ホーム   本・雑誌   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
butapy2008 > 岩波書店
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 50件目 / 93件
モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)
亀田 達也 /岩波書店 (2017-03-23) / 821円66 users
読了:  2017年08月10日 星4つ
目が物言うんだな…

そもそも、この本の発端は文系不要の話からなのか。
子どもたちの太平洋戦争―国民学校の時代 (岩波新書 黄版 356)
山中 恒 /岩波書店 (1986-11-20) / 842円12 users
読了:  2017年03月14日 星3つ
戦前の教育がトンデモだったことを痛感する。
戦中の教師が女生徒に不届きなことをしたことなど。

八紘一宇が日蓮正宗の田中智学が作った言葉とか。
要は、世界制覇だという。
チェルノブイリの祈り―未来の物語
スベトラーナ・アレクシエービッチ /岩波書店 (1998-12-18) / 2,160円15 users
読了:  2016年11月03日 星4つ
序章の消防士の妻の段と後半の研究所所長の段は読んだ方がいい。
権力は情報を隠すのだ。

ロシアの民話を読んでいる雰囲気なのだが、中身が深刻。
昭和史のかたち (岩波新書)
保阪 正康 /岩波書店 (2015-10-21) / 842円28 users
読了:  2016年04月04日 星3つ
数学にこだわる必要もなかったとは思う。
昭和天皇の負け惜しみの戦争で負けて、軍部が去ってよかったが、歴史は繰り返すと言うから、あえてこのことを言うというのは今の世を考えると侮れない。

軍人が末端の兵隊に対して1銭5厘としか考えてなく、特攻に選んだのが学徒ばかりだったのは、兵学校出のエリートには金が掛かっているからというのも頭にくる。
生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)
小熊 英二 /岩波書店 (2015-06-20) / 1,015円115 users
読了:  2016年02月19日 星4つ
ココイチの宗次氏と通じる運というものがある。
それにしても良く世情をその時々で分析している。
原子力安全問題ゼミ 小出裕章 最後の講演
今中 哲二 , 川野 眞治 , 小出 裕章 /岩波書店 (2015-08-29) / 1,728円3 users
読了:  2016年02月16日 星3つ
川野先生の前座講演でのコメント。この手の講演会の聴衆は老人が多いのか。ということは、先日田無で聞いた今中先生の講演で若い人がいなかったのも、特段不思議ではなかったのか…
低線量放射線被曝――チェルノブイリから福島へ (叢書 震災と社会)
今中 哲二 /岩波書店 (2012-10-26) / 1,944円11 users
購入:  2016年01月23日 1,800円 所有
未読: 
講演会のとき購入。サインしてもらう。
九州大学生体解剖事件――70年目の真実
熊野 以素 /岩波書店 (2015-04-16) / 2,052円23 users
読了:  2015年11月04日 星4つ
裁判と言うもの、また戦争と言うものを理解しないと巻き込まれたときに対処できないな。軍人は逃げるか!
鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)
川上 量生 /岩波書店 (2015-06-20) / 972円137 users
読了:  2015年08月19日 星3つ
ネットが儲からないと、あられもないことを言ってしまった。
まぁその通りだが。
被曝評価と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)
牧野 淳一郎 /岩波書店 (2015-03-25) / 1,404円15 users
読了:  2015年07月28日 星3つ
科学は政治と緊張関係になければならないことの実践だな。
ルポ 保育崩壊 (岩波新書)
小林 美希 /岩波書店 (2015-04-22) / 864円43 users
読了:  2015年07月02日 星3つ
解決策は何なのか…
昭和天皇 (岩波新書)
原 武史 /岩波書店 (2008-01-22) / 799円83 users
読了:  2015年05月19日 星3つ
昭和天皇は貞明皇后とソリが合わなかったのか。
溥儀が貞明皇后=西太后のイメージを持っていたのか。
満州国に伊勢神宮の分祀を望まなかったことも。

