メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「週刊文春」編集長の仕事術
Amazon価格: - 円 (2017年05月28日 04時33分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


rainyshu rainyshu ウィッシュ  
alfa3733 alfa3733 星4つ 組織論、リーダーシップ論、人脈の作り方、RMのあり方、などなど、ビジネス書として参考/勉強になるエピソード多数。文章も上手く飽きさせない。しかし、社会的意義と仕事のモチベーションを結びつける納得感のある論理に対し、人間に対する好奇心を満たす「スクープ」は上手くハマるのか、という疑問が頭から消えず白けてしまう。テレビ新聞をはじめとするその他メディアがリスク回避と自己規制の嵐で役割を果たさない中、タブーとリスクを恐れない文春の姿勢は貴重であるが、その対象は何であるべきか? 著者自ら収益と大義のバラ...
tara1956 tara1956 メモ[続きを読む]
sanctus5est sanctus5est <メモ> ・「おもしろがる」気持ちがスキルやノウハウよりも大切 ・世の中の空気を肌で感じ、あらゆるモノゴトに敏感になること。それが、全ての原点である。 ・週刊誌作りの原点は「人間への興味」 ・本当の信頼関係は、やっぱり直接会わないとうまれない ・「信頼できる人が信頼している人は信頼できる」という法則 ・どんな組織でもトップと広報に会えばたいていのことはわかる ・すごい人ほど、動きは速い ・ひとつの事象でも、いろいろなアプローチがある ・大切なのは、思いつきをそのままにしておかないということ ・企画を考...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist