ホーム   本・雑誌   キンドル   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
彩里の本箱 > 東京創元社
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 7件目 / 7件 日付
いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)
似鳥 鶏 /東京創元社 (2011-12-10) / 842円85 users
購入:  2012年09月01日 819円 所有
読了:  2012年09月02日 星4つ
見事に騙された。
読みながら違和感を覚えていた所を共に巧くしてやられた感じ。そうきたか、と思わず口にしてしまった。
校内のざわついた感じ、近づく文化祭の雰囲気はとても良い。
翠ちゃんの再登場も嬉しい。柳瀬さんが必死に牽制している所も良い。自分が卒業した後に同じ部活に美少女が入ると言うのだから、牽制もしたくなると言うもの。しかし、柳瀬さんは葉山君の事を玩具にしすぎて好意を本気と受け止めて貰えない所までなってますね。まぁ、葉山君を挟んで上下に柳瀬さんと翠ちゃんと言う図は好きなので、そんな感じに進んで欲しいな。
さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)
似鳥 鶏 /東京創元社 (2009-08-30) / 713円103 users
購入:  2012年08月29日 693円 所有
読了:  2012年08月30日 星5つ お気に入り
卒業式編の浮いていた掌編、残されていた謎が綺麗に組み合わさり、解けていく感じがとても良い。見事な読後感。2冊からなるからこその構成。とても良かった。卒業式編では伊神さんに対し、何このデウス・エクス・マキナ? と言う思いで好きになれなかったが、この巻でそれも少し解消した。しかし、個人的には柳瀬さんより、佐藤希さんの方が好きだったりな。今後も出てきて欲しい。
理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)
似鳥 鶏 /東京創元社 (2007-10-31) / 626円180 users
購入:  2012年08月28日 549円 所有
読了:  2012年08月29日 星5つ
二巻読み終わってから書くことではないのだけれど、伊神さんを女の子だと思って読み進めてしまった。自分だけじゃない様で少し安心したけれど。

プロフィール

読み物好きで 浪費家?
カウントダウン
今年の目標読了数100冊まであと
98
<<2017年9月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 1400
  • 1200
  • 1000
  • 800
  • 600
  • 400
  • 200
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
読了数 (月別)
  • 2
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
タグ (1)
7 創元推理文庫
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 彩里の本箱