メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)
Amazon価格: 1,080円 (2017年09月21日 12時25分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


gymnopedie gymnopedie 星2つ 「名作」なのですが、私には、作者の意図するところを読み取ることができませんでした。 多くの子どもも、最後の展開にはピンとこないかもしれません。 モノクロなので暗い印象を与えますが、絵柄は優しく、好きです。
kjmtky kjmtky ・椎名誠「寝ころび読書の旅に出た」(2015/11)
vgh2010 vgh2010 2歳0ヶ月:最後まで興味が続かない。
h_oishi h_oishi 星3つ 夢のような夢のおはなし。
tizuru tizuru 児童 絵本 エ/あか
ohayou ohayou 木炭のやさしい黒使いと動物の形 きもちよくて美しい
cono cono ウィッシュ 松岡享子 グループの読み聞かせおすすめ絵本 3歳児に読み聞かせしたときに あまり感触がなかったので、良さがいまいちわからないんだけど、かならずいい絵本として紹介されている。 年齢が間違えていたのかな?
nogumarinikoniko nogumarinikoniko 星4つ ウィッシュ 個人的には好きだが、娘2歳の時点ではお気に入りにならないよう。 色がないからかな? 最後のお父さんの台詞は秀逸。 「きっと明日までまっててくれるよ」
sloth sloth 星3つ ぼくが森に散歩に出かけるとライオンが付いてきた。二匹の象のこどもも二匹の熊たちも付いてきた。カンガルーの一家やこうのとり、猿、うさぎも一緒になって行列を作って、散歩をして、いろいろと遊んだ。 かくれんぼうで僕が鬼になって、「もういいかい!」と叫んで目を開けるとみんないなくなっていて、代わりにお父さんがいた。お父さんに肩車して帰りながら、みんなにさようならを言った。 白黒の絵が森の中のちょっと寂しい薄暗い感じを表していて、楽しそうな散歩とのミスマッチが不思議な雰囲気を醸し出している。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist