一部は、
脳機能の不具合による痛覚過敏や自律神経のアンバランスにともなう過度な緊張といった、
「機能的原因」から起こっているととらえられる。

肩幅よりちょっと広めに足を開き、お尻に手を当て、
ひざを突っ張ったまま骨盤を前に押して、少し状態を反らす。
腰を動かしても大丈夫なことが確認でき、脳をリセットする。

この「これだけ体操」は、猫背、前かがみ姿勢などによる腰痛借金の返済にも役立つ。
ルパンの消息 (光文社文庫)
横山 秀夫 / 光文社 (2009-04-09) / 761円272 users
購入:  2017年03月05日 761円 所有
読了:  2017年03月05日
横山秀夫の幻の初期作品らしい。
もちろん面白かったが、せわしないはずなのに退屈に感じたり、
悲痛なエピソードがただ嫌だったりするのは、
ロクヨンに至るまでの成熟がまだされていないからということか。
笑いのカイブツ
ツチヤ タカユキ / 文藝春秋 (2017-02-16) / 1,458円23 users
購入:  2017年03月05日 1,458円 所有
読了:  2017年03月05日 お気に入り
本物の私小説。壮絶で愛しい。だが、この目線すらツチヤには見せられない。自分を恥じながら読んだ。

「おまえを死にたくて、たまらない気分にさせるのは、いつだって世間やのに、皮肉にも、おまえが人生を捧げた笑いは、その世間を楽しませるために、存在しとる」p159

全部をエンターテイメントに変えるんだ。p221
愚行録 (創元推理文庫)
貫井 徳郎 / 東京創元社 (2009-04-05) / 756円158 users
購入:  2017年02月05日 756円 所有
読了:  2017年03月05日
一人称聞き取りの移り変わりに疲れてしまう。
その構成そのものが大オチと密接に関連しているので技量の前に文句のあるはずもないが。
これを映画にしたかった人のモチベーションはどのへんにあるのか。観ればわかるのか。
貘の檻 (新潮文庫)
道尾 秀介 / 新潮社 (2016-12-23) / 853円22 users
購入:  2017年02月05日 853円 所有
読了:  2017年03月05日
期待しすぎた。
山中の田舎というのは何人かの偉人で飽きた感がある。
長い腕はすごかったなと思ってしまった。
ただ、この閉塞感であるとか、不条理に筆を割く感じは道尾氏の作家としての態度を感じる。
何者 (新潮文庫)
朝井 リョウ / 新潮社 (2015-06-26) / 637円167 users
購入:  2017年02月05日 637円 所有
読了:  2017年03月05日
なんとなく読み進めながらも え? となる衝撃がある。
しかし、読んでいて苦しい。これを書き続けられる朝井リョウはすごい。

<<2017年8月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
プロフィール

読書の目的をリストアップすると、だいたい自己紹介になる。
ソーシャル
ランキング
カウンター
累計6916  今日0  昨日0
since : 2009/12/20

©2007-2017 Curriculum Makers Bookshelf