戦争責任について、皇祖皇宗第一、国民がその次という意識だったのではというのは、成程と思う。

宮中儀式と三種の神器を大切にするのは、南朝正潤論で血統の裏付けがないというものが伏線にあるという意見もなるほどと思う。

皇太子時代に頼りなしと思われるのは、今も変わらないな。


最後に、筆者は松本清張の未完の大作「神々の乱心」に影響を受けたとか。
若いぼくらにできること―体験的青春論 (岩波ジュニア新書)
今井 雅之 /岩波書店 (1997-05-20) / 799円6 users
読了:  2015年05月19日 星3つ
足が痛けりゃ、走れば治る!か。すげー。あたしゃ、寝れば治る!だからな。
自衛隊にはいろんな人間がいるんだな…

倅には読ませたい。
アベノミクス批判――四本の矢を折る
伊東 光晴 /岩波書店 (2014-07-31) / 1,836円35 users
読了:  2015年04月16日 星4つ
伊東の怒りがふつふつと感じる。
今の安倍政権のマヤカシノ政策について。
大王朝の興亡 隋・唐―宋・元 (中国人物伝 第III巻)
井波 律子 /岩波書店 (2014-11-07) / 3,024円8 users
読了:  2015年03月26日 星2つ
鴎外:「魚玄機」
露伴:趙孟頫の話「幽情記」「泥人」
タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)
志賀 櫻 /岩波書店 (2013-03-20) / 821円148 users
読了:  2015年03月10日 星2つ
徴税者側目線で、読んでて腹が立つ。
乱世から大帝国へ 春秋戦国―秦・漢 (中国人物伝 第I巻)
井波 律子 /岩波書店 (2014-09-06) / 3,024円20 users
読了:  2015年02月15日 星3つ
史記って、自家版だったんだな。忘れていた。
漢王朝の皇后らの女のシンデレラストーリーは面白い。
日本は戦争をするのか――集団的自衛権と自衛隊 (岩波新書)
半田 滋 /岩波書店 (2014-05-21) / 799円53 users
読了:  2015年02月18日 星3つ
安倍にはくらくらする。
最後に現場に丸投げの良きに計らえなのか!
アベノミクスは何をもたらすか
高橋 伸彰 , 水野 和夫 /岩波書店 (2013-06-28) / 1,512円10 users
読了:  2015年01月30日 星4つ
日本経済の強みは日本型経営・メインバンク制(間接金融)だったのか。それをアメリカによって解体されたのか。失われた20年ではなく40年だったとか。

モデルチェンジ型の経営は、投資した価値を無くする意味で良くないということ。
これは、不動産が新築に湯水のように投資する矛盾と同じだ。数年で価値がなくなるものに投資するのはどうかしている。

一般消費者も、100円ショップなど安いものばかり求めると、生産者にフィードバックされない。技術を劣化させると言う。なるほど。
反逆と反骨の精神 三国時代―南北朝 (中国人物伝 第II巻)
井波 律子 /岩波書店 (2014-10-08) / 3,024円9 users
読了:  2015年01月08日 星3つ
魏晋南北朝の貴族たちの背景を知る。
南朝・陳末期の退廃した貴族の逸話を聞く(馬に乗れない武者、任官試験でカンニングする若者、字が書けない馬鹿者)と、今の日本社会そのもののようだ。心せねば。
〈運ぶヒト〉の人類学 (岩波新書)
川田 順造 /岩波書店 (2014-09-20) / 778円31 users
読了:  2014年11月11日 星3つ
三角評価。
黒人「人体の道具化」例長い腕を鍬のように使う、頭部。
白人「道具の脱人間化」巧みさを必要とせず、人力をできるだけ省く、肩。
黄人「道具の人間化」巧みさを重視する、腰。

だから、おんぶの高さが西洋人と違うのだな。

プロフィール
<<2017年9月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数7 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 butapy2008