ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
bosunekoのバインダー
並べ替え:
最近読了した本
模倣の殺意 (創元推理文庫)
流れ星が消えないうちに (新潮文庫)
[ポイント図解]資金繰りのツボが面白いほどわかる本
名もなき毒 (文春文庫)
小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)

読書 購入 所有 お気に入り 1 - 30件目 / 668件
模倣の殺意 (創元推理文庫)
中町 信 / 東京創元社 (2004-08-13) / 799円322 users
購入:  2014年03月08日 777円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2014年03月08日 星4つ
最初から私はハマっていた。
この小説のトリックに、著者の策略に。

様々なトリックや物語があるが、ここまで大胆に仕掛けてくるとは、地面が
ガタガタと崩れるような驚きを感じた。

真相に気がつきはじめのざわめきは今でも忘れられないだろう。
「まさか、まさかな」っと頭の中で様々な思惑が奔走する中、たどり着く答えは一つしかない。

面白い。最後の真相部分は1時間かけて一気に読んでしまった。
やはり、小説は面白い!そう思わせてくれる一冊です!
流れ星が消えないうちに (新潮文庫)
橋本 紡 / 新潮社 (2008-06-30) / 637円200 users
購入:  2014年02月08日 540円
読了:  2014年02月08日 星3つ
日常の切れ間と切れ間の瞬間をうまく捉えられていると思う
ただ恋愛の盛り上がりとしては、あまりなかったし、絵手紙の存在も『あぁこんなものか』って思ってしまった

甘酸っぱい描写が沢山あり、感情移入
出来るところも沢山あった。
[ポイント図解]資金繰りのツボが面白いほどわかる本
西口 貴憲 / 中経出版 (2012-05-15) / - 7 users
購入:  2014年01月04日 1,260円
読了:  2014年01月04日 星3つ
勉強のため購入
狼と香辛料〈17〉Epilogue (電撃文庫)
読了:  2012年08月13日 星3つ
このシリーズもとうとう終了!
商売のいろいろな知識がつくシリーズだったので、読んでいて楽しかった!

マジ、のろけ前回やねん。
あたりまえだけどなかなかできない ほめ方のルール (アスカビジネス)
谷口 祥子 / 明日香出版社 (2009-10-10) / 1,512円96 users
読了:  2012年08月12日 星4つ
『ほめる』という事を徹底的にまとめた一冊。メリットから始まり、ほめる箇所、褒め方などなど全般的に取り扱っているので、ほめるに関しては、この一冊で満足しちゃいそう。
実例も多く取り扱っているので、ほめるという事が分かりやすかったです。
聖女の救済 (文春文庫)
東野 圭吾 / 文藝春秋 (2012-04-10) / 734円528 users
読了:  2012年07月28日 星3つ
女性のしたたかさが分かる推理小説でした。湯川教授の頭のきれをさる事ながら、犯人の驚愕のトリックには驚かされる。

女を子供を産む機械としてしか、捉えられていない価値観の男性でも、容姿がかっこよければ女性モテモテ設定は、女性ぬ見る目が無いのか!っとも感じた。

にしても、タイトルのつけ方も素晴らしいと思う。
救済をする日々はいったいなんだったのか?
僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 / 講談社 (2011-09-22) / 1,944円1192 users
星4つ
現状を正しく伝え、これから何をしなければいけないのか?という武器を僕らに与えてくれている
何を自分で考えられない人は淘汰され、同じスキルを持つ人は採用されない時代
その中でいろいろな生き方を示してくれている

あぁ、そっか俺も会社内で出切る事があったんだ!
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
安宅和人 / 英治出版 (2010-11-24) / 1,944円1776 users
読了:  2012年07月22日 星4つ
問題解決のツール等はよく知っていたのだが、問題解決の問題設定の部分の大切さが重要だという事が分かった
問題にすぐ手を付けない事の重要性がわかったよ!
ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない (マイナビ新書)
漆原 直行 / マイナビ (2012-02-24) / 896円304 users
購入:  2012年06月21日 872円
読了:  2012年06月21日 星4つ
目が覚めたようだ。自分が日頃行っている読書の無意味さを教えてくれた。
著者は真っ向から、ビジネス書を否定している。
そのきりっぷりが気持ちいい。
そして、読み進めるたびに自分の事を言われているようで、なんだかシュンっとなった。
でも、どーやらは脱皮出来そうな気がする。魔法が解けたように。
先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)
佐々木 正悟 / 中経出版 (2011-11-26) / 3,293円455 users
購入:  2012年06月17日 560円 星3つ
すぐやる人には二通りあると思う。
一つは、目的をしっかり持っていてそれに向かう動機付けがしっかりしているので、迷わない人。
もう一つは、すぐやる仕組みを持っている人。

すぐやる人に変わるための方法が心理学的観点からも解説されているので、納得出来る所が多かった。
あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方これだけやれば成功する50の方法
OZPA / 秀和システム (2011-08-30) / 480円288 users
読了:  2012年06月13日 星4つ
OZPA氏の本。ブログを始めたい方やブログを書いている人は、是非読んで欲しいっと思った。
ふざけた文章かもしれないけど、伝えたい事は熱く伝わってくる。
そして、一歩一歩着実に進んで来た著者の苦労や、努力が書き尽くされている。
ブログを書く上での考え方や、モチベーションの保ち方など勉強になった。
これから、何度が読み直したい本だと感じた。
自分の小さな「箱」から脱出する方法
読了:  2012年06月10日 星5つ お気に入り
まさか、再度この本についてまとめるとわぁ・・・。

・あるいは、夜、車を運転していて、すぐ後ろの車がライトをハイビームにしっぱなしだったので、その車をやり過ごしてから、同じようにライトをハイビームにして仕返ししたときのこと

・おっと大きな問題というのは、自分が問題を抱えているということが、わたしには見えていなかった、という点なんだ

・自己欺瞞、あるいは箱

・しかし、わたしたちの期待には、二度と背かないでほしい

・人間は、相手が自分のことをどう感じているかを察知して、それに対して反応するんだ

・そうじゃあない。そんなことをいうつもりはさらさらない。第一原則ではありえない、というだけの話だ

・そして、他の連中を低く見ていた。他人のニーズや望みは、自分のニーズや望みに比べれば大したことのないごく軽いものだとね

・君は、相手を自分と同じ人間だと思っていたのだろうか。同じように希望もあればニーズもある人間として見ていたのか、それておも相手は単なる物、脅威、やっかい者、問題だったんだろうか

・だが、相手の名前すら覚える気がないとしたら、それは、相手がわたしにとって単なる物でしかなく、わたし自身が箱の中にいるというしるしなんだ

・どうだろう?自分のいいたいことを箱の中から伝えたことで、彼女の仕事に対する熱意や創造性をかき立てることは、できたろうか、それともできなかっただろうか

・重要なのは、こういったハードな内容を伝える場合にも、箱の外に出たままでいられる、ということなんだ

・たったの四週間で秘書を泣かしてしまうなんて、最低の下司野郎だ

・そもそも、相手が箱の中に入っていたらどうするんだ。その場合どうなる

・そう思っているからこそ、折にふれて、他の人に何かしてあげたいと思う。手助けしてあげたいと思ったり、その人たちのためにできることをしてあげようと思ったり。わかるかな

・自分が同僚の役に立つ情報を持っていることに気づいていながら、黙っているとき

・自分の感情にせ背くまで、妻の欠点はわたしが手を貸さない理由になっていなかった

・5.ときが経つにつれ、いくつかの箱を自分の性格と見なすようになり、それを持ち歩くようになる

・バドがいったことを、思い出してみてほしいの。自分の感情に背いていると、自分を正当化するような見方で自分自身を見るようになる。そしてそのイメージを状況が変わっても持ち続ける

・そうなんだ。自分は何でも知っているという自己正当化イメージを持っている人は、ほんとうに、いろいろなことを知りたいと思っているだろうか

・わたしは相手を責めることで、相手が箱に入るようにしむける。一方相手は、自分のことを不当にせめるといって、わたしを責める

・その通り。こういったの。『あら、ぎりぎりだったわね』わかる?息子が責任ある行動をとっても、そのことを認めてあげられなかったわけ

・そうなんだ。箱の外にいると、自分がひどい目にあってもまるで得にならない。そんな必要はないんだ。それに、ふつう、相手のためにわざわざひどい目にあったりもしない

・そうなんだよ。それ。箱の中にいると、自分に目を向けるだけで手一杯になってしまって、結果に集中させられなくなる

・自分が間違っているかもしれない

・自分の外側のものを責めるのは、自分自身が欠点を直しそこなっているという事実を、正当化できるからなの

・モチベーションや積極性の欠如、そしてストレスやコミュニケーションの問題に至るまで、このような病に冒された組織は、あるいは死に、あるいは著しく力を損なわれる

・どんな感じかはわかる。バドみたいな人間が説明するのを聞いていると、実に簡単に説明できそうな気がする

・箱の外に出たいと思った瞬間には、もう箱の外にいると言うこと

・わたしもそう思う。箱の中にいると、コミュニケーションが上手であろうとなかろうと、こちらに箱があることが、相手に伝わってしまう。そこが問題なんだ

・だからこそ、技術分野以外で技能研修をやっても、ちっとも効果があがらないんだ

・箱そのものが行動より深いところにあるわけだから、箱から出る方法も、行動より深いところにあるはずなんだ

・たとえば、この人たちもわたしと同じくらい忙しいだ、わたしと同じように自分の暮らしに汲々としているんだ、と思ったりする

・さて、今まで話してきたように、箱の外に留まり続けるうえで肝心なのは、箱の外に出ているときに、自分が他の人に対してなすべきだと感じる、その感覚を尊重することだ

・それなら箱の中にいる人間が、どれほど不安定な状態で暮らしているかも、わかっていると思う

・自分以外の人間のせい、ボスや同僚や部下のせい、いや会社そのもののせいだと思っているわけですね

・もう一ついえることがある。箱の中にいるリーダーが、会社にどれほどのダメージを与えるかは、わかったことと思う。なにしろ、周りの人をいとも簡単に箱の中に逆戻りさせられるんだから
クリスマス・キャロル (まんがで読破)
購入:  2012年06月03日 580円
読了:  2012年06月03日 星2つ
あらすじ:商人の初老スクルージは、お金だけ愛し、人には冷たく無関心の人だ。
そんなスクルージの前に7年前に死んだ親友マーレイが亡霊として現れる。
「お前に忠告しに来た。これから現れる3人の精霊がお前にとっての最後の希望だ。」
っと言い残し消え去る。
その後3人の精霊が現れ、自分の過去(仲間達と仲良く暮らし、妻とも楽しく過ごしていた)を見て、現在(沢山の人に陰口を叩かれながらも、いい人だと信じている人もいる)を見て、未来(自分が死んでも誰も悲しんでくれない)を見て、自分を変えなければいけない事を彼は痛感する。

そして、彼は自分の考え方を改めて「人は人を満たすことで、自分を満たす事が出来る」っという信念の元、クリスマスをみんなで祝う事にしたのだ。

感想:人は誰しも悲しんでくれる人が欲しいのだ。また、悲しむ事が出来る人が欲しいのだ。
孤独という病気の顛末を恐ろしく感じた。

今の自分を過去、現在、未来で考える思考は、考え方として面白いなって思った。

あなたには、一緒に楽しめる仲間がいますか?
20代でやっておきたい50の習慣 (別冊宝島) (別冊宝島 1824 スタディー)
宝島社 (2011-11-18) / 1,008円13 users
購入:  2012年05月30日 980円
読了:  2012年05月30日 星3つ
20代でどのように生きていけばいいかをまとめた本。
ふと思ったのだが、仕事よりの内容になってしまっているのは、致し方無い事かな。
人生を一つの流れとしてみても、仕事が全てでは無いように思える。20代とか言う括りにとらわれていては、仕事は出来ないと実感する。
一生食べていくのに困らない 経理の仕事術
吉澤大 / かんき出版 (2012-02-18) / 1,512円94 users
読了:  2012年05月13日 星2つ
経理者向けの本。税理士の人が書いた奴。
全般通して、内容が薄いように感じる。
経理自体そもそも、攻める事では無いので、仕事術も地味にならざる終えないのかな?

経理の仕事術と名うっているが、経理的な話しは後半出てくるだけ。

要するに、やはり経理は作業がほとんどだから、ITを駆使せよって事なのかなぁ。

まとめ
・銀行印向けのテキストを読もう
・金融機関の見ているところ 自己資本比率、ギアリング比率、流動比率、債務償還年数、CF額
・借入ポイント 資金用途、返済可能性、返せなくなった時は?
・借入種類→手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越
・勉強は、独学を避ける
仕事をしたつもり (星海社新書)
海老原 嗣生 / 講談社 (2011-09-22) / 886円526 users
購入:  2011年11月20日 861円
読了:  2011年11月20日 星4つ
仕事したつもりにはなっていないか?
という問いに、自分のことかなぁっとドキッとしたので購入。

ビジネスの現場で蔓延している「つもり」を例示をあげながら、紹介している。
「話し方」ひとつで、人生はでっかく変わる!
中村文昭 / サンマーク出版 (2011-10-24) / 1,404円32 users
購入:  2011年11月19日 1,365円
読了:  2011年11月19日 星4つ
話し方の基本が分かる本。
細かい所までイメージさせるように話し、共感して、感動させる。
日常の会話でも役に立ちそうな考え方を教えてくれてありがとう。
文章力の基本
阿部 紘久 / 日本実業出版社 (2009-07-24) / 1,404円702 users
購入:  2011年11月06日 1,365円
読了:  2011年11月06日 星3つ
こういう本は一つ一つ実践して、身につけていくもの。
正直、項目数が多くて、文書体も残念で読みづらかった。

だけど、この本片手に文書を書いて見たいと思う。
「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
藤沢 晃治 / 講談社 (2002-10-23) / 864円500 users
購入:  2011年11月06日 840円
読了:  2011年11月06日 星5つ お気に入り
分かりやすいを新しい視点で説明してくれている点で、ためになった。
脳機能からはじまり、そして、分かるとは何なのか?そしたら、どう説明すればいいのか?を教えてくれる。
一つ一つ、実体験の絡みもあり、大変分かりやすい。
いい本だと思った。
ベッキーの心のとびら
ベッキー / 幻冬舎 (2009-02-28) / 1,296円38 users
購入:  2011年10月23日 1,260円
読了:  2011年10月23日 星4つ
芸能人として、様々な社会にもまれて生まれた数々の言葉。
それは、今の彼女を写しているようでした。笑顔の裏にはやはり笑顔があり、感謝の裏には感謝が存在する。
素敵な写真とともに、心通じる言葉が多数あり、元気をもらえました!
幸せの捉え方、笑顔の作り方、プラスの捉え方など素晴らしいと思いました。
ジェノサイド
購入:  2011年09月16日 1,890円
読了:  2011年09月16日 星4つ
人間の進化した新人類は、果たして人間とって害なのか?はたまた、救世主なのか?

ハイズマンレポートをもとに、日本、アフリカ、アメリカの三国のそれぞれの人々の錯綜を描く。
かなり、忠実に真実を織り込んであるなという印象を受けた。
国の実情の描写があったり、人の心理、本心などなど来たない部分も多かったと思う。

読むのに9時間以上を要したが、内容はかなり充実していた。面白かった。
大人げない大人になれ!
成毛 眞 / ダイヤモンド社 (2009-11-20) / 1,543円733 users
購入:  2011年08月15日 1,500円
読了:  2011年08月15日 星3つ
大人げない人の話し。
ビジネスで成功するには、大人びた態度ではなく、子供を目指せとのこと。
半分は心理であろう。ただもう人半分は間違いだと思う。

孫正義や小沢一郎、ビルゲイツなどなど大人げない人で、成功している人は沢山いる。

だけど、その裏には大人で成功している人もいるのが現実だ。

その事実をどう受け止めて、自分の中で咀嚼し、人生に生かして行くのか?
難しい本だと思う。

素直に真似できるものであればいいのだか、実行するにはそれなりの性格も必要。

少なくとも、面白い本だということは間違いない。
将来また読みたいと思う。

<<2017年12月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
読了数 (月別)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
カウントダウン
今月の目標読了数30冊まであと
30
バインダー読者(8)
kotaro  kotaro
nkichi  nkichi
※非公開ユーザーは非表示
タグ (48)
154 趣味
144 ビジネス
41 未処理
27 考え方
25 図書館
13 恋愛
10 会計
8 会話
7 仕事術
5 人間関係
5 PC
5 健康
4 読書術
4 ノート術
4 心理学
4 整理術
4 勉強法
3 お金
3 情報整理
2 税金
2 経営
2 英語
2
2 生き方
2 時間術
2 文章
2 論理力
2 メモ術
1 考える力
1 やる気
1 営業
1 会議
1 スピリチュアル
1 就活
1 ブログ
1 時間
1 デザイン
1 記憶力
1 Twitter
1 哲学
1 人生
1 人脈
1 メンタル
1 生活
1 瞑想
1 保険
1 習慣
1 EVERNOTE
256 タグなし
カウンター
累計1375  今日0  昨日0
since : 2009/05/02

©2007-2017 bosunekoのバインダー