ホーム   本・雑誌   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
butapy2008 > ダイヤモンド社
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 34件目 / 34件
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
山本 一成 /ダイヤモンド社 (2017-05-11) / 1,620円48 users
読了:  2017年07月06日 星3つ
知性と知能。

人工知能の仕組みが何となくわかってきた気がする。
恐ろしく、ガサガサする。
ぼくらの仮説が世界をつくる
佐渡島 庸平 /ダイヤモンド社 (2015-12-11) / 1,404円116 users
読了:  2016年03月31日 星4つ
仮説と情報収集分析のとこは良かったかな。
あとは、特段なし。
日本一の変人経営者
宗次 徳二 /ダイヤモンド社 (2009-11-13) / 1,620円50 users
読了:  2016年01月16日 星3つ
シンプルに考える
森川亮 /ダイヤモンド社 (2015-05-29) / 1,620円208 users
読了:  2015年11月12日 星1つ
「31.事務方は要らない」は中々。計画を作り、実行は現場というフレームだと、事務方が責任を取ることがない安全地帯だと言うこと。計画者と実行者を分けないこと。
銀翼のイカロス
池井戸 潤 /ダイヤモンド社 (2014-08-01) / 1,620円466 users
読了:  2015年11月07日 星4つ
相変わらず痛快。今回は妻が出てこなかったな。
新しい火の創造
エイモリー・B・ロビンス , ロッキーマウンテン研究所 /ダイヤモンド社 (2012-10-05) / 3,024円35 users
読了:  2014年06月02日 星2つ
小泉が読んで脱原発運動をしたという本。
う~ん。政策を考えるための内容だな。米国の化石燃料消費を、2050年までにほぼ無くすための手法だからな。
エネルギー問題は、エネルギー本体、建築、運輸の各システムを統合しながらよりよいものを求めていくということ。
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文 /ダイヤモンド社 (2013-11-01) / 1,512円748 users
読了:  2014年01月19日 星3つ
堀江はなかなかピュアな印象。
集中することと失敗を恐れずトライすることは、重要だな。やはり。
ロスジェネの逆襲
池井戸 潤 /ダイヤモンド社 (2012-06-28) / 1,620円769 users
読了:  2013年10月16日 星4つ
痛快。社会のせいで腐るのはもったいないよな。
伝え方が9割
佐々木 圭一 /ダイヤモンド社 (2013-03-01) / 1,512円1034 users
読了:  2013年06月07日 星2つ
至極真っ当な内容。
如何に相手に伝えるか、日ごろ感じていることを言葉にした本。

1「イエス」に変える3つのステップ
・自分の頭の中をそのままコトバにしない
・相手の頭の中を想像する
・相手のメリットと一致するお願いを作る

2「イエス」に変える7つの切り口
・相手の好きなこと
・嫌いなこと回避
・選択の自由
・認められたい意欲
・あなた限定
・チームワーク化
・感謝

3「強いコトバ」をつくる5つの技術
・サプライズ法
・ギャップ法
・赤裸裸法
・リピート法
・クライマックス法
採用基準
伊賀 泰代 /ダイヤモンド社 (2012-11-09) / 1,620円728 users
読了:  2013年05月21日 星3つ
リーダーシップは全員が必要の思想。
船頭多くして船山に上るは、わがままの意味である。

成果目標を掲げたときは、リーダーシップが必要になる。
救命ボートの漕ぎ手=リーダーシップ。相性より生き残れるか。

コーディネーターはリーダーではない。日本での誤解は、それ。雑用係になってしまっている。
リーダーシップは学べるスキル。
「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル
富坂 美織 /ダイヤモンド社 (2013-04-12) / 1,512円9 users
読了:  2013年05月21日 星3つ
生殖医療について一般的な知識をわかりやすく解説。
里親制度や和痛分娩などの事情を触っていて、初めて読むにはいい本だと思う。
失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇
野中 郁次郎 /ダイヤモンド社 (2012-07-27) / 1,944円129 users
読了:  2013年05月08日 星2つ
2013/1/6毎日書評にて池上彰氏の推薦の3冊の1つ。
~~~~
日本にはなぜ優れたリーダーが生まれないのか。「最近の日本人は小粒になって、リーダーが生まれなくなった」と嘆く人がいますが、リーダー不在は昔からのことだったのです。
~~~~
これが池上氏のコメントだった。
読んでみると後半は日本軍の分析から見るリーダー論になるが、前半はより普遍的な解説で迫る。
1~6章、特に1~2章がいい。
知的創造からフロネティック(実践知)・リーダーへがそのものずばり。

リーダーに必要なもの6点。

1.「善い」目的をつくる能力
2.場をタイムリーにつくる能力
3.ありのままの現実を直観する能力
4.直観の本質を観念化する能力
5.概念を実現する政治力
6.実践知を組織化する能力

本田宗一郎の言葉「人生は見たり、聞いたり、試したりの三つの知恵でまとまっているが、多くの人は見たり聞いたりばかりで一番大切な『試したり』をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。やってみもせんで」

そして教育。日本の大学教育はPDCAの対極がPPPF(PLAN,PLAN,PLAN,FORGET)。(吉田耕作)
徳育というよりも、深い人間観、世界観、歴史館が不可欠。
統計学が最強の学問である
西内 啓 /ダイヤモンド社 (2013-01-24) / 1,728円1236 users
読了:  2013年04月23日 星2つ
エビデンス、誤差と因果関係が統計のキモ。
それとランダム化。
データ量が多いからと言って、正しい分析にはならない。
相続の現場55例
八木美代子 /ダイヤモンド社 (2012-01-14) / 1,543円18 users
読了:  2012年08月28日 星2つ
リクルートのJJみたいな税理士の広告本。
実例110あるが、う~ん。
失敗例をもっと取り上げるとよかったが。
顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
トニー・シェイ /ダイヤモンド社 (2010-12-03) / 1,728円520 users
読了:  2012年04月13日 星3つ
ポーカー経営学はうなずいてしまう。

「ポーカー経営学」(p116)

<市場機会を評価する>
・着くテーブルを選ぶのは、自分で決められる最も重要なこと
・着くテーブルで勝ち目がないとわかったら、テーブルを替わっても構わない
・テーブルに少々不合理なことをしたり、経験不足の人が多すぎると、最高のプレーヤーでも非常に勝ちにくい

<マーケティングとブランディング>
・強い手なら弱く見せ、弱い手なら強く見せる。ブラフするタイミングを判断する
・自分の「ブランド」が大切
・自分について人が語るストーリーが作られるようにする

<ファイナンス>
・想定できる最悪のシナリオに対して常に準備しておく
・勝ったゲーム数が多い人が最終的に一番多く儲けるわけではない
・ゲームで負けない人が最終的に一番多く儲けるわけではない
・リスクが最小のものではなく、期待値が大きいものを選ぶ
・負けても差し支えない範囲でのみプレイする
・長い目で見るゲームであることを忘れない。一回ごとに勝ち負けはあっても、重要なのは最終結果である

<戦略>
・ゲームの仕方を理解しないでゲームをしないこと、たとえ大勢がそのゲームで儲けていても
・賭け金が高くない段階でゲームを理解すること
・いかさまをしない。いかさまをしても結局勝てはしない
・自分のやり方を貫くこと
・ゲームの動きは変化するのだから、その夜を通してプレイのスタイルを状況に適応させることが必要。フレキシブルでいること
・辛抱強く、長期的に考えること
・スタミナと集中力が最もあるプレイヤーがたいてい勝つ
・他人と差別化をすること。テーブルのほかのプレイヤーがしていることと反対のことをすること
・希望を抱くのは、よい策とはならない
・自分を「理性を失い、つい悪い手に賭けるような感情的な状態」にしないこと。ひと休みして、散歩をするか、その晩はゲームをやめておくほうがずっとコスト効率がいい

<継続的に学習する>
・みずから学ぶこと。本を読み、経験者から学ぶこと
・実践により学ぶ。理論は魅力的だが、実際の経験に勝るものはない
・才能あるプレイヤーのなかにみずからを置いて学ぶこと
・ゲームに一回勝ったというのは、自分が上手ということでも、もう勉強しなくてもいいということでもない。ただ単にツイていただけかもしれない
・アドバイスを求めることを怖れないこと

