メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
まるわかりインダストリー4.0 第4次産業革命 (日経BPムック 日経ビジネス)
Amazon価格: 2,700円 (2017年11月22日 23時32分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kyan88 kyan88 星5つ 古本で購入したけどとってもわかりやすく仕事に活かせました。 日本もドイツにちょこっと遅れて取り組み開始ってとこか? インダストリー4.0が第3の産業革命と大きく異なる点は、製造過程、つまり工場がシステムを自ら監視し、自分で決定を行う能力を身につけることによって、企業がすべての生産工程をほぼリアルタイムで操作し、最適化できる点にある。 2030年の世界はどうなっているのか? わくわくする!
kjmtky kjmtky ・川野俊充「この1冊でまるごとわかる人工知能&IoTビジネス」(2016)
hachibei_134 hachibei_134 星4つ インダストリー4.0について、基本的なことは飲み込めました。
je2aqj je2aqj 星4つ ドイツ発、第4次産業革命。 それは、IoT、通信、ロボット、センサー、3Dプリンターで「考える工場」になる。 モノつくりが変わり、物流が変わり、人の生活が変わる。ディジタル加工が、人の 精密加工技術(匠の技)に迫り、追い越す。Made in Japanの価値観にあぐらをかいては いられない。あらゆる、産業やメーカー、サービサーが参入し、製造業、建築、小売、 サービス、医療、福祉、介護、教育、第6次産業、あらゆる業種に波及する。 地球規模の「Deep Impact」かも知れない。
gratius_2011 gratius_2011 星3つ これを冊数にカウントしていいかどうかはちょっと疑問だが・・・ ある程度事前知識がないと伝わらないムックだと思う。
panda88 panda88 星3つ ドイツでも危機感を持って行動していることがわかった。 国として行動しているのでドイツ内ではうまくいくのかもしれない。世界標準としては難しいような気がします。 【目次】 Chapter01 インダストリー4.0徹底レポート 日本を脅かす第4次産業革命 Chapter02 インダストリー4.0が変えるモノ作りの未来 GEの破壊力 Chapter03 『4.0』時代を支える新技術 3D生産革命クルマもスマホも印刷できる Chapter04 『4.0』がつくる新しい社会 変わる『仕事』『教育』『モノ』 Chapter05 『4.0』深謀遠慮 先進国ドイツの真意はここにある
m_tanigu2 m_tanigu2 星5つ 仕事絡みで情報収集のため読みました。 IoTによる情報活用では自分が考えていたことと方向性はほぼ同じでしたが、ハード絡みでの進歩が想像以上でした。そのため、情報活用についても、それらハードを利用することを前提に練り直しが必要だと感じました。
tara1956 tara1956 メモ[続きを読む]
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist