メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座
Amazon価格: 1,188円 (2017年08月18日 10時11分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tam88 tam88 マインドフルネス。少し前に流行ったかな?狙いは「いまこの瞬間を最大限に味わうこと」。 ってことは良いことも、良くないことも全部引っくるめて今起きてることを受け止める必要がある。そのためには自分が1番ナチュラルで、どこにもギアの入っていないニュートラルにいつでもななれるってことが大事なんだと思う。 そのための瞑想だったり、睡眠だったり、姿勢だったり、食事だったりするわけだ。 朝ワクワクして目が覚めて、夜満ち足りた気持ちで眠りにつくこと。シンプルだけど大切なこと。 いまこの本と出会えたのも何かの縁な...
kin333 kin333 
tsman tsman ・20世紀の心理学者たちは、「人間が一日につかえる意思決定の量は限られている」ことを発見しました ・一日に許された量の意思決定を使い果たすと、あとは理性ではなく、欲望が私たちを支配するようになります。その結果、余計な買い物をしたり、暴飲暴食をしたり、あるいはイライラして相手につらくあたったりするのです。  1日の終わりに「ああ、今日もつかれたな」と思わず口にしてしまうのは、そういうわけなのです。  ⇒「疲れない脳をつくる」ことが重要 ・最近の脳科学の研究によれば、1日5分程度の迷走がストレスを軽減し、...
js-fisherman js-fisherman 星3つ 最近疲れているせいかこういった類いの本にやや手が伸びがち。しかも、薄くてお手軽そうなやつ。(笑) 結局、ふーん、で終わってしまった感じ。唯一?の成果は最近「マインドフルネス」って時々見たり聞いたりするけど、こういうことなのね、って何となく分かったことかな。
kbkt kbkt **深い呼吸をする 呼吸は、深くゆっくりすることが大切。 息を吸う時は交感神経(興奮)、吐く時は副交感神経(リラックス)。 息を吐く時には二酸化炭素が体にたまり、幸せな気分を引き起こすセロトニンの分泌が増える。 リラックスしたいときには息をゆっくり吐くことが重要。 **瞑想(マインドフルネス) 本書で紹介されているのは、最近流行っているマインドフルネス。 感覚をひたすら実況中継する「観察瞑想」を行うことで、妄想や感覚に振り回されない安定した心を作る。 瞑想の効果 -観察瞑想をすると脳がアイドリング状態...
suburibilly suburibilly 星5つ ・ストレスや疲れを感じたら、背筋を伸ばして、2、3分でいいのでゆっくり深い深呼吸をする。深い呼吸のポイントは、ゆっくり吐くこと。鼻から5秒ぐらいかけて吸い、吐くときは口からでも鼻からでもいいので、10秒から15秒かける ・集中力、記憶力、意思決定を鍛える「集中瞑想」…①調身=姿勢②調息=呼吸③調心=集中・観察 ・調心(集中瞑想)のプロセス…「ひとつの対象(呼吸)に注意を向ける」→「しばらくするとつい別のことを考えて注意が散漫になる」→「再び、対象に注意を戻す」 ・調心(観察瞑想)のプロセス…「思考・感覚が拡散...
to_ozeki to_ozeki 星3つ 本の厚さから、マインドフルネスを知らない人が最初に読むにはいいくらいの情報量になっている。 瞑想、睡眠、姿勢、腰痛や肩こり、血糖値、料理についての説明。 p.122 の「『きのこの山』と『たけのこの里』はどちらが正解?」はどちらが血糖値を上げやすいかが。 「仕事中心の生活から卒業する」(p.141)
tizuru tizuru 498.3
mintku25 mintku25 星3つ まあ正直言うと既知の事柄が多かったのでそれほど感銘を受けるということはなかったけれど、普段の生活の中でもできる瞑想や睡眠や食生活の注意点など改めて確認した。 椅子に長く座る習慣のある人は死亡するリスクが高いとのこと。 間にいくら運動をしても座る時間がながければ意味が無いようだ。 ちょっとパソコンを使う時間を減らそうかと考えた。 水を多く摂取し深い呼吸をするよう心がけようと思う。
kun-maa kun-maa 星4つ 働く人のためのマインドフルネス講座というサブタイトルだが、最近多く見かけるマインドフルネス瞑想に特化した本ではない。瞑想、睡眠、姿勢、食事の観点から「いまこの瞬間を最大限に味わうこと」を目標に取り組んでいくマインドフルネスな生活への習慣づけに取り組むための入門書である。瞑想だけに興味がある人には物足りないと思うがマインドフルネスな状態を保ち、脳を疲れさせない生活を目指すのなら適切な助言を得られる一冊である。
satoh445 satoh445 疲れない脳をつくるために、瞑想の継続が大事。 そしてそのために: 十分な睡眠 姿勢を良くして体幹を鍛える 血糖値をコントロールする ことが大事
tsuchieakihito tsuchieakihito 星4つ グーグル社員の3大スキルは、COOK、MOVE、SLEEP
oborozuki oborozuki 星3つ 瞑想、食事、睡眠。それらを改善することについての大切さ。 序盤、中盤の内容は類書とほとんど変わってない。「脳」というタイトルが入っているのがやや違和感。 最後の1日の過ごし方の章はなかなかいいと思います。少しでも取り入れていきたいです。
sazanami-jp sazanami-jp http://www.asahi.com/and_M/information/SDI2016022599471.html
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist