メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング (Nanaブックス)


hagurinhagurin hagurinhagurin 星3つ 既に実践していることが多かった。 と、いうか「メディアマーカー」が実現していることだったりする。 以下、ピンときた部分をピックアップ。 ○目的は、買う・読む・探す・活用する を効率的に行うこと。 ○通常の読書は、探す買う・読む・読みっぱなし の3段階である。 ○読書のフローを仕組み化することが大事。継続することが大事。 ※やはり仕組み化が大事なんだなあ。 ○新書を探すときに大事なのはレーベル名と通し番号あと新書マップ ○ハブ本はよい本にヒットする確率が高い ○読書ノートを作成するのに必要な事は、抜き書き(引...
ys_1976 ys_1976 星3つ タイトルそのままの中身。 複数のノートを使わずに、項目の分類もせず、ひたすら時系列順に思いついたことを書いていくべきという論旨。 ・探書リストをつくる。 ・本で紹介されている本は要チェック。 ・気になる箇所はラインを引く。 ・ざっと読み返し、ラインを引いた文章の中から重要と思われる個所をノートに写す。それに対して自分のコメントを付ける。 引用とそれに対するコメントを1セットとして、これを繰り返していく「ねぎま式読書ノート」をつけることにより、記憶に定着する。 あくまでも紙ベースのノートを用意し、手...
pendora pendora 星5つ 32ページ 日ごろから、広告や書評をはじめ、ほかの本での紹介文などをノートに貼ったりメモしたりしておいて、ネタを集めておく。そしてそれを「探書リスト」にリストアップし、「指名買い」する。こうすれば、書店で本を探す時間が短縮できるほか、広告などに左右されず、主体的に本を選べるようになります。 ⇒☆でも、何も考えずに書店に入って、ふらっと目にしたものを買うのも楽しいんだよな~ 61ページ 新書のリストを作るときにぜひオススメしたいのが、「通し番号」を控えておくことです。新書は、ジャンルでも五十音順でもな...
ohtani1007 ohtani1007 * 読書ノートを書く前提で本を読むと、ノートに何を書こうかと考えながら読む。要点を探しながら読む。緩急をつけるので速読もできる。 * 誰かに教える前提で本を読む。 * 「自分にとって重要な内容」と「そこで発生した自分の考え」の2点にフォーカスする。 (本の読みかた) 1. しおりを2つ用意する 2. 良いと思った場所はページの角を折りながら読む。 3. 読むのに飽きたらしおりAを挟んで中断。 4. 初めに戻って、角を折っているページの該当部分に線引き。 →途中でも初めに戻っていい。 5. 線を引くのに飽きたら、しおりBを挟ん...
kylie891 kylie891 星3つ 我ながら、バカな話なのだけど、この本、以前にも読んでた。 今、メディアマーカーに登録しようとして検索したら、既に登録済みになってて、自分でコメントもしっかり書いてた。 まったく「インストールリーディング」できてないじゃないか! とは言え、以前書いてたコメントの内容は、今回、書こうと思ってたのとほぼ同じ。 但し、探書リストについては、紙のメモで持っとく方が有用そうだ。 イメージとしては、気になった本はメディアマーカーに登録。 この時点で情報源をコメントに残すようにした方がいいかも。 で、定期的にそ...
shino-00 shino-00 星2つ 2008年の本なので、現在には合わない方法もあった。 主に新書を買うビジネスマン向けだった。 第一章の流れ作業はいいと思う。
angelique-strega angelique-strega 星2つ ひと言で言えば… 読書ノート作りと共に、ノート活用法も学べる1冊。 感想は… 前著「情報は1冊のノートにまとめなさい」を読んでいたのもあってか、サクッと読めました。 初めて奥野さんの本として手にした人にとっては、読書ノートと共に、1冊のノートにまとめることについてを…前著を読んだことがある人にとっては、読書ノートに注目した彼のノート術を学ぶ形になりますね。 私は後者なので、やはり検索についてだけは首を傾げてしまいます…。それを除けば、インストール・フローは良いと思いました。 中でも探書リストは良いです...
