ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
2319chanのバインダー
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 50件目 / 1103件
人類の未来 AI、経済、民主主義 (NHK出版新書)
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年11月19日 19時23分28秒 2017/11/19
読了:  2017年11月19日 星3つ
 なぜこの5人が選ばれたのかはよくわからないが、人類の未来を予測する、興味深いインタビュー×5人。

①ノーム・チョムスキー
 もともと数学者であり、言語学者、政治学者でもある。50年代に提唱した「普遍文法」理論は現代言語学に革命をもたらした。ベトナム戦争以来、アメリカの政策に厳しい批判の眼を向けていることでも知られる。

 社会学者のA・R・ホックシールドが、トランプ支持者たちを調査して述べているんですが、彼らは、長蛇の列で順番待ちをしているんだと言うんですね。彼らの両親も、彼ら自身も、良い生活を求めて懸命に働いてきた。保守的で、家族中心で、聖書に従う敬虔なクリスチャンで、よりよい生活を求めて一歩ずつ前進していた。
 ところが過去二五年間、彼らは一向に前に進めない。列の先頭のほうは、一挙に次元の違う金持ちになった。でもそれは構わない。…問題なのは、自分たちの後ろにいる奴らだと。黒人や、移民、シリア難民といった弱者たち。そして連邦政府や、これら列の後ろにならんいる奴らを優先して、彼らを列の前のほうに押し入れてくる。職を失ったシングルマザーに政府が経済援助するということは、彼らを列の前に押し出していることになる、という意識がある。そうやって自分たちは割を食ってきたと。

②レイ・カーツワイル
 発明家、思想家、未来学者。人工知能研究の世界的権威であり、グーグル社で技術部門のディレクターの一人として活躍。

③マーティン・ウルフ
 英フィナンシャル・タイムズ紙の経済論説主幹。1999年より世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のフェローを務めている。世界の投資家のみならず各国の財務省や中央銀行総裁にも注目されている、当代で最も影響力のある経済ジャーナリスト。

④ビャルケ・インゲルス
 建築家レム・コールハース率いる建築事務所OMA(ロッテルダム)に3年間勤務した後、2001年に建築事務所PLOTを共同設立。「コペンハーゲン・ハーバー・バス」や「VMハウス」を手掛ける。2005年にBIGを立ち上げ、「マウンテン住居」「8ハウス」を手掛けていくつかの賞を受賞し、一躍注目される。

⑤フリーマン・ダイソン
 数学者、理論物理学者、宇宙物理学者。若くしてダイソン方程式を発表、量子電磁力学の完成に大きく貢献した。国防省、航空宇宙局、軍備管理軍縮局などの嘱託も務めた。宇宙分野では「ダイソン球」や「ダイソン・ツリー」、「アストロチキン」などの気宇壮大なアイディアを連発し、SFにも多大な影響を与えた。原子力発電の研究にも携わっている。

 宗教は、サイエンスよりずっと深いルーツを持っていると言えるでしょう。歴史的に見ても、はるか昔から人類に浸透しています。…
 私たちは、事実を確かめるよりも、物語を信じる傾向にあります。これが人間の本質です。
PMBOKが教えない成功の法則
本園 明史 / 日経BP社 (2017-07-22) / 2,700円5 users
読了:  2017年11月18日 星3つ
プロジェクトマネジメントのお勉強。確かにPMBOKに書かれた通りに物事はうまく進められないが、本書に書かれていることを実践するのも難しい気がする。断片的にはうなずけるところもあったが。

・精緻な計画を立てるのは工数の無駄遣い
・順次戦略と累積戦略を計画化する
 順次戦略:一つひとつステップを踏みながら、順序立ててロジカルに。結果を推定しながら進めていく。
 累積戦略:役に立ちそうなことが見つかり次第、すぐに実行する。成果との因果関係を証明するのが困難なケースもある。
・ステークホルダーマネジメントはPMBOKガイドの5%以下。
・プロジェクトの挽回策
 ・非生産的な活動を発見する
 ・ファストトラッキングを実行する
 ・クラッシングを実行する
 ・負荷バランスを調整する
 ・新規要員を追加する
 ・要員を交代する
 ・中間成果物を削減する
 ・開発規模を縮小する
 ・段階的納入を検討する
 ・要員を残業させる
 ・再スケジューリングを顧客に申し入れる
・多忙な時こそ会議をあえて増やす
図解入門よくわかる最新PMBOK第5版の基本 (How‐nual Visual Guide Book)
鈴木 安而 / 秀和システム (2013-09-09) / 1,944円24 users
読了:  2017年11月11日 星3つ
 プロジェクトマネジメントのお勉強。確かに方法論を学ぶには網羅的になっているからよいのだが、これを覚えたところでマネジメントできるかと言ったら全く別問題な気がする。次に読もうと思っている「PMBOKが教えない成功の法則」に期待。

・典型的なライフサイクル
 予測型ライフサイクル:ウォーターフォール型。
 反復型と漸進型ライフサイクル:
  採用されるケース
   →目標やスコープの変更をマネジメントする必要がある場合
   →製品の分納がステークホルダーにとって有益である場合  
 適合型ライフサイクル:アジャイル手法。
  採用されるケース
   →変化の激しい環境へ対応する場合
   →要求事項とスコープを事前に定義することが難しい場合
   →ステークホルダーに価値を提供するために細かい漸進的な改善の定義が可能な場合

・プロジェクト・マネジャーの職務
 マネジメント機能
 インターフェース・マネジメント
 インテグレーター
 コミュニケーター
 顧客第一主義
 コンフリクト・マネジメント
 その他の職務機能
・プロジェクト・マネジャーの役割
 チーム・リーダー
 意思決定者
 ムード・メーカー
・マネジャーとリーダーの対比
 立場 管理者/指導者
 役割 観察と調整/牽引と推進

 日本のITプロジェクトの契約形態には、いわゆる一括契約が多いのですが、この契約を対象とする法律民法です。民法では請負契約の特徴として、受注側に成果物完成責任や瑕疵担保責任が課されていますが、報告義務を義務付けていません。従って、進捗状況を報告したり、会議を開催したりするためには、契約書に明記する必要があります。契約書に記載しない場合は 要件定義書に明記して契約書に添付する必要があります。
 業務委託という契約形態は、民法上「準委任契約」に相当します。この契約は、役務の提供が目的ですから 原則として瑕疵担保責任や成果物完成責任はありません。「委任契約」は、例えば税理士、会計士、司法書士などのような法律上の業務を行う契約で、「準委任」はそれ以外の業務としています。一般には、両方とも「委任」と呼んでいます。
 さて、どちらが望ましいか検討しなければなりませんが、スコープが明確な場合 ま一般的に請負契約にしています。スコープが不確実な場合は、準委任契約の方が よいと思われます。両者の大きな違いは、請負が結果を求めるのに対し、委任は役務の提供を求めることです。従って、発注側が作業指示を出すのでしたら委任で、作業を任せて結果だけを求めるのでしたら請負にします。
 請負契約を締結する場合にスコープが不明確のままですと、受注側に大きなリス クが生じやすいといえます。
 派遣の場合は、民法ではなく人材派遣法による制約がありますが、特性は、委任 契約に類似しています。 人材派遣法では二重派遣を禁止していますので、その点を注意します。派遣の場合は発注側から作業員へ直接作業指示が出ますが、請負契約では、作業指示は出せません。 定常的に作業指示が直接出されている場合は、たとえ契約者が請負であっても、裁判所には派遣や委任とみなされます。つまり完成責任がなくなってしまいます。指示された通りに作業したのだから、結果には責任を負わない、という考え方です。
中学受験 注目校の素顔 巣鴨中学校・高等学校――学校研究シリーズ013
おおたとしまさ / ダイヤモンド社 (2017-10-05) / 1,296円1 users
読了:  2017年11月05日 星3つ
中学入試のお勉強その3。
 
・堀内校長の2017年3月卒業式に配布された文章より
 福沢は諺にあるとして、「天は富貴を人に与えずしてその人の働きに与うるものなり」(すゝめ)と書く。つまり、一生懸命勉強して頑張った者は栄誉栄達を得て貴人富人となるが、そうしなかった者は貧人下人となっていくしかない、というのである。
 今日の目から見れば記述に異見もあろうと思われるが、そこは時代背景を考慮しながら読む必要があるだろう。だが、天は富貴を人に与えずしてその人の働きに与えるのだという指摘、言い換えれば、生まれつき何もかもが決まっているわけではなくて、すべては君の頑張り次第だぞという指摘は、今日においても全く色褪せることはなく、我々現代人も大いに拳拳服膺すべき教訓だろう。

・教育の効果を予言することはできない
 「うまくいかないときだって当然あるわけで。そのとき自分がしっかりしてないと、まわりに責任を押しつけるようになります。そういう男になってほしくない。だから『恃みになる己を作れ』とよく言います。」
男子御三家 なぜ一流が育つのか (中公新書ラクレ)
おおたとしまさ / 中央公論新社 (2016-02-09) / 864円7 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 教育学 登録日:2017年11月12日 13時46分57秒 2017/11/12
読了:  2017年11月05日 星3つ
中学入試のお勉強。その2。

【開成】
・現代の社会を生きる若者に一番欠けている「生活力」
 生活力を向上させるためには、子供自身に、有限なものの管理をさせることが必要です。有限なものとはたとえば時間とお金です。これらをいかに効率的に使えるか、その能力が生活力の土台となります。そして日常の繰り返し。炊事・選択・掃除。これを手際よくできるようにしなければならない。

・リーダーシップをみにつける3つの条件
 まず、自分をリードできる強い自己を持つこと。次に集団の中で役割分担をしたことがあること。つまりフォロワー経験をしたことがあるということ。そして集団をリードした経験があることです。

・JAXA堀さんの生徒たちへのアドバイス3つのP
 ・purpose:全体像を把握し目的をはっきりさせよ
 ・professionality:世界レベルを目指せ
 ・passion:好きなことを自ら探せ
  →好きなものがあることはとても大切なことです。最終的には、好きかどうかがものを言います。好きであれば、限界を超えられるのです。

【麻布】
・流されない
 信念に生きようとすると必ずぶつかります。多くの人はそこで妥協します。自分の信念は曲げても人に譲ることがいいことだとする文化すら日本にはあります。でも、必要なときには最後まで信念を貫く強さをもってほしい。おかしいことにはおかしいと言える人間になってほしい。 

【武蔵】
・いきなり答えを知りたがる子は武蔵には向かない
 「勉強好きでないと、武蔵に来ても厳しいでしょうね。」…
 「勉強好き」とは計算ドリルや漢字練習が好きということではない。理科の実験をやってみて、どんな理屈なのかはわからなくても、とにかく面白いと思える感性をもっていること。

【共通】
・3項が自由な校風を保てるのも、学校が生徒に全幅の信頼を置いているからだ。教員からの信頼を感じるから、生徒たちもそれなりに振る舞おうとする。「あれをしろ」「これはするな」といちいち指図されないから、生徒は自分で考え、判断し、結果に責任を持つことを覚える。
 信頼に足る生徒になってから信頼しようとするのでは、いつまでたっても信頼に足る生徒は育たない。信頼されるから、生徒は信頼に足る生徒に育つのだ。

・逆に言えば、つい管理的に子供に接してしまう大人たちは子供たちに裏切られるのが怖いのかもしれない。自分が傷つくのが怖いのかもしれない。気持ちはわからなくなはない。しかし大人がそんな逃げ腰では、激動の思春期を過ごす子供たちの心を、誰が受け止めてあげればいいというのか。
「謎」の進学校 麻布の教え (集英社新書)
神田 憲行 / 集英社 (2014-10-17) / 820円51 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 教育学 登録日:2017年11月12日 13時45分50秒 2017/11/12
読了:  2017年11月05日 星3つ
中学入試のお勉強。名門私立ってどんなところなんだろう。。。公立中学、都立高校出身の私が知らない世界。
それにしても、麻布の校長はいいこと言いますなー。

・麻布の入試は三つの力を求めている
 ひとつ目は、しっかりと勉強してきているか。…ふたつ目は多角的な視点をもって物事をとらえることができるか。…三つ目は論理力ですね。

・好奇心を育てる
 子どもって先天的にみんな好奇心をもっていると思うんですよ。それが家庭環境のなかで、『これやりなさい、あれやりなさい』と言われている子どもは、自分の疑問をあと回しにする癖がつく。でも、逆に家庭でいろんなことをお父さんと一緒に調べている子どももいる。そういうことだと思うですよね。」

・国語科の目標は教養を身につけること
 教養とは物知りという意味ではなく、今自分の身の回りで起きていることに対して、想像力を働かせながら、今の自分には何ができるのかとか、自分はそれをどうたらえるべきなのかとか、知の体系を洞察力と絡めて、人間存在を主体的に掘り下げる力という意味です。

・前提とされているものを疑うところから始めてみる
 同僚で帰国子女の女性がいるんですが、彼女から『日本人で優秀とされる人はある制約条件下で最適な道はこれ、という議論が得意なのに、嶋田君はまずその制約条件とか前提をひっくり返そうとするよね』ってい言われて、ほうと思いました。

・氷上校長退任を前に終業式での最後の挨拶
 それは具体的に言えば、人はなぜ大学に行こうとするのか。あるいは将来、何を職業として生きようとするのか。あるいはその社会は全ての人が幸せに生きる仕組みとしてこれでいいのか。よくなければ、そのために君自身は何ができるのか。などの問いを生徒諸君に発し、問いを生徒諸君と共有することでした。問いをもたなければ、答えを見つけようとすることもありません。そのようなことを普通世間の人が、「当たり前だ、訊ねるまでもないことだ」と考えていることに疑問を持つこと、その疑問につきあうこと、それが私の教師としての仕事だと腹をくくりました。
 
 諸君、どうかとうとうと流れていて、抗する術がないような流れの中にあっても、しかし諸君自身の内なる小部屋を大切にしてください。諸君自身の内なる小部屋にあって、静かに目をつむる習慣を身につけてください。じっと目をつむり、そしてさらに目をつむる時間に耐えていると、必ずや諸君がとりつく杭がみえてきます。その杭がたとえ遠くにあっても、とりつくために流れに逆らって泳ぎきろうとする勇気が湧いてきます。私は今日限り校長の職を去ることになります。いつの日かまたお会いして、諸君がとりつくことができたそれぞれの杭を見せてもらいたいと思っています。
家族脳: 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか (新潮文庫)
黒川 伊保子 / 新潮社 (2014-04-28) / 464円20 users
読了:  2017年11月05日 星3つ
 黒川さんの本は「女の機嫌の直し方」に続き2冊目。本書も面白かった!
 黒川さんの家族の話がよく登場するのだが理想的な家族。でも自分にはとても真似できん。

 共感は、女性脳にとって不可欠だが、家族の会話にも有用だ。…
 …、けっこうな数の母親が、しんどい経験談には「ほうら、だから、いつも言ってるじゃない」と駄目押しし、楽しい経験談には「遊びほうけてばかりね。宿題は?」と水を差す。子ども相手だと、問題解決を急ぐあまり、女性脳の母親も男性脳型の対話をしてしまうのだ。
家族の会話を弾ませたかったら、男女を問わず、共感を皮切りにしよう。問題解決を急いで、相手の気持ちに水をささないように。
 …
 女は「些細なことにキレる」ように見える。けれど、ちっとも些細なことなんかじゃない。私たちの脳の中では、過去の総決算をしているのだ。キレている女性は、本当に深く傷ついているのである。
 だから、大切な女性にキレられたら、目の前の事象がいかに些細なことかを説明しても意味がない。どうか、真摯に謝ってください。
 謝りことばについては、我が家の息子が、素晴らしい構文を発見している。「大切なハハに、○○して申し訳ない」だ。
 …
 以来、彼は小事から大事に至るまで、この構文で逃げ切っている。男性の皆さま(女性の部下や娘を持つ女性の皆さまも)、お試しあれ。
 その際、「口ばっかり」となじられてもひるまないこと。理性の領域では「口ばっかり」と思っても、感性の領域では心解いてしまうのが女性なのだから。たかがことば、されどことばである。

 …男の子が、女の子に比べていまいち理解力が低いょうに見えるのも、彼らの脳が生活空間よりも宇宙を眺めるのに向いている脳だから。しかも、八歳以下の男の子や後に理系の能力を発揮する女の子は、生活のそこここでぼうっとしている。
 でも、愚痴や指図で追い立てないで。このとき、脳は、空間認識力の領域を洗練する作業中なのである。思う存分ぼうっとさせないと、理系やアートの力が育たない。
 成人男子もたまにこれをする。彼らにも、これをある程度許してあげないと、明日の発想力が保てない。女に一秒たりとも無駄話の時間がないように、男たちにも一秒たりとも無駄”ぼうっと時間”はないのである。

 「ねぇ、ママ、このロマンスカー、なんで赤いの?」
 …
 しかしながら、その”質問”のボールは、いきなりホームに叩きつけられたのである。母親は、イラつくような声で、こう言い放った。「うるさい。あなたには関係ないこと。」母親の手には、携帯電話があった。
 私は、ショックでしばらく立ちすくんでしまった。
 当の女の子は、そう気にすることもなく、他のことに興味を移してしまった。この親子にとっては日常茶飯事なのに違いない。だとしたら、彼女の質問力はかなりしぶとい。恒常的に母親に叩き落されていても、まだ発し続ける質問するちから。「頑張れ、あなたの質問力」と、小さな声で応援してしまった。
 …
 私はやがて、人工知能の開発者になって、人間の知性をコンピュータ上に実現する研究に携わった。そうして思い知ったことがある。質問力こそ、知力なのだ。発見は疑問のかたちで脳裏に浮かぶ。その疑問をテーマに、他者とやり取りすることこそが、知の枠組みの構築なのである(脳が成熟してくれば自問自答もある)。最終的な答えを得ることは、その枠組みにデータを入れるに過ぎない。「頭がいい脳」とは、知の枠組みをたくさん持った脳のことで、データをたくさん蓄えた脳のことじゃない。前者には戦略力があるが、後者にはない。

 息子は、自然体で、どこへでも行く。ひるまないし、悪びれないし、あきらめない。ひるまないし、悪びれないし、あきらめない。まるで、 人は必ず自分の誠意をわかってくれると信じているかのように。そうして、年齢の割には数多くの、貴重な縁と経験を手に入れてきたのである。彼はこの力を、パイク乗りの男たちにもらった。
 若者たち無邪気力、彼らを希望の風に載せる力。それは自分に関わる大人の良心を信じる力だ。たとえ厳しいことを言われても、良かれと思って言ってくれていると信じられるからこそ、無邪気でいられる。
 私は、かつて、性格の合わない部下を持っていた。彼には、つい辛口の発言をしてしまうことが多かったのだが、その彼が、ある日こう言ったのだ。「いつも、期待をかけてくださって、ありがとうございます」
 私は深く反省して、何があっても、この部下の味方になろうとひそかに思った。無邪気は強い。本当に、強い。
 さて、脳科学的な見地から言うと、その無邪気力を決定的に削いでしまう行為がある。それは他人の悪口を言うこと。

 介護される身になった実家の母は、なにもできないことが情けなくて涙を流す。かつて、夫の祖母は、「老人センターに行ったら?ただでお風呂に入れてくれるよ」と言われて、涙を流した。「国に何かしてもらうようになったらおしまいだ。国に何ができるかが、国民の価値なのに」
 明治の女は、家を案じるように、国を案じた。祖母たちの時代、この国は国際社会としては後進国で、きっとはらはらさせられ、手もかかったのだろう。日本が先進国の一角を担うようになった今、大衆は国を案じてはいない。なにかというと、国への不満が募るだけだ。

 女性脳は、共感欲求が高い脳である。
 「共感」という行為によって、他者の体験談をも、自らの体験のように脳にしまえるからだ。物言わぬ赤ん坊を無事育て上げるために、女性の脳は、周囲のあらゆる知を吸収して暮らしている。「おしゃべりをして共感する」という行為は、女性脳にとって、大事な知識構築行為なのである。
 一方、共感された方は、自分の言ったことが相手の脳に大事にしまわれたことを悟る。よって、自分の与えた知が、相手にとっても有用であることを知り、この相手に縁を感じ、自らの正しさに安心するのである。
 そういう脳の持ち主なのだから、「言ったことに、わかるわかる、とうなずいてくれる」「言ったことをちゃんと聞いてくれる」ことは、男性の想像をはるかに超えて、強い快感なのだ。逆にいえば、「言ったことに賛同してくれない」「言ったことを聞いてくれない」相手に強い不快感を覚え、傷つけれられたと感じる。度重なれば、「愚弄されている」と思い込み、恨みを募らせる。
 私は、同じ女性脳の持ち主として、それをわかっているから、女性のスタッフが言ったことを聞けないときも、「わかるよ、言ってることはよくわかる。けれど、事業判断として、私はあえてこっちを選択するわ。ただ、あなたのアドバイスで、リスクはよく分かった。気を付けるわね、ありがとう」と伝えるようにしている。

 一方の男性脳は、共感を知識構築の核とはしていない。こちらは、複数の知見を比較して、思念空間に配置することによって、知識データベースを作っていく。なので、蘊蓄や数字が大好きなのだ。
 比較検討が知識構築の核なので、他者の意見も、つい比較検討のネタに使ってしまう。妻や恋人の提言でさえも、公平に判断材料の一つとして脳に取り込むので、何の説明もなく他人の意見を採択したりする。悪気はまったくないのだが、共感を核としている女性脳からすれば、こんな裏切り行為はないのである。特に、理系の男子に、この傾向は強い。…
 女性は、無駄に傷つかないこと。男性は、ことばを足すこと。その二つを人生に取りいれたら、人間関係は、どんなに楽かわからない。
AI経営で会社は甦る (文春e-book)
冨山和彦 / 文藝春秋 (2017-03-29) / - 23 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年11月04日 08時24分09秒 2017/11/04
読了:  2017年11月04日 星3つ
 AIのお勉強。

もう一つ、大きな潮流の変化がカジュアルからシリアスへのシフトである。2016年末に、あるIT会社が提供していた医療系のキュレーションサイトの信頼性が社会的な大問題になった。今までのデジタル革命の主領域は、本質的にバーチャルで、サイバーで、カジュアルなサービス領域、すなわち「Cの世界」で新しいビジネスが生まれ、経済的な価値を生み出していた。
 しかし、そいういった領域での限定的な価値創造領域は減少し、競争激化もあって、多くのプレイヤーが次第にその事業ドメインをよりリアルでシリアスな領域、たとえば医療や金融決済のような「Sの世界」にシフトし始めている。

 しょせん当たらない予測に時間とカネを使うことよりも、予測不可能なイノベーションがもたらす変化に迅速かつ鮮烈に対応できる組織能力、経営能力、すなわちWhen、How、Whoに関わるもっと根源的な戦闘能力を高めておくことのほうが、革命期においては重要な意味を持つ。

 いまから20年以上前、私は携帯電話会社で契約者のチャーン対策の責任者をやっていた。携帯電話会社はいわばビッグデータの宝庫で、契約者のプロフィールから、通話状況、料金支払い状況まで、膨大なデータを持っている。そうしたデータを分析して、解約の兆候となる印紙を傾向値として見つけ出し、事前の解約防止策に結びつける。今どき色々なところで言われているビッグデータ活用とほぼ同じ話だ。

 AIによるロボティクスというと、生産現場を思い浮かべる人が多いのだが、じつは、これからロボットによる自動化がいちばん効くのは、製造業ではなく、サービス産業である。
 
 圧倒的に効果があるのは、対面型、リアル型のサービス産業である。
 いちばんわかりやすいのは、医療や介護サービスだ。

 スマイルカーブとは、ある製品のバリューチェーン全体を見たときに、川上(企画・設計・部品)と川下(販売・メンテナンス)側の利幅が厚くなる一方、真ん中の製造工程(組み立て)はほとんど利幅が取れなくなる現象を指す。口角を上げた笑顔の口の形見えることからそう呼ばれている。

 要は、第二期までのデジタル革命の主舞台だったバーチャルでサイバーでの「C(カジュアル)な世界」では、ソフトへの置き換えでかなり多くの問題を解決できた。しかしこれからのリアルでのフィジカルな「S(シリアス)な世界」では、そうは問屋が卸さない。「Cの世界」では、ダメもとで作ったバグ抜きも不十分なソフトでアプリサービスを展開しても致命的な問題は起きなかったが、「Sの世界」ではそんなことをやると人の命に関わってしまう。下手をすると「ワンストライクアウト」、レッドカードの一発退場である。

 ロケーションというのは先に押さえた方が勝ちという、ローカルビジネス型の勝ちパターンであり、これはディフェンス的には非常に堅固な競争モデルなのだ。この点では私たちのような地域交通機関にも潜在的な優位性が存在する。

 労働集約的で密度の経済性が効くということは、グローバルな規模はもちろん、ナショナルな規模も追う意味があまりないということである。したがって産業構造は分散的となり、その主役は中堅、中小企業である。
 この産業モデルの基本的な「勝ちパターン」は、まずは地域の覇者、商圏の覇者になることだ。拡大する場合は、先に密度を高め、そこで確固たるポジションを確立してから隣接地域に滲み出して、新たな地域ドミナントを築いていくことである。だから企業規模が大きくないことは、あまり決定的なハンディキャップにならない。むしろ大事なことは、この基本原理に忠実に、粘り強く事業展開を進める経営力のほうである。
 
Web担当者 仕事としくみがわかる本 はじめての見積りから制作・運用・SNS活用まで
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年11月03日 15時39分30秒 2017/11/03
読了:  2017年10月31日 星2つ
Webのお勉強。
残念ながらとりたてて真新しいことは書かれていなかった。

・Webメディアの活用には実体験が欠かせない。
・外部の専門家も入れたチームを構成する。
・ポイントは月1回程度のミーティング
・定例ミーティングで実施すること
 ・各メディアのアクセスデータ報告
 ・各メディアにおける成果と問題点の報告
 ・各部門の効果事例ヒヤリング
 ・対策などの討議
 ・実行具体策の確認
・UIの改善
 ・ボタンの位置
 ・ボタンの文言
 ・ボタンに添える文言
ムダな仕事はもう、やめよう!
吉越 浩一郎 / かんき出版 (2008-10-06) / 1,512円156 users
読了:  2017年10月29日 星3つ
 「がんばるタイム」で有名なトリンプ元社長の著書。売上が上がったのは、この取り組みの成果ではない気がするけど。。。

 すぐ真似できるような方法論はあまりなく、考え方を変えようという内容が多かった。書いてあるような無駄はあまりしていないけど、それでもどうしようもないところはどうすればいいの?、というのが実際のところではないだろうか。
 
・レイヤー(階層)の数だけ、ムダな時間が生まれる
 部長が同じフロアで働く平社員に指示を与えるなら、直接話すのが一番早い。…
 さらに厄介なのは、中継ポイントで情報が歪められてしまうという点だ。…
 「レイヤーが一つ増えるごとに情報量は半分になり、雑音は倍になる」

・朝を最大限使えば仕事は早く片づく
 頭を使う仕事は、早い時間帯にやるほど効率が上がる。まわりを見ていても、午前中を上手に使える人が、結局は一日の仕事を早く終わらせてしまうのだ。

・便利なものは遠慮せずに使いまわす
 私は「TTP」が得意だ。TTPとは、「徹底的にパクる」という日本語の略。つまりパクるのがうまいのだ。… 
 じつは前の会社に導入した「ノー残業デー」や「がんばるタイム」といった仕組みも、もともとは別の会社に原形があったものだ。
仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月28日 09時51分41秒 2017/10/28
読了:  2017年10月27日 星3つ
 伊賀さんの「生産性」を読んでマッキンゼーの働き方で他にも参考になるものはないかと読んでみたが、本書からはほとんど収穫なし。

・ミニマム思考の人は、最初の10分で仮説を立てることにします。
 …指示を出した上司に質問をすることが、いちばん早くバリューを認識し、筋がいい仮説を立てるための方法といえます。
 →なんじゃそりゃ。

・マッキンゼー時代、解決策を打ち出すときに、「空・雨・傘」というフレームワークを活用することを徹底させられました。
 出かける前に空を見上げたとき、真っ黒な雨雲に覆われているという「事実」があったとしたら、普通の人は雨が降ってきそうだと「解釈」します。そして、傘を持って出かけるという「行動」をとるでしょう。
 ・空…現状はどうなっているか(事実)
 ・雨…その現状が何を意味するか(解釈)
 ・傘…その意味合いから何をするのか(行動)

・情報の編集力が高いアウトプットのことを、マッキンゼーでは「セクシーだね」と評価していました。ここでいうセクシーというのは、「引きつける力がある」「ぐっとくる」といった意味合いです。

・ノースカロライナ大学やUCLA大学の研究によると、運動をすると認知能力がアップすると報告されています。運動は脳への血流を増やし、結果、脳の容積やニューロンの形成が増加する効果があるということです。つまり、頭がスッキリするのは、運動によって脳の疲れが回復するからです。

・ワシントン大学のレイクル教授によると、ぼんやりと過ごしているとき、脳は活動的に働いているといいます。これを「デフォルトモードネットワーク」といいます。
 ぼんやりとしているときには、脳内である種の有機的なネットワークがつくられて、これまで脳に蓄積されたいろいろな情報や知識を「ひとつの意味」につなげる活動をしているといいます。つまり、いろいろな情報や知識という「点」と「点」を「線」や「面」につなげているということ。
なぜ重大な問題を見逃すのか?間違いだらけの設計レビュー改訂版(日経BP Next ICT選書)
森崎修司 / 日経BP社 (2015-09-17) / - 9 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月28日 09時50分43秒 2017/10/28
読了:  2017年10月25日 星3つ
 会社の現在のレビューが本来の機能を果たせていないのではないか、無駄な書類を作っているだけなのではないかとの問題意識があり、世間の相場はどんなものかと読み進めたら、やはりどの会社も適正なレビューをするのに苦しんでいるような印象を受けた。時間がかかり見逃し増える4つのアンチパターンとして、「人間関係の持ち込み」「作成者気分」「二兎追い」「時間切れ」だとのこと。テクニック以前の問題のような。。。

・シナリオの順番決め
 ・最初にチェックすべきは、漏れに関するシナリオ。
 ・次に着手するのは、曖昧さに関するシナリオ。
 ・残るは、誤りに関するシナリオ。

・主な曖昧語
 など→などに該当する要素をすべて書き出すか、「~を満たすもの」のように条件を明示する
 これら・それら→指し示す言葉に置き換える
 処理する・対応する→例えば処理であれば、演算や入出力などの内容を明示する
 ~を考慮して・踏まえて・基いて→加味する情報をどう利用するのか具体的に書く
 通常は・基本的には→例外のケースを具体的に示す
 できる限り・可能な限り→許容範囲を具体的に書く
 十分な・余裕をもって→具体的な数値を示す
 すぐに・ただちに→切れ目なく連続させるのか、もしくは、どれだけの間隔をおいてよいのか、具体的に明示する
 現在の・最新の→どの時点において「現在」「最新」なのか具体的に示す
 現状通り→現状についての説明を付け加える

・大分類
 マネジメントレビュー
 オーディット:法令や社内規則、開発標準に従っているかどうかを調べる
 ピアレビュー:ドキュメントなどに含まれる問題の検出・指摘および関係者間の意識合わせを行う

・小分類(技法)
 ウォークスルー:ドキュメント作成者が主役となって実施する自由度の高い相談会
 テクニカルレビュー:技術リーダーが主導する、ドキュメントチェック
 インスペクション:あらかじめ定めたルールに従う、ドキュメントチェック

・レビュー技法は組み合わせて利用する
 互いに密にコミュニケーションを取りながら開発を進めていく文化があるチームやこれまでに開発実績がない分野のシステム開発では、ウォークスルーが効果的です。逆に、互いに牽制することで高め合う文化のあるチームや、これまでに開発実績が豊富な分野のシステム開発では、インスペクションが向いています。テクニカルレビューはその中間的な位置づけです。
ユーザーファースト テレビとスマホの視線争奪戦を生き抜くマーケティング思想
友澤大輔 / 日経BP社 (2013-05-23) / 1,944円26 users
購入:  2017年08月19日 108円
読了:  2017年10月21日 星3つ
巻末のインタビューが面白かった。

・HugMe
 シンガポールのある大学の構内に「Hug Me」と書いた自動販売機を設置、代金を支払う代わりに自動販売機の両脇を強く抱きしめ、”Hug”することでコカ・コーラが無料で手に入るというものだ。これらに学生たちが”Hug”する様子はYouTubeでも映像が流され、参加者たちはそれぞれの楽しさやワクワク感をソーシャルメディアなどで友達に伝播し、結果、その動画視聴回数は7日間で1億1200万回にも達した。

・バスキュール 代表取締役 朴正義
 ネットコンテンツばかりを作っていた立場から見て、テレビの役割というか、テレビはすごいな、これはテレビにしかできないなと感じる点は、ありすぎるくらいたくさんあります。1つ目は、操作が簡単であること。2つ目は、ほぼ全世帯にテレビが普及していること。3つ目は、ものすごい高解像度映像を一斉配信できること。4つ目は、質の高いコンテンツ制作能力があること。5つ目は、受け手の情報信頼度が高いこと。…
 一方でテレビとの相乗効果が期待できるネットの良い点もいくつか挙げてみると、まず1つ目は、パーソナライズやインタラクションなど、個々人に対して、より深い体験を提供できること。2つ目は、いつでもどこでもつながれること。3つ目は、他のサービスと連携し、ログを残せること。

・日本アドバータイザーズ協会Web広告研究会 代表理事 本間充
 最近、朝の情報番組「ZIP!」で、画面上をL字形で分割して、データ放送部分にカレンダーのようなものを出して、視聴者にスタンプを押してもらう。たまった人へプレゼントを用意する。これだけでも1日の利用者が30万~40万人もいる。恐らくスマートフォンアプリでやったら、こうはいかないんですよ。データ放送って、今ごろになってものすごいパワーを持ち始めた。
働き方革命 ――あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
駒崎弘樹 / 筑摩書房 (2009-05-10) / - 29 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月21日 13時24分10秒 2017/10/21
読了:  2017年10月18日 星3つ
働き方変えなくちゃ。

・社内会議のルール
①一つの会議は1時間半を越さない
②議事録はプロジェクタで映し出しながら、その場で取る
③議題は前日までに出し、議題にないものは議論しない
④タスクは会議の場で期限を決め、次の会議が始まる前までに進捗をグループウェアに貼る
⑤定例会議ごとにファシリテーターとロガーを決め、彼らが会議の内容と時間に責任を持つ

さらに、フルメンバー・サブメンバー制度というものを作った。その会議に絶対に必要な人はフルメンバー。ある議題にだけ必要な人はサブメンバー。そうした階級を明示化することで、無駄に会議に参加している人がいなくなった。

・メールの先頭に「してほしいこと」「期限」を必ず入れるようにした。

・在宅勤務
「集中できるんで、作業は効率的です。コミュニケーションも電話である程度取れますし、それは問題ないんですね。ただ、雰囲気というか、自分だけでやっていると何となく気づまりになってしまうというか、息詰まる時があるんですよね。」
 なるほどな、と思った。企画スタッフは、工場労働者と違って、時間当たりの効率性を高めるだけではダメなんだな、と。効率よく企画書ができても、企画書の質がイマイチだったら、本末転倒だ。企画書の質は、その人の発想力とか創造性、モチベーションや感情の状態に深く影響される。そうしたメンタルな部分をケアし、鼓舞する意味で、顔を突き合わせて冗談言ったり、相談乗ったり、ほめたり、というのが必要になってくるわけだ。

・「パーソナルひきこもりタイム」
 僕がやっている「外でのひきこもり」。これを社員が申請制でできるようにすれば良いんだ。「パーソナルひきこもりタイム」だ。マニュアルをがっつり書かなきゃいけない時に、カフェで1時間集中してやってもらえば良いんだ。
 早速制度化してみたところ中々に好評で、運用できるようになった。同時にマニュアル化が進まない社員には「強制カフェ送り」を行うようにもなった。おそらく大きな会社であったら会議室がいくつもあるので、空き会議室などうまく使えばこうした制度は必要ないのだろうが、狭いオフィスの零細ベンチャー企業のような僕たちには、200円ちょっとで生産性を上げられる良い手段となったのだ。

・アロケーションの巧拙
 アロケーションの巧拙は、残業時間数で見られるようになった。しっかりと効率的にアロケーションを行えば、残業時間数はゼロになるはずだ。しかしそれができないということは、仕事(タスク)に対して、人材の適切な受け入れ容量(キャパシティ)を確保していないということを意味する。もちろん季節の繁閑差等はあろう。しかしそれは事前に読めるものが8割だ。忙しくなる時期は人員の増援を依頼するなり、基幹業務に集中して補助業務を停止するなりして、アロケーションを行なえばよい。
ユーザーのためのシステム開発の見積もり評価(日経BP Next ICT選書)
初田賢司 / 日経BP社 (2015-01-21) / - 4 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月14日 16時46分23秒 2017/10/14
読了:  2017年10月13日 星3つ
システムのお勉強。金額の妥当性がいまだに理解できず。

・見積書における評価項目
1全体→提案受領日、様式及び記述項目の網羅性、契約形態・契約条項
2機能要件→業務機能の網羅性、業務プロセス・業務フローの妥当性、個々の業務機能の実現方式、パッケージソフトの業務要件、データモデリングの方式などのデータ要件、アプリケーション要件
3非機能要件→可用性、性能、セキュリティ、ユーザビリティ、移行、運用
4プロジェクトマネジメント力→プロジェクトマネジャーのスキル、スケジュールの妥当性、プロジェクト体制の妥当性、概略WBS・役割分担の妥当性、組織としての支援
5開発力→開発支援環境・開発手法、開発プロセス、テスト環境、開発の実績
6価格

・プロジェクトマネジメント力
 2000年代以降、モダンPMの普及に伴い、注目されている評価項目です。スコープクリーピング(仕様が膨れ上がること)、納期遅延、コスト増加、品質低下を起こさず、予定通りリリースできるかどうかは、ビジネス上の最大の関心ごとです。概略WBS、スケジュール、プロジェクト体制、役割分担の妥当性など、担当するプロジェクトマネジャーのスキルに加えて、ベンダーがどの程度、組織的にプロジェクトマネジメントに取り組んでいるかも総合的に評価するようにしましょう。

・基準となるファンクションタイプ別FP割合の例
 ILF(内部論理ファイル):28%
 EIF(外部インターフェースファイル):5%
 EI(外部入力):26%
 EO(外部出力):22%
 EQ(外部照会):19%

・COCOMO(COnstructive COst MOdel)
 COCOMOを提唱したべーむ博士は、最適開発期間よりも要求開発期間が長くても短くても工数は増加するほか、要求開発期間率が75%以下では要求通りの期間で開発するのは困難としています。これは、期間が厳しくなると管理レベルを月次→週次→日次へと上げたり、生産性を悪化させる3交代でこなしたりしなければならないからです。逆に開発期間が長すぎると、今度はプロジェクトの固定費的な工数が期間分だけかかり、その分の工数も増えます。
情シス・IT担当者[必携]システム発注から導入までを成功させる90の鉄則
田村 昇平 / 技術評論社 (2017-04-11) / - 3 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月14日 16時44分25秒 2017/10/14
読了:  2017年10月11日 星3つ
システム開発のお勉強。

・プロジェクトを推進していくメンバーは、業務的に信頼されている人物がふさわしいと言えます。特にメンバーの中心となるプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは、プロジェクトの象徴であり、成果に直結します。そのため、業務部門からの人選が不可欠です。

・システムの目標に対する中間指標、最終指標の例
 処理の作業コスト削減―削減された作業時間―人件費
 処理ミスの排除―処理ミスの件数―対処に費やした総額
 わかりやすい請求内容の表記―請求書への問い合わせ件数―対応する人件費
 問い合わせ対応時間の削減―問い合わせ対応時間―対応する人件費
 売上拡大―引き合い件数―売上金額
 成約率向上―成約率―売上金額
 在庫管理の強化―品切れによる失注件数―粗利
 在庫管理の強化―期限切れによる廃棄件数―粗利
 セキュリティ強化―監査指摘件数―リスク換算金額
 システム保守費用の削減―保守費用―保守費用
 社員の保守対応コストの削減―保守対応にかかる時間―対応する人件費
 サーバーダウンの回避―アクセス不可時間―対処に費やした総額

・あるIT部門は「システム運用チーム」と「プロジェクトチーム」を同じ人数で構成していました。クラウド化が増えるにつれ「システム運用チーム」の人員を減らし、今では「プロジェクトチーム」が大半を占めるようになりました。ITプロジェクトの質も向上し、好循環だと聞いています。

・業務フローが存在しないということは、自社の業務をきちんとベンダーに伝えていない証拠とも言えます。
 システムと業務はセットです。ベンダーの業務理解なくして、良いシステムが作られることはありません。ベンダーの責任にするのは簡単ですが、その考え方ではベンダーが変わっても同じことを繰り返します。
 「ベンダーに自社の業務をきちんと伝えているか」
 ベンダーに対して熱くなる前に、自社に対して問いかける言葉です。

・「業務フローはベンダーが作ってくれるんですよね?」
 現場でよく受ける質問です。いろいろな現場を見てきましたが、自社で作る、ベンダーが作る、コンサルタントが作る、いずれのケースも存在します。どれが正解というわけではありませんが、筆者はいつもこう答えています。
 「自社で作成しましょう!」
 なぜなら、自社で業務フローを理解できないようでは、その後の要件定義や設計がおぼつかないからです。自社として「現状の業務フロー」を正しく理解し、「あるべき業務フロー」が明確になって、初めてシステム化の話ができます。

・パッケージの評価については「ノンカスタマイズ」の導入実績を評価すべきです。カスタマイズなしで使っている企業が多ければ、そのパッケージは「業界標準の機能を備えている」と言えるからです。

・管理者は、全ての仕様に精通する必要はありません。それはどんな管理者でも不可能です。ここで問われているのは、管理者の姿勢です。担当者が困っているときに、相談に乗れるだけの知識を持ち合わせているか?ということです。きちんと状況を理解できなければ、適切な助言はできないからです。

・障害の番人には自社のエースを指名する

・スケジュールを引き上げる
 ①自社の課題はすぐに解決する
 ②自社が最初に提示した仕様に責任を持つ
 ③自社は打ち合わせを速やかに開催する

・業務マニュアルは自社で作るしかありません。
・システム操作マニュアルは、現場業務を知らなくても作ることができます。 
現場で役立つシステム設計の原則 〜変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法
増田 亨 / 技術評論社 (2017-07-05) / - 7 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月08日 14時44分38秒 2017/10/08
読了:  2017年10月08日 星3つ
システム開発のお勉強。
難しい。。。


・業務ロジックをわかりやすく整理する基本のアプローチ
 ・データとロジックを一体にして業務ロジックを整理する
 ・三層のそれぞれの関心事と業務ロジックの分離を徹底する

  ・メソッドは判断/加工/計算のロジックを実行して初めて役に立つのです。
  ・クラスが肥大したら小さく分ける

・ドメインモデルで設計する狙い
 ・業務的な判断/加工/計算のロジックを重複なく一元的に記述する
 ・業務の関心事とコードを直接対応させ、どこに何が書いてあるかわかりやすく整理する
 ・業務ルールの変更や追加のときに、変更の影響を狭い範囲に閉じ込める

 ・ドメインモデルは、対象業務(ドメイン)をオブジェクトの集合として表現する技法です。アプリケーションの対象領域の関心事を、データとロジックが一体となったオブジェクトとして分析し、その分析結果をそのままクラス設計に反映させる手法がドメインモデルであり、ドメインオブジェクトです。

 ・ドメインモデルは、業務ロジックの整理の手法です。業務データを判断/加工/計算するための業務ロジックを、データとひとまとまりにして「クラス」という単位で整理するのがオブジェクト指向の考え方です。関心の中心は業務ロジックであり、データではありません。
 一方、データモデルは、文字通りデータが主役です。業務で発生するさまざまなデータを整理して、どうテーブルに記録するかを考えます。
 生年月日と年齢を例にして、ドメインモデルとデータモデルの違いを比べてみましょう。
 ドメインモデルでは、「年齢」が業務の関心事であれば、年齢クラスを作ります。年齢クラスは内部的に生年月日をインスタンス変数に持ち、そのインスタンス変数を使って年齢を計算するロジックをメソッドとして持ちます。…
 一方、データモデルでは、年齢は記録すべきデータではありません。計算の結果です。テーブルには計算のもとになる生年月日だけを記録します。

・コトに注目すると全体の関係を整理しやすい
 ・コトはヒトとモノとの関係として出現する
 ・コトは時間軸に沿って明確な前後関係を持つ

・業務ルールの発見や理解
 ・業務では必ず想定外のことが起きる
 ・想定外のコトが起きたときに、どう対応するかの原則がある

・データベース設計の基本
 ・名前を省略しない
 ・適切なデータ型を使う
 ・制約をきちんと使う

・NOTNULL制約を使う
 カラムはすべてNOTNULL制約にします。そして、もしNULL値がどうしても必要なカラムを見つけたら、別のテーブルに分けることを検討します。この方法を徹底するだけで、テーブルの正規化が進みます。

・画面デザインの4原則
 近接 関係のある情報は近づける、関係のない情報は離す
 整列 同じ意味のものは同じラインにそろえる
    意味が異なれば異なるラインにそろえる
 対比 意味の重みの違いを文字の大きさや色の違いで区別する
 反復 同じ意味は同じパターンで視覚化する

・アプリケーション間の連携方式
 ・ファイル転送
  一定量のデータを蓄積してから転送するため、データの発生と実際の処理との時間差が生まれやすい
  ファイル形式を変更する場合の影響が大きい
 ・データベース共有
  データベースの共有はセキュリティの観点から好ましくないことが多い
  共有するテーブルを通じてプログラムが密結合になりやすい
 ・WebAPI
  設計の自由度が高いため、適切な設計判断が難しい
  いったん決めたAPIを変更することが難しくなりやすい
  「リクエストを送ってレスポンスを待つ」という同期型の処理方式が、運用面と性能面の制約になることがある
 ・メッセージング
  従来の同期型の処理とは異なる設計と運用ノウハウが必要
  安定したメッセージング基盤の構築と運用

・動かしながら設計を発展させていく
 しかし、WebAPIを開発するためのフレームワークやライブラリの発達により、状況は大きく変わりました。
 実際に作って使ってみることがかんたんにできるのなら、作りながら確認していったほうが、はるかに効率的だし正確です。かつてはドキュメントを作りながら検討していた内容を、実際にAPIを作りながら確認していけばよいのです。ドキュメントでの検討確認よりも実際に作って使ってみるほうが、良いAPIを早く確実に手に入れることができます。

・オブジェクト指向の狙いである変更容易性を実現する開発
 ・ドメインモデルに業務ロジックを集めて整理する活動
 ・要求の分析とソフトウェアの設計は同じ人間/チームが担当する体制

 ・重要になる活動
  ・対面の質疑応答
  ・ラフスケッチ
  ・質疑応答とその記録
ITシステム開発はなぜ失敗するのか
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月07日 21時02分32秒 2017/10/07
読了:  2017年10月05日 星3つ
システム開発のお勉強。

 米国の企業の多くは、たとえ有名な大企業であってもパッケージシステムを導入すると決めたら、そのシステムの想定する業務の流れに合わせ、自社の業務を変える方針をとります。

 秘密1 完成度の高いモックアップを作り、要件定義を行う
 アストロ式開発アプローチでは、現行業務調査を徹底的に行い、要件定義時にモックアップをすべて作り上げることにより、システム化対象業務に必要な機能の抜けがないようにチェックしていくとともに、現行システムに関しては「どんな役割をしているのか」だけでなく、「どんなデータをどういう単位で持っているのか」まで細かく見ていきます。こうした細かい調査は、システムの本格的な設計段階まで後回しにされがちなのですが、実はそれをこの段階で行うことで、要件定義に漏れや抜けをなくし、新システムにどのような機能を持たせることができるかを正確に知ることができるのです。

 別の言い方をすれば、どのようなシステムが必要なのかを洗い出す最初のイメージとは、開発を依頼するユーザー側が考えるべきところです。システムがどんなシーンで使われ、その際にはどういった情報の表示が必要なのか、どのような表示が適しているのか、数値なのか、グラフなのか、グラフならどのような形式が最適なのか、ということをじっくり考えていけば、ITベンダーに対していい依頼ができるはずです。こうした考察の積み重ねが、「使い勝手のいい(ユーザービリティの高い)システム」にするために大切なことなのです。

 人間中心設計では、ユーザビリティを「利用品質」とする一方、人間が見て、触れて、使って感じる心地良さや品質感を「感性品質」として定義しています。

 秘密2 超高速にオリジナルデータを処理し、コストダウンと拡張性アップを実現
 では、私たちの分析システムはなぜメモリに載せられるのか。
 簡単な話です。一つひとつのデータをコンパクトにするのです。
 しかしこれは言うは易く行うは難し。開発にあたって、まずこのキューブを持つことをやめました。保管するのは、オリジナルのレシートデータだけ。分析は、これらのレシートデータから情報を直接探して行います。毎回全レシートデータをめくっていき、分析の対象を探すので、実行内容はキューブを使った分析よりも多くのことを実行します。しかし、その全データはメモリ上にあるので、圧倒的なアクセススピードにより、結果的に何倍も速く分析結果を表示できるのです。

 秘密3 利用デバイスに依存しない、どんな環境でも動くものを作る

 秘密4 ローコストでオーダーメイドを実現する「アソート開発」
 
 秘密5 役割を明確にして、組織的に意思決定を機能させる
 実はこの「決まらない、決められない」ということこそ、多くの日本企業に共通する悪癖であり、システム開発プロジェクトの進行を妨げる最大の原因となります。

 大規模システム開発においては10億~100億円規模のプロジェクトはいくらでもあります。近年で最も予算の大きなプロジェクトの1つが日本郵政でしょう。2015年の株式上場を見据え、1兆3000億円を投じて経営基盤を強化すると発表しました。設備投資の内訳は、郵便局の施設・設備改修に5500億円、コンピュータシステム刷新に4900億円、保有地を利用した商業用不動産開発に1000億円など。

 非機能要求グレード検討会、システム基盤要件を決める要素
【可用性】可用性、耐障害性、災害対策、回復性、成熟性
【機能・拡張性】業務処理量、性能目標値、リソース拡張性、性能品質保証
【運用・保守性】通常運用、保守運用、障害時運用、運用環境、運用・保守体制、運用管理方針
【移行性】移行時期、移行方式、移行対象(機器)、移行対象(データ)、移行計画
【セキュリティ】前提条件・制約条件、セキュリティリスク対応、セキュリティ診断、セキュリティリスク管理、アクセス・利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策
【環境・エコロジー】システム制約/前提条件、システム特性、適合規格、機材設置環境条件、環境マネージメント
おうちで学べるネットワークのきほん
Gene / 翔泳社 (2012-04-23) / - 12 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月01日 14時05分15秒 2017/10/01
読了:  2017年10月01日 星3つ
ネットワークのお勉強。まだまだわからないことが多い。。。

・LANの規格
 ①イーサネット
 ②トークンリング
 ③FDDI
 家庭内LANでよく利用されているのは「100BASE-TX」や「1000BASE-T」

・IPアドレスのクラス
 クラスA 先頭のビットパターンが「0」
 先頭8ビット「1~126」
 クラスB 先頭のビットパターンが「10」
 先頭8ビット「128~191」
 クラスC 先頭のビットパターンが「110」
 先頭8ビット「192~223」

・トラブルの原因を調べる
 ipconfig PCのTCP/IP設定を確認する
 nslookup DNSサーバによる名前解決を確認する
 ping 指定したIPアドレスまたはホスト名まで通信できるかどうかを確認する
 tracert 指定したIPアドレスまたはホスト名への通信経路を確認する

・Cookie
 Cookieを読み取ることができるのは、原則としてCookieを発行したWebサーバのみ

・IMAP4
 PCローカルではなく、メールサーバでメールデータを管理

・OP25B
 多くのISPがOP25Bを利用しており、ポート番号25へのSMTP通信がブロックされているため、ポート番号を587が利用される。

・メールの暗号化
 PGP 特定のユーザ間でお互いの公開鍵が信頼できるものとして管理
 S/MIME 認証局で公開鍵が信頼できるものであることを保証

・ファイアウォールは万能ではない
 悪意を持ったユーザーがファイアウォールにとって正常なデータを「偽装」すれば、ファイアウォールをすり抜けられてしまう場合がある。
あなたのセキュリティ対応間違っています
辻 伸弘 / 日経BP社 (2016-10-21) / - 14 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年10月01日 14時04分10秒 2017/10/01
読了:  2017年09月29日 星3つ
セキュリティのお勉強。

 業務が回らないほど厳しいルールは、ルールを破った運用を誘発するため、逆効果です。いわゆる形だけのルールです。そして万が一事故が起きた際は、ルールを破っていた当事者だけが責任を押しつけられます。
 年金機構の事件でも、…実際には、ほとんどの職員がパスワードをかけておらず、そのルールは破綻していました。(漏洩したとみられるファイルの総数が949、そのうちパスワードが設定されていたのはわずか7ファイル)

・脆弱性に対応するために取り組むべき3つのこと
 ①使用しているソフトウェアやそのバージョンなどを把握しておく
 ②脆弱性情報は複数の報道を見た上で、必ず1次情報を確認する
 ③信頼できるセキュリティ専門家の意見をSNSなどを使って参考にする

・パスワード作成の3大原則
 ①短い文字列を設定しない
 ②名前や生年月日、単語など、推測できる文字列を使わない
 ③使い回さない

・1PassWord
 複数のパスワードを一元管理できるパスワード管理ソフト
Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版
玉川憲 , 片山暁雄 , 今井雄太 , 大澤文孝 / 日経BP社 (2017-04-13) / 2,916円5 users
読了:  2017年09月24日 星3つ
ネットワーク&サーバ構築のお勉強。
初学者にわかりやすく、自分でもできるかもと思わせてくれる内容であった。

 サーバーは、用途別にさまざまな種類のものがあります。
 しかし実際には、「Webサーバー」や「データベースサーバー」、「メールサーバー」というものがあるのではなく、「サーバーに対してWebの機能を提供するソフトウェアをインストールしたもの」がWebサーバーであり、同様に「データベースの機能を提供するソフトウエアをインストールしたもの」がデータベースサーバー」、そして、「メールの送受信機能を提供するソフトウエアをインストールしたもの」がメールサーバーです。

 NATを導入すると、「片方向だけの接続を許す」ことが実現できます。つまり、DBサーバーからインターネットには接続できるけれども、逆に、インターネットからDBサーバーには接続できないという環境を実現します。もちろん、DBサーバーから外部に通信した際の戻りは通信してくれるので安心してください。

 セキュリティを高めるには、「ファイアウォール」を設けることが効果的です。
 ファイアウォールというのは、「通してよいデータだけを通して、それ以外を遮断する機能」の総称です。そのもっとも簡単な構造のものが、「パケットフィルタリング」です。
 実世界でパケットフィルタリングを構成するのは、ルーターやサーバー、もしくは専用のファイアウォール機器です。

 「IPアドレス→DNS名」に変換することを「逆引き」と言い、それに対比して、「DNS→IPアドレス」の変換は、「正引き」と言います。

 Telnetとは、汎用的な双方向8ビット通信を提供する端末間およびプロセス間の通信プロトコルで、リモートコンピュータとやりとりするための仕組みです。暗号化されていないSSHだと思ってください。ルーターにログインして各種設定をするときなどに、よく使われています。
 
 サーバー間での疎通を確認するときに、よく用いるのが「pingコマンド」です。
 pingコマンドでは、「ICMP(Internet Control Message Protocol)」というプロトコルを用います。
 pingコマンドを実行すると、ネットワーク疎通を確認したいホストに対して「ICMPエコー要求」というパケットを送信します。それを受け取ったホストは、送信元に対して「ICMPエコー応答」というパケットを返信します。
 pingコマンドでは、この「ICMPエコー要求」と「ICMPエコー応答」のやりとりから、疎通を確認したり、相手に届くまでの時間を計測したりします。

 ポート番号を使うことで、1つのIPアドレスで同時に複数のアプリケーションが通信できる。

 (TCPIPモデルが)階層化されている理由は、各階層を独立させるためです。上位の階層は下位の階層が何でもよく、また下位の階層は上位の階層の内容は分からなくてもよい、という構造になっています。

 TCPは通信を始める際に、「SYN」「SYN+ACK」「ACK」の一連のパケットをやりとりします。これを3ウェイハンドシェークと言います。

 ネットワークを運用するための便利なツール
 Zabbix、New Relic、CloudWatch
イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本
読了:  2017年09月21日 星3つ
セキュリティのお勉強。

・シングルサインオン
 企業などの利用を想定した認証・認可のための「SAML(Security Assertion Markup Language)」
認証のための「OpenID」
認可のための「OAth」

・SQLインジェクションとOSコマンドインジェクション
 SQLインジェクションの場合は、攻撃対象がデータベース
 OSコマンドインジェクションでは攻撃対象がWindowsやLinuxなどのOSのシェル

・クロスサイトリクエストフォージェリ
 Webページへの要求を偽造することで正当な認証済み利用者になりすまして処理を実行する攻撃
 主に認証が必要な重要な機能(パスワード変更、決済、掲示板の書き込み)が狙われる

・IPsec
 IPsecは、TCP/IP通信で使われるIPパケット単位の暗号化とパケットが改ざんされていないことを確認するためのプロトコル。VPNを構築する際によく用いられる。
リクルート、進化を止めないIT現場力 システム開発 のリアル
米谷 修 / 日経BP社 (2016-09-29) / 1,404円12 users
読了:  2017年09月16日 星3つ
システム開発への方法論に感激。大賛成!

 こうした状況からの脱却を目指してまず打ち出したのが、従来とは真逆のアプローチ、すなわち「自分たちで手を動かすこと。」仕事を決して他人任せにせず、絶対に自分の目で中身を見て確かめようと決心したのです。
 要件定義の段階から、自ら誰にも負けないぐらいの業務知識を習得し、要件を漏れなく把握する。開発作業も、自ら手を動かしてプログラムコードを記述し、一行一行に至るまで内容を把握する。そして単体テストや統合テストはもちろんのこと、性能テストも決して他人任せにしない。本当に想定通りの性能を発揮できるか徹底的に確認するために、性能評価も自分たちで行いました。

 私が一貫して主張しているのは、たとえ作業を管理する立場にある者でも、きちんと各論を理解しておくべきだということです。各論に一切踏み込むことなく、プロジェクトの管理タスクだけに終始しても、システムは何とか出来上がるかもしれません。しかし万が一問題が発生したとき、管理する側が各論を把握していなければ、問題の本質を探り当てて適切な判断を下せません。

 何も「末端の細かな作業に至るすべてを自分でこなせ」と主張しているわけではありません。人に任せられる作業は積極的に任せていかないと、大きなプロジェクトを回すことは不可能です。ただ任せるとしても、「その作業を過去に経験しており、いざとなれば自らこなせるので任せている」のと、「自身でできるかどうか分からないまま、丸投げしてしまう」のとでは、雲泥の差があります。

 4つめは、ブリッジSEの存在です。発注元とオフショアベンダーの連携をスムーズに運ぶために、間にブリッジSEを挟むのが一般的です。ここで「伝言ゲーム」が発生してしまいがちです。私自身の経験から、ブリッジSEによって情報が欠落するトラブルが実に多いのです。

 振り返って思うのは、手っ取り早く解決できる「銀の弾丸」はもともとなかったということです。

 例えば、「ウォータフォール型とアジャイル型のどちらの開発スキームを採用すべきか」という対立は、バックエンド部分の開発はプロジェクト推進部流のウォーターフォール型を、フロントエンド部分の開発に関しては事業別組織流のアジャイル型を採用することで決着しました。開発部分ごとに適切な方法論を持ち込むハイブリッド型スキームを編み出したのです。
徳丸浩のWebセキュリティ教室(日経BP Next ICT選書)
徳丸 浩 / 日経BP社 (2015-10-22) / - 9 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年09月16日 18時04分11秒 2017/09/16
読了:  2017年09月14日 星3つ
 Webセキュリティのお勉強。

 例えばマンションの耐震偽装の問題で、「私たちが実際に作るわけではありませんし、建築物のことはよくわかりません」などというマンションデベロッパーがいたら、そこからは買わないですよね。ECサイトも同じだと思うのです。「インターネットを使って商売したいだけで難しい技術のことはわかりません」なとという考え方が割と一般的に聞かれたりしますが、とても甘えた考え方だと思います。アマゾンも楽天も、きちんとしたところは技術力も高いものを持っています。商売の大切な道具なのですから最低限の勉強を安全性も含めてしてもらって、そして必要十分な予算を立てること、この2つが重要だと思います。予算も、先ほどの早稲田大学や徳島大のように知識がないとかけなくてもよいところに予算をかけてしまったりしますから、適正なコスト配分のためにも自ら勉強してもらわないと、と思います。

 不正送金事件のほぼ全部とパスワードリスト攻撃の被害、もっと言えば不正ログイン全体は、ほぼユーザーの責任です。

 攻撃の本質とは何か。Webサイトへの侵入経路には、以下の2つしかないということである。
 (1)ソフトウエアの脆弱性を悪用する
 (2)認証を突破する

 XSSの本質は、「本来ならば実行されないはずのJavaScriptを実行されてしまう」ことにある。

 WAFは非常に有用ではあるが、Webサイトへの攻撃を全て防げるわけではない。利用に当たっては、WAFの特性を理解しておくことが重要だ。どの攻撃を防御できるかは製品によって異なるが、SQLインジェクションやXSSなど、パラメーター操作による攻撃が主な防御対象になる。

 一方、認証やセッション管理などの脆弱性を突く攻撃については、WAFでは防御できない場合が多い。これらの攻撃については、設計や開発時に対策を施すべきである。

・Webアプリケーションの代表的な機能
 ・認証(利用者本人であることを確認すること)
 ・認可(認証済みの利用者に権限を与えること)
 ・会員管理
 ・クロスサイトリクエストフォージェリ対策
・会員登録を必要とする掲示板アプリケーションを作る場合の機能
 ・ログインおよびログアウト
 ・会員登録やパスワード変更、パスワードリセット、退会
 ・会員管理時に自分の情報のみにアクセスできる機能
 ・投稿時のなりすまし対策
・ほぼ必須となっている機能
 ・通信路の暗号化
 ・アカウントロック機能
 ・ログ出力
・オプション
 ・2段階認証
 ・WAF
 ・改ざん検知システム
 ・ウイルス対策ソフト

 ログイン通知とは、自分のアカウントにログインすると、登録したアドレスにメールで届くという機能だ。自分がログインしていないのにメールが届いたら、不正にログインされている可能性が高い。
 ログインの履歴表示機能やログイン通知機能は、不正ログインにいち早く気付くための機能である。これらの機能で不正ログインに気付いたら、まずはパスワードを変更して被害の拡大を防ぐ。パスワードを変更するという行為自体は、「定期的なパスワード変更」と同じだ。だが、不正ログインがあってもなくても定期的にパスワードを変更する場合とは異なり、悪用される期間が最短で済み、変更の手間も少ない。

 多くのWebサイトでは、ログインに成功した場合のみ通知するが、「LINEウェブストア」のようにログインに失敗した場合でも通知するWebサイトもある。

 ログインアラートを導入する利点は以下の通り。
・不正ログインをすぐに検知できるので、速やかな対処が可能になる。
・不正ログインされた際の日時やIPアドレスなどの情報が得られる。これらは犯人追跡のために有用である。
・プッシュで知らせてくれるので、パスワードの定期変更とは異なり、利用者が意識する必要がない。
・Webサイト側での実装上のコストは比較的低い。

 WebブラウザーがWebサーバーにアクセスして、特定のWebページを要求する「HTTPリクエスト」を送信すると、Webサーバーでは、その返事となる「HTTPレスポンス」のヘッダーに「Set-Cookie:SESSID=1234」といった命令を含める。「『SESSID=1234』という内容のクッキーを保存せよ」という意味だ。
 それ以降Webブラウザでは、そのWebサーバーにアクセスするたびに、HTTPリクエストのヘッダーに「Cookie:SESSID=1234」という情報を含める。これにより、Webサーバーは利用者を識別できるようになる。この仕組みで識別される状態を「セッション」と呼び、セッションの識別に用いるIDを「セッションID」と呼ぶ。
 セッションIDには、それだけでは意味のない文字列(乱数)を使うことも重要だ。ユーザーIDや内部的なユーザー番号といった情報は使うべきではない。これらは推測可能なので、別の利用者になりすまされる恐れがある。
Webセキュリティ担当者のための脆弱性診断スタートガイド 上野宣が教える情報漏えいを防ぐ技術
上野 宣 / 翔泳社 (2016-08-02) / 3,456円16 users
読了:  2017年09月10日 星3つ
Webセキュリティのお勉強。

・脆弱性を発見するヒント集
 記号の挿入
 パラメーターの値を変更
 ヌルバイト(%00)の挿入
 クロスサイトスクリプティング
 セカンドオーダーSQLインジェクションの確認

・CVSS(Common Vulnerability Scoring System)
共通脆弱性評価システムは、情報システムの脆弱性に対するオープンで包括的、汎用的な評価手法の確立と普及を目指した指標。
 深刻度を0(低)~10.0(高)の数値
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代 / ダイヤモンド社 (2016-11-26) / 1,728円279 users
読了:  2017年09月06日 星4つ
 労働時間管理がうるさくなってきている昨今、生産性を見直さねば。会議で「資料を説明させない」は、すぐにでも実践したいところ。

・「Time for Innovation」
最初に必要となるのは、「イノベーションのための時間的な余裕」です。

・「Motivaion for Innovation」
ビジネスイノベーションを起こすためには、社員に「問題認識力=課題設定力」と「その問題を一気に解決したいという強い動機づけ」をもたせることが不可欠になるのです。これがまさに「Motivaion for Innovation」であり、そのために大きな役割を果たすのが「生産性という概念を日常的に、強く意識させておくこと」なのです。

・トップパフォーマーを育てる三つの方法
 ストレッチゴールを与える
 比較対象を与える
 圧倒的なライバルの姿を見せる

・モチベーションを下げる本当の理由
 実はここで最も必要とされるのは、「会社は、まだあなたたちに期待している」というメッセージを伝えることです。

・ストップウォッチをオフィスにも
 マッキンゼーで新人育成を担当していた頃、パフォーマンスが上がらないと悩む新人コンサルタントによく与えていたアドバイスが、「キッチンタイマーを買って作業時間を可視化するように」というものでした。…
 調査・分析と資料作成に関していえば、新人は一年かけて、その生産性を五倍以上に上げていきます。その時点とマネージャー昇格時を比べると、さらに三倍以上は生産性を上げる必要があります。パートナーを目指すなら、そこからさらに数倍の生産性の向上が必要でしょう。マッキンゼーにおいて成長する、昇格するとは、仕事の生産性を上げることに他なりません。

・定期的な業務仕分けの価値
 一年に一度、仕事の閑散期に「部門内の仕事の洗い出しと、不要な仕事の廃止」を行うことを慣習化すれば、他にも多くのメリットが得られます。
 ひとつは、部内の仕事の洗い出しを通して、各スタッフがどの仕事にどれくらいの時間をかけているかが把握できることです。管理職が「一時間くらいで終わっているはず」と思っていた仕事に部下は三時間もかけていた、ということはよくあり、指導機会を見逃さないという意味でも有益です。
 また部下にとっても、「こんな仕事になんの意味があるの?」と疑問を持っていた仕事について、「その仕事は廃止できない。なぜならこういう価値があるからだ」と説明してもらえる貴重な機会となります。

・三割と三%
 本章の冒頭で、管理職の使命は「チームの生産性向上のためにリーダーシップを発揮すること」だと書きました。目の前の仕事をミスなくこなすだけでなく、将来を見据えて今何をすべきなのか、しっかりと考えさせ、決断までさせる―そのためにも管理職のミッションとして(業績を上げることと部下の育成を行うこと、といった言葉の代わりに)「三%と三割の生産性向上を実現させるためのリーダーシップを発揮せよ」と明示することが役に立つのです。

・マネージャーの仕事
 決断をすること
 リスクに備えておくこと

・ブランク資料
 情報収集前に具体的なアウトプットイメージをもつために作られるのが、ブランク資料

・会議の達成目標
 ①決断をすること
 ②洗い出しをすること
 ③情報共有すること
 ④合意すること=説得すること=納得してもらうこと
 ⑤段取りや役割分担など、ネクストステップを決めること

・資料は説明させない
 会議の時間の中で最も生産性が低いのは、資料を用意した人がその資料を説明するのに使う時間です。実はマッキンゼーの社内会議では、多くの場合、資料の説明は行われません。
SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術
読了:  2017年09月03日 星3つ
SNSマーケティングのお勉強。

・消費行動に結び付きやすい業種
 1位 ファストフード・コーヒー・宅配
 2位 コンビニエンスストア
 3位 ゲーム

・好感や共感が得られやすい業種
 1位 スポーツ用品
 2位 レジャー施設
 3位 ゲーム

・興味関心が持たれやすい業種
 1位 飲料・ビール
 2位 電気・精密・PC
 3位 ポイントサービス

・消費行動に結び付きにくい業種
 1位 自動車、二輪車
 2位 レジャー施設
 3位 情報通信・モバイル

・好感や共感が得られにくい業種
 1位 情報通信・モバイル
 2位 旅行・ホテル
 3位 ドラッグストア

・興味関心が持たれにくい業種
 1位 情報通信・モバイル
 2位 旅行・ホテル
 3位 ファストフード・コーヒー・宅配

・Facebookに適した商材
 企業がユーザーとのコミュニケーションを活性化させやすいという意味で、固定ファンが付いている商材がとりわけFacebookに適している
 反対に、「このブランドでなければだめ」という選好性の低い業種は、とりわけFacebookに適していない

・拡散されやすいコンテンツの3要素
 感動:ノンフィクションの感動秘話、家族や動物との絆、歴史上の美談
 発見:おもしろ雑学、最新ニュース、ユーザーへの提案
 共感:あるある話、体験談

・動画は無音再生を意識する
 約80%以上のもの動画が「無音」で再生されている
 講じておきたいものの1つは、動画に字幕を付けて、ユーザーの興味を誘い、理解を促す
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
読了:  2017年09月03日 星4つ
マネーフォワードの辻社長のお薦め。
フェイスブックが大きくなるまでの過程が詳細に記されていて、非常に興味深かった。同社といえば、マーク・ザッカ―バーグばかりが注目されるが、実は若くて超がつく優秀な仲間がいて初めて成り立っていたのだということがよくわかった。個人的には、ダスティン・モスコヴィッツみたいな人好き。ニュースフィードが導入当初デモが起きるほどにユーザーの反発を受けていたという事実は知らなかった。そのような状況でも、ユーザーにとって有益であるという信念を曲げずに、導入を断念しなかったザッカ―バーグはすごい。日本の普通の会社だったら腰砕けになっていたに違いない。(そんな仮定は意味ないけど。)

「モスコヴィッツとパーカーを得たことで、ザッカ―バーグは自らの才能をを補完する理想的なチームをつくることができた。モスコヴィッツはどんなスタートアップにも不可欠な人材だ。地に足のついた努力家のなんでも屋だ。彼はザ・フェイスブックの日々の運営と新しい大学にサービスを拡張するためのデータベース構築の責任者を務めた。システムをお守りするために必要なら、モスコヴィッツは徹夜も平気だった。」

「企業のリーダーたるものは、頭の中に枝分かれのツリーになって入っていなければならない。もしこれが起きればこっちへ行く。しかし別のことが起きれば、別のこの方向に行く、という具合にね。マークは本能的にそういうことができた。」

「ザ・フェイスブックの企業文化は大学の寮の形式ばらないカジュアルさが制度化されたような感じを与える。それが奇妙なことに、献身的ともいうべき仕事への激しい意欲を生んでいる。」
POWERS OF TWO 二人で一人の天才
読了:  2017年08月26日 星1つ
本書もどこで推薦されていたか忘れたが、図書館で予約していたらようやく順番が回ってきたもの。

「私たちは『孤高の天才』に憧れを抱く。驚異的なひらめき、非凡な才能。だが、それは幻想にすぎない。
 あらゆる分野の革新は、刺激し合い、補完し合う『クリエイティブ・ペア』が生み出してきた。天才たちは、1+1が無限大に感じる人とペアを組んで偉業を成し遂げてきた。
 一人では何もできないが、二人なら何でもできる。
 ―どうすれば、そういう人間関係を築けるだろう?」
この帯を読むと、ものすごく期待の高まるが、中身を読んでみたら期待外れ。全然面白くなかった。そして今後に生かせそうな話もなかった。

 そうは言っても、2か所だけ引用。
「直接のやり取りの大切さを最も顕著に物語るのは、バーチャルな交流から利益を得ている企業だろう。米ヤフーは従業員に、在宅勤務をやめてオフィスで働くように指示している。グーグルのパトリック・ピシェットCFO(当時)は在宅勤務をしている従業員がどのくらいいるかと聞かれて、『できるだけ少なくしている』と答えた。
 肝心なのは、言葉だけでなく体を使ったやり取りだ。非言語のコミュニケーションの重要さは十分に証明されている。複数の研究によると、体の仕草は言葉より4倍、有力なツールになる。」

「協力しすぎる弊害もある。2012年のある研究によると、感じがいい―信頼できる、率直、利他的、素直、謙虚、優しい―と思われている男性は、あまり思われていない男性に比べて、仕事の成果が約18%低かった。女性の場合は約5.5%と、もう少し小さいが優位な差が見られた。別の研究によると、過剰な身勝手さと同じくらい貧弱な見返りしかない。」
「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
中室牧子 , 津川友介 / ダイヤモンド社 (2017-02-17) / 1,728円161 users
読了:  2017年08月26日 星3つ
どこで推薦されていたか忘れた。図書館で予約していたらようやく順番が回ってきた。
大方分かっているつもりの内容ではあったが、たまに原点に返って復習するのも悪くない気がした。

因果推論の5ステップ
ステップ1 「原因」は何か
ステップ2 「結果」は何か
ステップ3 3つのチェックポイントを確認しよう
      (1)まったくの偶然ではないか
      (2)交絡因子が存在しないか
      (3)逆の因果関係は存在しないか
ステップ4 反事実を作り出そう
ステップ5 比較可能になるよう調整しよう
だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる
読了:  2017年08月19日 星3つ
 Webデザインのお勉強。


・ユーザーがトップページに滞在する時間はせいぜい20秒程度。
 →ローテーションバナーは4~5枚に厳選する。

・黄金比で作る、美しくも最適な”間”
 黄金比1:1.618(5:8)

・見ている領域と見ていない領域
 多くのユーザーが「Fの字」を描くように視線を移動している

・大量のバナーが閲覧性をかえって損なっていく

・ドロップダウンメニュー
 人間が一度に判断できる数は、7プライスマイナス2といわれているため、多くても9つ程度を限度にディレクトリー内の項目の数をコントロールするのが望ましい。

・グローバルな美の本来の目的は、いまの時代にそぐわない。

・Webコンテンツでは、本質・本題をタイトルに

・ルールを直観的にイメージできる情報配置
 Webサイトに記載される情報は一般的に横書きですから、テキストが左から右に読まれるように、情報配置的にも左から右へ流れていく方が自然に受け取られます。

・よくある質問の本質は迅速なユーザーサポート
→通常、サイトの内容いかんに関わらず、誰もが必ず確認するコンテンツ本体で、わかりやすくていねいに説明や利用方法などが記載されていれば、特殊なケースや例外的なケースを除き、一般的な質問・疑問は出てこない

・便利に見えて、逆に生産性を下げてしまう入力アイテムの使い方
 人間の目は左右につ並んでいるため、縦よりも横への注意力の方が勝っています。…
 実は、画面の中の情報は、横に長く羅列されているとかえって視認性を損ないます。縦方向に並べる方が視線の移動距離が格段に短く済み、情報を瞬時に理解しやすくなり、比較検討もしやすくなります。

・その先に何があるおか分からないようなボタンを押して喜ぶほどユーザは暇ではない。
言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)
橘 玲 / 新潮社 (2016-04-16) / - 106 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年08月19日 15時49分58秒 2017/08/19
読了:  2017年08月18日 星3つ
 前から気になっていた一冊。
 過去に読んだ「非才!」(才能よりも努力が重要であるという考え方)に影響を受けていただけに、人間を決定づけるのは、遺伝的、生物的要素が大きいことに衝撃を受けた。男女の性差についても、先日の黒川氏の説明を補完するものであった。

 結論だけを先にいうならば、論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能(IQ)の遺伝率は77%だ。これは、知能のちがい(頭の良し悪し)の7~8割は遺伝で説明できることを示している。

 これも結論だけを先に述べるが、さまざまな研究を総合して推計された統合失調症の遺伝率は双極性障害(躁うつ病)と並んで極めて高く、80%を超えている。遺伝率80%というのは「8割の子どもが病気にかかる」ということではないが、身長の遺伝率が66%、体重の遺伝率が74%であることを考えれば、どのような数字かある程度イメージできるだろう。

 犯罪心理学でサイコパスに分類されるような子どもの場合、その遺伝率は81%で、環境の影響は2割弱しかなかった。しかもその環境は、子育てではなく友だち関係のような「非共有環境」の影響とされた。
 この結果が正しいとすれば、子どもの極端な異常行動に対して親ができることはほとんどない。親の「責任」とは、たまたまその遺伝子を自分が持っており、それを子どもに伝えたということだけだ。

 現在では、妊婦中の喫煙は胎児の脳の発達に悪影響を及ぼすばかりでなく、高い攻撃性や行為障害を引き起こすことが知られている。

 話しているときに相手の目を見るひとは、知的な印象を与えるばかりか、実際に知能が高い。

 「男はモノを相手にした仕事を、女はひととかかわる仕事を好む」というキブツの大規模な社会実験の結果は、男女の志向のちがいが(男性中心主義的な)環境ではなく、脳の遺伝的・生理的な差から生じることを示している。男らしさや女らしさは進化が生み出した脳のプログラムなのだ。

 人は社会的な動物で、集団から排除されれば一人では生きていけないのだから、アイデンティティというのは集団(共同体)への帰属意識のことだ。”わたし”は「奴ら」に対する「俺たち」の一部で、「敵」を生み出すのはひとがひとであるための条件ともいえる。
 ヒトのオスが遠い祖先から受け継いだ遺伝的プログラムは、世界を内(俺たち)と外(奴ら)に分け、仲間同士の結束を高め、奴らを殺してなわばりを奪うことなのだ。
女子の貧困―週刊東洋経済eビジネス新書No.118
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年08月12日 12時09分52秒 2017/08/12
読了:  2017年08月12日 星2つ
かつて読んだ「最貧困女子」のような内容を期待したが、正直期待外れ。東洋経済の記事の寄せ集めで、深層が全く描かれていない。残念。
豊島区内に「夜の児童館」があるというのは身近に感じるとともに、従事する方々に感心した。
確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本)
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年08月11日 15時41分49秒 2017/08/11
読了:  2017年08月11日 星4つ
 森岡氏の著書を読むのは2冊目。1冊目も面白かったが、本書も相当に興味深かった。マーケティングや企画部門に所属する人は絶対に読んだ方がよいと思った。

・売上を規定する7つの基本要素
 認知率、配下率、過去購入率、エボークト・セットに入る率、1年間に購入する率、年間購入回数、平均購入金額

・プレミアム・プライシングは正しい
 それは、私が尊敬しているP&G世界本社の元CEOダーク・ヤーガーが残してくれた教えでもあります。その一番の根拠は、消費者を継続的に喜ばすために必要な原資を獲得するためには、プレミアム・プライシングでないと難しいということです。

・意志決定に「感情」は邪魔になる
 サイコパス性とは、感情的葛藤や人間関係のしがらみなどに迷うことなく、目的にたいして純粋に正しい行動を取れる性質。
 刑務所の中にいる凶悪なサイコパスと、非常によく似たサイコパス性(除く暴力性)を持つ人々が、大企業の重役に非常に多い
 サイコパスでなくても、正しい意志決定ができる人間にはなれる
 痛くなかったか?辛くなかったか?よく聞かれますが、きついに決まっているでしょう。あまりにも痛かったので、私は「人に好かれようなんてこれっぽっちも思わない」という鎧を着ることに決めたのです。それでも「心」はどうしても反応してしまうものです。USJに来てから毎冬のように血尿生活でした。悔しさで眠れずに、夜中に車で山の上に行って社内で絶叫したことも何度もありました。…
 何かを決めることは痛いのです。それは選ぶことだから。全員を喜ばせることができればいいのですが、ほとんどの場合はそうはいきません。意志決定とは、目的のために正しいことを選ぶことだからです。…全体の方向性を大きく変える時には、とりわけ激しい痛みを覚悟しなくてはならないのです。しかし、その痛みを自分で背負うことができない人は、より大切な目的のために、大切な別の何かを切り捨てることができません。だから結局は何も変えることができないのです。

・熱を込めて戦術で勝つ
 私にとって、最前線の現場を頻繁に視察して指示を出す最大の目的は、戦術の重要性を組織全体に浸透させて、戦術局面に従事する人々の士気を高めて良い仕事をしてもらうことです。私自身がどれだけ戦術を重要視しているか、私自身の勝ちへの執念、その「熱量」を現場に伝えるためです。
 「熱」は人に伝わるのです。人々の中心に立つリーダーの圧倒的な熱量は、直接それに触れた人から、その部下や周辺へ、そしてそのまた周辺へ、拡散していきます。

・購入決定は感情的である。
 「脳がない動物はたくさんいるが、身体のない脳はない。脳は身体感覚を運動にかえるコンバーターとして発達してきた。苦みという感覚、ウジ虫やゴキブリを見たときの嫌悪感、反道徳的な行動を見た時の心理、この3つが同じ脳回路を使っている事実がある。我々の行動のほとんど感覚に対する反射であり、もっともらしい理由はあとづけである」

・日下公人「すぐに未来予測ができるようになる62の法則」

・市場調査の本質と役割
 1)消費者の本質的なニーズはかわらない。変わるのは、そのニーズを満たすカテゴリー便益の製造方法と個々の消費者への便益の配達方法であり、そのカテゴリーを構成している我々のブランドである。我々の取り扱う、カテゴリー・ブランドに対する消費者のプレファレンスが我々の運命を握っている。

 2)1)の認識の下、中長期の未来に対しては、自身が取り扱っているカテゴリーとそのカテゴリーを含む上位商品群の本質を質的調査を基に見極める。次に、それを基礎に整合性を使いカテゴリー・上位商品群の法則性を見出す。

 3)現状・近未来においては、コンセプト・テスト、コンセプト・ユース・テストにより消費者の現状のプレファレンスを競合に対して相対的に知ることができる。この現状のプレファレンスを基に需要を予測し、効率のよい投資判断ができる。現状のプレファレンスの改善は、このテストの購入意向を重回帰分析することにより分かる。

・消費者データには、3つの注意すべき点がある
 1つ目は「代表性があるのか」という点です。…
 2つ目の問題は、代表性があっても全員ではないので、程度の差はあっても必ず「統計的な誤差を含む」という点です。…
 3つ目は消費者データ特有の問題で、「同じ質問でも、聞き方や状況などにより数値が変わる(これをバイアスと呼びます)」ということ。

・「仏の部分」を見つけ、現戦力で勝つ
 会社全体もそうですし、多くの部門やチームを率いるリーダーがよく口にする嘆きがあります。「部下の能力が低くて困っている」というものです。能力が足らない、経験が足らない、ヤル気が足らない、さまざまなケースがありますが、自分の抱えているチームの中に人材の質と量が足りないことを嘆く声は大きいかと。…
 私もそのような経験は痛いほど身に覚えがあります。しかし実際に多くの葛藤を常に抱えてきた中で、私の認識があまりのストレスによってある臨界に達しました。それは「結局、現行戦力で勝つしかない」という諦めでもあり、悟りでもあり、極めてどうしようもない現実を受け入れることにした時に起こった変化でした。
ロジカルデータ分析
高橋 威知郎 / 日経BP社 (2015-11-12) / - 5 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2017年08月06日 11時12分34秒 2017/08/06
読了:  2017年08月06日 星3つ
 データ分析のお勉強。この手の本でよくあるケースだが、本書を読んだからといって、すぐ実践できる気が全くしない。。。イメージは湧いたけど。

・データ分析の価値創造13のエッセンス
 1 データは集め過ぎよりも抜け・漏れに気をつける
 2 抜け・漏れはフレームワークで防ぐ
 3 内外のデータを組み合わせる
 4 感覚データを活用する
 5 素性の妖しい外部データは躊躇なく切り捨てる
 6 不安な内部データは”感覚データ”で補強する
 7 一流の分析者は”ありもの”で何とかする
 8 インフォメーションとインテリジェンスの違いを意識する
 9 インテリジェンスにはシンセシスが欠かせない
 10 データ分析の顧客は社外クライアントだけでない
 11 おもてなしは顧客価値である
 12 おすそわけは対価である
 13 利益変動は因数分解で考える

・CEBサイクル
 データ収集(data Collection)、要因抽出(factor Extraction)、(scenario Building)

・PPDACサイクル
 課題設定(Problem)、計画(Plan)、データ収集(Data)、インテリジェンス化(Analysis)、取りあえずの結論(Conclusion)

・実践編まとめ
 Phase1:シナリオ分析を実施しいくつかのシナリオとその対応策を考える。
 Phase2:どのような分析をすべきなのかを「C4I2」と「逆算アプローチ」で検討する。
 Phase3:「3Aサイクル」を使って「データ分析の価値創造の流れ」を環境に適応しながら実践する。
 ※C4I2:指揮統制(Comand&Control)=プレイヤー、通信(Communication)=プレイヤー間の関係、コンピュータ(Computers)=IT化、情報(infomation)=プレイヤー間に流れるデータ、相互運用性(Interoperability)=データを基にした連携行動
マーケティングオートメーション入門
読了:  2017年08月04日 星3つ
 MAのお勉強。

電通の「日本の広告費」によれば、2014年はテレビメディア広告費が1兆9564億円と図抜けているものの、2位には1兆519億円と初めて1兆円を超えたインターネット広告費がつけている。新聞は6057億円、雑誌は2500億円、ラジオは1272億円といった規模で、すでにインターネットに広告規模を抜かれて久しい。

 一斉配信に対して、行動ベースの個別配信では、開封率が57%アップ、クリック率が147%アップというデータが得られている。(マルケト著「エンゲージメントを高めるメールマーケティング完全ガイド」より)

 MAの大手としては、グローバルでは「Marketo」「Oracle B2B Cross Channel Marketing Platform」「HubSpot」が挙げられる。これら3つのツールで、導入サイト数のシェアの過半数を占めるという調査結果がある。

 日本エスリードでは、見込み客をまず現在の居住地で2つに分類した。売り出すマンションと同じ市内に住んでいるか、市外に住んでいるかである。すでに近隣に居住しているならば、環境や買い物、学校などの周辺情報はよく知っている。そうした地域環境的な情報よりも、間取りや建物の設備などを早く訴求したほうが効果的である。一方で、他の地域に居住している見込み客には地域環境のメリットを訴えて、売り出すマンションのエリアを検討対象にしてもらう必要がある。まずここでシナリオが分岐して、提供コンテンツが変わる。
 さらに、居住地の次に、子どもの年齢で2つに分類した。小学生以上の子どもがいる家族と、それ以外である。子どもがいなかったり、小学校に入学する前の子どもがいたりする家庭には、手頃な2LDKタイプの間取りを中心に訴求する。小学生以上の子どもがいる家族の場合は、子供部屋の必要性が迫っているため、3LDK以上のタイプの間取りをアピールする。

 しかし、One to Oneマーケティングを深追いすればするほど、対応するコンテンツの数は多くなる。スコアの無駄な加点も多くなる。天谷氏は「むやみにコンテンツを増やすのではなく、基本的にはこちらから何かのアクションが起こせるコンテンツを用意しようと考えている。世の中のすべての動きには対応できないから、今はインターネット上のホットな話題を分析して優先順位をつけながらシナリオに加える方法を試している。」と、コンテンツ拡充の方向性を説明する。
リアル行動ターゲティング
横山 隆治 , 楳田 良輝 / 日経BP社 (2015-12-03) / 1,944円14 users
読了:  2017年07月29日 星3つ
 デジタルマーケティングのお勉強。

 デジタルマーケティングとは、「マス、リアル、ネットの3領域を全てデジタルで統合し、ユーザー導線を効果的につくっていくこと」

 しかし、最も注目したいのが、ショッピングセンターや各種店舗内のデジタルサイネージである「インストアメディア」である。インストアメディアは、2020年には、550億円、2014年比で、なんと10倍まで急成長を遂げるとみているのだ。これは、年平均成長率では、交通広告が27.1%なのに対し、インストアメディアは46.8%となる計算である。

 また、これは自動車好きに限らないが、平成26年度の総務省統計によると、日々、ラジオを利用する人の聴取頻度は驚くほど長い。平日で見ると1日平均の利用時間は、全体で16分程度だが、「行為者」つまり、ラジオを聴く人の平均は約185分と10倍にもなる。
女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)
読了:  2017年07月25日 星5つ
 まさか脳に性差があるなんで夢にも思わなかった。なんでもっと早く本書を読まなかったんだろう。男性は絶対本書を読んだ方がよい。
 著者がAIを開発してきた人であり、女性。だから信憑性がある。

 先に、女性脳の対話スタイルと男性脳のそれは、話の方向が真逆だと述べたが、共感で回す女性脳と、問題解決(欠点の指摘)で回す男性脳は、回し方の感性の方向も真逆なのである。この二つがかみ合うわけがない。
 「なんだか、腰が痛くて」と妻に言われて、いきなり「医者に行ったのか」なんて返してないでしょうね?

 実は、女性脳は、「怖い」「ひどい」「つらい」などのストレスを伴う感情が起こるとき、ストレス信号が男性脳の何十倍も強く働き、何百倍も長く残るのである。そして、共感してもらうと、その余剰な信号が沈静化するようにできている。
 余剰な信号を起こす理由は、「危険な事態」を細大漏らさず記憶して、二度と同じ事態に自分を追い込まないための防衛手段だ。

 たとえば、よく「女性は感情的、男性は論理的」と言われるが、女性は「感情の一部がことさら強く働き、共感によって余剰ストレスを解消するメカニズムで日常の自己保全情報を獲得しているので、周囲の共感が得られなければ、余剰ストレスの処理に失敗し、感情的になるように見えることがある」というのが、私の見解である。

 多くの男性は、脳梁が細めで生まれ、男性脳型のビューセンサーを持ち、問題解決型の対話エンジンを育む。しかし、いくばくかの男性は、脳梁が太めで生まれる。イメージ(右脳)を顕在意識(左脳)に伝えやすいので、科学者やデザイナー、アーティスト、音楽家などに比較的多く存在すると考えられる。脳梁が太めの男子の中に、たまさか女性脳と同じ場所が連携する人たちがいて、共感型の対話エンジンを使い、女性並みに自意識が強かったりする。その中に、女性のようにふるまう人たちが現れる。そういうことのようである。

 私が、10歳くらいのときだったと思う。ある日の夕方、私は、母と大喧嘩をした。何が原因だったかすっかり忘れてしまったが、私は母の一貫しない態度に腹を立てて、理屈で追い詰めたのだ。母が涙を見せたので、私はそれを卑怯だと感じて、ますます腹を立てていた。
 そこへ、父が帰宅した。私は、父の秘蔵っ子だったし、私の言い分のほうがどう考えても正しかったので、私は、ぜったいに私の味方をしてくれると信じて疑わなかった。
 しかし、私の言い分を聞いた父は、きっぱりとこう言ったのだ。「どっちが正しいかは、俺は知らん。だが、おまえに言っておきたいことがある。この家は母さんが幸せになる家だ。おまえが正しいかどうかは関係ない。母さんを泣かせた時点で
、お前の負けだ」
 私は、心底びっくりして、次に清々しい気持ちになった。ネガティブな感情はいっさいなかった。だって、このときの父は、最高にかっこよかったもの。私は、ただ、「私も早く、自分が幸せになる家を持とう」と思っただけ。
 このとき、父が私に教えてくれたことは、男は、ひとりの女を妻と決めたら、ゆるぎなく愛するものであるということ。「私の中の正しさ」なんて、その大きな愛に比べたら、うんと些細なことだということ。」
 父がそのとき、私の味方をしていたら、そして、母の悪口なにかを言い添えていたら、私は、きっと慢心して、父の歓心を買うような嫌な娘になっていたと思う。長じれば、増幅する自我に苦しみながら、他人の評価を気にするう女になっていたはずだ。

 世の中、思惑どおりにいかないから面白い。人工知能と長年つき合うと、そんな気になってくる。そして、そう思うと、たいていの「こうあるべき」は消えてしまう。脳が違えば正義も違う。そうとわかればいくらでも戦略が立てられる。知識が人をがんじがらめにしてしまう今の時代に、人は知でしかリラックスできない。知ることは、本当に大切なことである。
 
 断食したり、滝に打たれたり、坐禅でつらい思いをすることは、男性脳にとってのみ意義がある。
 闘争心や好奇心をかきたてる男性ホルモン・テストステロンは、美女に誘惑されれば当然分泌されるわけだけれども、生理的な危機に瀕しても分泌される。ひもじい、寒い、つらい、痛いなどを強く感じると分泌が促されるといわれる。

 男たちに、「ぼうっと時間」をゆるさないと、世界観の狭い、戦略の立てられない男になってしまう。男の子のそれをゆるさないと、理系の能力が伸びない、2015年にノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章氏は、「休日はどうされていますか」というテレビの取材に対して「僕は、日曜日一日、使いものにならない」と答えていた。さすが、天才理系脳、「ぼうっと時間」の規模が違う。
 男の妻である人や、男の母である人が、最も肝に銘じなくてはいけないのは、「男のぼうっと時間を、できるだけ放っておく」ということである。息子のいる方は、このページだけでも奥さまに見せて、理解をしてもらったほうがいい。
 我が家の息子は筋金入りの「ぼうっと坊や」だったから、母親としては、「早くしなさい」を言わずにいるのに忍耐を要した。

 男女の脳では、「検討する」ということばの意味が違う。
 女性脳にとって、「検討する」とは、感じ尽くすことだ。その商品を使うときの、あらゆるシーンを一瞬のうちに想起する。
 …
 一方、男性脳にとっての「検討する」とは、比較検討のことをいう。あらゆる方向性の類似商品と比較して、その商品の全体における位置づけと個性を見極めたいのだ。

 イノッチは後輩たちに、最低でも三種類くらいの相づちを用意して、それをうまく組み合わせて使え、と教えるそうだ。
 私も昔から、相づちには「あいうえお」を使えと言い続けてきた。「あ~、そうなの」「いいね、それ」「うんうん、そうなんだ」「え、そうなの!?」「お、そうきたか」のように。あいうえおの感嘆詞をつけてみると、相づちのバリエーションは一気に広がる。
顧客視点の企業戦略 -アンバサダープログラム的思考-
藤崎実 , 徳力基彦 / 宣伝会議 (2017-03-01) / 1,944円15 users
読了:  2017年07月22日 星3つ
前半の解説部分はほとんど価値がないが、各企業のインタビューは非常に興味深かった。

・現状把握のための調査
 ・グーグル、ヤフー、ツイッター、インスタグラムの検索ボックスで自社の商品やサービス名について検索してみる
 →みるべき要素
 ・自分たちの顧客がどれぐらい自社の情報をシェアしてくれているか
 ・そのシェアはポジティブが多いのかネガティブが多いのか
 ・どういった内容の投稿が多いのか
 ・競合他社に比べて投稿は多いのか少ないのか
 ・競合他社に比べてポジティブな内容が多いのか少ないのか

・口コミ活性化の公式=「シーン」×「シカケ」×「シクミ」

・ネスレ日本
 もちろん被災地は大変な状況でしたが、コーヒーマシンによって、仮設住宅がいわばカフェのようになったのです。その時、「人が集まる場所にコーヒーマシンを置かせてもらうことで、みなさんに心から喜んでもらえるんだ」「やっぱりコーヒーには、人に和んでもらえる力があるんだな」と実感しました。それが「ネスカフェ アンバサダー」プログラムの一つのヒントになっています。

 私も今までいろいろなグループインタビューやイベントに参加してきましたが、アンバサダー同士の集まりほど盛り上がる座談会やインタビューはありません。

・ルンバ
 広告は認知度を高めるのに適していて、クチコミは「納得感」の土台になります。

・カルビー
 カルビーには毎年「じゃがりこ」のファンからの手紙がたくさん届きますが、その中で手書きの手紙に対しては、「じゃがりこ」の担当者が一通一通、手書きで返事を書く習慣を続けています。カルビーが手紙での対応を続けている理由は、こうした地道な積み重ねがファンとの絆づくりになると考えているためです。この習慣は1995年の「じゃがりこ」発売時から今日まで続けられています。そして手書きの手紙を始めて10年後に企画されたのが「それいけ!じゃがり校」です。

・セオドア・レビット「マーケティング近視眼」
 「顧客は商品を買うのではない。その商品が提供するベネフィットを購入しているのだ」
はじめてでもよくわかる!  デジタルマーケティング集中講義
読了:  2017年07月17日 星3つ
デジタルマーケティングのお勉強。

・人間の4つの根本的欲求モデル
 潜在的意識×脅威:「快適さ」
 意識的×脅威:「つながり」
 潜在的意識×機会:「多様性」
 意識的×機会:「独自性」

・DAU(Daily Active Users):1日に1回以上利用したユーザーのこと

・下記の項目を信用する人の割合(ニールセン)
 知人の紹介:80%
インターネット上の消費者の口コミ:70%
新聞の社説・コラム:68%
テレビ広告:67%
モバイル広告:48%

・競合サイトを知るツール:SimilarWeb

・コンテンツをつくるツール
 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
 共起語検索
 Answer The Public
リーンブランディング ―リーンスタートアップによるブランド構築 (THE LEAN SERIES)
読了:  2017年07月15日 星3つ
リーン最高。

製品は単に機能するだけではなく、その体験も良くなければならない。

コア製品を取り巻くシンボルに基づいて消費者の第一印象が決まる。

コンテスト/賞品/無料トライアル/プレゼント。「無料」という言葉に魅力を感じない人はいません。これは人の注目を集める世界共通の方法であり、うまく実装できれば、そのブランドは注目とコンバージョンを集めることができますこれはフォロワーを煽ったりたぶらかしたりするのとは違います。合法的であること、スパムの印象を与えないことは、ブランドを成功させるための最低条件です。

ブログブースター
特別割引を与える。最重要の顧客向けには予算が許すかぎり、エンゲージメントのフックになる割引を用意します。この顧客に求める行動を起こしてもらうには、「その割引が誰にでも与えられるものではない」と明確にするのが重要です。この手法は、サンプリングにも使えます。例えば新しい顧客の心理的抵抗を超えて製品を試してもらうような場合です。このような特別割引が効果的なわけは、特別でユニークで価値ある体験をしていると感じることが、人間の判断の強力な誘引にな
るからに他なりません。「特別」と示すことで感謝のシグナルが伝わり、相手もお返しをしようという気持ちになり、こちらが求める行動をしようという気になってくれるわけです。

潜在顧客には「忙しい人」、「もっと忙しい人」、「もっとも忙しい人」の3種類しかいない。この問題を突破できないなら、あとは死を待つのみ。

成長をハックするシンプルなパートナーシップ
共同割引を提供する。別のブランドのユーザーがあなたの製品を(おそらくは無料で?)優先的に使えるランディングページを作成します。
スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール
ケリー・マクゴニガル / 日経BP社 (2016-10-06) / 1,728円103 users
読了:  2017年07月15日 星3つ
 序盤は駄本かなと思って読むのを止めてしまおうと思ったが、後半は意外と良いことが書いてあった。


「自分の行動の結果どんな被害があったのか」知る代わりに、「なぜそれが起きたのか」と言い訳する。そして「相手は何をしてほしいのか」「何を必要としているのか」について話す機会を与えないまま、自分だけどんどん先に進もうとしてしまうのです。

「仕事をやる気が起きない」と不満を言う時は、大抵の場合、自分が持っている強い意欲・やる気を満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

 すべての人が持っている「最も基本的な、前向きなモチベーション」は次の3つです。
①関係性:他者やコミュニティー、大切にしている目的・目標とのつながりを感じること。
②自主性:人生の質を左右するような行動や選択を自由に取れること。自分の意思で取った行動や選択が、大切にしていることと一致していれば、目標を達成する助けになる。
③熟練:取り組んでいることに対する能力があり、貢献できるものがあることが自分でもわかっていて、個人的に満足できるような上達や学びがあること。

 一番大事なことは、「きっと成功するだろう」ことを当然と思うような、思い上った自信ではないのです。それよりも大事なことは、心理学者たちが「自己効力感」と呼ぶものです。
 「自己効力感」とは、「直面する試練は、ハードワークや周囲からの助けなど、自分が持っているものすべてを使って乗り越えられる」という信念のことです。
 強い自己効力感を持つ人たちは多くの場合、「謙遜」と「自信」をバランスよく持ち合わせています。

 まず理解すべきなのは、「不安というものは、私たちが全力で頑張れるように仕向けてくれるものである」ということです。緊張した時に現れる症状や感覚を、いくつか考えてみてください。心臓が高鳴り、息は荒く、速くなり、急に汗が噴き出てくる。そわそわしたり、イライラしたり、妙に興奮してしまう。こうした症状すべてが、あなたを成功へと導くためのエネルギーを、身体と脳が与えてくれる”サイン”なのです。こうした身体的な症状は「チャレンジ反応」と呼ばれる反応の1つで、「大切なことを達成するのに必要な力をまとめる」という、生物学的な本能なのです。

 このようにストレスは、個人の成長、精神的な探索、魂の探求を触発するものとなり得るのです。”人生の意義”はストレス環境そのものにあるわけではなく、私たちの内に呼び起こされるプロセスにあるのです。「人生に意義を見いだすこと」は、ストレスに反応した結果です。

 不安や憂鬱を和らげ、そこから回復する力を生み出すのに最も効果的なのは、運動やスポーツ、散歩、友達や家族・ペットと過ごす時間、マッサージ、瞑想、ヨガ、お祈り、祭祀への参加、ボランティア活動や他人の手助け、クリエーティブな趣味に費やす時間だということが、科学的に証明されています。
 …飲酒やテレビ鑑賞といった”逃避する方法”と違って、前述した”効果的な方法”には、「自分自身へのセルフケア」や「自己よりも大きな存在とつながること」が関わっています。

 最新の研究結果によって明らかになったのは、「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」ということです。人はストレスの経験から学び、成長することができる。そして勇気や思いやりを持つこともできるのです。

 成長思考では、「挫折は避けられないもの」と考え、障害にぶつかった時には、「持てる力を最大限に発揮すべき時が来た」と考えます。逆境はレジリエンスを強化してくれます。

 挫折や逆境から力を得るために効く方法の1つが、自分の人生の物語を綴ることです。

 神経科学者によれば、共感を感じる脳の最も基本的な組織―他人が何を考え、何を感じるか理解するのを助ける神経細胞「ミラー細胞」―は、高い地位に就くと、その権力が恣意的なものであろうが一時的なものであろうが、機能が損なわれることが分かってきたのです。
最新マーケティングの教科書 2017(日経B Pムック) (日経BPムック)
読了:  2017年07月08日 星3つ
 本書は、日経デジタルマーケティングという雑誌の記事を再構成したもの。この手の分野は書籍より雑誌がいいですね。勉強になりました。特に他社事例。
 また、「参考になる本」が興味深そうなタイトルばかりだった。

・資生堂
 トレジャーデータのクラウド型プライベートDMPを導入
 現在は約15万人がLINEのアカウントとワタシプラスのIDを接続
・クレディセゾン
 2016年4月にセゾンDMPを設置
 このDMPにカード会員情報、過去13カ月分のカード利用データ、ポイントサイト「永久不滅.com」の利用履歴などを取り込んだ。
 セゾンPortalは150万件以上ダウンロード
・スターバックス
 スマホアプリ2016年5月の提供開始から半年以内で100万件達成できる見込み

・インバウンドマーケティングの特徴
 商品としては、価格が比較的高くて、購入を決断するまでに時間をかける商品が向いています。消費者向けでいえば、不動産、宝飾品、クルマなどでしょうか。…逆に、価格が安くて、競合商品とそれほど機能に違いがなく、どこでも買えるような商品にはあまり向きません。
 業態としては、潤沢なマーケティング予算を持つ大企業よりも、マーケティングにそれほど予算を回せない中小企業のほうが向いていると思います。
人工知能が変える仕事の未来
野村 直之 / 日本経済新聞出版社 (2016-11-16) / 2,376円46 users
読了:  2017年07月07日 星3つ
 最近「AI」という言葉を目にしない日はないが、それが何なのか、よくわからないというのが実際のところ。本書は、AI研究の第一人者が幅広くAI最前線・将来について解説してくれている。


「知能が明確に定義できていないのに、その人造版=人工知能が定義できるわけがない」

「強いAI」とは、…、「人間の脳と同じふるまい、原理の知能を作る」ことを目指すAI研究のことを指します。「弱いAI」は、「人間の能力を補佐・拡大する仕組みを作る」ことを目指す

 人間は人間の得意な新たな判定により機械向けのトレーニングデータという副産物を作りつつ本業をこなし、機械は人間たちの判断に対して、広さ(カバレージ)と精度を補完する。これが人間と機械の役割分担の基本戦略としてよさそうです。

 「APIエコノミー」という表現が2015年時点でかなり浸透している米国では、「APIをもたない企業なんてインターネットにアクセスできないコンピュータのようなものだ。かつてなら電話やメールアドレスをもたない企業みたいだ」という言い方がされています。

・AIの置き換えの実現に際して必要な検討
 ・まず可能な限りプロセス・チェーンのモデルを精密化すること。
 ・少なくとも、人間が担った場合に比肩できる処理の精度、速度、費用対効果を達成できること。
 ・あるイベントやファンクションが生成するデータ量、処理量の規模のバランスが著しく崩れ、無駄な時間待ちが発生しないこと。あるいは、その欠点を補い、ひとつのAIが、複数のプロセス・チェーンに時分割で利用されるように、経済性を改善できること。

 この新知識創造を含む、情報の解釈、理解の仕組みは、常に一定の動きをするわけではなく、その人のその時の願望、情報提供者への信頼、解釈して発言・行動しないと恥ずかしい事態にならないかとの懸念、意識的・無意識的な競争・忠誠・愛などの感情、意識、そして、様々なコンディションによって働きが大きく左右されます。
 これを「ヒトの学習」と呼ぶならば、ディープラーニング流の「学習」とはずいぶん違います。ディープラーニングは、「生データとその正解ラベルや別の生データの対応関係をトレーニング。人間があらかじめ与えた正解を出さずに失敗したときには正解に至る確率を上げるべく、各層間の結合線上の重みを調整する」というやり方で学習が進みます。「学習」と呼ぶより、「調教」、あるいは「トレーニング」と呼ぶのが相応しいでしょう。

 従来存在しなかった、AIを活かした新サービス、新製品は、次の要件が満たされて初めて出現します。
 ・ニーズが存在
 ・AIのおかげでコストダウン、スピードアップ、精度・性能が向上
 ・ニーズとその具体的実現方法を結び付ける技術、サービス提供の仕組みを、利益の出るコストで実現するアイディアの存在

 既存サービスの利用者から見れば、AIによる改善ポイントは、…早い、安い、うまい(高精度・高機能・高品位など)、という3つの形容詞にこめることができます。

 1to1マーケティングで最も重要なのは、身もふたもない次のポイントです。
 1to1マーケティングの目的:
 「新規顧客の開拓は(補充以外)は行わず、既存顧客層の忠誠心を高め、その顧客が死ぬまでの生涯購買金額(=LTV)を最大化すること」

 1to1マーケティングでは個別の施策を考える前に、本質的に次のIDICすなわち、
 Identify(一人ひとり、一社一社の顧客を認識すること)
 Differeiate(各顧客の好み、個別ニーズ、その変化に応じて商品・サービスを差別化)
 Interact(顧客と個別に情報のやりとり、アクションのかけあいを行うこと)
 Customize(顧客に発信する情報や、商品・サービスの提供プロセスをカスタマイズする)
 の4つの行動で、顧客と接するべきことを押さえる必要があります。

 「なぜ?」を考えられる人であれば、よほど完全に機械の部品として仕事させられているような職場以外では、どんな業界、職種、地位であっても生き残れる。そして、純粋に「なぜ?」を発しつづけられるように、子供のように素直な好奇心、上から与えられた現状に甘んじずに、より良い環境や成果物を作り上げようという、人間らしいモチベーションを自ら育成することがAIより優位に立つ上で大事でしょう。

・なぜ働くのかという問いへの回答により、人間とAIの根本的な違いを知る
 1.働くことは、お金をもたらす。工夫すれば楽しさも得られる。
 2.働くことは、明確な目標をもたらす。
 3.働くことは、出会いをもたらす。一期一会の出会いで人生が変わり得る。
 4.働くことは、学びをもたらす。
 5.働くことは、信用をもたらす。
 6.働くことは、自信をもたらす。
 この中のひとつとして、本来の意味で、AIに該当するものはなさそうです。
絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み
株式会社アンク / 翔泳社 (2015-07-17) / 2,786円13 users
読了:  2017年07月01日 星3つ
 ITインフラのお勉強。
 先に読んだ著書は抽象度が高く、いま一つイメージが湧きにくかったが、本書の方が、具体的でわかりやすかった印象。

 IIS(Internet Infomation Service)は、マイクロソフトが開発したWebサーバーで、Windows ServerおよびWindows2000以降のクライアント版OSに附属してきます。このIISには、いわゆるWebコンテンツにおける「静的コンテンツ」「動的コンテンツ」それぞれの処理に対応できるよう、リクエストに応じてサーバーから外部プログラムを呼び出すCGIやHTML内に記述されたスクリプトをサーバー上で実行するASP.NETといった仕組みが内包されています。

 マイクロソフトのWebサービスは、.asmxという拡張子が付いたファイルです。作成したWebサービスは先に述べたIISを通して公開できます。また、利用するにあたっては、ASP.NETやJavaScriptを使って、目的に合致するWebサービスをWebアプリケーションの開発に組み込むことができます。その通信によく利用されるのが、SOAPやRESTといった技術です。

 SOAPとは、このWebサービスにおけるメッセージの標準フォーマットを規定したプロトコルの一種で、WebアプリケーションのWebサービスの呼び出し、XML形式の戻り値の処理等を行います。

 SOAPは拡張性に優れる半面、複雑な面もあるため、昨今はRESTという形式もよく利用されています。RESTは、URLにパラメータを付けてアクセスすることによって、XMLデータを操作するというもので、簡易なインターフェースでコードもシンプルなため、開発や操作が簡単です。また、このRESTの仕様に従って実装されたWebサービスのことをRESTful Webサービスと呼び、AmazonやYahoo!などが提供するAPIにも使用されています。

 JSONは、XMLのような、データ交換を行う際に用いられるデータ形式の一種です。戻り値はJavaScript(ECMAScript)の仕様に基づいており、JavaScriptのeval関数で解析可能なメッセージなので、XML形式と比べて、JavaScriptからの利用がとても便利です。

 IISでは各サイトに次のような認証方法を設定できます。
・匿名認証
 「認証を行わない」という設定。
・基本認証(Basic認証)
 ユーザーIDとパスワードを入力して認証する方法。ほぼすべてのブラウザが対応しているという利点があります。
 しかし、入力したユーザー情報がクリアテキスト(暗号化されない状態)のままネットワーク上に送信されるため、セキュリティとしてはかなり低いものになります。
・ダイジェスト認証
 基本認証と同様の認証方法ですが、パスワードをハッシュと呼ばれる解読不能な値に暗号化して送信する点が異なっており、改ざんや盗聴を防止することができます。
・統合Windows認証
 基本認証のように最初にIDとパスワードの入力をする必要はなく、各クライアントのPCにログオンした際のユーザーIDおよびパスワードが自動的にサーバーへ送信され、認証に失敗すると再度情報を求められます。このとき、ブラウザとWebサーバーのあいだでハッシュ化されたパスワードを交換しています。
 
絵で見てわかるITインフラの仕組み (DB SELECTION)
読了:  2017年06月30日 星3つ
ITインフラのお勉強。

・帯域とは
 本来は、周波数帯域の事を指しますが、ITインフラで呼ばれる場合は少し異なり、帯域とはデータ転送能力を指します。帯域は、「一度にデータを送る事ができるデータの幅(転送幅)」×「1秒間に何回送る事ができるか(転送回数)」で決まります。また、帯域は「スループット」と呼びます。

・プロセスとスレッド
プロセス メリット  個々の処理の独立性が高い
     デメリット 生成時のCPU負荷が高い
スレッド メリット  生成時の負荷が低い
     デメリット メモリ空間が共有されるため、意図しないデータの読み書きが発生し得る

・同期/非同期とは
 2000年台中盤からGoogleマップなどAjax(Asynchronous JavaScript+XML)を使ったWebサービスが数多く登場し、「非同期」というキーワードを耳にする機会が増えたように感じます。Ajaxの「A」は「非同期」という意味です。
 同期は他人に用事を依頼してから終わるまで何もせずに待つため、その間にほかのことをできないが、依頼した用事が終わったかどうかを確実に確認できる
 非同期は終わるまで待たないので、並列で用事をすることができるが、依頼した用事が終わったかどうかを確認したい場合は別途確認しないといけない

・ポーリング
 定期的な問合せ。定期的に問い合わせることで、相手がどんな状態なのか、どんな要望を持っているのかを知ります。

・耐障害性
 故障、障害によりサービス停止が起こりにくいこと
 故障、障害が発生しても復旧できること
 →コンポーネントの冗長化
 故障、障害が発生したことを検知できること
 →コンポーネントの監視
 故障、障害が発生しても、データが保護されること
 →データのバックアップ
すべてわかるセキュリティ大全2017 (日経BPムック)
日経コンピュータ / 日経BP社 (2016-06-16) / 3,024円11 users
読了:  2017年06月24日 星3つ
セキュリティのお勉強。


 PCやサーバーなどで使われるコンピュータOSでは、プログラムは必要最小限のデータやハードウェアリソースのみにアクセスできる「最小権限の原則」に従って、セキュリティを重視した設計がなされている。例えば、非特権ユーザーのようにプログラムごとに実行ユーザーを分離するといった設計手法がとられている。また、アンチウイルスソフトやファイアウォールソフトに代表される各種セキュリティソフトが提供されている。
 一方、IoT機器用OSでは、スマートフォンなどの一部を除けば、ハードウエアリソースの制約のため最小権限の原則が採用されておらず、すべてのプロセスが特権モードで稼働していることもある。さらに、セキュリティソフトの提供もほとんどない。この状況では、プログラムに一つでも脆弱性が見つかれば、そこを突かれてIoT機器へ侵入され、全ての権限が奪取されることになる。

 知られていない脆弱性がIoT機器に潜在する可能性があることを考えると、サイバー攻撃により莫大な損害を被ることや、人命に危害が及ぶ事態に陥ることも予想される。このためIoT機器がインターネットなどの外部から直接操作できる状況にあることは極めて危険である。その対策の1つとして「エアギャップ」と呼ばれる物理的な隔離手法がある。

 セキュアなリモートアクセスの構築方法
・SSL-VPN:一般的なSSL/TLSプロトコルを利用してセッション層で仮想通信路を構築するプロトコル。
・IPsec:1対1の通信をIPレベル(ネットワーク層)で暗号化するプロトコル。認証やデータ自体の暗号化、送信元と宛先の完全性の保証などから構成される。クライアントにIPsecのクライアントソフトをインストールする必要がある。
・VPNサービス利用:事業者のサービスを使って接続する。公衆網を使って事業者のアクセスポイントまでアクセスし、そのアクセスポイントで認証を行う。
なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか?
読了:  2017年06月22日 星3つ
 ECサイトのお勉強。


 注文した商品のパッケージに同梱された店からのメッセージ。この力を過小評価してはいけない。

 人によっては、コンセプトなんて商売には関係ないという人がいるかもしれない。
 しかし、僕の経験上、ECサイトにコンセプトは必須だ。
 それを僕は、よく人間の「人格」に当たるものだと説明している。あなたのお店でモノを買ってもらう、あるいは一度買ってくれた顧客に再来店してもらう、そこには顧客にとってあなたのお店で買わなければならない、明確な「理由」が必要だ。

 「小さなECサイトが成功するためには、素晴らしい製品と同じくらい、素晴らしいストーリーが大切だと思う。小さな企業には製品という物理的なレベルだけではなく、感情レベルで顧客とのつながりをもたなければならない。製品をオンラインでのみ販売する場合、顧客のほとんどは購入前に製品に触れる機会がない。だから製品と同じくらい、ストーリーにも共感してもらえないと売れないんだよ。」

 バートン氏は自身の経験から、顧客のターゲットを「女性のために宝石を買う男性」に定めた。そして、経営の効率を進めるため、オンラインのみでの販売を決断。顧客が宝石を買いなれていないことを前提に、サイトにおけるダイヤモンドの情報ページを充実させることにした。それは、高価な商品を買うことに対する「不安」を「安心」に変える唯一の材料が、「十分な情報」であることを、身をもって学んでいたからである。
 ECサイトでは、「EDUCATION(教育)」のコーナーを設け、宝石についての情報を提供している。そして、この「EDUCATION」コーナーの情報量が半端ではない。ダイヤモンドだけでも、「認定」「シェイプ」「透明度」「カット」「カラット」など、いくつもの項目に分けて、図解や動画を使って詳しい説明をしている。
 Blue Nileの顧客はダイヤモンドを購入する前に、平均して3週間以上も同サイトで「学習」し、200ページ以上の情報に目を通すという。24時間対応のカスタマーサービスに電話をして、わからない点を直接聞いてくる顧客も少なくない。

 「顧客とは誰か」を見定めるときには、顧客がどのような動機や理由、心情で自分たちの店を使ってくれているのかに視線を向けてほしい。
あなたの職場にも必ずいる! 「打たれ弱い部下」を活かす技術
小倉 広 / PHP研究所 (2013-07-25) / 1,512円5 users
読了:  2017年06月13日 星3つ
 過去にも何冊か読んだが、書かれている内容が実践的で好き。 
 著者の奥様のエピソードはさもありなんと笑ってしまった。

 よく「いいところだけを見つめる。悪いところは目をつぶるべきだ」などという人がいますが、私はそうは思いません。それは簡単なことではないからです。
 仮に悪いところに目をつぶったところで、やはり私たちは我慢できなくなるものです。…
 そうではなく、「いい面も悪い面もセットで相手を認める」のです。
 そのためには、前提として「あらゆる人間は不完全である」ということを認めなくてはなりません。そして、一歩その見方を前に進めて「人間は不完全であるからこそ魅力的である」と考えるのです。

 たとえば、「君は優秀だね」「よくがんばったね」といった褒め言葉は、考えてみれば、明らかに「上から目線」の発言です。
 …
 ここで唯一彼らに対して有効な褒め方というのは、「認める」ということです。

 それは、新幹線の時間に間に合わないかもしれないというギリギリの状況でした。そんな私の焦りを知るはずもない妻が気軽に話しかけてきました。
「ちょっとあなた、聞いてよ!」
「どうしたの?」
 内心、焦っているのですが、妻との会話を大事にしなくてはならない、と考えている私はムリに平静を装って振り返りました。すると妻は、何とも意外な言葉を私に投げかけてきたのです。
「ご近所の山田さん、分別ゴミの日なのに、そうじゃないゴミまで捨てていくのよ!ひどいでしょ!!」
 こんなに忙しくしている私に話しかけてくるのですから、「よほどの緊急事態か?」と思いきや、妻はこんなに呑気なことを言い始めたのです。
「そんなことどうでもいいだろ。今そんなことを聞いてる暇はないんだよ!」と私は思いました。しかし、私はコミュニケーションの先生です。「どうでもいいだろ!」と答えるわけにもいかず、内心イライラしながらも、ぐっとのみ込み、こう言いました。
「そ、そうか。よし、わかった。じゃあ、今から僕が山田さんにちゃんと言ってくるよ」
 ところが、妻から返ってきたのは予想外の一言でした。
「ちょっと、何いってんのよ!余計なことしないでよ!!」
 山田さんならまだしも、なぜか私が激しく叱られてしまったのです。
 ―余計なことって……、こっちはお前のために、しかもこのクソ忙しいときに、わざわざ問題を解決してあげようとしたんじゃないか!!私はこみあげる怒りをぐっとこらえて、こう続けました。
「わかった、わかった。直接言ったんじゃ角が立つな。じゃあ清掃局に電話をするよ」
 するとまともや予想外の反応です。
「何言ってんの、バカじゃないの!!」
 さらに妻は激怒してしまいました。

 この共感は部下たちのプロセス行動=努力へ対しての共感であり、決して愚痴や不満の「中身」に対する共感ではありません。

 打たれ弱い人間とは、「不完全な自分を認めることができない」人間のことである。

 打たれ強い人間とは、決して完全無欠な人間などではない。
 そうではなく「不完全な自分を認める勇気がある」人間である。
 そして同時に、「不完全な他人を認める勇気がある」人間である。
 
 only if(○○ができれば私はOK。あなたもOK)ではなく、
even if(たとえ○○ができなくても私はOK。あなたもOK)で生きること。
 これこそが、真に強い人間である。
10分の面談で部下を伸ばす法
山根 孝一 / アニモ出版 (2013-08-08) / 1,512円8 users
読了:  2017年06月12日 星3つ
・面談を成功させるポイント
 ①問題解決力
 ②傾聴力
 ③動機づけする力
 ④信念

・謝る、称賛する、感謝する

プロフィール
<<2017年11月>>
登録数9 件
購入金額- 円
読了数8 冊
購入金額 (月別)
  • 4000
  • 3000
  • 2000
  • 1000
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(9)
hiroc  hiroc
toyos  toyos
tyoko  tyoko

©2007-2017 2319chanのバインダー