メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~
Amazon価格: 3,456円 (2017年07月28日 13時51分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


nyankoteacher nyankoteacher 星4つ 170528 中央図書館 プロのシステム屋からすれば、本書などは内容やテーマが1周(いや10周くらい?)回って古い、と切り捨てるのかもしれない。今更「アジャイル」を冠して技術論を講じる人はいない、というところか。 しかし、プロジェクトのプランニングとマネジメントの重要性は、別にシステム開発だけの専売特許ではない。およそ「仕事」と呼ばれるものの全てに関係する。 たとえば、計画は、その個別内容の重みを考慮して、(構造を把握して、といえるかもしれない)シンセシスしてまとめる。また、不確定要素に応じるバッファ...
gooska1002 gooska1002 ウィッシュ 年間計画とか全体工数見積もりが最初に必要なときはどうしたらいい?って質問から。見積もりや計画づくりの話に。不確実性のコーンとか、慣れた感じで。。。んで、これ読むといいよ!って。
yastamia yastamia [20150828]今の自分には不要と判断。 どうやって開発進捗の見積もりを 正確に実行すべきか知りたい。
kjmtky kjmtky 星3つ ・大塚弘記(Act as Professional2011/03/27):今春“プロ”グラマーになる人が、あと1週間ですべき7のこと ・シバ($shibayu36->blog;2014-12-27):2014年に読んだ本の中で年末年始に読みたいおすすめ本. ・高井直人(2015-03-31):新卒ソフトウェアエンジニアのための技術書100冊.
nohdomi nohdomi 星4つ 2005年に出て2009年に訳(本書)が出てるが、今でもわかりやすく、見積もり、計画については読むべき本。最近の本を読んでないだけかもしれないけど。
hikapa4035 hikapa4035 
qwerty qwerty 星5つ アジャイルプロセスでの見積に必要な方法論が書かれている。2011年現在では、これが最も合理的で詳細なやり方に見える。
ikunaga5534 ikunaga5534 星4つ すごく使える本。これをユーザーに理解してもらうことはとっても難しいだろうけど。 システム開発だけじゃなくて、所謂【研究開発】の分野ならだれでも使えるんじゃないかな。 でも、、こんな仕事の本より直木賞読まなきゃ。
keijiyamashita keijiyamashita ウィッシュ http://d.hatena.ne.jp/anthony-g/20090625/1245945059というブログで取り上げられていた。アジャイル開発の解説本らしい。計画通りにいかないプログラム開発という難物の手綱をどうとるのか、なかなか計画通りにはいかない、というより明確な計画見通しを予めつけることが困難な創造的作業のコントロールの参考にもなるかと期待する。
paul-yamamoto paul-yamamoto 今までの見積の概念を大きく変えるものではなかったですが、 数多くの示唆とアドバイスのある1冊でした。
boscono boscono ウィッシュ アジャイルサムライ参考資料
missa0501 missa0501 星5つ アジャイル開発の進め方が深く理解できる、非常にオススメの本。 技術的なプラクティスについては一切触れられていないが、 どのような考えで計画を立てて、進捗を確認していくのか。 顧客価値をなんと捉えて、自分たちはどのような行動をすべきか。 今までの開発方法で引っ掛かりがあった部分がだいぶ解消された。 アジャイルチームメンバー全員が読むべき本だと思う。
mshrkato mshrkato GW読書マラソン4冊目 お花見の日に半分まで読んで止まっていたのを再開 --以下まとめすぎ 1.計画作りの目的 ・計画は何を作るのかをはっきりさせる物だが、通常は不正確である アジャイルでは計画を更新しながら進む事で、不正確性コーンをただし、 正しい意思決定を促す ・必要なのはフィーチャの実装であり、 タスクの消化ではない ・アジャイルチームは、 一丸となって仕事をする イテレーションを一つの単位として活動する リリース、イテレーション、今日、の三段階でプランを立てる 2.規模の見積もり ・アジャイルではプ...
kyo_ago kyo_ago 星5つ 人生観が変わった本
kiguma kiguma 星4つ 定評のある書籍だけど未読だった。 Agile開発の本でよくある「肝心なところがぼかしてあり、Agileであればなんでもバラ色」的な居心地悪さがない。 Agile開発は「アバウト」なのではなく、基準点として開発者の経験値を重んじ、数値を重要視するのが良く分かる。 総量としての見積もり数の制度を上げるのではなく、精度を高めていくという事がよく分かる。 実際には、経営資料や投資効率指数を駆使して、優先度を決定するなど、かなりハードコアな内容だ。 実際、びっしり文字なので、読んでいて、細部に入りすぎると感じすぎてい...
aiming aiming 3冊
hondana_cbz hondana_cbz 管理749
okinakak okinakak 星5つ アジャイル開発では個性的なプラクティスが注目されがちだが、 実は一番重要なのが、計画作りだということが分かった。
kazukiiwasa kazukiiwasa 星5つ 久しぶりに精読した専門書です。 ソフトウェアプロトタイピング・ペーパープロトタイピングに続いて、今年3冊目の専門書ヒット作。 本書を 手にとった理由は、以下の問題を解決するため。 ☆「作ってみなきゃわからない」不確定性の大きいシステムを可能な限りニアピンで見積もりたい。 ☆イテレーションの無限ループに陥りがちなプロトタイピングモデルからの脱却 っということで、本書を読んでみた結果、上記の問題を完璧に解決することができないことが改めてわかった。 当たり前だが、プロジェクトの初期段階では、不確定性が大き...
ichiro ichiro 星5つ ウォーターフォールは、ほぼ死んだ。そもそも、建築プロセスを見本にしたこのやり方がここまで命を永らえたのは、ソフトウエアに対する人類の知見がいかに未熟かを示す良い例だろう。  そのアンチテーゼとして、アジャイルが存在する。アジャイル・マニフェストから垣間見るその精神は高く評価されるも、HowToの決定打と思える本が無いのも事実だったのだが、この本は決定打だと確信できる。この本が2年も前に出版されていたのだから、浅学を恥じるのみである。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist