メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
超訳 小説日米戦争
Amazon価格: 1,728円 (2017年07月21日 23時49分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


nyakkpaktan nyakkpaktan ストーリーは、ある程度当たっているのだが。編者の解題が多少物足りない。
suburibilly suburibilly 星2つ ・50歳代の星飛雄馬的根性主義→巨人の星のファンの化の姓あり ・アメリカの影響下で生き延びざるをえない日本国家→何を守りぬき、何を目指すべきか、思想的確立を急ぎ、知的体力をつけなければならない
yamabug yamabug 1920(大正9)年に書かれた、日米戦争の小説を、現代の教訓とするべく現代語訳された本。 特に後半部分の「解題」は、洞察に富む貴重な内容だ。 日本は1904年の日露戦争から、1939年の太平洋戦争まで、本格的な戦闘がなかった、経験の無い人が大東亜戦争の指揮をとっていた、という指摘は目から鱗だった。 以下、読書メモ アメリカは帝国主義曲として、中南米への影響力を拡大し同時にヨーロッパの影響力を排除する、これがいわゆる「モンロー主義」である。 しかし産業革命が進展した19世紀も終わりに近づく頃は、アメリカは更に帝国...
yoshitarou yoshitarou 星4つ 佐藤優による大正時代の大ベストセラーを現代語訳とその解釈。
tom2 tom2 星4つ 日本はアメリカに軍事的にかなわない 従って反米を唱えるのは反知性主義だと言う。。。
コミックレンタル
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist