butapy2008(1890) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数
  ホーム   本・雑誌   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
butapy2008
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 251 - 300件目 / 1890件
美麗島紀行
乃南 アサ / 集英社 (2015-11-26) / 1,836円11 users
読了:  2016年05月16日 星4つ
司馬遼が偉人たちから見た上からの台湾の紀行文というのなら、これは庶民目線の紀行文だ。また台南に行きたくなった。
東京人 2014年 08月号 [雑誌]
都市出版 (2014-07-03) / 930円7 users
読了:  2016年05月10日 星3つ
街道をゆく 40 台湾紀行 (朝日文庫)
司馬 遼太郎 / 朝日新聞出版 (2009-05-07) / 1,015円34 users
読了:  2016年04月30日 星3つ
李登輝の対談がいい。
後藤新平の話。そうか、後藤は佐幕藩だったから、植民地の気持ちがわかるのか。
小説 新聞社販売局
幸田 泉 / 講談社 (2015-09-09) / 1,620円26 users
読了:  2016年04月15日 星3つ
内情をなんとなくしってる身としては面白かったが、知らない人にはどうだったか…
ラストは、ハッピーエンドにしちまったな。
うちの子になりなよ (ある漫画家の里親入門)
古泉智浩 / イースト・プレス (2015-11-15) / 1,296円19 users
読了:  2016年04月06日 星2つ
里親里子と特別養子のこと。
前半9割は子育てのことなので、たるい。読む必要なし。
同じ子育ての話なら、戦車のまんが親の方が10倍楽しい。

里親里子と特別養子のことは、最後の1割に書かれている。
「真実告知」。これはきつそうだ。
日本共産党 (新潮新書)
筆坂 秀世 / 新潮社 (2006-04-15) / 734円107 users
読了:  2016年03月31日 星3つ
筆坂さんの共産党愛を感じる。
本書を読んでビックリしたのは、共産党幹部は党内の選挙で選ばれていないこと!

政党助成金も貰うべきだ。

プロフィール
<<2017年6月>>
登録数20 件
購入金額- 円
読了数15 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 butapy2008