kyan88 kyan88 星5つ どんなことが書かれていたか覚えてるほうが少ない。このことは以前から気になっていた。アウトプットを経るこことによって、本の内容が自分の血肉となる。一度やってみようインストール・リーディング。
amuzak0831 amuzak0831 星1つ 考え方はともかく、Howがアナログすぎる 【目次】 1.「ノート」で読書をマネジメント 2.「探書リスト」で主体的・効率的に本を買う 3.「読書ノート」で本と対話する 4.ノートを活用して「アウトプット」 5.生活を変化させる「応用読書」 6.インストール「グッズ」
xai2480 xai2480 星4つ いわゆる読書術の本。右目を手術して書読のスピードがてきめんに遅くなったので、再読できなくても内容を確実に身につける読み方にシフトしたいと思い、参考のために読んだ。全ての情報を一緒くたにしてノート1冊にまとめてしまうという発想が、ある意味、画期的だった。レポート作成など、アウトプットのための資料作りにも適用できそう。家に散乱している本を少し整理することができれば、さらに良い。(そういえば、忙しくていつの間にかしなくなってたけど、学生のときは読書ノート書いてたなあ…。)
norichan norichan 星4つ ノートかルーズリーフか迷うけど、この本では時系列にまとめることを推奨している。 内容のバラバラ整理は、パソコンで目次を作り検索出来るようにすることは。
hsot hsot 星3つ よく考えられた方法論。試行の価値はある。当面の出発点
niniad niniad ●読書フローを仕組み化 探す→買う→読む→記録→活用 p31 ☆記録と活用は難しい、習慣にする! ●パッシブのソナーを研ぎ澄ますp66 ☆私生活で疑問に思ったことをメモっておいて調べるべき? ●本を紹介する本「ハブ本」はおすすめp77 ☆ネットばかり見ていた... ●読者の目的を『ノートをつけること』に変えることで、中身のある読者ができる。p86 重要箇所を抽出する作業→記憶に定着p92 ☆目的意識は大事、やってみる ●『ねぎま式読書ノート』で●「おお」と思うところを抜き書き→☆自分の感想または考えを一言p99 ☆いいアウトプット方法 ●一...
maxa maxa 星2つ 【購入のきっかけ】 ネット情報で本書の事は知っていたが、自分なりの読書メモを確率していたので、購入を控えていた。  「安価だから、知っている内容でも良いか」という理由から、古本屋にて購入。 【参考になった箇所】探書リスト栞→2枚の付箋日付の書き方不明字→カタカナ感想→簡潔化レファ本の存在タイマーPR雑誌【読了の感想】 まず最初の感想は、読書の初心者向けだ、というものだった。書籍の探し方、購入、読み方、読書メモ、活用方法、の一連の流れをインストール・リーディングとして、分かりやすく述べられている。  ...
kjmtky kjmtky ・読んでみて参考になった・ビジネスパーソンに薦めたい本ベスト10(日経アソシエ) ・異生凡夫(2014-10-20):再読したいおすすめ本.
kimidori kimidori 星4つ (P100 小見出し) 情報を組み合わせてアイデアにする (ジェームズ・ヤングの引用)「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外何ものでもない」 (P151)「既存のもの」でないと誰も理解できない。  引用(既存)+感想(自分のコメント)をセットにした、ねぎま式ノートでアイデア、つまり「既存の要素の新しい組み合わせ」を生み出すことを提唱する。    読みたい本は 思い付きメモ ネット検索 探書リスト 購入  で探す    古典はある日突然読める、、、カモ?
sugosan sugosan 2012/06/30東松山市立図書館に返却 2012/06/28読み終わる 2012/06/27読み始める 2012/06/24東松山市立図書館から借りる:以前購入して売ってしまった本だけど、また読みたくなった… 2008/12/09読み始める・読み終わる 2008/12/08旭屋書店にて購入
takeshibigwest takeshibigwest 第一章 「ノート」で読書をマネジメント ・ホントの付き合い方が劇的に変わる  ノートを使うことで以下のことが可能に  ・「何となく」の読書ではなく、目的を明確にした主体的な読書ができる  ・本で読んだ情報を確実に自分のものにできる  ・昔読んだ情報や感想をいつでも自由に引っ張り出せる  本の「探し方」「買い方」「読み方」「活用の仕方」をいま以上に効率的にしようということ  つまりホントの付き合い方を全面的に変えていく必要がある  インストール・リーディングによって以下が身につく  ・読みたい本との確実...
0_mskz 0_mskz 
yomiyomu55 yomiyomu55 星3つ どうなんだろ? 読む前に、かなり期待してたから… なんだかな…
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist