メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
Amazon価格: 2,097円 (2017年10月24日 11時25分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


leafcage leafcage 『僕は君たちに武器を配りたい』p.234より バフェットがウェルズ・ファーゴ銀行に投資を決断した理由
hashiryu hashiryu 星4つ エクセレントカンパニーの二番煎じ。事例は新しいので読む価値は充分あり。ただ、エクセレントカンパニーが色あせることは無いと感じる。
rinchu rinchu 星4つ ビジョナリー・カンパニー、つまりビジョンを持つ企業、未来志向の企業であり、同業他社からも尊敬を集める企業である。以下、18社の事例が紹介されている。 3M、AMEX、ボーイング、シティコープ、GE、フォード、ヒューレット・パッカード、IBM、ジョンソン&ジョンソン、マリオット、めるく、モトローラ、ノードストローム、P&G、フィリップ・モリス、ソニー、ウォルマート、ディズニー 先見の明がある起業家が、すばらしいアイディアを武器に会社を成長させる。多く信じられている神話であるが、実際には、ビジョナリー・...
jaguarico jaguarico ウィッシュ 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に掲載 勝間和代セレクト「経営戦略のプロフェッショナルになる8冊」 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』より --------------------------------------------------- 理想と現実のズレを知るベンチマーク By 勝間和代 「真に卓越した企業と、それ以外の企業との違いはどこにあるのか」。2人の著者はこの問いへの答えを求めて、3M、GM、IBM、メルク、P&G、ディズニーなど、長年にわたって卓越した地位にあり続ける企業18社を選び出し、ライバル企業との徹底した比較調査...
jclaude70 jclaude70 ビジョナリーカンパニーには、ゆるぎない基本原則と、それをベースとした弛まない進化が、カリスマや特定の経営者によってではなく、組織として達成されるという特徴があった。 マーケティングやトレンドをつかむことは大事。いろいろな方法論もある。ただ、大事なのはその一つ一つではなく、源流として流れる基本原則。 ソニーや3MやIBMなど。最初からビジョナリーで成功していたわけではない。ただ、その黎明期から強い基本原則を持っていた。 人も同じなのだと思う。いろいろと方法論や情報があふれた現代。アカウンタビリテ...
caramba1963 caramba1963 2016/06/05 日経のリーダーの本棚 磯崎功典キリンホールディングス社長の座右の書
kjmtky kjmtky 星5つ ・磯崎功典(日本経済新聞20160605) ・遠藤功:経営ビジョンがいかに重要か。 ・北尾吉孝(プレジデント091005) ・冨山和彦(日経ビジネスAssocie110517) ・森憲一(日経ビジネスAssocie110517):基本理念がいかに大切か ・ピーター・シムズ20120826:「小さく儲けろ!」参考文献.多くの経営者の愛読書 ・宮田矢八郎「教養大全」:経営学. ・村上太一「教養大全」:戦略. ・清水亮(blog2014-04-11) ・圭佑(せどりブログ.com2015/01/08):起業・独立・副業を志す者は必ず読むべき厳選本21冊. ・ジェフ・ベゾス ・ベン・ホロウィッツ「HARD ...
atsushi0214 atsushi0214 星5つ p368 ★ビジョナリー・カンパニーになるには、 ①必ず基本理念がなくてはならない。 ②進歩への意欲を常に維持しなければならない。自己革新。 →とんでもないBHAG(Big Hairy Audacious Goals)が必要 →大量のものを試し、うまくいったものを残せ ③すべての要素に一貫性がとれた組織でなければならない。 →カリスマは不要。組織・原則が重要。 ●第1章 最高のなかの最高 ●第2章 時を告げるのではなく、時計をつくる P70 重要なことは誰が大統領(国王)になることではない。優れた大統領をずっと生み出すために、どんなプロセスをつくるこ...
z0n0 z0n0 20年前の本だけど、今なお輝いている名著。 読むために、すこし気合いがいるが得られることが多い一冊。
natsumi natsumi 星4つ ・ビジョナリーカンパニーは、その基本理念と高い要素にぴっ足りと合う者にとってだけ素晴らしい職場である ・早い時期に成功することと、ビジョナリーカンパニーとして成功することは逆相関している ・アイデアは諦めたり、変えたり、発展させることはあるが、会社は絶対に諦めない ・一流の知性と言えるかどうかは、二つの相反する考え方を同時に受け入れながら、それぞれの機能を発揮させる能力があるかどうかで判断される ビジョナリーカンパニーはいくつかの目標を同時に追求する傾向があり、利益を得ることはその中のひとつに過...
honnama1987-3 honnama1987-3 4822740315
kazukichi0106 kazukichi0106 第6章から
nobuhiroog nobuhiroog 米国の巨大企業が、100年くらいの歴史の中での経営戦略をどのように行ってきたか、また経営の意思決定の際の判断軸がどのようなものだったかが、まとまっている本。
hondana_cbz hondana_cbz 248 992:石留さんからいただきました
fatpepper fatpepper ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則[Kindle版]posted with ヨメレバジム コリンズ;ジェリー ポラス 日経BP社 2014-08-29 KindleAmazon[書籍版]
amura042 amura042 リバネス 丸 氏ご推薦
riceflow riceflow 星4つ 持続的な企業を維持していくためのエッセンスが具体的に書かれている。ただ当時としては画期的な本であったのであろうが、この本に関する内容は最近は至るところに書かれているため、そこまでの新鮮感は感じなかった。それでもここを起点に書かれていることから良書であることはわかった。
sinn356f sinn356f ウィッシュ PRESIDENT 2012年3月5日号 壱番屋社長 浜島俊哉 副社長就任時、判子を押す以外に何をすればいいかわからず、毎日あらゆる本を読み耽るうちに本書に出会った。「時を告げるのではなく、時計をつくる」の一言に目から鱗が落ちた。創業者の宗次徳二特別顧問が時を告げる予言者だとすれば、そのバトンを受けた私の仕事は、予言者になることではない。予言者がいなくても困らぬよう、社内に“時計”の仕組みをつくること――そう考えたら楽になった。 時計づくりとは、場づくりだ。社員が主体的・能動的に働ける組織を心がけると同時に、創業...
kyan88 kyan88 星4つ 10年を超え、読み継がれるだけある。「基本理念」こそ最も必要であることが説いてある。でも、基本理念を持つことは容易ではない。
chokusuna chokusuna Shi3zブログより。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist