butapy2008(1844) メッセージを送るこのバインダーをウォッチしているユーザー数
  ホーム   本・雑誌   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
butapy2008
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 51 - 100件目 / 1844件
韓国は裏切る (新潮新書)
室谷 克実 / 新潮社 (2016-04-15) / 821円8 users
読了:  2017年02月08日 星2つ
放射線を浴びたX年後
伊東 英朗 / 講談社 (2014-11-27) / 1,728円10 users
読了:  2017年01月25日 星3つ
第五福竜丸以外の被曝は全く知らなかった
『論語』と孔子の生涯 (中公叢書)
影山 輝國 / 中央公論新社 (2016-03-24) / 2,052円5 users
読了:  2017年01月22日 星3つ
論語義疏の周辺の話。ほか。
どすこい!むしずもう
購入:  2016年12月27日 1,237円
読了:  2017年01月20日 星3つ
中国嫁日記 (六)
井上 純一 / KADOKAWA (2016-12-28) / 1,026円38 users
購入:  2017年12月27日 1,026円
読了:  2017年01月03日 星3つ
はじめてのかきかた―幼児から小学生低学年
関岡 松籟 / 日本習字普及協会 (2007-10-25) / 1,080円3 users
購入:  2017年01月10日 931円
読了:  2017年01月20日 星3つ
江戸を造った男
伊東潤 / 朝日新聞出版 (2016-09-07) / 1,944円32 users
読了:  2017年01月18日 星3つ
河村瑞賢のこと、殆ど知らなかった。
脳はバカ、腸はかしこい
藤田 紘一郎 / 三五館 (2012-10-20) / 1,296円146 users
読了:  2017年01月04日 星3つ
ウンコのでかさと鬱・自殺率は反比例。
脳は騙されるが、腸は騙されない。

ミミズの精力剤度。
客席から見染めたひと
関 容子 / 講談社 (2016-06-01) / 2,376円7 users
読了:  2017年01月02日 星4つ
中森貫太師の項で、拍手いや~んの会が出てて、ビックリ。
萬斎の母方の血筋は、荷風や高見順と遠縁なのか。知らなかった。

仲代の項と岸辺一徳の項が面白い。
「学力」の経済学
購入:  2016年12月13日 1,348円
読了:  2016年12月12日 星3つ
とにかく小さいときに、「集中力」「やり抜く力」「我慢すること」など生きるための基礎力を身に着けなければならないのか。語学などは後からついてくる。
ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)
長山 靖生 / 新潮社 (2016-07-14) / 778円37 users
読了:  2016年12月16日 星2つ
エヴァについて無知なので…
もう日は暮れた (徳間文庫)
西村 望 / 徳間書店 (1989-10) / 545円1 users
読了:  2016年12月20日 星3つ
台湾関連。
なんとなく、霧社事件の背景がわかる。本当に首狩り族だったんだ。
敗者烈伝
伊東 潤 / 実業之日本社 (2016-05-20) / 1,728円9 users
読了:  2016年12月12日 星1つ
くどくて痛々しい。
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」
渡邉 格 / 講談社 (2013-09-25) / 1,728円205 users
読了:  2016年12月26日 星3つ
山ノ神、お気に入り。

凄いパン屋だな。
東京都三多摩原人
久住昌之 / 朝日新聞出版 (2016-01-20) / 1,728円15 users
読了:  2016年12月26日 星3つ
三多摩だなぁ。
内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)
水島宏明 / 朝日新聞出版 (2014-11-13) / 821円29 users
読了:  2016年12月27日 星3つ
大島渚のドキュメンタリー「忘れられた皇軍」、南海放送の「放射線を浴びたX年後」を知る。

=====
元記事のメモ

大島作品について語る映画監督の是枝裕和は、次のように語る。


大島さんが生涯、批判し続けたのは被害者意識というものだった。「あの戦争は嫌だったね。つらかったね」という自分たちが何に加担したのかってことに目をつぶって被害意識だけを語るようになってしまった日本人に対して、「君たちが加害者なんだ」ということをあの番組でつきつけているわけですよ。その強烈さに、見た人間たちはウチ震えたわけなんですよね。



是枝は、大島が今のテレビに求めたものは何か、という質問にこう答えている。


社会全体の中で多様性というのが失われていて、どんどん、特に今の政権のやり方。ナショナリズムに、保守でない、ナショナリズムに回収されてきている。人々の心情が。それがある種の救いになってしまっている。やはり多様性・・・。 だから8割の人間が支持するのであれば、2割の側で何ができるかということをきちんと考えるメディアだと僕は思っているので、テレビというのは。 そのことをどのくらい作り手がそれを意識できるかが勝負だと思っていますね。だから、支持されなくてもやる。視聴率がひどくても作る。
戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
加藤 陽子 / 朝日出版社 (2016-08-09) / 1,836円109 users
読了:  2016年12月01日 星5つ
リットン調査団の背景、仏印南進のことなど、全く知らなかった… 必読。
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
二宮 敦人 / 新潮社 (2016-09-16) / 1,512円166 users
読了:  2016年11月28日 星3つ
P168、響声破笛丸!初めて知った。
台湾で日本を見っけ旅 ガイド本には載らない歴史さんぽ
おがた ちえ / ぶんか社 (2015-11-16) / 1,200円5 users
購入:  2016年04月07日 1,200円
読了:  2016年05月05日
ダーリンは70歳 (コミックス単行本)
西原 理恵子 / 小学館 (2016-01-20) / 1,080円61 users
購入:  2016年04月07日 1,080円 所有
未読: 
なつかしい日本をさがし台湾
おがた ちえ / ぶんか社 (2014-07-14) / 1,200円6 users
購入:  2016年04月07日 694円 所有
読了:  2016年05月05日

プロフィール
<<2017年4月>>
登録数9 件
購入金額- 円
読了数10 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
読了数 (月別)
  • 30
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 butapy2008