メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アート・オブ・プロジェクトマネジメント ―マイクロソフトで培われた実践手法 (THEORY/IN/PRACTICE)
Amazon価格: 3,456円 (2017年11月19日 08時28分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


y-kikuchi y-kikuchi 星3つ マイクロソフト社で培われたプロジェクトマネジメントスキル、幅広い視点のノウハウを体系的にまとめたもの。 ユニークな点は、社内の政治についても触れている点。 プログラミングをまとめる人の参考になるのでは。
papa_5151 papa_5151 <内容説明> 本書では「ものごとを成し遂げるためには何を行う(あるいは行わない)べきか」という実用的な視点からプロジェクトを捉えて、ものごとを成し遂げるための考え方やヒントを、スケジュール、ビジョン、要求定義、仕様書、意思決定、コミュニケーション、トラブル対策、リーダーシップ、政治力学といったさまざまな角度から考察しています。マイクロソフトで多くの巨大プロジェクトを成功へと導いてきた著者の豊富な経験とノウハウが凝縮された1冊として、マネージャやチームリーダーだけでなく、プログラマ、...
bayerischecreme bayerischecreme 星4つ まあ,お勧めできる。若干厚めで,読むのに時間がかかってしまった。
countand1 countand1 星2つ アート・オブ・プロジェクトマネジメント 30-31設計、実装、テスティング。1/3のスケジュール 33-34概略スケジュール作成方法 40優れた見積りは信頼性の高い設計と要求が揃って初めて生み出される 45-47スケジュールを機能させるために 51シンプルにした計画
mallion mallion 再購入する
tamekko tamekko 星4つ プロジェクトマネジメント…もう自分にとっては鬼門だよなあ。
daipresents daipresents 星3つ 最後の章「社内の力関係と政治」が面白かった
fsscorp fsscorp 星5つ プロジェクトマネジメントのバイブルと言っても良い本。プロジェクトに関わるメンバーは読んでおいて損はない。
kjmtky kjmtky 星3つ ・スゴ本:今年最大の収穫。PMBOKが標準化された『知識』とするならば、本書は、開発プロジェクトに有用な知恵を集大成したもの。全読/再読し、納得したものや取り組みたい方法をこのblogにアウトプットしたが、1/10も書ききれていない。 ・阪田浩一 ・大塚弘記(Act as Professional2011/03/27):今春“プロ”グラマーになる人が、あと1週間ですべき7のこと
dekadanna dekadanna 星4つ タイトルに負けない、プロジェクトマネジメント全体を扱う本。内容はエッセイ風にまとめてあり、読みやすい。ボリュームはかなりあるので、ざっと目を通した後、自分が困っているところを熟読してヒントを得るという使い方が良いと思う。プロマネとはどういうことをするものなのか、自分のイメージしていたものと近い。プロマネとは、プロジェクトを管理していく人ではなく、推進していく人であることを改めて認識をした。メンバーがいかに気持ちよく、悩まずに仕事できるように環境を整えるか、これがプロマネの仕事と言える。自分が...
hamachobi hamachobi 星5つ この何年か、システム導入のプロジェクトに携わっている。自分の役割としては、正式なプロジェクトマネージャというわけではないが、実質的にプロジェクトマネジメントを担当している。 しかし、毎回、うまくいかず、悩んでいるところでこの本に出会った。プロジェクトマネジメント関係の書籍もいろいろ読んでみたが、PMBOKの説明とかプロジェクト管理ツールの使い方なんていうのが多くて、実際のプロジェクトをうまく回すことには、すぐに適用できないことがある(PMBOKとかは大切だと思うけど、それだけでは足らないんだなぁ)。 こ...
hyougen hyougen ウィッシュ アート・オブ・プロジェクトマネジメント ―マイクロソフトで培われた実践手法 (THEORY/IN/PRACTICE)
ika3 ika3 星4つ 手法というより心構えの記述が多かったかな。やっぱり、会話が大事ですね。ソフトウェア開発やってると、誰かに話すときは自分が困っているときだけという場合が多い。
wkoichi wkoichi 星5つ マイクロソフトでのマネジメント経験が豊富な著者によるマネジメント読本。実践手法というサブタイトルがついてはいるものの、概念や理念について丹念に述べられていた印象を受けた。 勤務先では最近、プログラマ/品質管理・品質改善/人材教育といった役割を担うことが多くて、いわゆるプロジェクトマネージャという立場に立つことは少ないが、それぞれの役割に置いてやはりマネジメントが必要となることも多く、今後に向けていろいろなヒントをもらえた。 気になるところは線を引きながら読んでいたので、あとで抜き出してインデック...
aratanatsume aratanatsume 私の知らないスゴ本 この本がすごい2006
yuchi yuchi その世界を知らないよりも、知ったほうが絶対にいい。 ということでプロジェクトマネジメント本を。 ぜひとも自分の身につけよう~
kin333 kin333 星4つ ウィッシュ 大所帯のところでの仕事は少ないので全部が全部ぴんときた訳ではないけれど、勉強になりました。 マネージメントの話を読みたかったが、設計について感銘をうけた部分が多かった。 別資料でまとめていこう。 <計画> ビジョンの明確化→アイデアを出す→アイデアの整理→仕様に落とす [続きを読む]
dillon0314 dillon0314 星5つ まさにアートかと
sakurasakuras sakurasakuras アート・オブ・プロジェクトマネジメント ―マイクロソフトで培われた実践手法 (THEORY/IN/PRACTICE)
joriuchi joriuchi http://d.hatena.ne.jp/jyukutyo/20090416/1239970660
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist