メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
鬼速PDCA
Amazon価格: - 円 (2017年10月23日 18時36分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


solo_el_fin solo_el_fin 2017/1/7 Kindle日替わりセール 鬼速PDCAフェスティバルの開幕だぜ! - toricago http://toricago.hatenablog.com/entry/2017/02/18/093000
mei3gui4 mei3gui4 星3つ 「PDCA」というフレームワークは、仕事はもちろんのこと、それ以外の私的なことにも効果を発揮するというのは同感である。本書を読んで、さらに活用しようという気になった。また、「PDCA」の「A」は、一般的には「改善」と捉えるが、良いところを伸ばす「伸長」という意味が薄れるので「改善」ではなく「調整」と捉える考え方は、その通りだと思う。本筋とはズレるが、「流れ星理論」や「ノミの実験」は、印象に残った。
hashiryu hashiryu 内容紹介 PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(調整)の4ステップからなるPDCAサイクルは、ビジネスパーソンであれば誰もが知る古典的なフレームワークだ。 しかし、PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、そして基本だと言われているのに実践している人が少ないフレームワークも珍しい。 PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると、仕事に一切の迷いや不安がなくなる。そして、常にモチベーションを保ったまま、天井知らずに成果をあげられるのだ。
naotakusoushin naotakusoushin 星4つ よく言うPDCAという言葉だけど、分かっているようで分かっていないフレームワーク(自分だけ?)。これを実行レベルまで落とし込んで解説してある。まずは本書に書かれている通りやってみるのが吉かも。
n_chido n_chido セール購入
jahpan jahpan 星3つ 【16_210】 【内容】 ■革新性:4:あるようでなかった書籍テーマ『PDCA』を独自解釈で磨きをかけている ■明瞭性:3:一定の分かりやすさあり、ただし課題案、DO、TODO、KDIの違いが分かりづらいなどもっと分かり易さが欲しい ■応用性:4:具体的な活用方法が示されており、本気で手間と時間をとれば実践可能(ただし、少し細かすぎるきらいも) ■著書プロフィール(冨田和成氏) ・野村證券株式会社に入社。同年代トップセールスや会社史上最年少記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。 ・本店ウェ...
brain_1980 brain_1980 星5つ 今までで一番実用的なPDCA本! 前進を続けるためのフレームワークであり、ビジネススキルであると書かれています。 また、A=ActionよりもAdjustであるというのも納得できる。 あとは、実践あるのみ!
tamtamkei tamtamkei 三日でPDCAを見直す PDCAは、Pを作るときにミーシーを意識し、TODOに分解する
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist