メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
Amazon価格: 1,944円 (2017年06月27日 09時19分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


osawa_t osawa_t ノウハウ・マネジャー:組織内のコンサルタントであるエキスパート 1対1のミーティングは必要。 インディケーターが大事なカギ マネージャーの生産性向上 ・仕事をスピードアップ ・テコ作用を増加、高いものに テコ作用 ・マネジャーがグループに知識・技術を伝える ・チクラー・ファイル 1~31日+1月~12月、計43のファイル
to_ozeki to_ozeki 星3つ 
takeut takeut 星4つ マネジャーの人は必見ですが、そうでない人も「アウトプットに集中」、「仕事はチームプレー」という基本に立ち返るのに役立ちます。 1.この本を一言で表すと? ・人を育て、成果を最大にするマネジメント 方法を解説した本 2.よかった点を3~5つ ・人が仕事をしていないとき、その理由は2つしかない。単にそれができないのか、やろうとしないかのいずれかである。つまり、能力がないか、意欲がないかのいずれかである(p6)  →能力を伸ばし、モチベーションを上げれば人は仕事するということ。マネジャーにとって重要な項目。 ...
hiroc hiroc 1996年出版の『インテル経営の秘密』の復刻版。「朝食工場」の例に当初違和感をもつが、プロセスを考えさせるものとして業種をとわず理解させる良い例なのかもしれない。 <キーフレーズ> ・マネジャーのアウトプットは自分の率いる組織のアウトプットそのものである ・情報収集、情報提供、一押し(ナッジ)、意思決定 <抜き書き> ・マネジャーのアウトプット=自分の組織のアウトプット+自分の影響力が及ぶ隣接諸組織のアウトプット(p.5 序文) ・なんらかの形でミドル・マネジャーは、自分の担当する組織において、事実上の...
yabuki yabuki ウィッシュ 3度目の翻訳? - インテル経営の秘密―世界最強企業を創ったマネジメント哲学 単行本 – 1996/4 - ハイ・アウトプット・マネジメント―“インテル経営”の秘密 (1984年) 2017/02/16 初観測
takeshimourib takeshimourib --目次 序文 ベン・ホロウィッツ イントロダクション 第1部 朝食工場――生産の基本原理 1章 生産の基本 2章 朝食工場を動かす 第2部 経営管理はチーム・ゲームである 3章 経営管理者のテコ作用 4章 ミーティング──マネジャーにとっての大事な手段 5章 決断、決断、また決断 6章 プランニング画化──明日のアウトプットへの今日の行動 第3部 チームの中のチーム 7章 朝食工場の全国展開へ 8章 ハイブリッド組織 9章 二重所属制度 10章 コントロール方式 第4部 選手たち 11章 スポーツとの対比 12章 タスク習熟度 13章 人事考課──裁判...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist