メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
2次会は出るな!~20人で340億! カリスマ商社マンが教える!ビジネスマンのための「稼ぐ力」をつける13のレッスン~


kenji4018 kenji4018 星4つ スーパーマリオ中村繁夫氏の二冊目。楽しみ。
sonogeru sonogeru 星2つ 二次会には金を出さない! 原則として一次会の費用しか交際費で認めません。 二次会以降は社員が自腹を切ります。そのため真剣に費用来航かをえるようになり、正しい採算意識が身につきます。ただし日を切り詰めて会社の利益を増やそうというケチな話ではありません。接待攻勢の費用対効果の低さを社員に十分理解してもらいたいのです。無駄な接待を減らして自分に積極的に投資して欲しい、接待に時間をかけずにスポーツジムにでも行って、自分の健康や家族を大切にして欲しい。という気持ちから生まれたルールです。逆に自己研鑽のた...
towardthevirtual towardthevirtual 星2つ 図書館で取り寄せ。
wishmountain wishmountain 金は使えば使うほど戻ってくるという考え方がある。 そういった生き金を使うために二次会には出るなというお話。 何事もOUTPUT多めにするとINPUTがいっぱい発生するのかな。
sheisinfrance sheisinfrance 2次会は出るな!! ~生き金を使え!死に金は使うな!~ 特に飲み会は行く価値を考えて、価値があると思うものだけ行く。惰性でいかない。 思いつきビジネスは本業とはまったく関係のない離島型ビジネスですから、ほとんどが失敗体験でした。 … 逆に、自分の本業から派生する半島型ビジネスには、何らかの根拠や種となる商品がすでにあり、それについて の基礎知識はもちろん、市場の動向やキーパーソン、関連企業に関する知識が十分にあります。 … 半島型で発想することが最も効率が良いことがわかります。 ビジネスを新しく始めると...
ykita0710 ykita0710 星3つ ストレスは栄養だと思ってありがたくいただくように
database database 星3つ レアメタルで急成長した社長の話 ■「生き金」は仲間を連れて帰ってくる(自己投資、旅行等)  「死に金」はさらに2次損害が発生する(わいろ、非社会的行為等) ■損を恐れない、トータルで勝てばよい ■三現主義で対応 ・現場に行き ・現物を見て ・現実的な解決をする ■損切り上手になる First Loss Best Loss ■プロはクレームをチャンスに変える ■投機(スペキュレーション)は、高度な観察力・洞察力(分析力・判断力・決断力)が必要で、博打(白か黒か)ではない。 ■商社の取引形態 ①通常に顧客と販売元の間を持つ(リスク少ない...
uenohi uenohi 星2つ 著者の成功事例を淡々と述べているだけでつまらない. タイトルとは期待はずれだった
watanabe7987 watanabe7987 BBM1448
museo museo 星3つ これだけ自分の失敗が書かれた自己啓発本は珍しいと思います。レアメタルの商社経営者が書いただけあり、スケールが大きいです。 毎年一番成績の悪い人は、会社を辞めるという考え方は、一瞬びっくりしましたが、とても合理的だと思います。
teikun teikun ・土井英司 本日の一冊は、中堅商社の蝶理からMBOで独立し、日本初のレア メタル専門商社を設立、たった4年、たった20人で売上げ340億円 を達成した著者が、稼ぐ人の心構えと行動指針を示した一冊。 先日ご紹介したマーク富岡さんの『3000人のユダヤ人にYESと言 わせた技術』同様、海外交渉の刺激的なエピソードが紹介されてお り、読み物としても楽しめます。 ※参考:『3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476319819X/businessbookm-22/ref=nosim まだまだ著者としては無...
akira28 akira28 ■たった20人で340億円<急成長>の仕事術とは? もしも、あなたが、 「仕事がうまくいかない。迷いがある」 「売上が思うように上がらない」 「人間関係で悩んでいる」 「難しい案件をかかえている」 「部下をうまく指導できない。上司とうまくいかない」 …など、何か【問題】に直面しているなら、 あなた自身が【成長】することでしか【問題解決】はできません。 つまり、次のレベルにあなた自身が成長することで、 【現在の問題】は簡単に解決されるのです。 まるで、子供の頃難しかったことが、大人になったら簡単...
cyblog cyblog ウィッシュ 最近、こういう本が多いな。 ・それぞれにすごいと思うけど、「すごい」で終わったらもったいない。そこからいかに「タネ採り」ができるか。タネ採りの方法は誰も教えてくれない。行動を通して身につける技術だから。
コミックレンタル
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist