メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ハイブリッドアジャイルの実践
Amazon価格: 2,808円 (2017年10月20日 08時48分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


hikapa4035 hikapa4035 
sanukin sanukin 星3つ アジャイルだけでは、WFを前提とした企業内の品質規約を遵守できない。ハイブリッドアジャイルならばまだ可能性がありそうだが、大きな組織を動かすのはそれほど簡単ではない。しかし、この本には色々と気づきを与えてくれるポイントがあった。 以下、目次に従って記載 1章:開発モデルの選択 日本では「予算」「契約」「品質」などにより、アジャイルが浸透していないのが実情。特にシステム開発を外部に委託すると成果物責任や指揮命令制限などにより適用が難しい。海外では日本より進んではいるが圧倒的に採用されているわけ...
kjmtky kjmtky ・谷島 宣之(日経コンピュータ 2013年12月12日号):実践編の第5章と第7章から読むことをお勧めする。
kin333 kin333 星4つ 良かった。 すべてをアジャイルするのではなく、一部をアジャイルしてみるというアプローチの話し。 すぐにリリースして顧客に見てもらうというメリットは使えないが、設計漏れには対応できそう。 試したい。 計測することについても書かれていて勉強になる。 説得は熱意と裏付けるデータ。
muranaga muranaga 日本ではなかなか定着しないアジャイル開発。その理由の一つに業務委託契約による受託開発が多いという背景がある。その中にあって、ウォーターフォールとアジャイル開発をバランスよく組み合わせて(「ハイブリッド・アジャイル」)、規模の大きいエンタープライズシステムの開発に適したプロセスを提案している。 重要なことは手法ではなく、目的に適したプロセスを作ること。そしてハイブリッド・アジャイルの事例として、関西電力のシステムを取り上げ、よかったこと・よくなかったことを評価している。
qwerty qwerty 星4つ 日本における実際の組織においてアジャイルプロセスを効果的に適用するためのプラクティス。現実的な落とし所はこんなところかな、という感じを受ける。アカウンタビリティという点において、アジャイルは最適解ではないので、こういう逃げ道というか、既存の組織にうまく合わせていく方法は必要になるでしょう。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist