ホーム   本・雑誌   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
butapy2008 > 工学
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 3件目 / 3件
内部被曝の脅威  ちくま新書(541)
肥田 舜太郎 , 鎌仲 ひとみ / 筑摩書房 (2005-06-10) / 778円77 users
タグ 図書館 教養 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 工学 更新日:2011年08月25日 22時38分31秒 2011/08/25
読了:  2011年08月23日 星3つ
6年前に上梓された本だが、今読むと一々納得してしまう。
劣化ウラン弾がなぜ兵器として使われるのか、またその悪影響も身につまされる。
少なくとも劣化ウラン弾は使用してはいけない武器だ。

肥田先生の被爆患者の治療体験も改めて知ることばかりだ。
一体、私は今まで何をやっていたのか。
「一億人を犠牲にして五十億人が幸せになるという論理が間違っている」ということ。
「科学テクノロジーは人間を幸せにするのか」
「核を使ってはいけないという自覚が浅い」、そのために反核が伝わらない。
これらのことを最終章で肥田、鎌仲両氏が語り合うところが、考えさせられる。
今まで読んだ反核の本の中で一番勧めたい本。

プロフィール
<<2017年11月>>
登録数24 件
購入金額- 円
読了数15 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 butapy2008