<カルチャー>
・ゲームが好きであること。本当に上達するためには、寝ても覚めてもゲームと共にあることが必要
・うぬぼれない。見せびらかさない。自分よりも上手い人は常にいる
・親切に振る舞い、友達を作る。小さなコミュニティなのだから
・自分が学んだことを他人とシェアする
・今しているゲームを超えたチャンスを探す。新しい生涯の友達や新しい仕事の接点を含め、これから誰と知り合うかは決してわからないものだ
・楽しむこと。単なる金儲け以上のことをしようとするなら、ゲームは何倍も楽しくなる
評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
岡田 斗司夫 /ダイヤモンド社 (2011-02-25) / 1,620円336 users
読了:  2012年04月04日 星3つ
パラダイムシフトとしての評価経済社会。視点としては示唆に富む。
今向かっている社会が「評価経済社会」なのかは、まだちょっと疑問だが、科学や報道というものが、次第に世間の信頼(というか、希望)を失っていく過程が分かったような気がする。
采配
落合博満 /ダイヤモンド社 (2011-11-17) / 1,620円709 users
読了:  2012年01月25日 星3つ
孫子を読んでいる様。
落合は戦略家というより戦術家なんだな。
心技体より体技心というのは頷ける。「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言う事。
あと、敵に優位に立つためには本心は見せない、という精神は当然のこと。

堀栄三の大本営参謀の情報戦記に繋がる。
われ日本海の橋とならん
加藤 嘉一 /ダイヤモンド社 (2011-07-23) / 1,620円92 users
読了:  2011年12月15日 星2つ
勉強に対する集中力は感嘆。ちょっと偏っている感じもするが、北京大学入学時の勉強方法は参考になる。明治の頃の日本人のよう。

大学生に2年間のモラトリアムで、介護とインターンをやるというアイデアはいいと思う。徴兵よりずっといい。
原子炉時限爆弾
広瀬 隆 /ダイヤモンド社 (2010-08-27) / 1,620円152 users
読了:  2011年03月28日 星2つ
地殻変動・地震の項目は蛇足。
原発だけの問題にしてもらいたかったが、電源喪失の話など近年のトラブルの問題点はいいところを衝いている。思い込みの激しいざっくり感満載の文章が残念。
中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか?
重光克昭 /ダイヤモンド社 (2010-08-27) / 1,575円9 users
読了:  2010年12月17日 星2つ
味千グループの本。安藤百福といい、この創業者といい、台湾人は年取ってからも挫折に強い、

食=人+良。
正しく決める力―「大事なコト」から考え、話し、実行する一番シンプルな方法
三谷 宏治 /ダイヤモンド社 (2009-01-17) / - 160 users
読了:  2010年12月14日 星2つ
肝は、下手なものを上手になるには「学習と練習だが、練習より学習の方が簡単だから身に付かない」ということ。基本技を集中して練習すること。

部下の指導方法と小5の娘に10万円旅行企画のエピソードは面白い。
投資銀行青春白書
保田 隆明 /ダイヤモンド社 (2006-09-14) / 1,543円88 users
読了:  2010年05月26日 星1つ
マンガの原作みたいな軽さで投資銀行の業務イメージをもつための就活用の本だな、これは。女子マネがマネジメント~のamazonのレビューに、こっちの方がいいといのがあって読んだのだが、騙されたなぁ。時間の無駄だった。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海 /ダイヤモンド社 (2009-12-04) / 1,728円3596 users
購入:  2010年04月04日 1,260円 所有
読了:  2010年05月12日 星2つ
ドラッカーのマネジメントが未読だが、変なビジネス書を読むよりもいい。
会社のレゾンデートル、組織論など、ハッとさせられるドラッカーの言葉をたくみに取り入れている。これでドラッカーのマネジメントを読む気になれば、作者の目的はほぼ達成されたであろう。ラノベ形式の作り方には反感するのだが。

プロフィール
<<2017年7月>>
登録数9 件
購入金額- 円
読了数8 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 butapy2008