ichiroの本棚(2439) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数 75
  ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   洋書 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ichiroの本棚
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 20件目 / 2439件
あなたの脳のはなし 神経科学者が解き明かす意識の謎 (早川書房)
購入:  2017年11月24日 0円 所有
読了:  2017年11月24日 星4つ
意識は傍観者である。主体は無意識である。これが脳科学の出した結論なら、その個人(無意識)の行ったとこはどこまでその個人(意識)の責任なんだろうか?
なんて考えている主体である私(意識)は、本当は主体ではなく、きっと無意識に突き動かされてそう考えているんだろう?
NHK こころをよむ 心の進化をさぐる はじめての霊長類学 2017年 10月~12月 [雑誌] (NHKテキスト)
購入:  2017年11月24日 0円 所有
読了:  2017年11月20日 星3つ
人以外の霊長類を調べることによって、人を知る研究の従事者による本。こういった研究をするとゴリラやチンパンジーを人として扱うようになるんだということが驚き。
生命を支えるATPエネルギー メカニズムから医療への応用まで (ブルーバックス)
二井將光 / 講談社 (2017-09-20) / - 1 users
購入:  2017年11月24日 0円 所有
読了:  2017年11月16日 星4つ
分子レベルで、生命活動がわかる本。これが、進化のアルゴリズムだけで創造されたと思うと、本当に驚かされます。だからと言って、神の存在に逃げたりする人の気持ちがわかるわけではありませんが。
数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)
大栗博司 / 幻冬舎 (2015-03-19) / - 18 users
購入:  2017年11月24日 0円 所有
読了:  2017年11月14日 星5つ
これ、素晴らしい本です。自分が読んでももちろん面白い。10代のお子さんをお持ちであれば、彼らが数学の才能があるかどうかをある程度見極められる、という意味においても面白い。兎に角、素晴らしい。この本が、数学者ではなく、物理学者によって書かれたということに驚かされる、という意味においても面白い。
時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体 (ブルーバックス)
松浦壮 / 講談社 (2017-09-19) / - 4 users
購入:  2017年09月29日 0円 所有
読了:  2017年11月10日 星2つ
結局時間とは何かは書いていない。
ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え
購入:  2017年06月17日 0円 所有
読了:  2017年10月24日 星4つ
これは、なかなか良い話がてんこ盛りなんだが、これを読んで納得する人はとっくにそれを実践しているだろう(もし、実践していなかったとすれば、そうできない特段の理由があるはず)。一方で、納得しない人には、どういっても駄目だろう。
「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか
購入:  2017年09月15日 0円 所有
読了:  2017年10月13日 星4つ
意識と無意識の脳の話。意識的に無意識に任せたられたらうまくいくことが多い、みたいな話が面白い。
トマホーク最新研究
タップダイス / TOKIDA (2015-01-06) / - 3 users
購入:  2017年09月29日 0円 所有
読了:  2017年10月06日
ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学 impress QuickBooks
青木 雄二 / インプレス (2016-03-01) / - 25 users
購入:  2017年09月08日 0円 所有
読了:  2017年09月29日 星1つ
この作者、アホだろう思っていただが、その通りだった。ただ、これほど矛盾点だらけの本を堂々と出版できるハートの強さは尊敬に値する。
「他人」の壁 (SB新書)
購入:  2017年09月08日 0円 所有
読了:  2017年09月24日 星1つ
びっくりするほど面白くない。
人はなぜ不倫をするのか (SB新書)
購入:  2017年09月15日 0円 所有
読了:  2017年09月22日 星4つ
人はなぜ不倫をするのか?をいろいろな分野の学者に聞いてみました、という本。
そもそも、不倫が悪いという根拠はなく、根拠不明なことを悪いと決めつけることは宗教かファシズムなので、昨今の風潮はおかしいのだが、それを学者に聞いてみるのはそれなりに意義を感じる。
自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)
池谷裕二 / 講談社 (2016-01-20) / - 3 users
購入:  2017年09月15日 0円 所有
読了:  2017年09月15日 星3つ
意識と無意識、本当の自分はどちらか?みたいな話。

タグ (32)
75 2004年読了
133 2005年読了
149 2006年読了
273 2007年読了
340 2008年読了
309 2009年読了
82 2010年読了
79 2011年読了
124 2012年読了
236 2013年読了
129 2014年読了
121 2015年読了
138 2016年読了
125 2017年読了
6 web
6 エッセイ
315 コンピュータ・ソフトウエア
759 ビジネス・経済・キャリア
181 マネージメント
97 マンガ
422 人文・思想
201 古典・古典解説・歴史
82 子供向け図書
34 将棋
261 小説・ファンタジー
52 折り紙
52 未読
31 柔道
82 社会・政治
320 科学・テクノロジー
159 英語
100 趣味・実用
1 タグなし
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
<<2017年11月>>
登録数11 件
購入金額0 円
読了数6 冊
カウントダウン
今年の目標読了数120冊まであと
+5

あなたにも出来ること
「Support RoomToRead

 RoomToRead(以下、RtR)とは、貧しいために学校に行けない子供たちに就学の機会を与える教育NGOです。

 2007年の終わりごろから、私と妻で、Supporting RtRプログラムを勝手にやっています。活動内容は、
  • 必要なくなった本をアマゾンで売って、その収益をRtRに寄付します。

  • どなたかがこのサイトを経由してアマゾンで買い物すると、私にアマゾンからの手数料(アマゾン・アソシエイト)が支払われます。この手数料をRtRに寄付します。

 不要な本を私に送ったり(着払いOK)、このサイトを利用するなど、一切お金を掛けずに、あなたにも出来ることがあります。ご賛同いただける方は、
までご連絡ください。

RtRに興味ある人は、
↓を読んでみてください。

Powered by mediamarker


カウンター
累計20031  今日0  昨日1
since : 2008/07/18

©2007-2017 ichiroの本棚